エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 03月 23日 ( 4 )

広島ブログ
アメリカ大統領選挙予備選挙。民主党では、ユタ州とアイダホ州でサンダースが、アリゾナ州でクリントンが勝利、という結果になりました。
サンダースが2勝1敗と勝ち越しました。


More
by hiroseto2004 | 2016-03-23 23:06 | 国際情勢 | Trackback
広島ブログ

1933年2月27日夜、ドイツの国会議事堂が何者かに放火され炎上しました。
ヒトラーはドイツ共産党犯人説をでっち上げ、共産党を弾圧。続いて、社民党なども弾圧に遭いました。
直後に行われた総選挙でも共産党は81議席を獲得しました。
しかし、弾圧により国会には出席できず、三分の二の賛成でヒトラーにすべての権限を委任する「全権委任法」=日本で言えば安倍自民党が提案している「緊急事態条項」に相当=を国会で通してしまったのです。

あれから83年たった今、安倍総理が同じことを繰り返そうとしています。
民主党を離党した鈴木貴子議員(鈴木宗男元議員の娘)による質問主意書に答える形で、日本共産党を「暴力革命政党」とレッテル張りする閣議決定を行いました。
共産党への弾圧をとっかかりに、安倍総理に対抗する野党共闘をつぶそうというのがそのもくろみでしょう。
鈴木議員自体は、親子で共産党に恨みを抱いており、北海道5区補選では、民主党と共産党などが共闘して推薦する池田まきさんではなく、自民党候補を推薦しています。
鈴木議員による「共産党への嫌がらせ」に、安倍政権が乗っかって野党つぶしに利用しようとしているといえるでしょう。
このようなことを許せば、野党全体が今度は、安倍政権により攻撃にさらされるでしょう。
今回の閣議決定を断じて許してはいけません。

山下書記局長 厳重に抗議、撤回要求


More
by hiroseto2004 | 2016-03-23 21:53 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
by hiroseto2004 | 2016-03-23 06:32 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
by hiroseto2004 | 2016-03-23 06:21 | イベント情報 | Trackback