エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年 12月 26日 ( 9 )

オリバー・ストーン監督、米日韓加中英豪沖台の専門家など53名 真珠湾訪問に際し安倍首相の歴史認識を問う

Oliver Stone and internatonal scholars and activists send an Open Letter to Prime Minister Abe on the eve of his Pearl Harbor visit

12月25日付けで発表した「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」、以下、英語版、日本語版、署名者53名のリストです。拡散、転載歓迎です。53 international scholars, artists, and activists sent an Open Letter to Prime Minister Shinzo Abe on the eve of his upcoming visit to Pearl Harbor. See below English and Japanese versions, followed by the list of signers. All are welcome to share and re-post this letter.
An Open Letter to Prime Minister Shinzo Abe
On the Occasion of Your Visit to Pearl Harbor

December 25, 2016

Dear Mr. Abe,
You recently announced plans to visit Pearl Harbor in Hawai’i at the end of December 2016 to “mourn the victims” of the Japanese Navy’s attack on the U.S. naval base on December 8, 1941 (Tokyo Time).

In fact, Pearl Harbor was not the only place Japan attacked that day. The Japanese Army had attacked the northeastern shore of the Malay Peninsula one hour earlier and would go on to attack several other British and U.S. colonies and bases in the Asia-Pacific region later that day. Japan launched these attacks in order to secure the oil and other resources of Southeast Asia essential to extend its war of aggression against China.

Since this will be your first official visit to the place where Japan’s war against the United States began, we would like to raise the following questions concerning your previous statements about the war.

1) You were Deputy Executive Director of the “Diet Members’ League for the 50th Anniversary of the End of War,” which was established at the end of 1994 in order to counter parliamentary efforts to pass a resolution to critically reflect upon Japan’s aggressive war. Its Founding Statement asserts that Japan’s more than two million war-dead gave their lives for “Japan’s self-existence and self-defense, and peace of Asia.” The League’s Campaign Policy statement of April 13, 1995 rejected offering any apology or issuing the no-war pledge included in the parliamentary resolution to mark the 50th anniversary of the end of war. The League’s public statement of June 8, 1995 declared that the majority parties’ resolution draft was unacceptable because it admitted Japan’s “behaviors of aggression” and “colonial rule.” Mr. Abe, do you still hold such views about the war?

2) In the Diet questioning period of April 23, 2013, you as Prime Minister stated that "the definition of what constitutes 'aggression' has yet to be established in academia or in the international community." Does that mean that you do not recognize Japan’s war against the Allied and Asia-Pacific nations and the preceding war against China as wars of aggression?

3) You state that you are going to visit Pearl Harbor to “mourn” the 2,400 Americans who perished in the attack. If that is the case, will you also be visiting China, Korea, other Asia-Pacific nations, or the other Allied nations for the purpose of “mourning” war victims in those countries who number in the tens of millions?

As Prime Minister, you have pressed for Constitutional revision including reinterpretation and revision of Article 9 to allow Japanese Self-Defense Forces to fight anywhere in the world. We ask that you reflect on the signal this sends to nations that suffered at Japan’s hands in the Asia-Pacific War.

(The list of signers follows the Japanese version.)



真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状

2016年12月25日

親愛なる安倍首相、
安倍首相は先日、1941年12月8日(日本時間)に日本海軍が米国の海軍基地を攻撃した際の「犠牲者を慰霊する」目的で、12月末にハワイの真珠湾を訪問する計画を発表しました。

実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。その約1時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。

米日の開戦の場所をあなたが公式に訪問するのが初めてであることからも、私たちは以下の質問をしたく思います。

1) あなたは、1994年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。その結成趣意書には、日本の200万余の戦没者が「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。この連盟の1995年4月13日の運動方針では、終戦50周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。1995年6月8日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。

2) 2013年4月23日の国会答弁では、首相として「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と答弁しています。ということは、あなたは、連合国およびアジア太平洋諸国に対する戦争と、すでに続行していた対中戦争を侵略戦争とは認めないということでしょうか。

3) あなたは、真珠湾攻撃で亡くなった約2400人の米国人の「慰霊」のために訪問するということです。それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。


首相としてあなたは、憲法9条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々にどのような合図として映るのか、考えてみてください。


