エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 07月 23日 ( 4 )

広島ブログ

みなさま、「国連憲章」には「敵国条項」あるのをご存知ですか?

以下、ウィキペディアより引用します。

国際連合憲章第2章では主権平等の原則をうたっており、第53条第1項前段では地域安全保障機構の強制行動・武力制裁に対し国際連合安全保障理事会(安保理)の許可を取り付けることが必要であるとしている[1]。しかし、第53条第1項後段(安保理の許可の例外規定)は、第二次世界大戦中に「連合国の敵国」だった国が、戦争により確定した事項に反したり、侵略政策を再現する行動等を起こしたりした場合、国際連合加盟国や地域安全保障機構は安保理の許可がなくとも、当該国に対して軍事的制裁を課すこと(制裁戦争)が容認され、この行為は制止できないとしている[2]

第107条(連合国の敵国に対する加盟国の行動の例外規定)は、第106条とともに「過渡的安全保障」を定めた憲章第17章を構成している。第107条は旧敵国の行動に対して責任を負う政府が戦争後の過渡的期間の間に行った各措置(休戦・降伏・占領などの戦後措置)は、憲章によって無効化されないというものである[3]

以上ウィキペディアより。


1995年に、「敵国条項」は削除の方向で総会決議は行われたが、いまだに3分の2の加盟国の批准はされず、国連憲章上は条項が残っています。


ですから、日本が将来、「安保法制」に基づく武力行使を行った場合、「敵国条項」に基づいて因縁をつけられ、逆に「制裁戦争」によって叩かれる危険が出てくるのです。


そもそも、敵国条項が国連憲章に存在したままで、国連の枠以外で武力行使(と一体化した兵站ももちろん含む)をすること自体が、実は、敵国条項を使った日本への攻撃を招きかねないのです。

しかも、安倍総理とご親友たちは、国連が前提としている「先の大戦では、日本など枢軸国が悪かった」という歴史観を否定しています。

余計に、「日本は国連の秩序を壊すつもりなのだな」というイメージを振りまいてしまいます。

「安全保障環境の変化」を安保法制の理由に挙げる安倍総理。

しかし、ほかならぬ安倍総理自身も、安保法制と歴史修正主義により、日本の安全保障環境を悪化させているのです。




More
by hiroseto2004 | 2015-07-23 22:21 | 安保法案 | Trackback(1)
広島ブログ

【さとうしゅういち「ヘルパーの仕事着=ジャージ姿でのみ政治活動を行う宣言」】
 わたくし、さとうしゅういちは、2015年に入って以降は介護ヘルパーとしての仕事で使っているジャージまたはそれに広島東洋カープのユニフォームを羽織った(冬は緑色のジャンパー)形でのみ、街頭演説やデモやイベント参加などの政治活動を行っています。

また、今後も、例えば各種選挙に立候補する場合、それが、参議院議員選挙であろうが、衆議院議員選挙であろうが、広島市長選挙であろうが、「役人からヘルパーへ」スタイルを貫きます。
すなわち、選挙ポスターにおいても、街頭演説においても、過去の自分の職業である役人の象徴である背広は着用せず、ヘルパーを象徴するジャージを貫きます。

また、将来、厚生労働大臣または広島市長の職に就いた場合にも可能な限り、このヘルパー姿で記者会見等の公務を行います。

わたくし自身は、役人出身でもありヘルパー出身でもあります。
しかし、「より現場を重視する」すなわち「事件は現場で起きている」という思いを込めて、また、「現場職の労働への評価を高める」という思いを込めて、この姿をできる限り貫きたいと考えています。

また、わたくし自身の行政改革についての思いも込めています。
すなわち、「役人や役人の天下りを批判するだけではなく、より効果的な税金の使い道を実現するため、介護士や保育士などの現場職へ転身を推進。」という思い、逆に「よりよい政策立案のため、介護士・保育士出身の役人(国も自治体も)を。」という思いを込めています。

そして、役人の皆様にも「介護士の仕事は大変であるがやりがいはある。そして、介護士への転身は怖いことではない。」ということを大臣または市長自らお示しし、時には、自らの体験に即して相談にも乗らせていただく姿勢をお示しいたします。

