エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 09月 19日 ( 10 )

ロシアの下院選。プーチン大統領の与党「統一ロシア」が圧勝しました。

民主派のエリツィン(故人)から、KGBご出身でソ連共産党の党員証を今でも大事にするプーチンに大統領が替わって16年余りです。

独裁色を強めつつも、エリツィン時代に完全に崩壊した経済を回復させたイメージづくりに完全に成功しています。

日本における自民党が政権奪還後、国政選挙で連勝しているのと似た構図になっています。


by hiroseto2004 | 2016-09-19 20:03 | 国際情勢 | Trackback

南予地方でM3.6

http://www.jma.go.jp/jp/quake/5/20160919155621495-191552.html
平成28年09月19日15時56分 気象庁発表
19日15時52分頃地震がありました。
震源地は愛媛県南予(北緯33.5度、東経132.9度)で、
震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は3.6と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

岡山県  
震度1  
浅口市天草公園
広島県  
震度1  
三原市本郷南* 尾道市瀬戸田町*
愛媛県  
震度1  
今治市上浦町* 今治市大三島町*
西条市丹原町鞍瀬 宇和島市丸穂*
宇和島市三間町* 内子町平岡* 松野町松丸*
西予市明浜町* 愛南町柏*
高知県  
震度1  
いの町上八川* 宿毛市桜町* 黒潮町入野
山口県  
震度1  
柳井市大畠* 周防大島町東和総合支所*
この地震による津波の心配はありません。

by hiroseto2004 | 2016-09-19 19:50 | 事故・災害・事件 | Trackback
カープは1-3でベイスターズに敗北。3連敗です。
ベイスターズは初のCSが確定しました。

by hiroseto2004 | 2016-09-19 19:30 | スポーツ | Trackback
被災者生活再建支援法に基づく広島土砂災害の被災者への支援金の申請期限は今日まででしたが広島市は1年延長することにしました。
砂防ダムの整備状況なども見極めながら住宅の再建の判断をしたい人も多いためです。
復興には時間が掛かる。災害は現在進行形である。そのことを改めてかみしめなければ成りません。

by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:51 | 広島土砂災害(広島豪雨災害) | Trackback

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)、9月20日第5回審尋、いよいよクライマックスへ

http://saiban.hiroshima-net.org/pressrelease/021_20160917.html


2016年9月17日(広島):
 審尋が継続中の伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)は、9月20日に広島地裁で第5回審尋が開催される予定でいよいよクライマックスを迎える。さる13日に開かれた第4回審尋では、裁判官に対する債務者(四国電力)側のプレゼンテーションが行われたが、第5回の審尋では今度は債権者(運転差止仮処分命令申立人)側のプレゼンテーションとなる。申立人側のプレゼンテーションは、司法判断、被害論、基準地震動、新規制基準の不当性などといったテーマとなる見通し。

 第4回審尋では、吉岡裁判長らが四国電力側にかなり突っ込んだ質問を繰り出しており、裁判官側が債権者・債務者側の訴状や答弁書、準備書面などをかなり詳細に読み込み精査した上で決定を出そうという姿勢がアリアリと見えた。第5回審尋では逆に債権者側が裁判官側の厳しい質問にさらされることが十分に予測される。決定の行方は予断を許さず注目される。

3月11日に提訴された伊方原発3号機運転差止仮処分は、4月28日の第1回審尋を皮切りに第5回目を迎えるが、今のところ第5回目が最後の審尋となる可能性が大きい。仮処分の審尋は一般の傍聴や報道陣の取材を許されていないが、伊方原発広島裁判原告団及び応援団、弁護団は審尋終了後直ちに広島弁護士会館で報告会・記者会見を開催して、審尋の様子を詳しく伝えることとしている。(添付資料チラシ「伊方原発 広島の危険」を参照のこと)

また審尋に先立ち、原告団・応援団は広島地裁へ乗り込み行進を行うことにしている。

 20日第5回審尋に向けて伊方原発広島裁判応援団は、18日広島市内の広島市まちづくり市民交流プラザで「仮処分勝って止めよう」学習会を開催し、伊方原発と広島の危険について公表されているデータをもとにした報告を中心に質疑討論することにしている。

 伊方原発3号機は、8月12日に再起動して原子力規制委員会の最終検査「起動後検査」に入り、22日には100%の定格熱出力に達し、9月7日には規制委規制基準適合性審査の最終段階「使用前検査」に合格、直ちに通常営業運転再開(再稼働)に入っている。