1. Ikuro Anzai, Professor Emeritus, Ritsumeikan University 安斎育郎、立命館大学名誉教授

2. Herbert P. Bix, emeritus professor of history and sociology, Binghamton University, SUNY ハーバート・P・ビックス、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校歴史学・社会学名誉教授

3. Peter van den Dungen, Formerly, Lecturer in Peace Studies, University of Bradford, UK, and general coordinator of the International Network of Museums for Peace ピーター・バン・デン・デュンゲン、元ブラッドフォード大学(英国)平和学教員、世界平和博物館ネットワーク総括コーディネーター

4. Alexis Dudden, Professor of History, University of Connecticut アレクシス・ダディン、コネチカット大学歴史学教授

5. Richard Falk, Albert G. Professor of International Law and Practice, Emeritus, Princeton University リチャード・フォーク、プリンストン大学国際法名誉教授

6. John Feffer, Director, Foreign Policy In Focus, ジョン・フェッファー、「フォーリン・ポリシー・イン・フォーカス」ディレクター

7. Norma Field, Professor emerita, University of Chicago ノーマ・フィールド、シカゴ大学名誉教授

8. Kay Fischer, Instructor, Ethnic Studies, Chabot Collegeケイ・フィッシャー、シャボット・カレッジ(カリフォルニア州)講師

9. Atsushi Fujioka, Emeritus Professor, Ritsumeikan University 藤岡惇、立命館大学名誉教授

10. Joseph Gerson (PhD), Vice-President, International Peace Bureau ジョセフ・ガーソン、国際平和ビューロー副会長

11. Geoffrey C. Gunn, Emeritus, Nagasaki University ジェフリー・C・ガン、長崎大学名誉教授

12. Kyung Hee Ha, Assistant Professor, Meiji University 河庚希、明治大学特任講師

13. Laura Hein, Professor, Northwestern University ローラ・ハイン、ノースウェスタン大学教授(米国シカゴ)

14. Hirofumi Hayashi, Professor, Kanto Gakuin University 林博史、関東学院大学教授

15. Katsuya Hirano, Associate Professor of History, UCLA平野克弥、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校准教授

16. IKEDA Eriko, Chair of the Board, Women's Active Museum on War and Peacewam) 池田恵理子 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長

17. Masaie Ishihara, Professor Emeritus Okinawa International University 石原昌家、沖縄国際大学名誉教授

18. Paul Jobin, Associate Research Fellow, Academia Sinica, Institute of Sociology
ポール・ジョバン 台湾国立中央研究院社会学研究所 アソシエート・リサーチ・フェロー

19. John Junkerman, Documentary Filmmaker ジャン・ユンカーマン、ドキュメンタリー映画監督

20. Nan Kim, Associate Professor, University of Wisconsin-Milwaukee ナン・キム(金永蘭)、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校准教授

21. KIM Puja, Professor of Gender History, Tokyo University of Foreign Studies 富子、ジェンダー史、東京外国語大学教授

22. Akira Kimura, Professor, Kagoshima University 木村朗、鹿児島大学教授

23. Tomomi Kinukawa, Instructor, San Francisco State University絹川知美、サンフランシスコ州立大学講師

24. Peter Kuznick, Professor of History, American University ピーター・カズニック、アメリカン大学歴史学教授

25. Kwon, Heok-Tae, Professor, Sungkonghoe University, Korea 権赫泰(クォン・ヒョクテ)、韓国・聖公会大学教授

26. Lee Kyeong-Ju, Professor, Inha University (Korea) 李京柱、仁荷大学教授

27. Miho Kim Lee, Co-founder of Eclipse Rising ミホ・キム・リー、「エクリプス・ライジング」共同創立者

28. Lim Jie-Hyun, Professor of transnational history, director of Critical Global Studies Institute, Sogang University 林志弦(イム・ジヒョン)、西江大学教授(韓国)

29. Akira Maeda, Professor, Tokyo Zokei University 前田 朗、東京造形大学教授

30. Janice Matsumura, Associate Professor of History, Simon Fraser University, Canada ジャニス・マツムラ、サイモンフレイザー大学(カナダ)歴史学准教授

31. Tanya Maus, PhD, Director, Wilmington College Peace Resource Center, Wilmington, Ohio タニア・マウス、ウィルミントン大学(オハイオ州)平和資料センターディレクター

32. David McNeill, Adjunct Professor, Sophia University デイビッド・マクニール、上智大学非常勤講師

33. Gavan McCormack, Emeritus Professor, Australian National University ガバン・マコーマック、オーストラリア国立大学名誉教授

34. Katherine Muzik, Ph.D., marine biologist, Kauai Island キャサリン・ミュージック、海洋生物学者(ハワイ・カウアイ島)

35. Koichi Nakano, Professor, Sophia University 中野晃一、上智大学教授

36. NAKANO Toshio, Professor Emeritus, Tokyo University of Foreign Studies中野敏男、社会理論・社会思想、東京外国語大学名誉教授

37. Narusawa Muneo, Editor, Weekly Kinyobi, 成澤宗男、『週刊金曜日』編集部

38. Satoko Oka Norimatsu, Editor, Asia-Pacific Journal: Japan Focus 乗松聡子、『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』エディター

39. John Price, Professor of History, University of Victoria, Canada ジョン・プライス、ビクトリア大学(カナダ)歴史学教授

40. Steve Rabson, Professor Emeritus, Brown University (U.S.A.) Veteran, United States Armyスティーブ・ラブソン、ブラウン大学(米国)名誉教授 米国陸軍退役軍人

41. Sonia Ryang, Director, Chao Center for Asian Studies, Rice University ソニア・リャン、ライス大学(テキサス州)チャオ・アジア研究センターディレクター

42. Daiyo Sawada, Emeritus Professor, University of Alberta ダイヨウ・サワダ、アルバータ大学名誉教授

43. Mark Selden, Senior Research Associate, East Asia Program, Cornell University マーク・セルダン、コーネル大学東アジア研究プログラム上級研究員

44. Oliver Stone, Academy Award-Winning Filmmaker オリバー・ストーン、アカデミー賞受賞映画監督

45. Tetsuya Takahashi, Professor, University of Tokyo 高橋哲哉、東京大学教授

46. Nobuyoshi Takashima, Professor Emeritus, the University of Ryukyus 高嶋伸欣、琉球大学名誉教授

47. Akiko Takenaka, Associate Professor of Japanese History, University of Kentucky竹中晶子、ケンタッキー大学准教授

48. Wesley Ueunten, Associate Professor, Asian American Studies Department, San Francisco State University ウェスリー・ウエウンテン、サンフランシスコ州立大学アジア・アメリカ研究学部准教授

49. Aiko Utsumi, Professor Emeritus, Keisen University内海愛子、恵泉女学園大学名誉教授

50. Shue Tuck Wong, Professor Emeritus, Simon Fraser University シュエ・タク・ウォング、サイモンフレーザー大学(カナダ)名誉教授

51. Yi Wu, Assistant Professor, Department of Sociology and Anthropology, Clemson University イー・ウー、クレムゾン大学社会学・人類学部助教授

52. Tomomi Yamaguchi, Associate Professor of Anthropology, Montana State University 山口智美、モンタナ州立大学人類学准教授

53. Lisa Yoneyama, Professor, University of Toronto リサ・ヨネヤマ、トロント大学教授

**********************************************************
Those whose signatures arrived after we released the letter. 発表後に署名が届いた人たちをここに記します(到着順)

Jenny Chan 陳慧玲, Assistant Professor of Sociology and China Studies, Department of Applied Social Sciences, The Hong Kong Polytechnic University 

Matthew Penny, Associate Professor, Concordia University (Canada)


by hiroseto2004 | 2016-12-26 20:19 | 歴史 | Trackback
板橋区では、日本共産党区議団を離れた松崎いたる区議が日本共産党板橋地区委員会から除籍されました。
なお、松崎区議は「反共」に転落したわけではなく、あくまでそもそもの公約を守るために、無所属に転じただけ。
それでも共産党自体は支援するというスタンスでいらっしゃることも紹介します。

ただ、今からでも遅くはない、日本共産党板橋区委員会には、再検討をお願いしたい。

松崎区議が追及した「ナノ純銀除染」とこれを勧めた元職員。
そもそもが、ナノ純銀なるもので、除染=放射性物質の無害化が出来るならば「エネルギー保存の法則」
が根底から崩れることになります。
放射性物質が放射線を出さないまで安定化させることを加速させることが可能だとしても、
何らかのエネルギーを加えなければならない。しかし、そんな作用をナノ純銀が持っているわけがない。

この手の「似非科学」は、そもそもは、自公でもない、共産党でもない市民派周辺と、
それから、安倍総理を支持するような右派の一部が支持する傾向があります。
それは「ワクチン全否定」や「医療否定」や「大麻解禁肯定」論者とも重なる傾向があります。

ワクチンについては、「ユダヤ人の陰謀で日本人をワクチンで滅ぼそうとしている」という論調が
右派の一部と市民派の一部から出されています。
男女共同参画についても、封建的な社会を肯定する右派と、「ユダヤ人の陰謀」とする左派の一部が否定的です。
大麻解禁についても三宅洋平さんらを支持する左派の一部と、総理の妻・安倍昭恵さんが肯定的です。

こうした中、自民ハト派・公明と共産党はこうした「ナノ銀除染」「医療全否定」「大麻解禁」的な論調
とは距離を置いてきた感がありました。
しかし、そうでもなくなっていることが、今回の板橋区議会の事態で明らかになりました。
共産党の場合は、共闘相手の市民派に、上記のような論調があることがあることから
妥協している面があるのではないか?そのように心配しています。
日本共産党は、市民派の悪い部分にまで妥協する必要はない。
このように、断言します。





More
by hiroseto2004 | 2016-12-26 16:26 | 思想・哲学 | Trackback
2010年の参院選から2012年の第46回衆院選の頃、我々「市民派」は、青年将校を演じてしまったのではないか?

そのような自省の念を禁じ得ないのです。

2009年8月30日の衆院選で民主党が圧勝し、政権を奪取しました。
しかし、程なく民主党への失望が広がった。

そして、2010年7月の参院選で民主党は大敗し、ねじれ国会となったのです。
その要因の一つは、沖縄の基地問題。そして、消費税であったと思います。

このころから、言ってみれば「既成政党に天誅!」という雰囲気が特に市民派やその周辺の
比較的政治に関心がある無党派層に広がっていったのです。

ただし、そうした人々の思いとは逆に、調子に乗りだしたのは、当時はまだ谷垣総裁が率いる自民党でした。
また、地方レベルで言えば、古いタイプの自民党議員たちでした。

いわゆる市民派には単独で票や議席を取る力量もはない。しかし、既成政党への失望が広まれば
相対的に浮かび上がるのは自民党でした。

2011年3月11日に発生した東日本大震災と東電福島原発事故。

この中で、リベラルな市民の間では既成政党不信は広がっていったが、それが具体的に議席につながるか
といえばそうではなかった。

2011年の統一地方選挙でも当時与党の民主党や既存野党から、新自由主義の「みんなの党」や「大阪維新」
へ議席が移っただけに終わった結果、あるいは、相対的に自民党が増えただけに終わったのです。

他方で、「やっぱり安定」を求め、自民党の古い利権誘導政治への回帰を求める票の流れも
顕著になっていきました。

この辺りの動きは、1936年の2.26事件に似ていたのではないでしょうか?
社会民主主義暴力革命をめざした青年将校・皇道派が立ち上がったものの、鎮圧された。
既成政党も、青年将校も力を失い、東條英機ら統制派の軍人が権力を握り、日中戦争、
第二次世界大戦へ暴走していったのです。

市民派は青年将校・皇道派。民主党は、既成政党(政友会&民政党)。東條英機は安倍晋三に置き換えられます。

2011年のいわゆる大阪ダブル選挙では橋下徹さん率いる大阪維新が圧勝しました。

民主党が脱原発へ舵を切りきれないことを理由に民主党を見限った人たち。
他方で、連合を支持基盤としている民主党に対して「公務員や正社員の味方ばかりしているのではないか?」
という不信感から、みんなの党やおおさか維新へ流れる動きも、特に団塊ジュニア近辺の非正規労働者などに
は多く見られました。

だが、現行選挙制度では、これらの動きは、自民党、それも、谷垣総裁から安倍総裁へ変わった自民党をアシストするだけでした。
2012年12月の衆院選で自民党・公明党が圧勝してしまいました。

 市民派は、それでも、安倍政権に対抗するよりは、むしろ、既成政党への追い討ちを優先。さらに市民派(脱原発派)
内部でも主導権争いを続けました。そうした中で、2013年参院選では、自民圧勝、市民派惨敗という結果になった。
他方で、安倍政権の脅威を感じ取った人たちの票を集め、日本共産党が躍進しました。

「自民党は嫌いだが、民主党には不信感を抱き、共産党にもアレルギーを抱く人たちをうまく取り込めば」
という市民派のビジネスモデルは崩壊しました。

2013年の夏の参院選惨敗以降、市民派自体も分極化していきました。
すなわち、格差是正優先派と反原発優先派にです。
反原発優先派の中には、勢い余って、小泉純一郎さんを持ち上げてしまう向きもありました。

他方で、格差是正優先派の中でも、既得権益打倒・既成政党不信の思いの勢い余って、大阪維新などへ流れる
動きも強くありました。

こうした中で、気がつけば、安倍総理率いる自民党が独走態勢に入り、2013年の特定秘密保護法強行可決、2014年7月の集団的自衛権の行使容認閣議決定強行と「爆走」。2014年12月には、「平成の翼賛選挙」ともいえる第47回衆院選で再び圧勝し、向こう4年間の
「暴走権」を手に入れてしまいました。言ってみれば「大政翼賛会」を完成させたとも言えます。

この圧勝を背景に、2015年1月、安倍総理は、イスラエル国旗の前で、「対ISIS」宣戦布告を行ってしまったのです。
ここに日本は、事実上、第三次世界大戦に突入しました。

安倍総理が爆走を続ける中で、ようやくことの重大さに気づいた市民や野党も共闘へ動き出します。
それでも、圧倒的な議席を持つ自公の前に安保法反対闘争は敗北します。

2016年2月、5野党が共闘で合意。2016年7月の参院選では、一定の成果を上げました。しかし、2013年参院選で
多数の議席を自民党に与えていたことが響いて、改憲勢力に三分の二を与えてしまったのです。
この選挙中に、日本人を狙ったISIS支持者のテロがダッカで発生し、多くの犠牲者を出しました。

衆院の小選挙区制という問題はある。しかし、結果的に、安倍政権が復活し、さらに暴走を加速する局面で
「市民派」が青年将校の役目を果たしてしまったのは間違いないのです。

また市民派の「右でも左でもない」というのは聞き心地は良い。
それはポストモダニズムの典型的な言辞です。
しかし、日本は、「物言えば唇寒し」のムラ社会です。
こうしたムラ社会では、むしろ言論を萎縮させる効果を持ってしまったのでは
ないでしょうか?
「偏っている」と思われたくないという思いを人々に広がらせた
だけではないでしょうか?
「右でも左でもない」はムラ社会が完全打倒された近代市民社会を実現してから
の話ではなかったでしょうか?

こうしたことの総括は必要なのではないでしょうか?

もともと、市民派も、既成政党へのアンチという側面は根強くあります。
年配者の場合は、いわゆる新左翼がソフト化した人たち。
若手の場合は、既存組織への反発した人たち。
あるいは、単純に、原発が怖いということで目覚めたひとたちももちろんいます。

もちろん、既存組織に問題があることは事実です。
それは事実ですが、むしろそうした既存組織の弱点を
補強するような方向で、もっとうまく立ち回れなかったのでしょうか?

すくなくとも今後はそういう方向で立ち回るうまさが必要ではないか?
そのように思うのです。

政策面で言えば、既存政党が苦手とするような分野での助言。
あるいは、既存政党が、官僚や大手企業側の攻勢にやられそうになったときに、きちんと政治家を
叱咤激励すること。
言い換えれば、「我々の側に立って仕事をする政治家」を孤立させないこと。
これが必要ではないでしょうか?

