エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 09月 27日 ( 6 )

(1)「政府による沖縄への弾圧を許さない集会」9月28日に日比谷野音で

 政府は沖縄・辺野古での米軍新基地建設の工事再開を目論んでいます。ま
た沖縄北部の高江では、危険なオスプレイの離発着を可能とするヘリパッド
の公示を強行し続けています。こうした県民の民意と地方自治をないがしろ
にする政府に対して怒りの声をあげようと、9月28日に「日本政府による沖
縄への弾圧を許さない集会」が開かれます。どなたも参加出来ます。

 日時 2016年9月28日(水)18:30~20:00(デモ出発)
 会場 東京・日比谷野外音楽堂
 交通 地下鉄「霞ヶ関」「日比谷」下車
   ※地図 http://hibiya-kokaido.com/
 内容 沖縄からの報告(沖縄平和運動センター大城悟事務局長)
辺野古埋立承認取り消し裁判について(白藤博之)ほか
    20:00~ デモ行進 銀座方面コース、東京駅近くで解散
 主催 「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
 連絡先 03-5289-8222(平和フォーラム)

 ■チラシはこちら⇒ http://sogakari.com/?p=2199

 ●福岡高裁那覇支部の不当な判決に強く抗議する声明
 
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり、埋め立て承認を取り消した沖
縄県の翁長雄志知事を、国が訴えていた訴訟で、9月16日、福岡高裁那覇支
部(多見谷寿朗裁判長)は、翁長知事が埋立て承認の取り消し撤回に応じない
のは「違法」であるとして国側の全面勝訴の判決を言い渡しました。
 この不当な判決に対し、平和フォーラムは抗議声明を出しました。

 ■声明はこちら⇒ http://www.peace-forum.com/seimei/20160918.html
by hiroseto2004 | 2016-09-27 18:56 | 沖縄 | Trackback

シリア危機の軍事的な解決法はない。

正にその通りです。最終的にはそうです。
本来の日本の役目は海外派兵ではなく、こうしたシリアのような局面での仲裁外交ではないか。
そんなことも思わされた発言です。

イラン外務次官、「シリア危機の軍事的な解決法はない」

http://parstoday.com/ja/news/iran-i17365

イランのジャーベリーアンサーリー外務次官が、シリアとロシアの外務次官らとの電話会談後、テレビでのインタビューにおいて、「シリア危機の軍事的な解決方法は存在しない」と語りました。

イルナー通信によりますと、ジャーベリーアンサーリー次官は26日月曜、ロシアの中東問題担当大統領特使を兼任するボグダノフ外務次官、そしてシリアのメグダード外務次官と個別に電話会談し、特にシリア北部アレッポの状況を初めとする同国の最新情勢、そしてテロ対策について意見交換を行いました。

両者はこの会談で、シリア危機の人道的な側面に注目する必要性、そして特にアレッポを初めとする紛争地域への緊急支援の迅速化を強調しています。

ジャーベリーアンサーリー次官は26日夜、テレビのインタビューで、「シリア危機からの脱出には、自国の将来に関してシリア国民自身が決断する以外に方法はない」と語りました。

また、「シリア危機の長期化は、同国の危機を軍事的に解決しようとする地域諸国の一部の政治家の信条に起因する」と述べています。

さらに、「シリア危機の解決においては、安全保障、政治、人道の3つの側面が同時に考慮されるべきだ」としました。

ジャーベリーアンサーリー次官はまた、シリア東部デリゾールでの政府軍基地に対するアメリカ軍の戦闘機の攻撃は偶発的なものではないとし、「デリゾールにおけるアメリカ軍の作戦は、事前に正確に計画されたものだった」と語っています。


by hiroseto2004 | 2016-09-27 18:31 | 国際情勢 | Trackback

アサド大統領もたいがいですが、「アメリカはテロを支援」というイラン国会議長の言葉は、ずっとその通りではないかと思います。

サウジアラビアが911テロの黒幕であること、当時の大統領・ブッシュ被疑者がもみけしていたことが明らかになっています。
事ここに至って、必死でサウジをかばおうとするオバマさん。
見苦しいですね。
シリアの国会議長が女性というのも始めて知りました!

