エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 03月 16日 ( 8 )

広島ブログ

首相「待機児童ゼロを必ず実現させていく」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160314/k10010442931000.html
「これに対し安倍総理大臣は、「待機児童ゼロを必ず実現させていく決意だ。保育所に申し込んで利用できなかった方々には、さまざまな事情があり、よく分析して地域とも連携し、利用状況の実態把握等に努めていく。待機児童の数は地域によって差があり、特に待機児童が集中している地域と連携し、対応策を検討していく」と述べました。また安倍総理大臣は、「保育士不足の要因として待遇の問題があると認識しており、この春に取りまとめる『ニッポン一億総活躍プラン』で具体的で実効性のある待遇の改善策を示し、不足している人材も確保していきたい」と述べました。
さらに、安倍総理大臣は、保育士などの評価の在り方について、「菅官房長官の下で、時代の変化に対応した栄典の授与に関する有識者懇談会を開催しており、叙勲において、保育士や介護職員を積極的に評価していくことについても検討していきたい」と述べました。」

「待遇改善」と言っても、安倍政府が現在、検討しているのはたった2%の給料引き上げです。



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 21:56 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
広島ブログ

■野党は総理の機先制し、消費減税&再分配強化打ち出せ

スティグリッツ氏「消費増税すべきでない」 国際経済分析会合



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 21:36 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島ブログ

 要は、介護職員を低賃金で働かせて、自分はSクラスのベンツに乗っているような理事長がいれば、きちんと当局が指導すればいい話です(労働組合によって是正されればそれはそれで大変結構ですが。)。
 
 それを、十把一絡げな社福たたきに変えてしまう改悪案です。

“立法事実がない”社会福祉法改悪案 小池氏が批判



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 20:49 | 介護・福祉・医療 | Trackback
広島ブログ
クルド完全打倒を目指すエルドアン大統領・沖縄弾圧に躍起になる安倍総理

兄弟のような歴史を歩んできた日土両国。

トルコのエルドアン大統領・ダウトオール首相の至上命題は、いまや、「国内クルド人勢力の完全打倒」かのような状況です。


More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 20:17 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ
クルド完全打倒を目指すエルドアン大統領・沖縄弾圧に躍起になる安倍総理

兄弟のような歴史を歩んできた日土両国。

トルコのエルドアン大統領・ダウトオール首相の至上命題は、いまや、「国内クルド人勢力の完全打倒」かのような状況です。


More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 20:16 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ
【教師の業者との癒着は問題だが、総理とマスコミの癒着はもっと問題だ】
広島県内でも50人の教師や校長らが、教科書会社から、検定前の教科書を閲覧したお礼に金品を受け取っていたと報道されました。



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 19:48 | 事故・災害・事件 | Trackback
広島ブログ

■アベ政治暴走、二つの共犯・・・「金丸・竹下」の味を忘れられぬ「成功体験固執派」と「ポストモダン知識人」の「格差是正」からの「逃亡」

正直に申し上げて、ごくごく最近まで、一定年齢層以上の方には根強く、「金丸信・竹下登」政治への郷愁があり、安倍総理の政治のうち「金丸・竹下」的なものに「一縷の望み」を賭けているような傾向がありました。

それでも、最近、介護保険を納めてもサービスが受けられなくなる介護保険法改悪の動きや、年金の含み損の問題などで、変わってきてはいますが。

一方、1980年代末以降、都市部のインテリ、特に若手・女性ほど、金丸・竹下的なものは嫌いな傾向があった。
それはそれでいいのです。



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 18:46 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

政治も経済も台湾が「先生」の時代に


民主党と維新の党による新党は「民進党」に決定しました。

引き続き、共産、社民、生活の野党、そしてなにより「民と共に進んで」いただきたい。

台湾で再度の政権交代を果たした民進党から名前をもらった形です。


一方、日本を代表する企業だったSHARPが、台湾の鴻海に救済されます。


正に、今は台湾が日本の「先生」です。


素直に学ぶべきことは学ぶべきでしょう。





More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 12:39 | 国際情勢 | Trackback