エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 05月 29日 ( 2 )

自民党の「内ゲバ」が始まった。


ダブル選挙を主張する麻生さんが今回は「悪役」です。

だけど過去の歴史上、自民党の内ゲバがクローズアップされると選挙に極めて強くなるのは事実です。

自民党内内ゲバを背景に大平内閣への不信任案が可決された後の1980年のダブル選挙。


2005年の小泉純一郎さん演出のいわゆる郵政選挙。

いずれも、「内ゲバ」を利用して求心力を高め、自民党は圧勝しています。


1993年に自民党が分裂した際の衆院選では、衆院選後、細川護煕野党連合政権という流れにはなりました。

しかし、自民党は、公示前よりも1議席増の223議席でした。日本社会党が一人負けしただけでした。自民党はここでも強さを発揮し、後に政権を奪還する足がかりを残したのです。


自民党にも「改革の機運があるじゃないか」と無党派層に期待させてしまう内ゲバ狂言。


他方、自民党の個々の議員や固い支持者は「分裂」に危機感を覚えて固まる。


大真面目に潰しあいになってしまう野党の内ゲバ。


マジな殺しあいになってしまう新左翼の内ゲバ。


これらとは違います。


だから自民党は強いのです。要警戒です。



by hiroseto2004 | 2016-05-29 17:39 | 新しい政治をめざして | Trackback
安倍総理が、サミットに関連し今の経済状況を「リーマンショック前」との認識を示しました。

安倍総理は、自分の野望である改憲(というより自衛隊を戦争に参加させ、武器を売りまくること)を実現するために選挙に勝ちたいがために、消費税増税を延期したい。

そのために、言葉をもてあそんでいるのは見え見えです。

しかし、繰り返します。

野党側も揚げ足取りにとどまってはいけないのです。

特に民進党は、旧民主党時代には、安倍総理よりも経済では「ネオコン」的なイメージを醸し出してしまったことも事実です。

安倍総理の財政出動自体は、不況時には正しい。ただし、問題は総理の財政出動が、原発や武器メーカーが儲かるだけの外国へのバラマキが中心だったりすることです。あるいは、大型は小物が中心だったりすることです。そのくせ、社会保障は切り捨てていることです。
要は財政出動の中身が問題なだけなのです。
庶民増税NO。格差是正YES。その旗をはっきりと野党は掲げるべきです。

by hiroseto2004 | 2016-05-29 06:34 | 反緊縮・格差是正 | Trackback