エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 08月 12日 ( 6 )

カープは敵地で苦手のベイスターズに3-2で競り勝ちました。
CSでは対戦の可能性も高い2位・3位チームには、優勝はもちろん日本シリーズを確実にするためにも苦手意識を払拭する必要がありますね!
ジャイアンツもスワローズに苦杯をなめ、ゲーム差は6.5に拡大しました。
このことは、カープにとっては極めて有利な事態なのです。

by hiroseto2004 | 2016-08-12 21:02 | スポーツ | Trackback
アメリカはクリントンが勝とうがトランプが勝とうがどっちにせよ、TPP反対の大統領になります。

これに対して、日本の安倍政権(世耕担当大臣)のみが、「オバマ政権のうちにTPPを批准してくれ」と懇願している有様です。

アメリカでも新自由主義に修正を掛けていく動きが強まっているのは事実。
クリントンもサンダース支持層を固めるために、TPP反対に回った。

もはや、日本こそ、世界の新自由主義の震源地となっているのではないでしょうか?





by hiroseto2004 | 2016-08-12 19:25 | 思想・哲学 | Trackback
岩国基地で艦載機の試験飛行が昨日11日始まりました。
滑走路から500mの市の施設で97デシベル、電車のガード下並みの騒音でした。
本格的に飛び始めた場合は、当然、広島市民にとっても他人事ではありません!

e0094315_16205377.jpg

by hiroseto2004 | 2016-08-12 16:21 | 岩国 | Trackback
「中央構造線」地震活発化の中、伊方原発再稼働を強行・・・広島から最も近い原発

【伊方原発の再稼働をやめろ!】

8月12日9時頃、広島にもっとも近い原発・伊方原発3号機の再稼働を四国電力が強行しました。

今、熊本大震災など活動が活発化している「中央構造線断層帯」の真上にあるのが伊方原発です。

もし、大地震が発生すれば、瀬戸内海も汚染され、広島も大きな被害を受けるでしょう。

その原発再稼働に抗議する座り込みが正午過ぎ、原爆慰霊碑前で行われ、本社社主も参加しました。

e0094315_14261372.jpg


座り込みの途中で年配の観光客男性がお茶を差し入れてくださいました。ありがとうございました!
e0094315_14264021.jpg


e0094315_1427172.jpg
(取材を受けている金子哲夫・県原水禁代表(元衆院議員))


同じころ、中区本通の電停近くでも「さよなら原発ヒロシマの会」が中心となって抗議の街頭宣伝を実施しました。
e0094315_14402611.jpg
(写真、つくだ守生さん)。


伊方原発は佐田の佐田岬半島の付け根にあり、原発震災になった場合、原発の前を通って避難しなければいけない人が多数おられます。
船で大分県へ避難しろといっても、震災であれば大津波が海岸に押し寄せる可能性が高いので難しい。
さらに、原発には裏山が迫っており、事故の際、福島と違い、汚染水をためておく場所はありません。
さらに裏山そのものが熊本大震災の阿蘇山のように崩れる危険があります。
多くの危険性を抱えたまま、無理矢理今日、再稼働されます。
広島でも同原発の運転差し止めを求める裁判が提起されています。
http://saiban.hiroshima-net.org/

仮処分の申請も申し立てられています。裁判所におかれては早めの判断をお願いします。


More
by hiroseto2004 | 2016-08-12 14:27 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
リオ五輪平泳ぎ200mで、金藤理絵選手が金メダルを獲得しました。

金藤選手は三次高校出身。2004年から3年間通われました。
本社社主が三次市内にいた時代と重複します。
三次高校の生徒さんとすれ違う形で朝夕通勤しました。
若き日の金藤選手と、本社社主は朝夕すれ違っていたのです。
そういうご縁がある金藤選手の金メダル、「三次市内に通勤・通学したつながり」で、心からお祝い申し上げます。

by hiroseto2004 | 2016-08-12 11:30 | スポーツ | Trackback

関連記事

中央構造線で依然地震活動が活発化している中で、中央構造線の真上の伊方原発の再稼働を四国電力は強行しました。

伊方原発は佐田の佐田岬半島の付け根にあり、原発震災になった場合、原発の前を通って避難しなければいけない人が多数おられます。
船で大分県へ避難しろといっても、震災であれば大津波が海岸に押し寄せる可能性が高いので難しい。
さらに、原発には裏山が迫っており、事故の際、福島と違い、汚染水をためておく場所はありません。
さらに裏山そのものが熊本大震災の阿蘇山のように崩れる危険があります。
多くの危険性を抱えたまま、無理矢理今日、再稼働されます。
広島でも同原発の運転差し止めを求める裁判が提起されています。
仮処分の申請も申し立てられています。裁判所におかれては早めの判断をお願いします。


伊方原発3号機 きょう再稼働へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160812/k10010632071000.html

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、四国電力は12日午前9時ごろ原子炉を起動し、再稼働させることにしています。伊方原発3号機が稼働するのは5年4か月ぶりで、四国電力は慎重に操作を行うとしています。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-12 09:09 | エネルギー政策 | Trackback(1)