エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 03月 04日 ( 3 )

広島ブログ

【沖縄/裁判】沖縄県と国が「和解」 「辺野古」強制代執行巡る訴訟で
沖縄県と国が「和解」しました。
しかし、安倍総理は、あくまで普天間基地の移転先は「辺野古が唯一」との姿勢を崩していません。
あくまで、強行されている工事は「とりあえず」止まるものの、県と新基地反対を願う県民にとって、長い闘いとなることは、知事ご本人が一番おわかり、と思います。
ハッキリ言ってしまえば、総理にとって、「和解受け入れ」も選挙対策であるのは見え見えで、多くの人が指摘するところです。総理のコアなゴリゴリのバックにはここは、「我慢」してもらい、中道派の支持を回復しようという算段です。選挙が終われば何をしてくるかわかったものではありません。
だからこそ、本土からも、辺野古反対の声を上げていかねばならないと本紙は考えます。


翁長知事、和解成立で「県民に寄り添った協議を」 安倍首相の辺野古唯一発言は残念



More
by hiroseto2004 | 2016-03-04 19:45 | 沖縄 | Trackback

広島ブログ

河井克行総理補佐官に関するマスコミ報道について・・・「本社社主と河井議員が懇意」の噂は事実無根


2016年(核時代71年)3月4日 広島瀬戸内新聞社主 さとうしゅういち


1、本日3月4日発売の週刊文春で河井克行総理補佐官(衆院本県3区)による暴力・パワハラ疑惑が報道された。
 報道されたことが事実とすれば、権力を執行する立場の総理補佐官として、資質が疑われる。また、安倍総理が目論む憲法への緊急事態条項挿入が現実になった場合、このような人物が政権中枢では、今度は秘書だけでなく国民にパワハラや暴力を振るう恐れを感じさせる。河井補佐官は説明責任を果たすべきである。


e0094315_19015529.jpg
e0094315_17182906.jpg
2016年2月、安佐南区古市橋駅前にて



More
by hiroseto2004 | 2016-03-04 18:58 | 事故・災害・事件 | Trackback
広島ブログ
河井克行・総理補佐官(広島3区選出)による暴行・パワハラ疑惑が報道されています。

安倍首相補佐官の暴行を元秘書が実名告発

元秘書が暴力を告発…河井克行首相補佐官の“凄まじい悪評”

「地元の「第一タクシー」の会長もうんざりとした様子でこう語る。
「うちは河井事務所から配車の要請があっても、一切お断りしています。河井先生が乗務員の運転席を蹴るわ、人を人とも思わないような暴言を吐くからです。『もっと速く走れ!』と法定速度以上を出すよう要求され、危うくスピード違反に加担させられそうになった乗務員もいました。もうコリゴリですわ」」

安倍首相補佐官・河井克行議員のパワハラ、セクハラ、殴る蹴る・・・辞めたスタッフ200人超のブラック職場



More
by hiroseto2004 | 2016-03-04 06:04 | 事故・災害・事件 | Trackback