エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 04月 19日 ( 8 )

今度は八代市で震度5弱です。
日奈久断層帯が再び動いたとみられます。

八代市民病院が度重なる地震で倒壊の恐れが出たため、入院患者20名が救急車で転院を余儀なくされました。

また、本日は3人が発見され、これまでに、この震災で47人が死亡しました。さらに8人と連絡が取れないとのこと。
エコノミー症候群で1人が死亡。一昨日のトイレでの急死した人と合わせ、2人が震災関連死という悲しいニュースもありました。


平成28年04月19日20時50分 気象庁発表
19日20時47分頃地震がありました。
震源地は熊本県熊本地方(北緯32.6度、東経130.7度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

熊本県  
震度5弱 八代市千丁町* 八代市鏡町* 宇城市小川町*          
氷川町島地*


More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 20:59 | 熊本・大分大震災 | Trackback

□おくやみ 金子満広さん

 金子満広さんが亡くなられました。

 不破哲三さん、志位和夫さんらインテリの幹部(もちろん、彼らも大事ですが)が多いイメージの日本共産党にあって、いかにもたたき上げの労働者出身という金子満広さん。わたしは、東京時代は、中選挙区の旧東京8区に住んでいたのですが、個人的には彼のファンでした。

残念ながら、わたしが選挙権を得てからは北関東ブロックに転出されたので、金子満広の名前を投票用紙に書く機会は得なかったのは残念です。


合掌。





More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 20:14 | おくやみ | Trackback

熊本地震の被災者に対する市営住宅の無償提供について


  平成28年(2016年)熊本地震の被災者に対して、市営住宅を仮住宅として無償提供します。

1 対象者

   平成28年(2016年)熊本地震により家屋が全壊又は半壊などで当面居住が困難な方(り災証明の交付を受けている方、または、今後交付が見込まれる方)

2 提供住宅等

 (1) 提供する市営住宅(13戸)

    提供可能な住宅の一覧表は、ページ下方のダウンロード欄からご覧ください。(平成28年4月18日現在)

地区中区東区南区西区安佐南区安佐北区佐伯区
戸数

   2人以上の親族で申込みができる「家族向け」の住宅が8戸
   小家族(2人又は3人の家族)又は単身者の方が申込みできる「小家族及び単身者向け」の住宅が5戸

  ※ 提供住宅は、状況に応じて追加します。

 (2) 提供する期間

    当面6か月間とします。 

 (3) 使用料

    無償とします。

4 提出していただく書類(後日提出可)

  (1) り災証明書  (被災した家屋の状況の記載があるもの)

  (2) 住民票の写し (被災した住宅に居住されていた全員のもの)

  

5 受付場所等

 (1) 受付場所

    広島市役所本庁舎5階 住宅政策課

  

 (2) 受付期間

    平成28年4月19日(火)から当面の間

    午前9時から午後5時まで(閉庁日を除きます。) 

6 問合せ先

問合せ先TEL所在地
住宅政策課(082)504-2293中区国泰寺町一丁目6番34号

by hiroseto2004 | 2016-04-19 19:54 | 熊本・大分大震災 | Trackback
□阪神淡路大震災と熊本大震災の違い

阪神淡路大震災では、余震はその日の朝のM4.9,奈良で震度4を記録したのが最大でした。




More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 19:27 | 熊本・大分大震災 | Trackback

今度は八代市で震度5強

昨夜は熊本・大分県境付近でM5.8が発生しました。

また、奈良県や徳島県の中央構造線上でM3級の地震が発生。

さらに、今夕、17時52分頃、熊本地方でも南西寄りの八代市付近でM5.5が発生し、震度5強を記録しました。

最初は、熊本県益城町中心の震災でしたが、北東の阿蘇・大分方面や、南西の八代方面へと大きな地震の発生領域が広がる始末です。
いずれも大きなくくりで言えば中央構造線上に広がっています。

言い換えれば、別府-万年山断層帯と日奈久断層帯が完全に活性化していると言えます。



平成28年04月19日17時56分 気象庁発表
19日17時52分頃地震がありました。
震源地は熊本県熊本地方(北緯32.6度、東経130.7度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

熊本県  震度5強 八代市平山新町 八代市松江城町*
     震度5弱 八代市千丁町* 八代市坂本町* 氷川町島地*
          芦北町田浦町*


More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 19:15 | 熊本・大分大震災 | Trackback
広島ブログ

熊本大震災では、M6.5の地震のわずか1日ちょっとでM7.3の地震がやってきました。
最初の地震よりは大きいのはやってこない。
そのように油断していた方が多かったのは、これまでの常識からすればやむを得ないかもしれません。
特に
「災害は忘れた頃にやってくる」ということわざはそれに拍車をかけたと思います。

しかし、これからは、「災害は忘れないうちにもやってくる」であるべきだと思います。

実際、歴史上、豊臣秀吉の時代の1596年9月に、中央構造線上で、四国大震災→九州大震災→関西大震災のコンボが4日以内に起きたこともあります。



More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 11:40 | 熊本・大分大震災 | Trackback
大分・熊本が震度5強に見舞われた昨夜、徳島県北部でも地震が発生しました。

熊本大震災の震源地と同じ中央構造線の上で起きています。
徳島県北部あたり(讃岐山脈南側)あたりの中央構造線が動くとM8.0くらいの地震になると言われています。
また、奈良県・和歌山県と大阪府の府県境の金剛山地・和泉山地付近の断層が動いてもM8.0が起きえると言われています。
伊方原発付近(愛媛県沖)が動いてもM8.0くらいの地震になり得ると言われています。
中央構造線の活発化は不気味ですね。


平成28年04月18日23時23分 気象庁発表
18日23時19分頃地震がありました。
震源地は徳島県北部(北緯34.0度、東経133.7度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

徳島県  震度1  徳島三好市池田総合体育館 徳島三好市池田中学校*          徳島三好市山城町* 徳島三好市西祖谷山村*高知県  震度1  本山町本山* 土佐町土居*
この地震による津波の心配はありません。


More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 11:16 | 熊本・大分大震災 | Trackback
今度も熊本大震災の震源地の延長線上である中央構造線の上、徳島県北部で地震発生です!





More
by hiroseto2004 | 2016-04-19 11:01 | 熊本・大分大震災 | Trackback