エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 08月 22日 ( 12 )

金儲けのためなら、専制王制国家による子どもの虐殺にも見て見ぬふりをする。アメリカとイギリスの責任は重いですね。

イギリス、サウジアラビアに誘導爆弾を供与

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i15172

イギリスの新聞・オブザーバーが、イギリス政府がサウジアラビア政府に誘導爆弾を供与したことを明らかにしました。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-22 23:55 | 国際情勢 | Trackback

公衆衛生の観点からの貧困対策さえ抜け落ちる「村社会のポストモダンがひり出した汚物」・K参院議員


かつて格差が大きかった時代、ロンドンを筆頭に先進国(帝国主義諸国)の都市の公衆衛生の状態は最悪だった。


そんなことも背景に、上層階級も貧困対策に重い腰を上げた面はあるのです。


しかるに、現代日本では、元財務官僚でM前都知事の前妻でもある与党参院議員K氏は、古巣の緊縮財政(新自由主義)方針の急先鋒となり、貧困層叩きや社会保障カットに邁進しておられます。


K参院議員のような思想が与党を席巻し総理の経済政策を右(新自由主義寄り)へ引っ張っています。


さて、貧困の拡大は現代においても公衆衛生の悪化を招くでしょう。

例えば、結核が最近また流行っています。労働条件の悪化や年配者の貧困の拡大も背景にありそうです。

介護保険斬り捨てで、風呂にも入らない、家はゴミ屋敷、食事も偏っているなどと言うお年寄りだらけになったとき、日本全体の衛生状態はどうなるのか?
恐ろしいのではないか?

そういうこともあるから、貧困対策に先進国は力を入れてきた。


これまでの苦い教訓の中から積み重ねてきた知恵も東大法学部を優秀な成績でご卒業あそばし、女性初の主計官となられた超エリートのK議員はすっ飛ばしている。

ポストモダンの時代、「多様性の尊重」の気風の中で、K議員を含む女性が以前よりは意思決定過程に増えたのは結構なことです。

しかし、誤った文脈での「相対化」とか脱構築とかそういうポストモダンの時代の雰囲気と、じぶんたちのこと以外考えられない「ムラ社会」的な思考が結合し、貧困層叩きや社会保障カットに

邁進する同議員のような思想が広まってしまった。


極論すればK参院議員こそ、ポストモダンがひりだした汚物である。


by hiroseto2004 | 2016-08-22 23:39 | 思想・哲学 | Trackback
鳥島近海の深発地震でした。
いわゆる異常震域という現象です。

http://www.jma.go.jp/jp/quake/20160822183856395-221834.html
平成28年08月22日18時38分 気象庁発表
22日18時34分頃地震がありました。
震源地は鳥島近海(北緯29.9度、東経139.5度)で、
震源の深さは約410km、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

宮城県  震度1  丸森町鳥屋*茨城県  震度1  笠間市石井*栃木県  震度1  宇都宮市明保野町埼玉県  震度1  加須市大利根* 宮代町笠原* さいたま緑区中尾*千葉県  震度1  千葉中央区都町* 市原市姉崎*東京都  震度1  東京千代田区大手町 小笠原村母島
この地震による津波の心配はありません。

by hiroseto2004 | 2016-08-22 21:04 | 事故・災害・事件 | Trackback
一昨日から昨日は三陸沖で地震が頻発。
そして本日はそのやや南側の宮城県での地震発生です。

http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-5720961/
【2016年08月22日 15時16分 気象庁発表】


