エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 02月 21日 ( 16 )

子どもたちのためではなく利権のため?「安倍晋三記念小学校」と「大阪維新」の「教育無償化のための改憲」の怪しい関係

言っていること自体は全くの正論です。
しかし、ご自身が代表を務めている政党の議員やその秘書が、この学校に関与していたりすることはないのか?
しっかりと、調べられた方が良いのではないでしょうか?

国有地売却 大阪府知事「疑念、国が明らかにすべきだ」

大阪府豊中市にある国有地が、土地の評価額から約8億円のごみの撤去費などを差し引いた価格で学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に売却されたことに関し、松井一郎大阪府知事は21日、「撤去費用を誰がどう見積もったのか、国が明らかにする必要がある。土地は国民の財産なので、納税者に疑念を抱かれないようにすべきだ」と述べた。府庁で記者団に語った。

 国有地(約8770平方メートル)は9億5600万円の評価額だったが、国は地下に埋まったごみの撤去・処分費を約8億円と算出。差額の1億3400万円で売却された。現在、小学校が建設されている。松井氏は「転売禁止条項がついており、法人が転売でもうけることはできない」とも指摘した。

 一方、この問題に関し、民進党はプロジェクトチームを設置し、21日午前、辻元清美衆院議員ら5人が現地を視察。「近所の人に聞いても、数千台のダンプを使うような8億円分の工事が行われたとは思えない」などと感想を述べた。【青木純、津久井達】
by hiroseto2004 | 2017-02-21 23:57 | 大阪府政 | Trackback(1)
本社社主も所属する広島県労連などは、2月23日に「地域総行動」を呼びかけています。

■広島地域総行動・早朝宣伝■
  2月23日(木)主要駅頭・広島市内各地で行われます。

昼休みデモ
昼休みには金座街(集合)~立町電車通り経由で原爆ドーム前までのデモ行進を行います。
12時15分から40分までです!

by hiroseto2004 | 2017-02-21 23:35 | イベント情報 | Trackback
安倍晋三総理の妻の安倍昭恵さんが名誉校長で、本年4月に豊中市で開校予定(ただし、大阪府は
認可を出していない)の「瑞穂の國記念小學院」(当初は、「安倍晋三記念小学校」でカンパを集めていた)
の設置法人「森友学園」への国有地の売却が国会でも取り上げられています。

森友学園の理事長は日本会議大阪の代表委員で、現在は「愛国教育」で有名な「塚本幼稚園」を夫婦で経営しておられます。

日本会議大阪と聞いて思い出されることがあります。

2003年度末で、豊中市の男女共同参画推進センター「すてっぷ」の非常勤館長だった三井マリ子さんが、
雇い止めになった事件のことです。
三井さん及びすてっぷに対しては、日本会議のメンバーらにより誹謗中傷が行われました。彼らの組織内の市議の圧力に屈した豊中市は、事実上、男女共同参画条例の制定と引き替えに、三井さんの首を切るために財団の組織改編という大芝居を打ったのです。

三井さんは2004年12月に損害賠償を求めて市と財団(幹部は市役所からの出向)を訴え、一審は敗訴の不当判決でしたが、控訴審は市による三井さんに対する人格侵害を認め、2011年1月、最高裁で確定しました。

その延長線上に、今回の問題があります。

日本会議の人たちは、戦時中の日本を取り戻すという考え方です。
その考えを教育面で実践しているのが、塚本幼稚園です。

同園はイギリスの「タイムズ」から取材を受けたことを自慢しておられます。

その中で、自由主義の日本において、塚本幼稚園は、1945年にさかのぼる残忍な戦争介入や、悲劇的な敗北を齎した愛国主義へと子供達を洗脳する施設である。

と書かれていることを、同園はそのまま転載しています。要は、戦時中に戻すと言うことを堂々と自慢していると言うことです。安倍総理でさえも、表面上は「価値観外交」だ「民主主義が大事だ」と言っていますが、この幼稚園は「戦時中を取り戻す」ことを隠しもしないのです。

そういう幼稚園を安倍昭恵さんが激賞し、その法人が設立する小学校の名誉校長に就任することになったのです。

さて、その小学校への国有地売却問題については、それなりに追及の動きは国会議員も見せています。
日本共産党の宮本たけし議員、民進党の玉木雄一郎議員、元おおさか維新所属の上西小百合議員らです。

