エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 06月 29日 ( 12 )


最近、吐き気を催しそうなことがあります。

自治体の広報に、女子高生(JK)の制服姿を利用するものがあまりにも多すぎるのではないかということです。

JK課などというものを設け、それが高市早苗・総務大臣による表彰を受けている自治体もある始末です。

男性の本社社主でも、正直、辟易しています。

一昔前ならおそらく、男性同士でも誘拐殺人犯の宮崎勤元死刑囚と関連づけられて「貴様、ロリコンか?!」で切り捨てられた。

だが、今は、そうしたロリコン的なものがお役所の主流として堂々とまかり通っています。




More
by hiroseto2004 | 2016-06-29 23:28 | 思想・哲学 | Trackback

原発事故避難者への住宅支援の継続を求める意見書

 東京電力福島第一原子力発電所事故から5年以上経過したが、事故の収束の見通しはいまだ立たず、被災者は、故郷を離れ長期の避難生活を余儀なくされている。

 政府(原子力災害対策本部)は、平成27年6月に「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」を改訂し、「年間積算線量20ミリシーベルト以下・日常インフラの復旧・住民等との協議」を要件とし、避難指示区域指定の解除、平成29年3月での区域外避難者(自主避難者)の住宅支援の打切り、平成30年3月での損害賠償の打切りの方針を決定し、準備を進めている。

 福島県が実施した区域外避難者らを対象とした意向調査の中間結果(平成28年3月)によると、回答者のうち約7割が「平成29年4月以降の住宅が決まっていない」と回答し、避難者の多くは、支援終了後の具体的な見通しが立てられていないことが浮き彫りとなった。

 多くの区域外避難者、特に小さな子どもの親たちは、避難の継続を希望している。避難者を支援する団体や自治体も、住宅借上制度の複数年延長と柔軟な運用を求めてきた。

 避難者の生活の最も重要な基盤となる住宅への支援に当たっては、長期にわたる放射性物質による汚染という原子力災害の特性を考慮する必要があり、現在のような災害救助法による対応ではなく、いわゆる原発事故子ども・被災者支援法(以下「支援法」という。)に基づく抜本的な対策が必要である。

 よって、国及び神奈川県におかれては、次の事項を実現されるよう強く要望する。

1 原発事故による避難者に対する公営住宅や民間賃貸住宅などでの無償住宅支援の延長を行うこと。

2 各自治体の公営住宅の空き家募集の際の優先入居制度を拡大するなど、安心して暮らせる住まいの確保を支援すること。

3 原発事故による被災者が避難を選択する権利を有することを認め、そのための国の責任を定めた支援法を遵守し、支援法に基づく抜本的・継続的な住宅支援制度を確立すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成28年6月29日

 内閣総理大臣  

 国土交通大臣 あて

 復興大臣

茅ヶ崎市議会


by hiroseto2004 | 2016-06-29 23:22 | 東日本大震災 | Trackback
金融取引税の実現を目指す市民団体・ATTAC欧州ネットワークが以下の声明を出しています。

本社社主も同感です。

EUなど、1990年代以降のポストモダンを象徴するものが、あまりにも社会的弱者を置き去りしてきたのは明らかです。
日本においてもそれはひどかった。
そのことへの憤激や憂慮が幅広い市民から起きるのも当然です。
だが、ポストモダンへの反発の勢い余って、ポストモダンが一定程度確立してきた多様性の尊重などがないがしろにされるならゆゆしきことです。

日本の場合には、1990年代後半くらいから2000年代にかけての長いデフレ時代への反感の勢い余って、「金丸・竹下」に象徴される1980年代を懐古する流れも強まっています。そのことが、小泉人気ほど熱狂的ではないにせよ、安倍政権を底堅く支えているのも事実ではないでしょうか?別に安倍総理の海外派兵路線が支持されているわけではなく、「腐っているかもしれないが、安倍政治は金丸・竹下のように飯を食わせてくれるのではないか?」という期待が幅広い年齢層にあるということです。

日本でも欧州でもアメリカでも、今必要なことは、偏狭な排外主義に陥らないように留意しつつ、格差是正をしっかりとやっていく。そのことに尽きるのではないでしょうか?

