エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 01月 19日 ( 12 )

ロシアをG7に復帰させよ。イタリア外相が要請しました。
確かに、プーチン大統領の政治が人権抑圧的であるとは思います。
しかしながら、米英仏なども、空爆しまくり、サウジなどのテロ国家を支援しまくり
なわけです。偉そうなことは言えません。
そういう意味では、イタリアの言っていることを米英仏などが「暴論」として却下するのは
無理筋ではないかな、と思います。

イタリアのアルファノ外務大臣が、ロシアのG7復帰を求めました。

ロシア・イタルタス通信によりますと、アルファノ外相は、17日火曜、「イタリアは、G7にロシアが加わり、G8となることを検討する必要があると考えている」と語りました。

さらに、「国際的な危機に関してロシアと話し合ったときから、ロシアのG8復帰の条件を検討すべきである。たとえそれが5月末にイタリアで開催されるG7の次期会合まで不可能であってもだ」と述べました。

イタリアは、1月からG7の議長国を務めています。

G7の開催国は、年次会合の前に、閣僚レベルの会合における政治的な行動のイニシアチブを発表し、計画を立てる責務を負っています。

G7は、アメリカ、イギリス、日本、イタリア、ドイツ、フランス、カナダで構成されています。

G8は、2014年、ウクライナ危機に対する不満を理由にロシア・ソチでの会合に出席しませんでした。このとき以来、ロシアの脱退によってG7となっています。



by hiroseto2004 | 2017-01-19 22:45 | 国際情勢 | Trackback
国連安保理は、イランが核合意を順守していると認めました。
米英などはイランに嫌がらせをしていますが、イランは挑発に乗りません。



イランのホシュルー国連大使が、「安保理の会合で見られたものは、この会合に参加した国々の代表によってイランが核合意の取り決めを履行していることが認められた証拠だった」と述べました。

イルナー通信によりますと、国連安保理は18日水曜夜、イランの核合意履行を検討するために開かれた会合で、「イランは核合意の全ての取り決めを履行している」と述べました。

ホシュルー大使は、18日、この会合を受け、イルナー通信のインタビューで、「安保理理事国の多くが、外交分野での重要な成果である核合意の実行を支持しており、全ての国がこの合意を守ることを望んでいる」と語りました。

また、「理事国はこの合意を、経済協力の注目に値する拡大につながるものだ」としました。

さらに、「アメリカのイギリスがこの会合で、イランがシリアやイエメンの問題に干渉していると主張したことは、会議とは関係がない問題である上、彼らがシリアでのテロリストの失敗やその目的の実現に不満を持っていることを示した」としました。

ホシュルー大使は、「これらの国々の失望は当然だ。なぜなら、イギリスのクラスター爆弾など数十億ドルの兵器の侵略者への売却やこれらの兵器の継続的な使用にもかかわらず、イエメンの人々の抵抗は今も続いているからだ」としました。



by hiroseto2004 | 2017-01-19 22:41 | 国際情勢 | Trackback
昨日から、熊本・大分大震災の余震・誘発地震とみられる地震も相変わらず頻発。
さらに、和歌山県北部(中央構造線断層帯沿い)や岩手県沖(東日本大震災の余震?)などで地震が相次いでいます。
九州のやや深い場所や関東のやや深い場所、会津地方や大阪府北部、神津島近海などでも有感地震が発生しています。

和歌山県北部では以下。
本日は岩手県沖でも地震が発生しました。




by hiroseto2004 | 2017-01-19 22:34 | 事故・災害・事件 | Trackback

今こそ順法闘争(笑)を!

昔、国鉄労働組合が「順法闘争」と称して、ノロノロ運転で当局に抵抗した時代がありました。

法令を厳守し、鳥が見えたらスピードダウンとか。

もちろん、国鉄労組による「順法闘争」は反感を買いました。乗客による暴動さえ起きました。

したがって、現代的に提起したいのは労基署なり、国交省なり、介護保険課の監査に引っ掛からないよう現場労働組合員が仕事をする、また経営者に違法行為で引っ掛からないよう要求するという意味でのそれです。


今こそ、過労や事故まくりですから、民間公務員(広島市役所も過労死が起きた)問わず、「順法闘争」が必要ではないでしょうか?