彼らによると、本来近隣にあって似たような地勢で、豊中市に売却された土地が14億円だったのに
対して、この土地は、実質的にはわずか200万円で売られたというのです。

ゴミ処理費用が8億円かかるから、というのがその理由ですが、ゴミがそれだけ除去された形跡も
今のところない、ということです。
さらに、校舎を木質建築にすることで、約6000万円の国の補助金まで出るそうです。

なお、同校はまだ大阪府の認可は下りていません。大阪府の私立学校審議会でも、
森友学園から提出された申請書の内容について「根拠がない」などという不安の声が
あがっているそうです。(玉木議員や日本共産党が入手した議事録による)。

認可をするのは大阪府。大阪維新の会代表の松井一郎さんが知事を務めています。

その大阪維新の会は、実は、上西議員に対して森友幼稚園の視察を命じています。
上西議員は現場を見て、異様だと思ったそうです。
その後、上西議員は不祥事を起こして維新を除名されます。

日本会議系の人たちは、自民党のハト派(谷垣元総裁ら)よりは、日本維新の会に
シンパシーを抱いています。

わたし自身、2012年から13年頃、日本会議所属の地方議員と話をさせて頂く機会がありました。日本会議の人たちは「自民党を右へ引っ張る」ことを、維新に期待していることが、会話を【通じて、よく分かりました。

日本(大阪)維新の会は、公約として、「教育の無償化」とそのための憲法改正を打ち出しています。

一方で、大阪市政・府政においては、お年寄りを切り捨てる政策をとっています。
具体的には交通費の補助のカットや、お年寄りの無料で利用できるプールの削減などです。

その理由の一つは、「お年寄りの既得権を攻撃し、若者の味方」をするポーズを取ることで、
自民党(お年寄りの支持者が多い)以外の無党派を取り込むことは考えられます。現実に、
それを理由に維新を支持する若者を具体的に存じています。
もう一つは、教育の無償化を突破口に、緊急事態条項挿入や9条改悪、改憲用件の緩和
などを狙っていることもあるでしょう。維新としては9条改憲は言わなくとも、自民党の別働隊として
「教育無償化のために改憲を」というムードを盛り上げる役目を担うことです。
しかし、もう一つは、上西議員が以下で指摘するような狙いでしょう。




瑞穂の國記念小学院が認可されると、2017年度からの授業料の補助金が出るのか文科省に問い合わせると、出さない理由はないが決めるのは大阪府だと答えます。大阪府に聞けば認可されれば出しますと答える。「日本維新の会」が憲法改正原案に私立小学校の無償化を紛れこませた理由がよくわかる。

塚本幼稚園については、以下のような問題が指摘されています。言ってみれば「児童虐待ではないか」という問題です。


退園保護者や近隣住民、そして幼稚園業界関係者が共通して指摘するのは、この籠池夫婦の「暴力的」とも言っていい言動だ。前出の「犬臭いを理由に弁当やカバンを捨てられた」などまだ序の口に過ぎない。そしてこうした暴力的な言動は、保護者だけでなく、園児たちにも向けられていると証言者たちは語る。証言者たちの言葉を信じるならば、「塚本幼稚園で行われていることは、児童虐待だと言わざるを得ない」と結論づけるしかない。菅野氏はそう感じたという。
『週刊SPA!2月28日号』掲載の「[軍歌を園児に歌わせる幼稚園]保護者が語った呆れた実態」では、菅野氏が取材で聞き集めた塚本幼稚園で繰り広げられる児童虐待まがいのエピソードの数々をルポとして報じている。


「愛国」を看板に、学校で商売をする。そういう人たちの利権のための教育無償化を憲法原案に紛れ込ませたのではないでしょうか?

もちろん、わたし自身も教育無償化は大賛成です。若者の奨学金地獄問題は皆さんもよくご存じでしょう。
遅きに失したとしか言えました。

そもそも、国際条約で日本は無償化はしなければいけないのに自民党政権が長年留保してきただけです。それを民主党政権が解除しています。憲法などとご大層な話ではなく、国際条約の遵守で事足りる話です。

しかし、維新や日本会議は動機が我々とは正反対ではないのか?自分たちの利権のためではないのか?子どもたちのためではないのではないか?

そう疑わざるを得ないのです。



by hiroseto2004 | 2017-02-21 23:17 | 大阪府政 | Trackback(1)
関連記事
某旧帝国大学名誉教授は「平等に貧しくなろう」ではなく「豊かさの意味を問い直そう」としたら良かった

これは上野先生KO負けだ・・「脱成長派は優し気な仮面を被ったトランピアンである――上野千鶴子氏の「移民論」と日本特殊性論の左派的転用」


某女性旧帝国大学名誉教授U先生は、「豊かさ」が女性の負担を軽減したことを軽視している

某女性旧帝国大学名誉教授U先生は、つまらん文章など東京新聞に書いている暇があるなら、老人ホームへ行って介護職として働くべきである(^_^)。

そのことを旧帝国大学卒業生で現職ヘルパーの本社社主は勧告します。

なぜか?

九〇歳代の女性は、こういうでしょう。
「今は、一番にお風呂に入れてええのう。」
「今は、機械で水を流してくれるからええのう。」
「今は、紙でおむつがあるからええのう。」
などと。
「昔は、女はお風呂に先に入ったら怒られた。」
「昔は、そんな掃除機なんかなくて、ほうきとぞうきんしかなかった。」
「昔は、一枚一枚手で洗濯しおった。」
などなど。
要は、そうはいっても、70年前と比べれば、GDPの上昇が、女性の家事負担を大幅に軽減したのは間違いないのです。日本の男性が家事をしないために、まだまだ、「相対的」な負担は大きいとは言え、「絶対的な負担」は下がったのは間違いないのです。
「平等に貧しくなる」といっても、所詮は、絵空事ですよ。今の制度や構造のままで、日本の一人当たりGDPが下がった場合、低所得の女性から、しわ寄せが直撃することは間違いないでしょう。しかも、昔と違って外で働くこともしなければならないから、ほんまに、過労死しますよ。(※昔は、子どもが早く働きに出たから、教育費はかからない。今はそうはいっても教育費の負担が重いからという意味合いで非正規で働く女性も多い。)
U先生は、今まで何を主張してきたのか?ご自分でも分からなくなってきたのではないか?
先生は、もう、「エコーフェミ論争」ってお忘れになったのですかな?
エコロジストの環境重視に対して、それは、現状では、女性の負担を増やすのではないかという懸念が(主にマルクス主義)フェミニスト側から提示されたことを。(間違っていたら指摘して欲しい)
もちろん、U先生への反発の勢い余ってA総理を持ち上げるというのも愚策ですけどね。
もちろん、豊かさを問い直す、そのことが大事でしょう。
たとえば、同じ金の使い方でも、A総理のように原発や武器の多国籍企業を儲けさせるのではなく、せめてキューバ並に安心して教育や医療が受けられるようにするとか。
また、今後は、AIによる雇用減と人口減少をうまくかみ合わせれば、一人当たりの労働負荷を減らしつつ、生活は豊かになるでしょうに。
そりゃ、日本で社会民主主義政党がない言うけど、そもそも、U先生のような影響力がある人が、諦めていては話にならないでしょう。
by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:59 | 思想・哲学 | Trackback
某旧帝国大学名誉教授は「平等に貧しくなろう」というから炎上する。

そうではなく「豊かさの意味を問い直そう」とすべきでしたね。

たとえば、同じ金でも、より豊かになる方法はある。

東京で言えば、外環道などに使うのではなく、公共交通の充実に使う。

総理が外国にばらまいて、お友達の多国籍企業が儲けるのではなく、国民が安心して教育、医療を受けられるようにする。ハッキリ言うと、この点では日本はキューバに負けています。

また、人口は減っても、AIでこれを補うという手はある。逆に言えば、人口が減る時期だからこそAI
による雇用減少を恐れなくて済むという考えも出来る。構造転換さえ出来れば、大丈夫なのです。
転換をスムーズにするために、終身雇用を前提とした企業中心の社会保障を個人中心のそれに
転換すれば良いのです。

「貧しくなる」ではなく「豊かさの意味を問い直す」。これなら、まだ分かりますよ。

それを「貧しくなる」と言ってしまうから、反発が起きる。
人々も、そういう某旧帝国大学名誉教授的なものに反発する勢い余って、バブル時代を
取り戻そうとする安倍晋三に流れてしまう。

そういうことではないでしょうか?



by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:14 | 思想・哲学 | Trackback(1)
これが実現すれば、町田市など、神奈川県との県境付近の人には朗報ですね!

東京都シルバーパス条例改正案について

2017年2月21日
日本共産党東京都議会議員団

1、現在のシルバーパス制度の概要

  • 70歳以上の方は、シルバーパスを提示することで乗車ごとの料金を払うことなく都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)および都内の民営バスを利用することができます。
  • シルバーパスの発行に必要な費用負担額は、住民税非課税または所得125万円以下の方は1千円、それ以外の方は2万510円となっています。
  • 都営交通では全路線でシルバーパスを利用できますが、民営バスに乗る場合は乗車、降車の両方が都内の停留所である必要があります。

2、条例改正案の内容

  • シルバーパスの発行を受ける際の費用負担を「所得に応じた」額とすることとします。この改正によって所得段階別の費用負担額を設定し、負担を軽減します。
  • 新たに多摩モノレール、ゆりかもめでも利用できるようにします。
  • 民営バスについて、乗車、降車の一方が都内の停留所であれば利用できるようにします。

3、提案理由

  • 現在、住民税課税者で所得が125万円を超える方の費用負担額を一律に2万510円としていることについては、高すぎるとの批判、中間段階の料金設定を求める要望が利用者から寄せられています。対象である70歳以上人口に占めるシルバーパス利用者の比率は低下し、かつての7割台から5割を切る事態となっています(別紙1参照)。高齢者の社会参加の促進のためにも負担を軽減し利用の拡大をはかることが求められています。
  • 多摩モノレールなどへの適用拡大は沿線住民などの強い要望となっています。横浜市、名古屋市、神戸市、広島市の高齢者への交通助成制度では第三セクターの交通機関も対象になっており、利用促進のために多摩モノレールなどへの拡大が必要です。
  • 現在は都県境の近くに住んでいる都民が隣県にある最寄りの鉄道駅に行く際にシルバーパスが利用できないなど、不便な状況が生じています。町田市議会からは意見書が2回にわたり提出されるなど、都県境のバス路線で利用できるようにすることは住民の強い要望となっています。高齢者への交通助成制度を実施している政令指定都市のうち、民間交通機関(第三セクターを除く)を対象にしているのは12市ですが、そのうち8市では利用を乗車と降車の両方が市内の場合に限っていません(別紙2参照)。東京都でも少なくとも乗車又は降車の一方が都内である場合は対象にするべきです。

4、必要経費

  • 必要経費は年間約52億円と見込んでいます。

5、実施時期

  • 施行日は2017年10月1日です。

以上

<資料>

シルバーパスの利用率
政令指定都市における民間交通機関の市境の路線扱い



by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:04 | 東京都政 | Trackback

外環道は小池知事になってから強行されましたよね?

外環道は、小池知事になって、なんと日曜日(2月18日)にいきなり強行着工ですよね?

この問題は、日本共産党は衆院議員も都議も区議もそうがかりで抗議行動に参加されましたことに敬意を表します。
それとともに、都議選では十分争点にすべきでしょう。

東京23区の人口密度なら、クルマなんて乗らなくても暮らせるんだから。

世田谷区西部と杉並区西部の新玉川線沿線~小田急線沿線~京王線沿線~井の頭線沿線~中央線沿線~西武新宿線沿線くらいの間を埋める南北方向の公共交通を充実すれば良いんですよ。既存の路線バスでもよいし、LRTでも良い。

そういう方向で、しっかり訴えを。

お願いしますよ、FBFの日本共産党東京都議会議員の皆様!

元杉並区民、元世田谷区民より。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:01 | 東京都政 | Trackback

【備忘録】団塊世代、バブル世代、団塊ジュニア世代、若者世代の断層・・学費問題を中心に

団塊世代:若いときは確かに所得は低かったが、大学学費も激安だった。一流大生ならカテキョーのバイトでなんとかなった。彼らが学園紛争に敗北した結果、学費が暴騰した。

バブル世代:学費は暴騰したが、親は全体的に豊かな時代。自分自身も社会人初期は恩恵を受けた。
安倍晋三さん、石破茂さんら。

団塊ジュニア世代:就職難に遭遇したが、学生時代はまだ親に余裕。借金をしないでも大学へ行けた割合は高かった。

若者世代:学生時代は既に親に余裕もない。奨学金を借りている人が半数を超える。人手不足から求人倍率は上がり、表面上、正社員は増えたが、ボーナスなしなど、中身は変わっている。

もちろん、個々の家庭の事情により、差は出てくるのは承知です。それを捨象するのは乱暴と承知の上で申し上げると、全体としては上記の傾向がある。

そのために、67歳の男性が「バイトして奨学金を返せ」などと投稿して炎上したり、上野千鶴子先生が、若者から批判されたりする。団塊世代では小泉純一郎さん、上野千鶴子さん※らポストモダニズム(安倍政権支持者が言うところの「新自由主義パヨク」)の影響が強い。

バブル世代に関して言うと、米日欧ともに、昔(1980年代)への郷愁が強いのはこの世代ではないか?その結果として、トランプ・安倍晋三などの「躍進」の原動力となっている。

団塊ジュニアくらいだと、共産・民進内の格差是正重視議員と親世代への憎悪(シルバー民主主義打倒論)から大阪維新に支持が分かれる傾向がある。ただしデモとか集会には来ないで、ネットで情報を集めて、自分なりに判断するという人が多い。

若者世代だと、リスクを取れないために、親や先生、先輩などに従順な傾向が強くなる。それが、若者での自民党支持の高さにつながっているが、それは、社会全体の反映に過ぎない。

※上野千鶴子さんは本来は「マルクス主義フェミニズム」のはずだが、そこから離脱し、ポストモダニズム(安倍政権支持者ネトウヨが言うところの「新自由主義パヨク」)に接近ないし同化したものと見られる。

ただ、世代間の断層を乗り越え、(親が)所属する企業に本人が受けられる教育や社会的サービスが左右される仕組みから個人が救われる仕組みに変えていくのが、あるべき解。
バブル崩壊以降散々言われてきたことだが、実現がほど遠い。

民主党政権2009がその路線を実現する可能性があったが、その頓挫が痛い。

痛いが、その方向で行かなければならない。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 16:40 | 思想・哲学 | Trackback

「安倍晋三記念小学校」を無料化するために、「日本(おおさか)維新の会」が「教育無償化」のための憲法改正を
掲げているのではないか?
上西小百合議員はこのように指摘しています。
そもそも、教育無償化に憲法改正はいらないと思います。日本は教育無償化のための条約を批准しています。
それはともかくとして、「安倍晋三記念小学校」のような学校も無償化するために、いかにも「教育を重視する、年寄りではなく若者の味方」の政党を装っていたとなると、呆れた話です。

安倍官邸と大阪維新、双方の思惑が、今回の不透明な動きの背景にあるのでしょう。



瑞穂の國記念小学院が認可されると、2017年度からの授業料の補助金が出るのか文科省に問い合わせると、出さない理由はないが決めるのは大阪府だと答えます。大阪府に聞けば認可されれば出しますと答える。「日本維新の会」が憲法改正原案に私立小学校の無償化を紛れこませた理由がよくわかる。
by hiroseto2004 | 2017-02-21 15:50 | 大阪府政 | Trackback

明日は再び催花雨へ


本日は2月21日。晴れていますが、この時期並の寒さです。
本日の最高気温は10.7℃でした。
平年の最高気温は11.0℃。12月27日並です。
最低気温は2.6℃で28日並、平均気温は6.4℃で27日並です。
この時期は、平均降雨量が1日3ミリ程度で、年末頃の3倍に達しています。
この時期は「催花雨」といって、花が咲くのを促す雨になるそうです。
寒気と暖気が激しくぶつかり合い、雨が降りやすくなる。
暖気が勝つようになる頃には、本格的な春になる、ということですね。

冬型の気圧配置は長続きせず、明日は再び後半から雨の予報です。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 15:29 | 歳時記 | Trackback