エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 01月 17日 ( 6 )

広島ブログ


 選挙権年齢の18歳への引き下げに関連して、「政治のことがよくわからないから投票に行っていいのか?」と悩む若者に対して、東大院生で社会学者の古市憲寿さんが「おじいちゃんおばあちゃんも考えないで投票に行っている」という趣旨の回答をされています。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/16/18-election_n_8996960.html

「社会学者の古市憲寿氏が、1月16日放送のNHK「週刊 ニュース深読み」に出演し、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることに不安を持つ若者に「日本のおじいちゃんおばあちゃんが、いろいろ考えて選挙に行っていると思いますか?」と語った。」





More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 21:45 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ


ヒロシマ・ナガサキの被害が過小評価されていることが、結局は、世界各地での被曝が過小評価される原因にもなっています。
核実験、原発、劣化ウラン弾・・・。
核による被害をこれ以上出させないためにも、原爆症認定の在り方を改めさせなければなりません。


原爆症認定訴訟近畿弁護団通信
「ノーモアヒバクシャ近畿訴訟」
原爆症認定集団訴訟の記録 おりづる
原爆症認定集団訴訟 たたかいの記録  明らかにされたヒバクの実相

原爆症認定訴訟とその中で明らかになった事実(日本反核法律家協会)

原爆症認定訴訟が明らかにしたこと―被爆者とともに何を勝ち取ったか



More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 21:18 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ

145+113日目の勤務です。今日で、阪神淡路大震災から21周年になりました。





More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 09:00 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
つくだ守生さんからの報道です。

〔ストップ戦争法、中野晃一氏が講演、広島〕広島県労連の門田勇人事務局長から通信

 「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」(秋葉忠利、石口俊一、山田延広の3共同代表)は16日、広島市中区で戦争法廃止の2000万署名を成功させようと講演会を開き、会場を溢れる750人が参加しました。上智大学教授で「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人の中野晃一氏が「グローバルな寡頭政治としての安倍政治」と題して講演しました。



More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 08:02 | Trackback
広島ブログ
 さよなら原発ヒロシマの会は1月15日、広島市中区で「原発ゼロ」を求める首相官邸前抗議行動に連帯するアピール・ウオークをしました。
つくだ守生さんの報道です。

 
e0094315_07572013.jpg


More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 07:58 | エネルギー政策 | Trackback

宜野湾市長選挙告示

広島ブログ

米軍普天間基地を抱える沖縄県宜野湾市長選挙が本日、告示されます。

本社社主は辺野古新基地建設に反対し、普天間基地の県内移設を伴わない返還を求める志村恵一郎さんを応援します。

宜野湾市長選挙:あす17日告示 佐喜真・志村氏 激しい集票合戦

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=149968&f=i

  • 17日告示、24日投開票の宜野湾市長選挙は2陣営が激しい集票合戦
  • 佐喜真氏側は公明票や企業、郷友会を固め、革新地盤も掘り起こす
  • 志村氏側は翁長知事はじめ首長、議員、シールズ琉球らが支持固め


More
by hiroseto2004 | 2016-01-17 00:59 | 沖縄 | Trackback