エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 12月 22日 ( 6 )

シリアの「反政府勢力」(と言う名の米英仏土傀儡のイスラム過激派)とアサド政権の戦争では、
イラン、ロシア、トルコが、共同声明を発表し、アサド政権を事実上正統と認めました。

トルコは事実上、ロシアに「降伏」した形です。

そうした中で、先日起きたロシア大使暗殺事件。

トルコのエルドアン政権のロシアへの降伏を快く思わない、むしろもともとは
エルドアン(イスラム原理主義寄り)に近かったような若者の「跳ね返り」的な犯行である可能性が
強いと思います。

しかし、エルドアンは、ロシア大使暗殺事件を「ギュレン師」(どちらかというと中道寄り)
のせいにしようとしている。

トルコ内部では反露感情もまだまだ強い中で、ギュレン師派を悪者にして「外交ロシア寄り、内政は独裁強化」
を突き進もうとしているように見えます。

イラン、ロシア、トルコの外務大臣が、共同声明の中で、3カ国のシリアへの支持を表明しました。

IRIB通信によりますと、イランのザリーフ外相、ロシアのラブロフ外相、トルコのチャブシオール外相は、20日火曜、モスクワで3者協議を行った後、共同声明を発表し、複数の人種や宗派を持つ民主的なひとつの政府として、シリアの主権、独立、領土保全を支持すると表明しました。

この声明ではさらに、3カ国は、シリア問題は軍事的な方法では解決できないと考えており、安保理決議2254に則ってこの危機を解決するための国連の役割を重視する、と強調されています。

また、ISISやヌスラ戦線との戦いや、反体制派の武装グループと、ISISやヌスラ戦線を分けるための3カ国の共通の意志を強調すると共に、今後、シリアの政府と反体制派の協議によって締結される合意書の実施の保障者として、3カ国が役割をはたすための用意が表明されました。

この声明では、「イラン、ロシア、トルコは、民間人の自発的な避難と武装グループの計画的な撤退につながったシリア東部・アレッポでの共通の努力を歓迎し、このプロセスを安全な方法で間を空けずに続けていく」とされています。

また、「イラン、ロシア、トルコは、停戦の拡大の重要性、人道支援の円滑な配布、シリア全土における民間人の自由な移動について合意している」と強調しました。

イランのザリーフ外務大臣は、21日水曜、「シリア問題の政治的な解決とシリア各地への人道支援が、3カ国の共同声明のこの他の内容だった」と語りました。

ザリーフ外相、ラブロフ外相、チャブシオール外相は、さらに記者会見で、一部の西側や地域諸国に対し、シリアのテロ組織への支援を早急に停止するよう求めました。

ザリーフ外相はこの会見で、「テロは、短期的であっても政治目的の道具として利用されるべきではない。テロは深刻な脅威であり、我々は皆、それと戦う必要がある」と強調しました。

ラブロフ外相は、「世界の全ての国は、国連安保理の決議に基づき、テロの根絶のために、いかなる協力も惜しんではならない」と語りました。

チャブシオール外相は、「シリア危機の政治的な解決と、シリア全土の停戦確立に向け、努力を続けていく」と述べました。


by hiroseto2004 | 2016-12-22 21:32 | 国際情勢 | Trackback
トルコのエルドアン大統領は、ロシア大使暗殺の警官をギュレン師一派と決めつけました。
やはり、政敵追い落とし、独裁強化に悪用してきましたね!