イラン国会議長、「アメリカはテロを支援」

http://parstoday.com/ja/news/iran-i17320

イランのラーリージャーニー国会議長が、「アメリカはシリア軍の拠点への空爆により、完全にテロ組織の側についていることを示した」と語りました。

ラーリージャーニー国会議長は、シリアのハディア・ハラフ・アッバス国会議長と会談した後、テヘランで共同記者会見を行い、テロ対策における一部の国のダブルスタンダードを批判しました。

ラーリージャーニー国会議長はまた、「アメリカによるシリア軍の拠点への攻撃は、アメリカが背信行為を行い、シリア軍の拠点を空爆することでテロリストの側に立ち、偽りのテロとの戦いを掲げていることを示している」と語りました。

さらに、イランはシリア問題が勃発した当初から、この問題の解決方法は政治的な方法であり、軍事的な方法ではないと考えていたと述べ、「一部の国は地域や国際舞台において、シリア危機をあおっている」としました。

ラーリージャーニー議長は、シリアが5年にわたる苦難を経験した後、テロ支援国がテロによる危機はシリアに限定されるどころか、アメリカやヨーロッパにまで波及しうるという教訓を得るよう、期待感を表明しました。

ハラフ・アッバス議長も、イランの政府と国民の支援に感謝し、「イランの支援がなければ、シリアは抵抗できなかった」と語りました。

ハラフ・アッバス議長はまた、テロに対する戦争は5年前、80カ国以上によってシリアに強要されたが、この戦争でシリアの文明や文化は壊滅し、(わが国の)全ての観光地は破壊されたと強調しました。


by hiroseto2004 | 2016-09-27 18:09 | 国際情勢 | Trackback
イランの産業というと何が思い浮かぶでしょうか?
やはり石油、というのがイメージとしては強烈ですよね?
しかし、最近のイランは、石油ばかりではありません。
自動車産業はイランは販売台数は15位、生産台数は20位。イギリスの7割、フランスの6割程度の規模です。
凄いじゃありませんか?!
イランは、1980年のイラン・イラク戦争以降、国際的に孤立してきました。
アメリカとは断交。ソ連や英仏もイラク側につきました。
2000年代には核疑惑で経済制裁を受けました。

しかし、それが幸いした面もありました。
石油輸出代金にサウジアラビアなど他の産油国ほどには頼れないために、自前の産業を育てざるを得なくなったという面もあります。
そのほか、伝統工芸は中国やインドと肩を並べています。

イランは、最近ではEU離脱を決めたイギリスと関係を改善。ギリシャやイタリア、フランスとも関係強化に乗り出しています。
意外なところでは中南米にも手を伸ばしています。

日本も見習うべき部分は多々あるのではないでしょうか?

バラマキは問題ですが、多角的に経済関係を構築し、少数の大国なり少数の多国籍企業に依存しないようにするのは大事だと思います。
そういう意味で、安倍総理が、小泉時代に比べれば、幅広い国とつきあっているように見えるのは決して悪い傾向ではないと思います。



by hiroseto2004 | 2016-09-27 17:42 | 国際情勢 | Trackback
1.9月28日は東京地裁へ! 南相馬20ミリシーベルト撤回訴訟を応援しよう!
2.高江における米軍ヘリパッド建設をめぐる防衛省・警察庁交渉(9/29)
3.集会と政府交渉:「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を Part III (10/3)

1.9月28日(水)は東京地裁へ! 南相馬20ミリシーベルト撤回訴訟を応援しよう!
http://minamisouma.blogspot.jp/2016/09/2820.html
2016年9月28日当日のスケジュール
経産省前抗議アピール 12:30~ 場所:経済産業省本館前
東京地裁前応援アピール 13:00~ 場所:東京地方裁判所前
第2回口頭弁論 14:00~ 場所:東京地方裁判所103号法廷
※傍聴券が必要となりますので、配布締め切りの13:30までにお並びください。
 なお、希望者多数の場合抽選となることがあります。
報告集会 15:20頃~ (開始時間は、前後することがあります)
      場所:参議院議員会館 B103

2.高江における米軍ヘリパッド建設をめぐる防衛省・警察庁交渉(9/29)
http://www.foejapan.org/aid/takae/160929.html
沖縄平和市民連絡会の北上田毅さん、弁護士の小口幸人さんをゲストに迎え、政府交渉を行います。
国家による、自然破壊、人権侵害、違法行為を問うていきましょう。