事故がないよう慎重に作業する。

遅れについては「人を増やさない経営者の責任!」と追及する。


それでいいやんけ!


by hiroseto2004 | 2017-01-19 22:07 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
1年前の記事ですが、慰安婦像(少女像)をつくった夫妻が、韓国軍によるベトナム人虐殺の被害者を慰霊する像も建立されたそうです。
自国軍による加害もきちんと総括し、行動に移す。
非常に公平な態度に、純粋に頭が下がります。

韓国軍のベトナム戦争虐殺、被害者を慰霊する銅像を建立へ 作ったのは「慰安婦像」の夫妻

ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺を謝罪し、被害者を慰霊する像が、ベトナムと韓国に設置される。正式名称「ベトナム・ピエタ」は、2011年、ソウル中心部の駐韓日本大使館の向かいに建つ慰安婦像(「平和の少女像」)をつくった彫刻家のキム・ソギョン(51)、キム・ウンソン(52)夫妻が構想した。「ベトナム・ピエタ」は平和教育と市民募金を経て、2016年中にベトナムで民間人虐殺があった地域と韓国内に設置される予定だ。

ベトナム戦争の歴史的な責任を追求する団体「韓国・ベトナム平和財団建立推進委員会」の関係者は1月15日、「今年、ベトナム中部のいくつかの村で、虐殺50年の慰霊祭が行われている」として「この行事に合わせて、謝罪と慰霊のために『ベトナム・ピエタ』を贈ろうと、各村やベトナム政府と接触している」と明らかにした。


by hiroseto2004 | 2017-01-19 21:08 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
e0094315_19482747.jpg
1月19日、広島市中区の二か所で「ストップ戦争法!広島実行委員会」主催で安倍政権打倒・安保法廃止を求める「19の日」行動が行われました。

メンバーは「南スーダンの状況は、PKOの五原則に抵触する状況だ。昨年7月には、国連職員やNGOメンバーが殺害・強姦される事件があったがその時には政府軍が戦車や重機関銃で攻めてきた。たとえ、駆け付け警護に行ったとしても自衛隊の軽機関銃では対抗できない。多くの死者が自衛隊に出るだろう。」と指摘し、自衛隊の南スーダンからの撤退を求めました。
また、男子高校生も参加し、「昨年の参院選は投票率が低かった。若い人が自分たちの未来に関心を持ち投票に行かないといけない。」と力を込めておられました。
本社社主のさとうしゅういちも
「安倍総理は先日もフィリピンへ行って1兆円の援助を約束した。だが、ドゥテルテ大統領に『ミサイルはいらない』『第三次世界大戦は見たくない』『外国軍人のいない国にしたい』とたしなめられた。」
と紹介。
「『ミサイルを売る』とまでは安倍さんも言ってないかもしれないが、軍事援助を背景にフィリピンをけしかけようとした可能性は極めて高いだろう」
「安倍総理は、フィリピン以外にもお金を外国にばらまき、お仲間の企業に武器を売らせて儲けさせるとともに中国包囲網に参加させようとしているが、迷惑がられているのではないか?中国が南シナ海でやっていることは問題だがだからと言って、日本が東南アジアの国々をけしかけて中国と仲たがいさせようとするのはおかしいし、そんな手にのる国はないだろう。ドゥテルテさんも、貧困や犯罪をなくし国民の生活を向上させることで手いっぱいで、安倍総理の戦略に乗っている暇はないだろう。」
と指摘。
さらに
「総理の外交で、武器輸出企業は儲かるかもしれないが、それでフィリピンでも日本でも一般庶民が潤うことはない。そもそも大手企業がもうかれば一般庶民も潤うというトリクルダウンは、提唱者の竹中平蔵センセイ自身が否定しているではないか。」
と訴えました。
そのうえで、
「ドゥテルテ大統領は確かに、犯罪者を裁判なしでぶっ殺すなどやりすぎの面はあるが、日本とも中国ともロシアとも仲良くしようとするなどバランスを取っている。」
「フィリピンと日本、どちらが、平和憲法を持つ国かこれではわからない。恥ずかしいではないか?ドゥテルテ大統領にわざわざ『ミサイルはいらない』などと言わせない日本にしよう。」
と呼びかけました。