もちろん、わたくし・さとうしゅういちの政治活動の原点は、東京で過ごした小学生時代、広島県安芸郡府中町出身の被爆者の先生に担任をしていただき、薫陶を受けたことです。
「介護ヘルパーとしての仕事で、日々接している戦前・戦中の厳しい時期を生き延びてこられたお年寄りに、戦争や原発事故を再び見せて『長生きするのではなかった』と後悔させてはならない。」という思いをいま、特に皆様にお伝えしているところです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

2015年(核時代70年)7月 広島瀬戸内新聞社主 さとうしゅういち (緑の党・ひろしま 代表、左党(The Left Party 代表幹事)



More
by hiroseto2004 | 2015-07-23 21:29 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ

安保法制に反対する広島大学人有志の会
http://kawataka.wix.com/anpohantaihirodai

安保法案に反対する広島大学人有志の声明
 戦後70年目を迎えた今、安倍晋三政権は「平和安全法制整備法案」と「国際平和支援法」を国会に提し、7月15日に衆院平和安全法制特別委員会での強行採決を経て、16日に衆院本会議で審議継続を求める声を無視して、ふたたび強行採決をしました。首相自身が「国民の理解は進んでいる状況ではない」と認めた本法案に対して、多くの人々から反対の声があがり、連日、安倍政権の強引な議会運営を批判し、廃案を求める運動が国会周辺はもとより、全国各地で大きく広がっています。
 本法案の本質が、アメリカなど他国が海外で行う軍事行動に、日本の自衛隊を協力・加担させていくものであり、ほとんどの憲法学者が指摘しているように、戦争を放棄した日本国憲法第9条に明白に違反していることをいわざるをえません。わたしたちは日本国憲法に基づき、国会が徹底審議をつくして、本法案を廃案とすることを強く求めるものです。
 わたしたちは、かつて日本が行った侵略戦争に、無限の可能性を抱いていた多くの学徒を戦地へ送ったという、大学の戦争協力の痛恨の歴史を担っています。そして広島大学は世界で最初に原爆を投下された都市の大学として、世界中のどの大学以上に戦争のない平和な地球をめざして教育研究活動にたずさわり、再び戦争の惨禍を到来させないように努力してきました。
 いま戦争の危機が迫ってきました。わたしたちは歴史への深い反省から、二度と未来の世界をになう若者たちを戦地に送り、殺し殺される状況にさらすことを絶対認めません。
 わたしたち広島大学人は、学問と良識の名において、日本国憲法に違反する本法案に強く抗議し、断固として反対するものです。
                                    
2015年7月23日
                           
安保法案に反対する広島大学人有志

呼びかけ人(50音順)
青木利夫(総合科学研究科教員)
有元伸子(文学研究科教員)
市川浩(総合科学研究科教員)
上野聡(生物圏科学研究科教員)
隠岐さや香(総合科学研究科教員)
川口隆行(教育学研究科教員)
河西英通(文学研究科教員)
木原成一郎(教育学研究科教員)
佐藤清隆(広島大学名誉教授)
佐中忠司(広島大学名誉教授)
崔真碩(総合科学研究科教員)
辻学(総合科学研究科教員)
西村雄郎(総合科学研究科教員)
布川弘(総合科学研究科教員)
平手友彦(総合科学研究科教員)
細野賢治(生物圏科学研究科教員)

連絡先:河西研究室 kawanish_at_hiroshima-u.ac.jp (「_at_」を「@」に変えてお送りください。)




More
by hiroseto2004 | 2015-07-23 19:50 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ。140日目の出勤です。
梅雨は明けたはずが、まだまだ雨が続いています。

梅雨というよりも熱帯地方の雨がそのまま北上してきた感じです。
これまた気候変動の影響でしょう。

それにしてもこのまま、庶民増税、介護、教育切り捨て、残業代ゼロ、派遣法改悪、災害多発の中での原発再稼働、そして、海外派兵。

そんな黒雲のような安倍政治を終わらせ、自民党政治から卒業しないとどうにもならないと思う今日この頃です。

今日も良い1日を!

e0094315_07284327.jpg
e0094315_07534910.jpg



More
by hiroseto2004 | 2015-07-23 07:29 | 役人からヘルパーへ | Trackback