□日時:2016年9月29日(木) 12:00 ~ 15:00
  ※11:30からロビーにて通行証を配布します。
  集会  12:00 ~ 防衛省・警察庁交渉 13:00 ~ (調整中)
□場所:参議院議員会館 B107 (東京メトロ・永田町駅1番出口すぐ、国会議事堂駅徒歩5分)
□資料代:500円
□主催:国際環境 NGO FoE Japan (エフ・オー・イー・ジャパン)
美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会
□問い合わせ:FoE Japan  Tel:03-6909-5983 /090-6142-1807(満田)

3.【集会と政府交渉】「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を Part III (10/3)
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_161003.html
□日時:2016年10月3日(月)13:30~16:30 開場13:10 ※13:10から、ロビーにて通行証を配布いたします。
□会場:参議院議員会館B104 (定員70名)
東京メトロ・永田町駅 1番出口でてすぐ 国会議事堂前駅 1番出口徒歩5分
□内容
1)集会 13:30~14:50
 ・除染土再利用問題の概要:満田夏花(FoE Japan)
 ・南相馬における実証実験報告:まさのあつこさん(ジャーナリスト)
 ・放射性廃棄物をめぐる問題:藤原寿和さん(千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会事務局長)
2)政府交渉(相手方:環境省、調整中)
※冒頭、撤回署名提出を行います。
 ・除染土再利用方針について
 ・法令上の位置づけについて
 ・南相馬市・小高区における実証実験について
 ・環境基本法にもとづく放射性物質の規制について
□資料代 500円 (学生・サポーターは無料)
□主催 FoE Japan
□申込み 不要
□問合せ FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
Tel:03-6909-5983, Fax:03-6909-5986, Email : info@foejapan.org

【ご支援のお願い】
FoE Japan原発チームでは、脱原発や、福島原発事故の被害者支援の活動を継続して行うため、カンパを募集しています。
郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
※必ず、通信欄に、「脱原発」とご明記の上、ご住所、ご連絡先、ご氏名をお忘れなくご記入ください。(領収書や活動報告をお送りいたします)
銀行から、またはオンライン寄付は以下から。
http://www.foejapan.org/join/donation.html

by hiroseto2004 | 2016-09-27 06:19 | エネルギー政策 | Trackback

以下、つくだ守生さんの報道です。


法曹(裁判官、検察官、弁護士)になる前の1年間の司法修習生の生活費の保障する「給費制」が2011年から「貸与制」に変更された問題で、「給費制」の復活や「修習手当」の創設をめざす市民集会が25日、広島市中区で開かれました。広島弁護士会が主催、日弁連と中国、四国地方の弁護士連合会などが共催。約50人が参加しました。
 司法試験合格者は、裁判の判決起案や犯罪捜査の傍聴、法律文書の作成など1年間の司法修習が義務付けられており、その間の生活費として月額20万円と賞与・各種手当てが支払われていた「給費制」が2011年11月から月額23万円を貸し付ける「貸与制」に変更されました。それ以降、多くの司法修習生は経済的困難に陥り、その救済を求める運動の一環として、全国リレーで市民集会を開いているもの。
 安倍内閣が8月2日に閣議決定した「未来への投資を実現する経済対策」の中に明記された「司法修習生に対する経済的支援を含む法曹人材確保の充実・強化」を実現しようと、将棋棋士の今泉健司4段が「給費制復活に王手!」のテーマで記念講演。日弁連給費制対策本部委員の新里宏二弁護士、4年前に「貸与制」で司法修習した佃祐世弁護士、今年の司法試験に合格した竹口真輔氏の3人が加わってパネルディスカッションがありました。
 中国地方弁護士会連合会理事長の木村豊弁護士は「志をもった修習生が経済的負担を理由に法曹の道をあきらめることがあってはならない。これから国会での審議が始まるが、閣議決定の実現へ今が正念場だ」とあいさつしました。
 中国地方弁護士会連合会理事長の木村豊弁護士は「志をもった修習生が経済的負担を理由に法曹の道をあきらめることがあってはならない。これから国会での審議が始まるが、閣議決定の実現へ今が正念場だ」とあいさつしました。
〔写真〕パネルディスカッションをする(右から)今泉、佃、新里、竹口の各氏=25日、広島市中区

by hiroseto2004 | 2016-09-27 06:04 | 司法 | Trackback