エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 01月 06日 ( 7 )

快晴の金曜日です

広島市安佐南区は快晴の金曜日ですね。

e0094315_16091013.jpg
比較的穏やかな天気が続きました。
わたくしはこれからまた勤務です。
ちなみに、日曜日と月曜日の成人の日はお休みです。
頑張ります!

by hiroseto2004 | 2017-01-06 16:08 | 役人からヘルパーへ | Trackback
共謀罪をどさくさに紛れて出そうとしています。
そもそも、現行法で対応できる話を、わざわざ新しい法律を作るというのは、
それだけで怪しいのですよ。安倍さん。何を企んでいるのですか?
東京五輪反対と言うだけでテロ、逮捕なんてなりかねない。

「共謀罪」に意欲 法案提出検討、公明の対応焦点

 安倍晋三首相は5日の自民党役員会で、「共謀罪」の成立要件を従来より絞り込んだ「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、20日召集の通常国会での提出・成立を目指す意欲を示した。ただ、公明党は国民の理解不足を懸念しこれまで慎重な姿勢を示してきた。法案提出の場合、公明党が重視する今夏の都議選前に審議入りする可能性が高く、同党の対応が焦点となる。

 犯罪の準備段階でも罪に問える共謀罪は、日本が2000年に署名した「国際組織犯罪防止条約」批准に必要とされ、政府は20年の東京五輪・パラリンピックを念頭に成立を目指している。過去に3回、国会に関連法案が提出されたが、国民の理解を得られず廃案となった。今回の法案では適用対象を「組織的犯罪集団」に限定するなど要件を厳しくし、理解を得たい考えだ。

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、法案提出について「国会でさまざまな意見があったので、そうしたものを踏まえながら最終検討している」と述べた。

 政府は昨秋の臨時国会でも提出を検討したが、公明の慎重意見などで見送った。首相は5日の党役員会では法案名に触れたが、その後の政府与党連絡会議では公明幹部を前に「大きな法案もある」と抑制した。同党の大口善徳国対委員長は記者団に「態度はまだ決まっていない」と述べるにとどめた。【田中裕之】



http://mainichi.jp/articles/20170106/ddm/002/010/115000c#csidx94439106358f5b88009c0795963c5cd



by hiroseto2004 | 2017-01-06 12:39 | 司法 | Trackback
山形県知事選挙は、吉村知事が無投票で三選しました。
自民党が対抗馬を立てられなかったということです・・。

任期満了に伴う山形県知事選挙は、5日告示され、無所属で現職の吉村美栄子氏以外に立候補の届け出がなく、吉村氏が2回連続の無投票で3回目の当選を決めました。

吉村氏は、山形県大江町出身の65歳。行政書士や県教育委員などを務めた後、前々回(平成21年)の県知事選挙で、当時の民主党、共産党、社民党の支援を受けて、現職を破って初当選し、東北地方で初めての女性知事になりました。

今回の選挙にあたって吉村氏は、女性の管理職を増やすことや、農業の競争力の強化、それに、高速道路網の充実などを公約に掲げました。

そして、民進党、共産党、社民党が事実上、支援する姿勢を示す中、自民党が「吉村氏に勝利する態勢を整えることができなかった」として、候補者の擁立を見送ったことから、吉村氏が2回連続の無投票で3回目の当選を決めました。

都道府県選挙管理委員会連合会によりますと、知事選挙が2回連続で無投票になるのは、昭和53年と57年の滋賀県知事選挙と、平成23年と27年の高知県知事選挙に続いて3例目です。

「重い責務感じる」

2回連続の無投票で3回目の当選を決めた吉村美栄子氏は「無投票での当選は心から喜べることではなく、むしろ重い責務を感じている。2期8年、全力でまい進し、成果もあるが、まだまだ課題もある。これまで以上に全力で、山形県民のための県政、山形発展のための『やまがた創生』に向けて全力で頑張りたい」と述べました。