 気象庁によると22日 午後3時11分ごろ、宮城県沖でM5.2の地震が発生し、岩手県釜石市などで震度3の揺れを観測した。
 この地震の震源地は宮城県沖で、震源の深さは約30キロ。この地震による津波の心配はない。
 各地の主な震度は以下のとおり。
【震度3】
 岩手県
  釜石市、盛岡市、一関市
 宮城県
  気仙沼市、石巻市、女川町
【震度2】
 岩手県
  大船渡市、陸前高田市、住田町、大槌町、二戸市、八幡平市、滝沢市、矢巾町、一戸町、花巻市、北上市、遠野市、奥州市、金ケ崎町、平泉町、宮古市、山田町
 宮城県
  登米市、栗原市、大崎市、色麻町、宮城加美町、涌谷町、宮城美里町、南三陸町、塩竈市、東松島市、松島町、利府町、大郷町、大衡村、名取市、角田市、岩沼市、蔵王町、大河原町、宮城川崎町、丸森町、亘理町、山元町
 青森県
  八戸市、おいらせ町、五戸町、階上町
 山形県
  村山市、中山町
 福島県
  福島市、郡山市、須賀川市、福島伊達市、国見町、南相馬市、楢葉町、双葉町、新地町、飯舘村、猪苗代町



by hiroseto2004 | 2016-08-22 19:36 | 事故・災害・事件 | Trackback

引き続き、サウジアラビアの暴走により、犠牲者が増えています。

サウジアラビアのイエメン各地の攻撃により、数十名が死傷

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i15151

サウジアラビアの戦闘機がイエメン各地の住宅地やインフラに攻撃を加え、これにより市民数十名が死傷しました。

シリア国営通信が22日月曜に伝えたところによりますと、22日未明、サウジアラビアの戦闘機がイエメンの首都サヌアを空爆し、これにより民間人2名が死亡、12名が負傷しました。

サウジアラビアの戦闘機はまた、北部サアダ州の各地を数回に渡り空爆しました。

さらに、西部フダイダ州の空港の一部が、サウジアラビアの戦闘機の攻撃を受け、破壊されました。

サウジアラビアはさらに、イエメン北部ジャウフ州の旅客数十人に攻撃を加え、これにより、20名以上が死傷しました。

サウジアラビアは2015年3月からこれまで、イエメン各地を大規模に攻撃しています。この攻撃により、これまでに市民数万人が死傷しています。

アメリカのクリス・マーフィー上院議員は、サウジアラビアはイエメンの民間人の虐殺の主犯格だが、アメリカもこの民間人の虐殺に加担しているとしています。

マーフィー上院議員はまた、「サウジアラビアはアメリカの支援がなければ、この戦争を続けられない。アメリカの武器がサウジアラビアに売却されている」と語りました。


by hiroseto2004 | 2016-08-22 19:30 | 国際情勢 | Trackback

所詮、ISISも煎じ詰めれば、山賊に毛が生えたような集団です。

イラクにまともな治安能力があれば打倒には困難はない。
アメリカが余計なことをすると、彼らは盛り上がってしまうわけです。

イラクのモスル解放作戦へのアメリカ軍参加に対する反対

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i13633

イラクのオベイディ国防大臣が、イラク北部モスルの解放作戦にアメリカ軍が参加する必要はないと語りました。

キャラミー解説員

オベイディ国防相はさらに、「モスルは、イラク軍のみの努力によって解放される」と語りました。これ以前に、アメリカ中央軍のボテル司令官は、アメリカとその同盟国は、モスルの解放作戦への協力に向けて準備していると語っていました。

オベイディ大臣が、モスルの解放作戦への外国軍、特にアメリカ軍の参加に強く反対しているのは、イラク西部ファルージャの解放作戦の経験の結果です。戦略都市ファルージャは、イラクの政府軍、義勇兵、遊牧民などの協力により、およそ1ヶ月のうちに、テロ組織ISISの占領から解放されました。

ファルージャでの作戦の経験は、イラクの人々に対し、政治や軍事面での統一こそ、イラクのISISを撲滅する上での最良の方法であること、アメリカをはじめとする外国の政治的で利潤追求的な約束は必要ではないことを示しました。国内の力は、イラク人にとって信頼できる支えであり、それに頼ることで、国内の問題を解決することができます。このことは、ファルージャの解放作戦で証明され、イラク軍の力を倍増させました。このようなアプローチにより、イラク西部のISISの最大の拠点であったファルージャを奪還しました。今日、イラク西部は平穏を取り戻し、他の土地に避難していた人々が自宅に戻っています。