 一方で市民側は、3月11日に伊方原発広島裁判原告団が伊方原発運転差止提訴と原告団が選出した申立人が3号機の運転差止仮処分の同時提訴をしたあと、5月31日には松山の市民が松山地裁に3号機運転差止仮処分を申し立て、さらに6月29日には大分の市民が大分地裁に同仮処分を申し立てるなど、「伊方原発包囲網」を敷いている。四国電力が営業運転を再開したばかりの3号機の運転を継続するためにはこの3件の仮処分申立事件に連続して勝ち抜かねばならない。3号機の運転が継続できるかどうかは予断を許さない。
by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:29 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback

本当のところはどうなのでしょうか?まさか、特定秘密保護法に基づいて、だんまり、ということではないでしょうね?だとすれば余りにも間抜けですが。中国軍は既に2名の犠牲者を出しています。「日本軍」が襲われない方が不思議なくらいです。安保法に基づく駆けつけ警護が解禁されれば全面的な戦闘も予想されます。

日本自衛隊、南スーダンで襲撃を受けたか

http://parstoday.com/ja/news/japan-i16846

南スーダンの治安筋が、同国の国連キャンプに駐留している日本の自衛隊数名が、武装勢力の襲撃を受けたと発表しました。

ジャパンタイムズによりますと、自衛隊員が駐留している国連のキャンプ付近にて、武装勢力の襲撃が発生したということです。

この報告によりますと、この襲撃の被害に関する正確な情報は伝えられていないということです。

また、南スーダンの治安筋の話では、日本の自衛隊員は、武装勢力の狙撃兵からの銃撃を受けたとされています。

2012年から現在まで、日本の自衛隊は国連の平和維持活動の中で、この地域に駐留していました。

南スーダンでの激しい衝突や、中国軍兵士2名など、国連平和維持活動の参加者数名が死亡していることを受けて、日本は危機的な状況のために、自衛隊参加者を同国から撤退させるとしていました。

南スーダンの衝突は現在も続いており、これにより270人近くが死亡しています。国連の拠点も、この衝突の中で危険にさらされています。

南スーダンはおよそ5年前、スーダンから分離し、世界と最も新しい国として独立宣言しました。7月に発生した首都ジュバでの激しい衝突により、アフリカ諸国の首脳陣は、南スーダンにおける地域的な軍事力の駐留を求めました。


by hiroseto2004 | 2016-09-19 16:38 | 安保法案 | Trackback

本日9月19日(月)は安保法の強行採決から一周年です。
ストップ!戦争法! ヒロシマ実行委員会(共同代表:秋葉忠利(戦争をさせないヒロシマ1000人委員会)      石口俊一(広島県9条の会ネットワーク)山田延廣(秘密法廃止!広島ネットワーク))は、広島市中区で
街頭宣伝を行いました。

チラシを配りながらリレートークを実施。

参加者からは、沖縄の基地問題などについても訴えがありました。

本社社主・さとうしゅういちは、
「本日は安保法強行の日でももあり、敬老の日でもある。お年寄りが安心して暮らせるようにすることは、政治家の責務である。しかし、自民党はそれに逆行している。」
と指摘。

「興味深いことに、政務活動費を猫ばばした富山市の自民党の元市議会議長は『老後が不安』であることwその理由にしていた。そんなことは肯定できないが、自民党の大物地方政治家が自民党の今の政治では老後が不安であると認めたわけだ。そうであるならば、不安でなくなるような政治にするのが筋だろう。」
と指摘。

介護保険の改悪(2015年度実施の二割負担導入や、要支援外し、報酬削減、今後検討されている要介護1,2外し、福祉用具外しなど)や年金(障がい年金など)の改悪を撤回・中止すべきだ指摘。

