エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 02月 04日 ( 5 )

広島ブログ
【清原逮捕以降、続落する株価・・・「経済版覚せい剤」(マイナス金利)の効果がしょぼかったのは当然】
 「清原覚せい剤所持で逮捕」の陰で、株価(日経平均)が続落しています。
先週の「マイナス金利」発表のあと、二日間は株価が回復しましたが、皮肉にも清原逮捕のあとの二日間、株価は下がりました。
「マイナス金利」は所詮、「経済版覚せい剤」であり、その効果はしかも、限定的だったということです。



More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 22:12 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島ブログ
 
一昨日2月2日、元プロ野球の西武や読売で4番を打った清原和博被疑者が、警視庁に覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されました(もちろん、被疑者・被告人は推定無罪)。





More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 22:03 | スポーツ | Trackback
広島ブログ
広島から、伊方原発運転差止の訴えを起こします。
この裁判のWebサイトはこちらです。
 ↓
伊方原発は、広島市からちょうど100kmの佐田岬半島に、瀬戸内海に面して立地しています。伊方原発で福島第一原発事故並みの苛酷事故が起こった場合、広島市はひどい放射線被曝を強いられることが、原子力規制委員会の行ったシミュレーションで示されています。
伊方原発は、発生が予想されている南海トラフ巨大地震の震源域ぎりぎりに位置しています。また「中央構造線」という世界有数の大断層帯のほぼ真上にあります。伊方原発が巨大地震に見舞われ、それが引き金となって苛酷事故が発生する蓋然性はかなり高いはずです。またそれが、福島第一原発事故並みで収まるという保証はどこにもありません。
原発苛酷事故で放出される大量の放射性物質によって汚染された土地には、誰も住みたくありません。ふるさと広島を、放射能汚染で失うことはできません。
現在の政治状況はやみくもに原発再稼働にのめっています。私たちは、司法に訴えることにしました。
 


More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 06:43 | エネルギー政策 | Trackback
広島ブログ
北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が人工衛星の打ち上げを通告しました。これに対して、日本の自衛隊は迎撃態勢を取りました。

現在の同国の技術水準からいって、失敗の可能性が高いことは明白です。
「こんなことに、お金を使っている場合か?」と一喝したいところです。

一方で素朴な疑問もあります。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 06:40 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ
【「竹下・金丸」に30年かけて戻った安倍政治】
安倍晋三総理の政治は、安保法や特定秘密保護法などの「政治右派」的な姿勢が目立ちます。
それはそれで、もちろん、重要な要素であり、批判していかねければなりません。
しかし、これらは、一方で、1990年代以降、アメリカの要求に従って、海外派兵を拡大してきた路線の延長ともいえます。安倍総理はもちろん、批判されるべきだが「安倍総理だけが悪い」わけでもないのです。







More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 00:00 | 新しい政治をめざして | Trackback