県民は

吉村氏が2回連続の無投票で3回目の当選を決めたことについて山形市内で話を聞きました。

このうち、47歳の女性は「無投票となったのは県民としてはもの足りない。町なかを見ても寂しい感じがするし、人口が増えない問題もあるので、山形が元気になるよう、2期務めた経験を生かして結果につなげる政治をしてほしい」と話していました。

一方、68歳の男性は「再選されたのはいい県政をしているということだと思う。山形にはたくさん資源があるので、それを使いこなせる人材を育てていろいろな事業を起こすなど、経済政策に期待したい」と話していました。


by hiroseto2004 | 2017-01-06 12:21 | 選挙 | Trackback
左下の安倍晋三さんは、旧来自民(金丸・竹下)の再来をにおわせて、重厚長大産業や田舎のお金持ち層に支持されています。
右上の小池百合子さんは、小泉純一郎さんの正統なる後継者です。
保育問題などでは一定の前進を見せ、特に東京に集中しているグローバルインテリの中の子育て世代(30代から40代で、結婚して子どもがいてそれなりの収入がある)に支持されています。ヒラリークリントンが極めて近いと思われます。

蓮舫代表は、右上の小池=ポストモダニズムと左上の「共産・社民・自由ブロック」(野党共闘を主導)の間で日和見をしておられます。

連合は、民進党と、「左下」の「安倍自民」の間で日和見をしています。

公明党は、都議会で自民党と協力を解消。左下の安倍自民と右上のポストモダニズムの間で日和見を開始しています。

右下の「ムラ社会のポストモダン」は、経済的にも極右で政治的に極右。石原慎太郎さんや植松聖被疑者がその代表選手です。

e0094315_12000958.png
参考記事


by hiroseto2004 | 2017-01-06 12:07 | 思想・哲学 | Trackback
 小泉純一郎さんも安倍晋三さんも「清和会」出身ですが、小泉さんは、良くも悪くも、1990年代から2000年代前半に隆盛を極めた「ポストモダニズム」のチャンピオンです。

政治的にはリベラル(総理在任中の男女共同参画積極姿勢や総理退陣後の脱原発など)な面もあるが、階級格差拡大は放置、空爆しまくりのアメリカのやりたい放題について行く。そういうタイプです。民主党で言えば、昔の前原誠司さん(今は社民主義に転向を宣言)が近いでしょう。というより、小泉さんが、1990年代の民主党右派をパクったと言う方が正解でしょう。小泉政権=民主党右派+公明党政権という見方もできます。

 神奈川県ご出身というのが実は影響していると思う。神奈川県というのは、幕末以来の外国への玄関口横浜を抱えています。東京よりもグローバリズムに親和的なインテリが多いのではないか?
 実際、大学時代を振り返っても、同級生でも東京都民より神奈川県民の方がアメリカンな雰囲気でファッションセンスとかいい人が多かったと思いますね。

 神奈川県は長年、日本社会党右派系の論客・長洲一二(元日本共産党員だったが構造改革派であり、日本社会党左派=いわゆる協会派よりは右に位置した)が知事をしていました。

 その長洲県政こそが実は、日本の新自由主義のモデルであることを皆さんご存じでしたか?乱暴に言えば「住民参加」と引き替えにサービスをカットする的な方向です。

 小泉さんもそういう神奈川県民の気風を背景に政治家として育っていったのでしょう。

 今、小泉さんを受け継ぐ自民党政治家としては小池百合子さん(自民党を離れませんよ!!)が挙げられると思います。小池さんの場合も、兵庫県の阪神間ご出身ですから、「グローバルインテリ」受けするセンスがあるのは当たり前です。

 アメリカで言えばクリントンさんが近いでしょう。

 安倍晋三さんの場合は清和会でありながら、実際には、山口県を基盤としているために、割と金丸信とか竹下登などの1980年代以前に活躍した田舎出身政治家の感覚なのだと思います。

 アメリカで言えばトランプさんが近いでしょう。

 ハコモノを造れば大手企業が来て、中小企業も自治体も庶民も潤う。こういうモデルです。

 旧来の重厚長大産業や田舎のお金持ち層が主な支持基盤になります。

 2012年頃以降、小泉さん(大都市近郊のグローバルインテリ中心のポストモダニズム)への反動として、「1980年代を取り戻す」的な雰囲気が出ている。それは間違いないと思います。

 高校生や大学生くらいのみなさんもバブル世代(今はもうアラフィフ!)の親から「あのころは六本木でガンガン遊べて良かった」的なことを聞かされれば、そりゃ、1980年代は良い時代だったと思うでしょうし、そのころを取り戻してくれそうな安倍内閣を支持するのも当たり前です。

まとめて言えば、
「クリントン=小泉=長洲=グローバルインテリ=1990年代~2000年代前半に隆盛」
陣営と
「トランプ=安倍=重厚長大&田舎お金持ち=1980年代以前に隆盛」
陣営
となっています。

前者は、自分たち以外を「既得権」と決めつけてウケを狙う手法。
後者は、露骨な利益誘導で支持を集める手法。
日本の場合は、アメリカに先駆けて4年早く「トランプ」が出てきたようなものです。安倍晋三は「4年早いトランプ」です。

その原因としては、日本の民主党政権が4年持たずに倒れたことはあるでしょう。アメリカの場合はオバマが8年持ちましたから。
他方で、大阪や東京では「クリントンのグローバリズム的な部分を凝縮した」ような政治家が「田舎臭く」見える安倍政治への反感から復活しているとも言えます。

もちろん、皆さんもご存じのように、本社社主は、「クリントン」小泉も「トランプ」安倍も支持しません。

どちらも、圧倒的多数の庶民・労働者にとっては、良くないからです。

民進党代表が「小泉二世」とも言える現東京都知事にすり寄っておられます。
これでは、野党に勝ち目はありません。たとえ、公明党を抱き込んだとしても都会ではそこそこ議席を取れても、田舎で議席を落とすだけです。たとえ、万が一風が吹いて政権を奪取しても、うまくはいかない。安倍総理以上の弱者に厳しい政治、緊縮財政で凄まじい不況を招くだけでしょう。そして、2012年の民主党の二の舞を演じるだけになるでしょう。

21世紀の時代状況に合わせた格差是正をきちんと打ち出す方向。ここを特に野党・市民連合は打ち出すべきであると思います。
そのために日々、街頭(対外的)にも内部的にも活動しているわけです。



by hiroseto2004 | 2017-01-06 10:02 | 思想・哲学 | Trackback
イランのLNGにフィリピンの国営石油会社が投資をします。
最近、独自の動きをしているフィリピンが、欧米による制裁解除が決まったイランと連携。動き出した感がありますね。


フィリピンのアキノ国営石油会社の取締役が、フィリピンのエネルギーを確保するために、イランの液化ガス分野に投資すると語りました。

イラン石油省が運営するシャナー通信によりますと、アキノ取締役は、イランは多くの機会が存在する国であるとし、「イランの石油専門家は、聡明で高い専門性があり、制裁時代にこの産業を国際企業の参入なしに、見事に運営した」と語りました。

また、「フィリピンは、かつてイラン産原油の顧客だったが、現在、石油の購入再開に向け協議を行っている」と述べました。

フィリピン国営石油会社は、他の10の企業と共にイラン南部産油地域国営会社と協力合意書に調印しました。



by hiroseto2004 | 2017-01-06 09:10 | 経済・財政・金融 | Trackback
米山知事が東電会長・社長と初会談。「事故原因の検証、事故が健康と生活に及ぼした影響の検証、事故が起こった場合の安全な避難方法の検証がなされない限り再稼働の議論は始められない、命と暮らしが守られない現状において再稼働は認められない」と伝えました。


東京電力数土会長広瀬社長と初会談を持ち、事故原因の検証、事故が健康と生活に及ぼした影響の検証、事故が起こった場合の安全な避難方法の検証がなされない限り再稼働の議論は始められない、命と暮らしが守られない現状において再稼働は認められないとお伝えし、検証にご協力頂けるとお返事頂きました


by hiroseto2004 | 2017-01-06 09:02 | エネルギー政策 | Trackback