「総理は、海外派兵や外国に武器や原発を買ってもらうためではなく、社会保障や教育、被災者支援など生活不安を取り除くために財政出動を。そのためにも、戦争はやめさせなければならない。このまま安倍政治を続けさせてはお年寄りはもちろん、現役世代も介護離職や介護離婚を強いられたり、老後が不安になる。」
と、現役の介護職として、「海外派兵・武器輸出優先の政治から高齢者・家族の不安を取り除く政治」への転換を訴えました。
e0094315_16243774.jpg
この街宣には大平喜信衆院議員も参加。
「憲法9条を持つ日本は軍事支援ではなく、医療などの人道支援に徹するべきだ。自衛隊員のかけがえのない命を守るために、戦争法の発動を許さず、廃止を求めよう」などと訴えました。

https://youtu.be/BMMGHW2-ZTk


by hiroseto2004 | 2016-09-19 16:28 | 安保法案 | Trackback
民進党の議員や支持者の主にリベラルの中で、野田佳彦幹事長や蓮舫代表への批判は強い。
しかし、その勢い余って、「ネトウヨ」による蓮舫代表に対する「国籍」問題での批判に乗ってしまった人が多くおられます。

このことは残念です。

わたしとて、野田幹事長や蓮舫代表を政治的には決して支持はしません。憲法9条は絶対守るといったその言葉
は評価します。しかし、原発や消費税について自民党との違いが見えにくいことなど、とてもではないが
支持はしにくい。

しかし、それでも、野田幹事長や蓮舫代表をこれ以上、自民党や共産党の幹部は、全く問題にしていないことについて、ネトウヨに便乗して叩くのはいかがなものか、と思うのです。



More
by hiroseto2004 | 2016-09-19 15:50 | 思想・哲学 | Trackback
台風16号がいよいよ、九州に接近してきています。

http://www.jma.go.jp/jp/typh/1616.html
現在、広島市付近はちょうど雲の切れ間にあって、小康状態です。
しかし、南は愛媛県、北は日本海や玄界灘、西は九州方面の台風の外側の雲に包囲されており、大雨になるのは時間の問題とみられます。

まだ、広島県内には大雨注意報も出ています。警報復活の可能性も高いでしょう。
どうぞ警戒しましょう!

by hiroseto2004 | 2016-09-19 09:29 | 事故・災害・事件 | Trackback

本日は敬老の日。

あきれたニュースが入ってきました。

不正が相次ぎ報道されている富山市議会。元議長で自民系会派のトップでもあらせられた方が、不正の理由を「老後の生活が心配で」とおっしゃいました。

年金や介護、住宅の面で、年を取っても不安でない日本を貴方が所属する万年与党・自民党がつくっていれば問題なかったのではないでしょうか?

2015年の法改悪で要支援を介護保険から外し、中間層レベルの収入の人に2割負担を導入。介護報酬を引き下げて倒産を増やす。さらに次回の改正では、要介護1・要介護2への生活援助サービスを外すことや福祉用具を介護保険から外すことさえ検討している始末です。

そんなに老後が不安なら、自民党国会議員の票のまとめ役としての影響力も活かしながら、老後不安を拡大する自民党国会議員を諫めるべきだったのではないですか?

不正に走るのではなく、介護離職や介護離婚など不安を解消する政治をすべきではなかったか?

やることはアベコベではないでしょうか?

「老後の生活が心配で」富山市議会の不正、元議長が証言

http://www.asahi.com/articles/ASJ9L4TGVJ9LPTIL009.html?iref=com_alist_8_02

「辞職ドミノ」で揺れる富山市議会の政務活動費不正問題。自民会派前会長で元議長の中川勇氏(69)が、市議計8人の辞職・辞職表明が相次ぐ異例の事態となった後、初めて朝日新聞の取材に応じた。不正のきっかけは議員年金の廃止で「老後の心配があった」と語った。一方、カネは遊興費などに消えていた。

 中川氏によれば、政務活動費(旧政務調査費)の不正を始めたのは2011年。地方議会の議員年金がこの年に財政難で廃止され、「辞めて老後の生活をどうするか心配になった。このままじゃダメだと思った」。このとき当選5回。酒席など付き合いにかかる費用もかさんでいた。自宅を大規模改築したことに伴うローン返済も、月19万円と重くのしかかっていた。

 旧知の印刷会社から白紙領収書の束をもらっていたことを思い出した。チェックを受けることもなく、不正は簡単にまかり通った。

 会派によると、確認できた中川氏の最初の不正は11年4月の市政報告会の際にかかったとする印刷代11万4千円の架空請求だ。その後も印刷会社の白紙領収書に架空の金額を記入し、政活費を不正請求する手口が多用されていた。最初の11年度、中川氏の不正取得額は約124万円。翌12年度も約114万円に達した。中川氏によると、手口は04年ごろ、別の元市議(故人)に教わったという。


by hiroseto2004 | 2016-09-19 08:16 | 事故・災害・事件 | Trackback