「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 01月 30日 ( 9 )

雨が上がるも西風強く

e0094315_10120132.jpg
昨日からの雨が上がりましたが広島では西風が強くなっております。
北日本方面の皆様はご注意下さい。
気温差も激しいので引き続き体調管理にご注意下さい。

by hiroseto2004 | 2017-01-30 16:05 | Trackback
なんと言うことでしょうか?!

テロ=イスラムなんて思い込んでいる日本人も多いが、大間違いです。
イスラムを憎むとみられる人たちによるテロも多く起きています。

キリスト教原理主義者やユダヤ教原理主義者も、思想をそのまま行動に移せば、テロリストになります。

 カナダのケベック市のモスク(イスラム教礼拝所)で29日夜、銃乱射事件が発生した。ロイター通信は、モスクの会長の話として、夜の祈りの最中に事件が起き、5人が死亡したと伝えた。同通信は目撃者の話として、「多くて3人の銃撃者が、約40人に向かって発砲をした」とも報じている。

 カナダのトルドー首相は「祈りの場でのイスラム教徒に対するテロ行為を非難する」と声明を発表し、事件をテロだと表現した。ケベックの警察はツイッターで、モスクで銃撃があり、「複数の死者と負傷者がおり、複数の容疑者が逮捕された」と発表している。

 カナダのCBCテレビによると、2人の容疑者が逮捕されており、3人目の容疑者がいる可能性もあるという。同テレビによると、現場となったモスクの外には昨夏、切断された豚の頭が置かれるなどの嫌がらせが起きていたという。

 ケベック市は、モントリオールの北東約260キロに位置するケベック州の州都で、人口は約55万人。ケベック州では近年、イスラム教徒の移民が増えていることに伴う摩擦も起きている。カナダ国籍を取得する宣誓のセレモニーの際、イスラム教徒の女性が目だけを出す「ニカブ」と呼ばれるベールを着用できるかどうかが議論となり、15年にあった総選挙では争点にもなった。(ニューヨーク=中井大助




by hiroseto2004 | 2017-01-30 13:02 | 国際情勢 | Trackback
いつも不思議に思うことがある日本人に幅広くある風潮があります。

外国にもルーツがある人を、

その人が政治家ならぶっ叩きまくる。

その人がテニス選手なら、持ち上げまくる。

ことです。

政治家については、日本人は、自分たちと違うところがある人はそれだけでけしからん、というのでしょう。

テニス選手については、ちょっとでも、自分たちと同じところがある人を持ち上げて、自分もそれに一体化して満足しよう、というのでしょう。

だけど、どちらにせよ、どうなの?と思ってしまいます。



by hiroseto2004 | 2017-01-30 12:15 | ジェンダー・人権 | Trackback
安倍総理は、それにもかかわらず、月一万円しか、介護職の給与を引き上げるつもりはないそうです。
少なくとも、定員一杯くらいは志願者がいない状況にならないと、良い人材も集まりません。
虐待事件なども、実を言うと、あまりにも待遇が悪いから、問題ある人物でも雇わざるを得ない
状況があるからです。

介護職場で中核的な役割を担う「介護福祉士」を養成する全国の大学や専門学校などで2016年度、定員に対する入学者の割合が約46%だったことがわかった。

 定員割れは、データのある06年度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目。定員枠自体が減少傾向にあるなかでの入学者割合の低下には、重労働の割に賃金が低い処遇が影響しているとみられる。

 調査は公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)が毎年度、厚生労働相が指定する全ての介護福祉士養成施設に実施している。16年度の定員枠が約1万6700人(377校)だったのに対し、入学者数は06年度以降最低の約7700人だった。

 定員数や入学者数は減少傾向が続いている。06年度は定員が約2万6800人(409校)、入学者数が約1万9200人だった。これと比べ、16年度は定員で約1万100人、入学者で約1万1500人少ない。


by hiroseto2004 | 2017-01-30 12:06 | 役人からヘルパーへ | Trackback
 周りに助けを求めようとせず、一人で家族の介護を背負う男性は少なくない。だが、孤立したままの介護の行き着く先には、虐待や心中、殺人といった不幸な事件が待っていることがある。男性介護者を孤立から救うには、どうすればよいのか。「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」事務局長で、立命館大学の津止正敏教授(社会福祉学)が、その現状と課題を解説する。





by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:43 | 役人からヘルパーへ | Trackback
 周りに助けを求めようとせず、一人で家族の介護を背負う男性は少なくない。だが、孤立したままの介護の行き着く先には、虐待や心中、殺人といった不幸な事件が待っていることがある。男性介護者を孤立から救うには、どうすればよいのか。「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」事務局長で、立命館大学の津止正敏教授(社会福祉学)が、その現状と課題を解説する。





by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:43 | 役人からヘルパーへ | Trackback
イギリスという国は、アメリカよりも「イデオロギーより商売優先」なところがあります。
民主主義が後退していても「現政権」と商売する方を優先するのです。
トルコは、反米(というより反民主)独裁化、親露化している国ですが、そこへイギリスも一枚かもうというわけですね。
とはいえ、議会の反発も予想されるとのことです。

