エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2015年 11月 13日 ( 6 )

【備忘録・・1920年代と似た失敗繰り返した1990年代=72年±2年で歴史をなぞる日本】
1920年代
第一次世界大戦終了(1918年)
→「切り取り放題」から「戦争違法化」
・総力戦時代への転換
・大日本帝国、第一次世界大戦に本格的な参加なく、時代に鈍感に?



More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 22:32 | 歳時記 | Trackback
広島ブログ
総理が、憲法に総理に独裁的な権限を認める「緊急事態条項」をと提案しました。
それにより何が起きるか?簡単です。
災害時に被災者は見捨てられるが、総理の意見に反対するものは、弾圧される。そんな暗黒の日本です。


More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 19:25 | 憲法 | Trackback
広島ブログ
【「高見あつみを勝手に励ます」FBページ】
2016年夏執行の参院選広島県選挙区(改選数2)に立候補予定の高見あつみさん(日本共産党公認新人)を勝手に励ますページをつくりました!


More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 19:01 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ
【日本人の中南米移民の歴史と日本の消長】
日本の「全盛期」と言える時期があるとすれば、1970年から2010年までの40年間だったのではないか?


More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 17:36 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島ブログ

「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を!」国民大運動広島県実行委員会(川后和幸代表)は13日、県内の全市町の首長と議長を訪問する「自治体キャラバン」を開始しました。①戦争法の廃止②TPP(環太平洋連携協定)からの撤退③マイナンバー制度の中止④「地方創生」の押しつけ反対⑤安全・安心の医療・介護の実現―を求めて首長には要請書を、議長には陳情書を16日までに提出します。
 安芸高田市と北広島、安芸太田の2町の訪問は、全教広島の神部泰書記長、県原水協の古田文和事務局長をはじめ、広島市民病院労組、広私教、三次民商が担当。安芸高田市では、総務部総務課の土井実貴男課長と議会事務局の近永義和次長が応対しました。
 戦争法の廃止について古田事務局長は「憲法違反であり、民主主義を破壊するものだ」と説明。土井課長と近永次長は「安芸高田市議会では議員発議があり、国会で熟議をしてくださいという意見書を採択した」と報告しました。
〔写真〕近永次長(右手前)、土井課長(その奥)に要望書と陳情書を提出する神部書記長(左から2人目)、古田事務局長(その奥)ら=13日、広島県安芸高田市




More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 12:52 | 地方自治 | Trackback
広島ブログ
「連合」は自民党をアシストする事態だけは避けよ


More
by hiroseto2004 | 2015-11-13 12:49 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback