エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 08月 08日 ( 5 )

7月の主なニュース

7月31日(日)
東京都知事選挙、「平成の四王天延孝」・小池百合子さんが新都知事に。

7月29日(金)
シリアで産婦人科病院誤爆

7月27日(水) 
トルコ・エルドアン大統領、報道機関に閉鎖命令

7月26日(火) 
相模原大虐殺。障害者施設で元施設職員・植松聖被疑者が衆院議長に予告の上、45人を襲撃し、19人死亡、26人負傷。

7月23日(土)
黒田博樹投手、日米通算二〇〇勝達成。

7月15日(金) 
トルコでクーデター未遂事件発生。

7月14日(木) 
東京都知事選挙告示。
フランスのニースでテロ事件(フランス版秋葉原事件)。イスラム過激派に傾倒した若者がトラックで暴走。

7月13日(水) 
英国でメイ首相就任。マーガレット・サッチャー以来二人目の女性首相。
広島地裁で四国電力伊方原発3号機の運転差止仮処分命令申立事件の第3回審尋

7月11日(月)
「日琉戦争(琉日戦争)」(第二次)が開戦。全国からの機動隊が高江への「侵攻」開始。

7月10日(日)
現行憲法での「対テロ戦争」戦時下初の国政選挙・第24回参院選執行。自民党は単独過半数に届かず。島尻沖縄担当大臣、岩城法相落選。

7月5日(火)

韓国ヒヤリM4.9地震,原発の対韓輸出も止めよ!


7月1日(金)
ダッカで日本人ら多数の外国人、ISに襲撃・殺害される。初の「戦地でない都市」で「日本人民間人」が「イスラム過激派に狙い撃ち」された「戦闘」。


by hiroseto2004 | 2016-08-08 19:54 | ニュース・雑感 | Trackback(1)

日本共産党は、「(天皇の)生前退位に向けた検討をすべきだ。」との見解を明らかにしました。

共産党「生前退位の検討必要」 志位委員長

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016080801002041.html

共産党の志位和夫委員長は8日の記者会見で、天皇陛下のビデオメッセージを踏まえ、生前退位に向けた検討をすべきだとの見解を明らかにした。「お気持ちはよく理解できる。政治の責任として、生前退位について真剣な検討が必要だ」と述べた。

 同党は2004年に天皇制を事実上容認する綱領を採択した。今年1月には天皇が臨席する国会開会式について「憲法違反」として欠席してきた従来の対応を見直し、出席した。

 志位氏は、生前退位を実現するため「皇室典範の改正や特別立法などいくつかのやり方がある」と指摘。天皇陛下に関し「人間としての権利は広く保障されないといけない」と強調した。

(共同)

by hiroseto2004 | 2016-08-08 19:31 | 憲法 | Trackback

ビデオメッセージ全文

天皇陛下が8月8日15時から発信された国民へのビデオメッセージです。


戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-08 19:01 | ニュース・雑感 | Trackback
火炎瓶テロ?杉並区で1人心肺停止、7人怪我
祭りの最中に火炎瓶か 自殺図った男が事件に関与の疑い
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160808/k10010625891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

事実とすれば、「自殺した男による商店会に対する?自爆テロ」ということになります。
いったい何があったのでしょうか?
by hiroseto2004 | 2016-08-08 08:10 | 事故・災害・事件 | Trackback

福山大空襲

本日は福山大空襲から71年です。
当時、人口はわずか六万だった小都市福山を、B29多数が爆撃。
福山市街地は焼け野原になってしまいました。
改めて、福山大空襲の犠牲者に哀悼の誠を捧げます。

アメリカの戦略爆撃=無差別殺人という犯罪は今後も問い続けなければならない。
その延長線上に、世界各国で戦争しまくりというアメリカ戦後史があるのだから。
他方で、日本も、そもそも、侵略という形でこの戦争を開始したことはもちろんのこと、戦争末期においても、敗戦が明らかなのに、戦争を続け、ここまで犠牲を拡大したのか。そのことへの総括が必要です。


by hiroseto2004 | 2016-08-08 07:42 | 反核・平和 | Trackback