 【カイロ共同】メイ英首相は28日、トルコを訪問し、首都アンカラで同国のユルドゥルム首相と会談、両国企業が共同で戦闘機を開発する計画に署名した。強権体制を強め「民主主義の後退」と批判されるトルコとの防衛協力に英議会が反発する可能性がある。

 協力するのは英航空・防衛大手BAEシステムズとトルコの防衛大手「トルコ航空宇宙産業」(TAI)。TAIが進めるトルコのジェット戦闘機TFX開発計画にBAEが参加、費用は1億2500万ドル(約140億円)という。




by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:20 | 国際情勢 | Trackback
岩国とも関係ある選挙でした。大激戦の末、決着就かず、再選挙になりそうです。

米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転候補地、馬毛島(まげしま)を抱える鹿児島県西之表(にしのおもて)市の市長選は29日投開票されたが候補6人による混戦の末、いずれも法定得票(有効投票数の4分の1以上、2543票)に届かず仕切り直しとなった。

 公職選挙法は、最多得票の候補が法定得票数以上を獲得できなかった場合、当選資格を与えず、2週間の異議申し立て期間の後、50日以内に再選挙を実施すると定めている。法定得票数は再選挙の続出を受け1952年の法改正で緩和された。

 法改正後に首長選で再選挙となったのは、1979年の千葉県富津市長選▽92年の奈良県広陵町長選▽2003年の札幌市長選▽07年の宮城県加美町長選で、今回実施されれば5例目となる。

 西之表市長選はFCLP移転受け入れに反対してきた現職が引退を表明し、元市議と元新聞記者の計6人が出馬。2人が移転容認で、4人が反対と分かれた。移転容認派は米軍再編交付金などによる地域経済活性化をアピールし、反対派は騒音問題や事故の危険性を訴えた。

 FCLPは陸地を甲板に見立て離着陸を繰り返す訓練。米軍再編による厚木基地(神奈川県)空母艦載機部隊の岩国基地(山口県岩国市)移転に合わせ、FCLPも硫黄島(東京都)からの移転が計画された。政府は馬毛島を候補地とし、島のほぼ全域を所有する開発会社と交渉し昨年11月、用地買収額を確定する手続きに入った。部隊の岩国移転は今年11月以降進められる見通し。【田中韻、山下俊輔


by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:16 | 岩国 | Trackback
北九州市議選(定数57、前回比4減)は1月29日投開票されました。
自民党は20議席から18議席に後退。公明党が11議席から13議席に増えたため、自公としては現状維持でした。
民進党は7議席で現状維持。日本共産党は9議席から10議席に増え、全区で市議を誕生させました。
社民は公認1議席で1議席減少となりましたが、社民党、自由党、緑の党で共同推薦した新人の村上さとこさんが当選しました。
日本維新の会は、現有3議席を全て失い、壊滅しました。

投票率は39・20%で、過去最低だった前回の41・95%を下回ったそうです。
全体としてみると、前回北九州でもバカ受けした維新が、壊滅したのが目立ちます。
「反自公、反民共(反既成政党、既成組織)」の受け皿になっていた維新ですが、自民党との距離がこの間目に見えて縮小してしまいました。あまりにも露骨に自民党とくっつきすぎた野党(公明以外)は壊滅する。その典型例になってしまいました。

日本共産党は、引き続き堅調でした。
また、市民派で社民党、自由党、緑の党が共同推薦した村上さんが当選。
「反自公、非民共(もちろん野党共闘はするが)」の受け皿をうまくつくった感じがします。
一昔前は、反自公・非民共のリベラルが、細かい違いで割れまくっていた傾向があります。
「**党は素人集団だから駄目。」
「**党は既成政党出身の政治家がいるから駄目。」
そんな贅沢を言って協力してこずに、選挙のたびに惨敗しまくってきました。
その無限ループをようやく今回の北九州市議選では脱却しました。







More
by hiroseto2004 | 2017-01-30 09:02 | 選挙 | Trackback