「単なるクレーマー」で「票にはあまりならない」。

あるいは、
「単なるアンチ既成政党の受け皿」というビジネスモデルに走る。

こういうことでは、厳しい言い方ですが、安倍総理を利するだけになる。
東條英機の登場を導き、暴走を後押しした青年将校や、社会大衆党の二の舞になる。
このように考える次第です。

関連記事



by hiroseto2004 | 2016-12-26 14:05 | 思想・哲学 | Trackback
日本時間の昨夜遅く、チリでM7.6の大地震が発生しました。




本日前半は、4時52分ころ、茨城県南部で最大震度3の地震が発生。
さらに、9時49分に高知県中部でもM3.7の地震が発生しています。
このほか、栃木県北部で震度2(福島県内)の地震、鳥取や福島沖、熊本、西表島でも地震が発生しました。

平成28年12月26日04時56分 気象庁発表
26日04時52分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部(北緯36.1度、東経139.9度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。



More
by hiroseto2004 | 2016-12-26 12:53 | 事故・災害・事件 | Trackback
城繁幸さんが、「日本の正社員をクビにするのは世界一難しい」と主張し、特に、団塊ジュニア近辺の
非正規労働者の間でもこの説を信用する人が多くいました。
そして「正社員の既得権を打倒すれば自分たちが救われる」という風潮もありました。
しかし、実際にはそういうことはデータの上でもないのです。

今となっては、むしろ「過労状態で会社を辞めるという考えさえ思いつけなくなってしまう」ことこそ一番の問題ですね。

ただ、数年前、とくに2010年ころは、こうした、「正社員の既得権を打倒さえすれば」という議論を、市民派も信じ、
自民党よりは連合を支持基盤とした民進党に主要打撃を向けてしまった面はある。その結果が、今の安倍政権復活につながった
という面はありますね。

ある種の「青年将校」の役目を城繁幸さんが果たしたのは事実です。その結果として、平成の東條英機
である安倍総理が復権したのも事実ですね。


記事

城繁幸氏が「日本の正社員をクビにするのは世界で一番難しい」ともう言えない理由




by hiroseto2004 | 2016-12-26 12:40 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

[転送・転載歓迎/重複失礼]

1223日(日本時間24日)、国連安保理で南スーダンに対する武器禁輸を柱とする制裁決議案の採決が行われ、賛成少数で否決されました。日本政府は、信じ難いことに棄権しました。ジェノサイドを防ぐために重要な武器禁輸決議の採択を公然と妨害した責任は、極めて重いものがあります。

・南スーダン制裁決議採択されず=陸自派遣の日本棄権-米「歴史は厳しい判断」と 

批判(1224日、時事)http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122400004&g=pol
・南スーダンへの武器禁輸決議案、安保理で否決 日本など棄権(1224日、日経)
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE23H03_T21C16A2PE8000/?dg=1

私たち武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)は、本日1224日夕方、以下の緊急声明を、外務省、首相官邸、e-Govの外務省・防衛省・内閣官房・内閣府あてにメールで、また、岸田外相の国会事務所・広島事務所、安倍首相と稲田防衛相の国会事務所、防衛省あてにファックスでそれぞれ送付しました。ぜひご一読ください。

また、大至急、岸田外相と外務省に「南スーダン武器禁輸決議への妨害に抗議します」「自衛隊はただちに撤退を」の声を集中してください。短いものでも構いません。お知り合いにも広めてください。

<岸田外相>
国会事務所(FAX)03-3591-3118
メール f-kishida@kishida.gr.jp
広島後援会事務所
TEL)082-228-0159
FAX)082-223-7161
<外務省>
御意見フォーム https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
国連政策課 電話は平日に
(代表)03-3580-3311 から(内線)2917 国連政策課へ
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【緊急声明】


国連安保理の南スーダン武器輸出禁止決議案否決――日本政府の妨害に抗議

悪化の一途をたどる南スーダンの内戦について、国連安全保障理事会は1223日(日本時間24日)、武器禁輸を柱とするアメリカ提出決議案を、賛成少数で否決しました。安保理に議席をもつ日本は、この決議案に棄権しました。その理由は、(1)南スーダン政府が決議案に反対(2)日本が決議案に賛成すれば、両国の関係が悪化(3)その結果、南スーダンPKOに参加している自衛隊への危険性が増す――からだというのです。

