エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 02月 12日 ( 8 )

広島ブログ
【ポストモダンがプレモダンを招きよせ、先進国を苦しめる戦争の時代】

2001年9月11日以降の中東における戦争は「ポストモダン」が招いた戦争です。

9.11テロを契機に、アメリカのブッシュ大統領(当時)は、アフガン侵攻(これはそれでも伝統的な自衛権発動を根拠としている)、続いて、2003年のイラク侵攻へと突き進んでいきます。



More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 20:53 | 思想・哲学 | Trackback
広島ブログ

しんぶん赤旗2016年2月12日号より
あべ予定候補・市民連合が協定(参院熊本選挙区)
安保法制廃止・無所属貫く
“市民の候補、全力で支援”
「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」と参院選熊本選挙区で市民団体と野党5党が擁立した、あべ広美予定候補は11日、熊本市内で、安保法制廃止、集団的自衛権の閣議決定の撤回を含む立憲主義の回復―などを公約として掲げ、当選した場合も無所属議員として活動することなどを内容とする協定書を調印しました。「市民連合」代表と、あべ候補は記者会見し、「民主主義と立憲主義を守る」(あべ氏)決意を表明しました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 20:12 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ


週刊文春で不倫疑惑を指摘された宮崎謙介議員(京都3区)が記者会見し、辞職表明しました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 19:50 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ



江藤智選手は、1999年オフにカープからジャイアンツに移籍したあと、活躍らしい活躍もできず、ベンチウオーマーに甘んじました。

せめて移籍先が当初噂された横浜ベイスターズなら四番で活躍できたでしょう。

本当にもったいない。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 19:44 | スポーツ | Trackback
広島ブログ
本社社主・さとうしゅういちは東京で小学校から大学時代を過ごしました。

群馬県北部はよく旅行に行きました。小学校時代に塾の合宿で訪れた尾瀬。大学時代に合宿で訪れた草津温泉。
まるで昨日のことのように思い出されます。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 19:40 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ
丸川環境大臣が、年間1ミリシーベルトの「被ばく線量の長期目標」について、当時の民主党政権が勝手に決めた、という趣旨の発言をしたとされる問題。実際には国際機関の基準に従ったものでした。

この動画のあと、本日12日夜、ようやく、発言を撤回しました。

丸川大臣、陳謝も発言撤回せず~年1ミリシーベルト「根拠なし」発言

投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 02/12/2016 - 04:16

環境省の丸川珠代大臣は、7日の長野県松本市内の講演で、東京電力福島第一原発事故後に国が定めた年間被ばく線量の長期目標1ミリシーベルトについて「何の科学的根拠もなく、時の環境大臣が決めた」と発言したとされる問題で、12日の閣議後記者会見で、「根拠がないというのは間違った言い方だった。誤解を招いたとしたら、心からおわび申し上げたい」と陳謝し、「年間1ミリシーベルトという長期目標を堅持し、復興のために全力を尽くす」と述べた。



More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 19:29 | 東日本大震災 | Trackback
広島ブログ
2月12日、ついに日経平均は15000円を割り込み、14952円61銭で終わりました。
1年4ヶ月前の水準に戻りました。為替相場も『有事の円』で買われ、続騰しました。

アベノミクスを支えてきたのは、円安による対中国輸出増(含む旅行収支)と年金資金投入による株高演出でした。しかし、そのシナリオは完全に崩壊しつつあります。


More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 13:32 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
広島ブログ

民放労連声明

高市総務相の「停波発言」に抗議し、その撤回を求める

2016年2月10日

日本民間放送労働組合連合会

中央執行委員長 赤塚オホロ




More
by hiroseto2004 | 2016-02-12 00:00 | 憲法 | Trackback