エルドアン大統領はどちらかといえば、イスラム原理主義色が強い方。
ギュレン師はどちらかといえば中道的な方です。

そういう意味で、ギュレン師派が、シリアの反政府勢力=イスラム過激派=にシンパシーを抱いてロシアに敵意を抱いて犯行に及ぶ、
いうのはちょっと無理があるストーリーです。




More
by hiroseto2004 | 2016-12-22 21:10 | 国際情勢 | Trackback

e0094315_20445187.jpg

さとうしゅういちは12月22日、風雨の中で、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
安倍政権が英国の原発に1兆円を支援する一方で、国保への支援金300億円が出せないとしていることを指摘。
「原発輸出は、ヒロシマ、ナガサキ、フクシマを経験した国にふさわしくない。そもそも、福島の事故処理もめどが付かない中で英国に原発を輸出する日本企業を援助している場合なのか?」
と指摘。
「そして、大手企業を助ければ庶民にも恩恵が行くといういわゆる「トリクルダウン」は、言い出しっぺの竹中平蔵さんも「存在しない」と言っている。」
と紹介。
「どうせお金を使うなら、生活の不安をなくすために使うべきだ。教育や医療・介護、そして、被災者支援充実に使うべきだ。」
と提案。
「あべこべなお金の使い方をやめさせよう。」
と訴えました。

さらに、南スーダンへの武器禁輸案について、安倍政権が国連安保理で難色を示していることを紹介。
「安倍さんには武器を禁輸すれば南スーダン政府が怒り、派兵されている自衛隊が危なくなるという思いがあるのだろう。しかし、そうなら、余計に自衛隊を撤退すべきだ。そもそも、停戦合意も事実上崩れているとしか言えない状況の中で、自衛隊を派兵する大義はない。この地域に武器を売りまくっていた中国でさえも、アメリカの武器禁輸案に拒否権は発動しない意向で、中国軍撤退の世論も高まっている。」
と指摘。
「戦争しまくり、武器売りまくりのアメリカなどでさえも武器を売るなと言っている中で、これに反対するのはおかしい。アベコベだ。」
と訴えました。

この日、途中で傘が壊れるハプニングがありました。
また安佐南区内では、建設現場の足場が崩れる事故も起きています。
ご注意ください。

by hiroseto2004 | 2016-12-22 20:46 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島市役所の入庁2年目の職員が自殺。
月100時間の残業をしていたとのことで、遺族がこのほど公務災害に認定するよう請求しました。

電通で新人社員の過労自殺が問題となりました。
そして、いまや、(かつては比較的楽、といわれた)正規公務員でも、このような現状が
広がっています。


広島市の20代の女性職員が昨年10月に自殺したのは過重労働が原因だったとして、遺族が公務災害の認定を申請したことが22日、分かった。

 市によると、女性は2014年の採用。区役所で保育所入所の業務を任され、15年から児童手当の支給業務を担当した。14年12月から仕事が増え、15年9月まで月100時間前後の時間外労働が続いた。同僚から厳しく指導されたこともあったが、自殺の原因となったかは確認できていないという。

 遺族は女性の死後、自殺の原因を知りたいと市側に求めた。市は遺族に勤務実態を説明し、全職場に時間外労働の縮減を呼びかける方針を決めた。広島市の松井一実市長は「申請を重く受け止めている。しかるべき措置をして遺族の要望に応えたい」と話している。【竹内麻子】


by hiroseto2004 | 2016-12-22 19:25 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
本日は日本海に低気圧が進み、全国的に南よりの強風です。
そうした中で、フェーン現象となっている日本海側の新潟県糸魚川で大火事です。
糸魚川の最高気温は真冬にさしかかっているにもかかわらず、20℃に達しました。


不幸中の幸い、大きなケガをされた方は今のところいません。

だが、食堂から出た火が数十棟からさらに140棟(夕方現在)に燃え広がっています。
お見舞い申し上げますとともに、被害が少なくてすむことを願います。






More
by hiroseto2004 | 2016-12-22 15:16 | 事故・災害・事件 | Trackback(1)
e0094315_10332185.jpg
今朝の広島市は、暖かい雨の朝です。
雨が終わるとまた寒波でしょうか?
今冬は暖かい日も多いが、極端に寒い日は寒く変動が大きいです。
体調にはお気をつけください!

by hiroseto2004 | 2016-12-22 10:32 | 歳時記 | Trackback