武器禁輸に背を向けた、このような日本政府の対応は、根本的に間違っています。ジェノサイド=諸民族間の大虐殺に発展する恐れのある内戦激化を防ぐためには、南スーダン国内に出回っている武器・弾薬を最小限にすることが必要です。

南スーダンは、20117月に分離独立、国際社会の支援で新しい国づくりに取りかかったものの、2013年末から内戦状態となりました。20164月に和平合意が成立したのも束の間、7月には、首都ジュマで、キール大統領派とマシャル副大統領派の部隊が激突し、一般市民を含む多数の死傷者が出ました。首都駐留の国連PKO部隊も手が出せないほどの激戦でした。

以後、内戦は各地に拡大、副大統領派だけでなく、多くの反政府武装勢力が国内に割拠する混乱が続いています。内戦が収束する見通しはなく、8月以降、アメリカの国連代表は、南スーダンへの武器禁輸案を安全保障理事会に提示、国連の潘基文事務総長も「ジェノサイドを防止するため、早急な武器禁輸を」と呼びかけました。

今回提示されたアメリカによる決議案の要点は、(1)南スーダン政府と反政府派双方に対する1年間の武器禁輸(2)政府側と反政府側それぞれの幹部に対する、渡航禁止や資産凍結などの制裁――です。決議案は、賛成7-棄権8(日本、中国、ロシアなど)で否決されました。

現地の自衛隊PKO部隊が、いわば「人質に取られている」ことを理由に、武器禁輸そのものに反対したのは、本末転倒です。いったい何のための「平和維持活動」なのでしょう。本来なら、もっと早い時期に、日本政府こそが武器禁輸措置を実現する旗振り役を務めるべきでした。今回の事態によって、改めて、自衛隊派遣が南スーダンの人々の平和と安全のためではなく、自己満足に過ぎないことが明らかになりました。

わたしたちは、日本政府の間違った政策に強く抗議します。日本政府は方針を改め、南スーダンへの武器禁輸賛成を表明し、実現のための国際的な協力に加わるべきです。そして、ジェノサイド防止の障害にすらなっている、憲法違反の自衛隊派遣を中止し、全部隊をただちに撤退させることを求めます。

2016
1224

武器輸出反対ネットワーク(NAJAT
メール anti.arms.export@gmail.com
東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302 311市民プラザ気付
FAX 03-5225-7214


by hiroseto2004 | 2016-12-26 11:57 | 反核・平和 | Trackback
オバマ政権は土壇場になって棄権に転じました。
これまでは行使してきた拒否権を行使しなかったのです。
イスラエルも入植活動を加速化させるなど、目に余る行動が見られます。
オバマさんも、政権末期とは言え、よくやりました。
ただし、次のトランプさんは親イスラエル。警戒が必要です。




More
by hiroseto2004 | 2016-12-26 11:48 | 国際情勢 | Trackback
今年は、アメリカのオバマ大統領が広島に来られました。

それは確かに歴史的には画期的なことではある。

ただし、池上彰さんがあるTV番組で言っておられたとおり、平和公園に核のボタンを持ち込んだということも
忘れてはいけない。

さらに、もっと問題なのは以下の二つのこと。

日本人、とくに広島人が、オバマさんが来てくれたのだから、ということで、アメリカに対してものを言いにくくなる
という雰囲気が広がってはいないか?
政府レベルでも、そうした国民、市民の雰囲気を受けて、
「せっかく広島に来てくれたオバマさんの機嫌を損ねてはいけない」
からと、広島出身の岸田外務大臣も、むしろ、アメリカの機嫌ばかり伺う外交になっていないか?
具体的には
「核兵器禁止条約交渉を開始を求める国連総会決議」
に日本が例年の「棄権」から「反対」へ後退したことです。




by hiroseto2004 | 2016-12-26 11:40 | 反核・平和 | Trackback
オスプレイ墜落事故で米軍は、十分な回収作業をしていないために、住民やボランティアが清掃作業をする羽目になっています。
「立つ鳥跡を濁さず」とことわざではいいます。
しかし、これでは、「立つ米軍跡を濁しまくり」
です。
米軍は日本人を舐めまくっている。
日本が舐められているような内容の日米地位協定も大問題です。



by hiroseto2004 | 2016-12-26 11:31 | 沖縄 | Trackback