ATTACヨーロッパ・ネットワーク声明〜「EUがより良いヨーロッパの一部になれないのなら、一掃されるだろう!」

EUがより良いヨーロッパの一部になれないのなら、一掃されるだろう!

ヨーロッパ連合を離脱するというイギリスの決定は、ヨーロッパの指導者たちへの警告である。われわれは、大企業の利益のために行動する非民主的機構に指図されるのにうんざりしてきた。われわれは、ヨーロッパ民衆の生活を金融市場の意思によって決められるのに飽き飽きしている。
EU機構がヨーロッパ民衆の民主的要求に応えられなかったことによって、EUの歴史上かつてなかった危機が起きている。もしEUが根本的かつすぐに変わらないのであれば、崩壊してしまうだろう。
われわれがより憂慮するのは、イギリス民衆の不満と決定を尊重する一方で、EUからの離脱キャンペーンが偽りの情報、恐怖、レイシズム、そして暴力さえも用いられたことに特徴付けられていたことである。これはヨーロッパ各国の選挙における極右の台頭やヨーロッパ国境での難民・移民に対する暴力を思わせるものだ。われわれは極右がイギリスのEU離脱に便乗することを恐れる。
それゆえに、国際主義、民主主義、平等という非常に異なった価値観を持つわれわれが今まさに行動することが急務なのである。われわれはヨーロッパ民衆の怒りを理解する。悲惨な緊縮政策、侵食される民主主義、破壊される公共サービスによって、ヨーロッパは1%の(富裕層の)ための活動領域に変わってしまった。これは移民の責任ではなく、金融・大企業ロビーとそれに付き従う政治家の責任である。
われわれは、われわれの経済、われわれの社会、われわれの生活のコントロールを取り戻すため、ヨーロッパ中の草の根運動とともに活動することに真剣に取り組む。われわれは、EUがより公正で、より持続可能な大陸を創ろうとするこれらの努力を支援するため、ヨーロッパ民衆を代表できるよう自らの組織を根本的に民主化することを要求する。われわれはさらに、EUがTTIP交渉やその他の非民主的な貿易協定の交渉をやめること、金融システムをコントロールして企業の力を抑制すること、移民を敬意と尊厳を持って扱うこと、民主的に管理される公共サービスの創出を支援すること、今後10年間でゼロ排出を実現するために行動すること、緊縮政策をやめることを要求する。
われわれはまた、イギリスでより良い国のために闘っている人々やレイシズムと極右に反対して闘っている人々を支持する。より良いイギリスはより良いヨーロッパを励ますことができる。
もうひとつのヨーロッパは可能だ。もしEUがより良いヨーロッパの一部になれないのなら、一掃されるだろう!
by hiroseto2004 | 2016-06-29 22:53 | 国際情勢 | Trackback
カープは8ー1でスワローズを破り、十一連勝!
三十二年前の日本一以来らしいです。
黒田が投打に活躍!強い!

by hiroseto2004 | 2016-06-29 21:40 | スポーツ | Trackback
カープは昨日もスワローズに3ー2で勝ち、十連勝!
野村は堂々のリーグトップの9勝です。
カープどころかリーグを代表するエースになりました。


by hiroseto2004 | 2016-06-29 13:42 | スポーツ | Trackback
藤野共産党政策委員長が辞任しました。

わたしが共産党政策委員長なら、こう言うでしょう。

「海外派兵は結局はアメリカやロシアがシリアでやっているように、罪のない市民を自衛隊が殺すことになる。そういうことにお金を使わないで被災者支援に使ったらどうか?日本共産党は、他の野党のみなさんと一緒に被災者への支援の上限を三百万円から五百万円に引き上げる法案を出したが与党のみなさんに葬られている。」
「海外派兵による人殺しではなく、被災者支援など人間の安全保障にお金を使おう。」
「自民党はいつも自衛隊は人を殺していないとおっしゃるがそれは憲法9条があったからだ。安保法がなかったからだ。自衛隊を人殺しにするのは自民党のみなさん、あなた方だ」
いかがですか?


