エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 11月 17日 ( 5 )

本日未明は、千葉県北西部=安政江戸地震の震源付近でM4.1の地震が発生。千葉県北西部や神奈川東部、東京下町で震度2,茨城や埼玉、群馬、千葉、静岡の広い範囲で1を観測しました。

このほか、昨日は鳥取や熊本、山梨県富士五湖地方など全国各地で小さな地震が多く発生しました。


by hiroseto2004 | 2016-11-17 21:21 | 事故・災害・事件 | Trackback
何という血も涙もないことでしょうか。
外国にはぽーんと何兆円も出す政府が、自国民の1万2千世帯程度を救えないとは?!

 東京電力福島第一原発の事故を受けて、約1万2千世帯に無償で提供されてきた住宅支援が来年3月に打ち切られる。対象になるのは、政府の避難指示が出ていない区域からの「自主避難者」たちだ。

 「家を出て行けと言われて、崖っぷちだ」

 10月26日、東京・永田町の参院議員会館。約20万人分の署名が入った箱を前に約180人が集まり、口々に不安を訴えた。原発事故後に自宅を離れ、避難先で住宅の無償支援を受けてきた「自主避難者」らだ。

 政府と福島県は避難指示の有無…


by hiroseto2004 | 2016-11-17 21:08 | 東日本大震災 | Trackback
イランの最高指導者と、実務レベル高官のトランプ当選への感想です。
最高指導者のそれは「原則論」です。
実務レベル高官のそれは、「本音」に近い部分です。
両方を読むと興味深いです。



More
by hiroseto2004 | 2016-11-17 20:57 | 国際情勢 | Trackback

かき船裁判の第7回口頭弁論が昨日行われました。


以下、つくだ守生さんによる報道です。



 広島市中区の元安川の料亭かき船「かなわ」が原爆ドーム近くへ移転・新設して世界遺産の価値をおとしめたとして、被爆者や市民19人が国に河川占有許可の取り消しを求めた訴訟の第7回口頭弁論が16日、広島地裁(小西洋裁判長)で開かれました。
 国側が「中国地方整備局長の移転許可の判断は裁量権の逸脱や濫用にあたらない」と主張していることに対して、原告側は反論の書面を提出。「最高裁によれば、考慮すべき事情を考慮しないなどの行政処分は裁量権の逸脱、濫用にあたり違法だ」と主張しました。
 市民団体「原爆ドーム・平和公園地区へのかき船(水上レストラン)移転・新設問題を考える会」(略称=「かき船問題を考える会」)は弁論後に広島市中区の広島弁護士会館で報告集会を開き、約40人が参加。石口俊一弁護団長は「整備局は広島市の説明を丸のみにして許可した。撤去を求める署名をさらに広げ、広島市を平和行政の姿勢を改めさせよう」と呼びかけました。
 金子哲夫原告団長は「原爆ドームの世界遺産の価値を守るのが国の役割だと思って提訴したが、あまりにもずさんな形で推進されたことに改めて怒りを覚える」とあいさつしました。

〔写真〕
報告する石口弁護団長(正面左から2人目)
あいさつする金子原告団長(正面右端)=21日、広島市中区


by hiroseto2004 | 2016-11-17 20:49 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

以下、つくだ守生さんによる報道です。


戦争法運用の第一歩となる「駆け付け警護」の付与などを盛り込んだ閣議決定が強行された15日、広島市中区の本通電停前には「ストップ!戦争法 ヒロシマ実行委員会」の呼びかけで36人が集まり、「南スーダンの自衛隊は即時撤退せよ」「新たな派兵はするな」と訴えました。
 「戦争法NO」ののぼりがはためく中、「戦争法発動反対」などの横断幕を前にして被爆者や元高校教師、子連れのママさん、弁護士などがリレートーク。「内戦状態の南スーダンはPKO参加5原則さえ崩れており、今常駐している自衛隊は即時撤退するしかない」「危険な南スーダンに新たな任務を持った自衛隊が派兵されれば、必ず犠牲者が出る」「憲法9条を踏みにじる海外派兵を広島の私たちは絶対に許さない」と訴えました。
 「派兵反対」「即時撤退」の街頭署名も取り組まれ、立ち止まって訴えに耳を傾け、拍手する若者の姿もありました。

〔写真〕宣伝する実行委員会の人たち=15日、広島市中区


by hiroseto2004 | 2016-11-17 20:47 | 安保法案 | Trackback