エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 03月 05日 ( 3 )

本社社主・さとうしゅういちは、3月5日(日)、広島市安佐南区古市橋で街頭演説を行いました。
e0094315_15095065.jpg



前半は、森友学園問題について引き続き取り上げました。
「安倍昭恵先生万歳!などと園児に叫ばせる学校法人は教育基本法違反であり、憲法違反だ。存続を許してはならない。」
と力を込めました。
その上で、
「安倍昭恵さんは私人と言うことで逃げようとしているが、官僚が5人も昭恵さんの専属で侍っているというではないか?これで私人といえるのか?」
と指摘し、「安倍昭恵さん=私人」ということで「逃げ」の態勢に入っている昭恵さんと夫の晋三総理に釘を刺しました。
その上で、
「大阪府知事の松井一郎さんの責任も重い。今になって、不認可に言及しておられるが、そもそも森友学園の要望を受けて小学校の規制緩和をしたのは松井知事だ。他人事のように述べるのは許されないのではないか?説明責任を果たすべき。」
だと訴えました。
さらに、
「新たに、昭恵さんが(系列園の)名誉園長を務める加計学園が、今治市から36億円余りの土地を無償で譲り受けて獣医大学を開いている。安倍総理肝いりの国家戦略特区に基づくものだが、国家戦略特区も、安倍総理のお友達が、肥え太るためだけのものだと言うことではないか?」
「総理のお友達だけが肥え太る日本で良いのか?」
とたたみかけました。
さらに、広島県知事・湯崎英彦さんや広島県議会に対しても
「問題の国家戦略特区は広島県と今治市がセットになった特区だ。その特区を舞台に不正が行われた可能性がある。特区が県民のためになっているのか?それともエライ人とその取り巻きが肥え太るためのものなのか?きちんと検証できなければ、県民の代表の資格はないのではないか?」
と要望しました。

後半では、前日、可部線が「あき亀山」まで延伸したことをお祝い申し上げました。
「全国初の廃止したJR線の復活はめでたいこと」
とした上で、
「そもそも、国鉄は、戦争遂行のために私鉄を買収してつくられた。山陽線(明治時代に買収)も可部線(第二次大戦直前買収)もそういう経緯がある。また、戦後は、政治家の票のためにつくられた側面もあるのは事実だ。」
と指摘した上で、
「しかしだからといって、小泉純一郎総理による規制緩和は間違いであり、交通手段を人々から奪い、地域を衰退させた。」
と訴えました。
その上で、
「今後は、ひとりひとりの市民、国民の移動する権利を保障するという観点から公共交通の充実など、交通政策の議論を進めるべきだ。」
「海外からの観光客も増える中で寄り環境に優しい移動手段をどうすべきかという観点からも公共の関与を考えるべきだ。」
と「移動の権利」と「環境」の観点に基づいた公共交通の充実を含む政策議論を提起しました。

関連リンク

by hiroseto2004 | 2017-03-05 15:01 | 安倍晋三 | Trackback
大阪府の松井知事は、森友学園の「瑞穂の國記念小學院(安倍晋三記念小学校)」の(条件付き)認可を取り消す方向性を
示しておられます。

森友学園のために私立小学校設置の基準を緩和した松井知事。その後、私学の許認可権限を教育庁に移したとはいえ、規制緩和を実施したのは
松井知事にほかなりません。

確かに、森友学園のやっていることはひどすぎる。しかし、そんな学校を認可できるよう、規制緩和をしたのは松井知事、あなたですよ。

2011年7月頃 森友学園側が私立小学校設立を希望。
2011年11月 大阪ダブル選挙。松井一郎さんが知事に当選。橋本徹さんは府知事から市長に転出。
2012年度から 松井一郎知事、私立小学校設立基準を緩和。
2013年夏 現予定地(問題の国有地)の取得を近畿財務局に申し出。
2014年10月31日 大阪府に設立認可申請書提出。
     12月18日 大阪府私立学校審議会で継続審議
2015年1月27日 大阪府私立学校審議会、「設置認可適当」と判断。
     9月4日 国土交通省の「平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」の採択プロジェクト(費用補助事業)に決定。
2016年度~ 大阪府の私学の認可権限を教育庁に移す。
2017年2月 アッキード事件発覚。
     2月24日頃 松井知事 不認可に言及

もし、「不認可」にした場合、森友学園(籠池理事長)が府を相手取って裁判を起こしたらどうするのか?
損害賠償を請求されたらどうするのか?
森友学園側の落ち度は大きいとはいえ、一定程度の損害賠償を司法が命じる可能性も高いのではないでしょうか?
たとえば、国立市のいわゆるマンション訴訟では、上原公子前市長に対する損害賠償が認容されてしまったことは、衝撃を与えました。
一度「認可適当」という判断が下ったものを、覆すというのは相当なリスクがあります。
松井知事、あなたは、その覚悟はおありですか?
大阪府が税金をさらに森友学園に搾られる可能性はないのか?
認可も地獄。不認可も地獄。大阪府をそのような立場に追い込んだ松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)。
あなたの罪は万死に値するのではないでしょうか?

以下は、今回の事件を松井知事・大阪維新を中心に追及しておられる上西小百合衆院議員のツイッターです。

大阪の中で行われているのは、安っぽい話です。大きな事は野党議員と中央メディアに任せて、私は大阪の維新や自民・公明の議員、業者に集中して解明します。

私の言っている事は文字通り〝維新の解党〟です。様々な事柄から逃げる為に3つに分裂しようとしている維新の背中を押すだけの事。劇場型をやるのならテレビでやりますよ。その方が効果的ですから。

ここ数日、複数の報道番組からのインタビュー収録があった。ただどれも安倍総理の件を中心に聞くので資料提供だけにした。何度も言うように、私に出来る事など、大阪で起きている事の解明だけ。もっと大きなものは野党が徹底的にやってくれると期待している。

東京では、猪瀬直樹さんや舛添要一さんのような事が起きる。大阪で松井府知事を追求しないという選択肢など有り得ない。もっと言えば橋下徹さんの高みの見物など許してはいけない。森友学園問題は、本人が自分の責任もあると言った以上引っ張り出さなければいけない。維新ぐらいなら私一人でも倒せる。

私は国会議員という〝肩書き〟と、〝税金〟という経費を使って調査させて貰っているので、調べた事実を国民に知らせる義務がある。但し、私はジャーナリストではないので、〝自らの責任〟で多少乱暴でも最も効果的なやり方をしようと考えている。


関連記事

by hiroseto2004 | 2017-03-05 13:56 | 大阪府政 | Trackback
e0094315_10545978.jpg
昨日開業した、あき亀山行きが登場した古市橋駅の時刻表です。

by hiroseto2004 | 2017-03-05 10:54 | 環境・街づくり | Trackback