by hiroseto2004 | 2016-06-29 13:13 | 安保法案 | Trackback
大震災の被災地・熊本で土砂災害が非常に危険なレベル、広島でも再び注意レベルになっています。

6月下旬に入り、大雨が続いています。どうか警戒してください。

呉線ではまだ不通区間が残っている有様です。本当に警戒した方が良いです。

よろしくお願いします。

by hiroseto2004 | 2016-06-29 09:20 | 事故・災害・事件 | Trackback
トルコは、クルド人、イスラム国との三国志状態にあります。

どちらかといえば、最近まではクルド人に対して「主要打撃」を集中させてたくらいのトルコ政府。

しかし、諸外国の圧力もあり、そうもいかなくなっています。

そうした中で、クルド人を狙ったイスラム国によるテロが首都アンカラで昨秋発生。
その後、イスタンブルとアンカラではクルド人、イスラム国双方によるテロで多くの犠牲者が出ています。

現代の「対テロ戦争」に日本が参加すると言うことは、日本がトルコのような状態になりかねないと言うことでもあります。




More
by hiroseto2004 | 2016-06-29 07:56 | 国際情勢 | Trackback

藤野政策委員長の発言は、「街亭の戦い」における馬謖のようになりかねなかったので、辞任はやむを得なかったと思います。そもそも、当選一回で政策委員長というのも荷がかちすぎたのではないか。TVで党全体を背負って出るのは、もう少し経験を積んでからの方が良かったのではないか、という気もします。1議員とは訳が違います。

志位和夫委員長は、当選する前から書記局長でしたが、彼の場合は、かなり幹部としての教育を長く受けてきた上でした。

最近の共産党は、若手をどんどん登用するのは良いが、一方で、脇の甘さも散見されます。
自公につけいられないようにするためにも、その辺はよろしくお願いしますね。
「海外派兵は人殺し」というなら問題なかったでしょうし。

共産・藤野政策委員長辞任 「人殺すための予算」発言で

共産党の藤野保史(やすふみ)政策委員長(46)は28日、防衛予算について「人を殺すための予算」と発言した責任を取り、政策委員長を辞任した。藤野氏は記者会見で「党の方針と異なる誤った発言で、結果として自衛隊のみなさんを傷つけたことを深く反省し、国民のみなさんに心からおわび申し上げる」と述べた。同委員長は当面、小池晃書記局長が兼任する。

藤野氏は26日のNHKの討論番組で、防衛費が2016年度当初予算で5兆円を超えたことなどを指摘した際、「人を殺すための予算ではなく、人を支え、育てる予算を優先していく」と発言。同日夕には党広報部を通じて「不適切であり取り消す」との文書を出し、発言を撤回したが、自民、公明両党の批判の的となった。安倍晋三首相は26日、甲府市での演説で「自衛隊に対する最大の侮辱だ」と指摘した。公明の山口那津男代表は28日、新潟市の演説で「血も涙もない共産党に、人々の命や財産を任せるわけにはいかない」と指摘した。

 藤野氏は衆院当選1回。今年4月、政策委員長に抜擢(ばってき)されたばかりだった。党関係者は「火が広がりすぎ、どうしようもなくなった」と話した。


by hiroseto2004 | 2016-06-29 07:51 | 参院選2016 | Trackback

6月29日の高見カーの運行予定です。
庄原からスタートいたします。
是非、お近くの方は、聞きにいらしてください。
元気よく訴えさせていただきます。

8:00 ~ 庄原グランドホテル出発

8:50 ~ 西城支所前

9:30 ~ 9:45 JA比和支所前

10:15 ~ 10:30 高野支所前

11:00 ~ 11:15 口和支所前

13:15 ~ 地区委員会出発

13:20 ~ 13:35 サングリーン前

15:15 ~ 15:30 作木町・川の駅付近

16:50 ~ ゆめマート前

★交通事情により、変更になる場合がありますので、ご了承ください。


by hiroseto2004 | 2016-06-29 00:26 | 高見あつみを勝手に励ます | Trackback