ファルージャの経験は、モスルの解放作戦にも活かされるでしょう。イラク北部ニナワ州の州都であるモスルは、2014年6月から占領されました。モスルの人々は、この土地がISISの占領から解放されるのを待ち望んでいます。ISISがモスルで実施してきた規制は、この町の人々に苦しい生活を強いてきました。モスルの解放作戦の開始を急ぎ、ISISを撲滅すること、それが、イラクの政府や治安部隊、軍に対するモスルの人々の願いです。

イラクでは、アバディ首相の最近の指示により、義勇軍は首相の管轄下にある正式な軍隊となり、イラク首相の指示により、義勇軍は、テロとの戦いに従事する軍隊と同様の扱いを受け、武器が供与され、訓練を受けることになります。この義勇軍の地位の向上は、イラクの領土を守る上でのこのグループの貢献を示しています。この義勇軍への信頼が、イラクの領土保全を確保することになるでしょう。

オベイディ国防大臣は、イラクのすべての軍隊の力の集結に注目し、2016年末を、イラクのISIS消滅のときだとしています。



  • by hiroseto2004 | 2016-08-22 19:25 | 国際情勢 | Trackback
    伊方原発が8月12日、運転を再開してしまいました。
    そうした中で伊方原発運転差し止め広島裁判の第二回口頭弁論が広島地裁で行われました。
    3月11日に提起されたこの裁判は、これで、原告と被告・四国電力双方の主張一応出そろった形になりました。
    報告集会では、福島からの避難者でもある原告からも訴えがありました。
    次回11月30日は、8月3日に二次提訴した原告の皆様の意見陳述になります。
    また、同時並行的に、本訴訟の判決が出るまでの間、運転差し止めの仮処分を求める申し立ての審尋は9月13日(火)に第四回、9月20日(火)に第五回審尋が行われます。






    e0094315_13164233.jpg
    e0094315_19402018.png
    e0094315_06391604.png
    こんなことになるまえに、なんとしても伊方原発停止を勝ち取りましょう!



    by hiroseto2004 | 2016-08-22 17:46 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback

    e0094315_17265114.jpg

    さとうしゅういちは、五輪終了後初の月曜日朝、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
    総理の介護保険斬り捨てや子育て支援交代を批判したうえで、
    「本当にカネがないならまだしも、28兆円も経済対策をできるのに、その何割かでも社会保障や教育に回させないのはおかしい。」
    と指摘しました。

    「財源も庶民からこれ以上絞り上げたり、違法ではないが不適切な税金のがれをしている大金持ちや大手企業から借りるのではなく彼らから公正な負担を頂こう。」
    と提案しました。

    また、広島土砂災害から2年を過ぎたことに言及。
    「あの土砂災害から二年経ったがこの間も噴火や洪水、大災害が絶えない。被災者支援こそ安全保障ではないか?野党による被災者支援引き上げ法案を総理は呑むべきだ。」

    「また、総理が、そんなに安全保障に熱心だと言うなら、それこそ大断層帯真上の伊方原発停止こそ安全保障ではないのか?」

    などという趣旨を訴えました。



    by hiroseto2004 | 2016-08-22 17:31 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
    本日の一言

     一民間人に過ぎない女子高生が「ワンピース」全巻を持っていたら糾弾するが総理が外国で国民の税金を何10兆円も大盤振る舞いしても追及しない参議院議員がおられますが、おかしいですね。
    by hiroseto2004 | 2016-08-22 17:11 | ニュース・雑感 | Trackback
    台風9号は本日12時半ころ、館山付近に上陸しました。
    関東各地で暴風や大雨に警戒を!

    by hiroseto2004 | 2016-08-22 13:34 | 事故・災害・事件 | Trackback