by hiroseto2004 | 2017-01-19 20:03 | 安保法案 | Trackback
イタリア中部でまた直下型地震です。
現地時間の18日に9回に渡り地震発生。
マグニチュード5クラスが連発しました。
落雪で亡くなった方もおられるようです。
行方不明者が出ているようで心配です。
イタリアは日本も乗っかっているユーラシアプレートとアフリカプレートの激突点です。
火山・地震大国です。
M5.7の直下型地震だと、震央付近では日本の震度階で震度5強程度の揺れが想定されます。
大雪が積もっていればひとたまりもない。日本でも豪雪地帯では直下型地震には冬は注意は必要ですね。

by hiroseto2004 | 2017-01-19 16:22 | 事故・災害・事件 | Trackback
明日、トランプ大統領が正式に就任。
初の公務員経験ゼロの米国大統領だそうです。
意外ですね。
ただ、アメリカの場合、いいか悪いか別にして官民の入れ替わりが激しい国です。
悪い意味で言えば軍産複合体+ウォール街の癒着にも繋がっている訳ですが。
いい意味で言えば、地方議員などは多様な声が反映されやすい(生業政治家が少ない)ということにもなります。
そう言う国で公務員経験ゼロの米国大統領を選んだ意味は日本人が考えるよりは大きいでしょう。
既存政治家へのアンチの勢い余って、こういう方を大統領に選んだことはやはり後が怖い。もちろん、クリントンがよいわけではないですが。



by hiroseto2004 | 2017-01-19 16:13 | 国際情勢 | Trackback
日本人にとっても他人事ではありませんよ。
反政府的とみなされた団体にカンパしただけでテロリストとしてみなされる。
それも、有罪判決を受けてもいないのに。
そんな時代があり得ますね。
共謀罪はその前段になる可能性はあります。
逮捕まで行くと、さすがに反発が強いので、逮捕せずに、資産凍結!
とか、そういうことをやりかねないでしょう。


元エジプト代表FWのモハメド・アブトレイカ氏が、テロ組織に資金供与をしたとしてテロリストに指定された。イギリスメディア『BBC』が18日に報じている。

 アブトレイカ氏はテロ組織に指定されているイスラム組織「ムスリム同胞団」に資金供与をしたとして、エジプトの裁判所によってテロリストのリストに追加されたという。それにより、同氏は渡航禁止令や、資産凍結などの制裁の対象となる。

 現在38歳のアブトレイカ氏は、現役時代に母国の強豪アル・アハリなどで活躍。FIFAクラブワールドカップには5大会に出場し、日本開催の2006年には3ゴールを挙げて得点王にも輝いていた。2008年にはBBCアフリカ年間最優秀サッカー選手賞を受賞。エジプト代表では2001年にデビューし、通算105試合出場で38ゴールを記録した。2012年のロンドン・オリンピックではオーバーエイジで参戦しキャプテンを務め、準々決勝で日本と対戦していた。2014年1月に現役を引退している。

 同氏は、2012年の選挙で「ムスリム同胞団」のムハンマド・ムルシー元大統領を支持。2015年には同組織への援助の疑いで資産を凍結されていた。

 同氏の弁護士を務めるモハメド・オスマン氏は、今回の決定について「有罪判決を受けたわけではなく、正式な通知もされていない」とし、「法律に違反している」と非難している。

by hiroseto2004 | 2017-01-19 08:09 | 国際情勢 | Trackback
2017年の「春闘」に当たって、経団連から加盟企業への「お達し」(春闘方針案)。

4年連続の賃上げを掲げています。
また、中小企業にも賃上げがしやすいよう、加盟する大手企業が、無理な値下げを取引先企業(昔風に言えば下請け企業)に要求しないよう求めています。

春闘なんぞ、そもそも、組合側がリードして要求を実現すべき話です。

いまは、経営側が、総理の要請に従って方針を出し、組合(連合)側も、経営側が絶対に飲みそうな要求しかしない。
そんな構造になっています。

連合加盟の労働組合がある企業でも過労死が多発するなどの状況があります。
組合がもっと取り組み、要求すべきことはあるでしょう。

毎年のことですが、本当にイライラさせられる春闘です。




by hiroseto2004 | 2017-01-19 08:04 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback