エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 03月 26日 ( 11 )

花曇りの季節

e0094315_15504503.jpg
東京、横浜、福岡ではサクラが開花しました。
但し、おとといあたりから異常寒波が上空に入り、寒さも残っていますね。関東内陸は雪とか。
広島県はそこまで行かないが花曇りです。
インフルエンザも広島県北部や東部ではまた微増傾向でご注意下さい!

by hiroseto2004 | 2017-03-26 15:50 | 歳時記 | Trackback
今回の森友学園事件を通じて明らかになったことは

1,安倍晋三皇帝・昭恵皇后両陛下と「思想的」にお友達の人間だけが、良い思いをする状態になっていること。

2,そうした状態を維持するため、安倍皇帝への個人崇拝に近い洗脳運動をしていること。
・「そうはいっても安倍さんでなければ外交はだめ」「安倍さんでなければ経済はダメ」などという趣旨のマスコミ人や大学教授による「宣伝」。
・籠池のおっさん(日本会議)や文部科学省的な、偏った定義に基づいた「郷土愛」や「伝統」を強調し、国民はおとなしくしろと言わんばかりの古くさい思想双方。
 双方に分けられる。

これは、チャウシェスク大統領夫妻時代のルーマニアで顕著でした。もう一つの夫婦による独裁と言えば東ドイツ(ドイツ民主共和国)のホーネッカー議長夫妻もそうでしょう。そして、アフリカのいわゆる「失敗国家」では日常的に今でも起きていることです。

東ドイツの場合は、与党の社会主義統一党の他に形式的な野党(衛星政党)が存在しています。
今の日本も、特に、日本維新の会とか、民進党の一部の議員や、大手企業労組一部幹部(組織内議員)の動きを見ると、「衛星政党」としかいえない動きに見えますがいかがでしょうか?

もちろん、そのような「縁故主義」経済では、上手くいかなくなるのはルーマニア、東独、アフリカを見ても明らかです。
あるいは、日本国内の一部の自治体の過疎化の要因も、現実にはそういう縁故主義の腐った実態に嫌気が差して若者が流出しているという問題は無視できないように思えます。そうした、腐ったものを国政レベルまで持ち込んだのが安倍ジャパンであるともいえます。
その背景には、小選挙区制を含む「政治改革」で、議員が総理に逆らいにくくなったと言うことや、「内閣人事局」制度の導入があるでしょう。

付記すると、そうした性質を持っていた自民党政治をぶっ叩くパフォーマンスで小泉純一郎さんはバカ受けし、新自由主義を進めたともいえます。小池百合子さんもそういう路線を狙っているのでしょう。

バンカラ自民(安倍縁故主義)か、ハイカラ自民(小泉・小池新自由主義)かの選択肢しかないというのはあまりにも不毛です。

非安倍で非小泉・小池の第三の道、すなわち、縁故主義を排しつつ、格差是正を行う。
そういう方向をきちんと野党連合は打ち出さなければなりません。


by hiroseto2004 | 2017-03-26 14:37 | 安倍ジャパン | Trackback
もはや、ここまで来ると、安倍「皇帝皇后」両陛下と稲田「大司馬」(防衛大臣)閣下そのものが安全保障リスクです。

稲田「大司馬」から先に申し上げると、既に、現場の自衛隊員(「皇軍」兵士)に稲田大司馬(防衛大臣)への侮蔑の
動きが出ています。
「女性の大臣で頼りないけれど」などという募集ビラをつくった男性自衛隊員が出ていることは、嫌なことを予感させます。
そもそも、専守防衛のために入隊してきているのに、海外へ行け、という政治家たち。
その政治家たちがきちっとしているならいいが、いい加減な連中ばかり。
そうなれば、隊員たちの間に複雑な気持ち、もっと言ってしまえば、「暴走してもいいや」くらいの気持ちが出てきかねない
でしょう。

安倍皇帝陛下に至っては、籠池のおっさんごときを相手に、このような醜態をさらしているようでは危機管理能力は危ぶまれます。
習近平やトランプやプーチン相手ならやられ放題ではないですか?

もはや、安倍両陛下・稲田大司馬そのものがリスクです。

by hiroseto2004 | 2017-03-26 14:15 | 安倍ジャパン | Trackback
本社社主も数年前までは頻繁に利用していた施設です。
大変、衝撃を受けています。

広島県三原市の温泉施設を利用した客がレジオネラ症に集団感染した問題をめぐって、県は25日、入院していた50代の男性患者が肺炎で死亡したと発表した。



 この問題は、広島県三原市の森川観光が経営する日帰り温泉施設「みはらし温泉」を3月初旬から中旬にかけて利用した30代から80代までの40人が、肺炎などを引き起こすレジオネラ菌に集団感染したもの。



 これまでの調査で、みはらし温泉の入浴施設の温泉水からはレジオネラ菌が検出されており、患者40人はいずれも医療機関で治療を受けている。



 国立感染症研究所によると、レジオネラ菌は循環式の浴槽や給湯設備などに侵入して繁殖し、菌を含んだ空気を吸い込むことで感染する。抵抗力のない高齢者や糖尿病患者、呼吸器疾患がある患者が感染すると、肺炎を起こすリスクがある。



 みはらし温泉は21日から営業を自粛しており、県は営業停止も含めて処分を検討している。


by hiroseto2004 | 2017-03-26 13:52 | 事故・災害・事件 | Trackback
昨年鳥取県中部地震があった場所からほど近いところで、M2.9の地震がありました。
最大震度2です。
この地域(近畿地方北部~中国地方の山陰・中国山地沿い)には火山や活断層も比較的多く、大きな地震が続きやすい傾向があります。

1710年10月3日 因伯美地震。M6.5。
1711年3月19日 伯耆・美作地震。M6.25?。

1925年 北但馬地震M6.8
1927年 北丹後地震M7.3

1943年 
3月4日 鳥取地震(前震)M6.2
3月5日 鳥取地震(前震)M6.2
9月10日 鳥取地震 M7.2

1997年 山口県北部地震 M6.6
2000年 鳥取県西部地震 M7.3

2016年 鳥取県中部地震 M6.6


平成29年03月25日23時50分 気象庁発表
25日23時47分頃地震がありました。
震源地は岡山県北部(北緯35.3度、東経133.7度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は2.9と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

鳥取県  震度2  倉吉市関金町大鳥居*
岡山県  震度2  真庭市蒜山下和* 真庭市蒜山下福田*
     震度1  鏡野町上齋原* 真庭市蒜山上福田*

by hiroseto2004 | 2017-03-26 13:33 | 事故・災害・事件 | Trackback
戦争を象徴する映像として東京大空襲の映像ばかり出すから認知バイアスが生じる

戦前生まれの方の生涯を取り上げる番組で気になることがあります。
当然、第二次世界大戦が始まったことも取り上げますが、そのとき、判で押したように、東京大空襲(連合国による空襲)の映像ばかりを象徴的に出すことです。
おかしいでしょう?
まず、1930年代から日本軍が先に中国に海外派兵していた。
戦略爆撃を世界で最初に行ったのは日本軍による重慶爆撃とも言われています。そして、英米に対しても日本が先制攻撃をしている。
何より、戦後重視されたのは、日本が「ナチスサイド」に立って参戦したことであり、それが故に国連憲章に「敵国条項」が定められ、「ナチスサイド参戦」の象徴として「教育勅語」も排除・失効したのです。
そうしたことを無視してしまうと、一方的に日本がやられたのが、第二次世界大戦という話になってしまうのです。
残念ながら、いわゆる左翼の間でも、栗原貞子ら少数を除いては、日本の加害責任に向き合うのは、1991年の平岡敬広島市長による平和宣言を待たなければなりませんでした。
それでも、左翼内部でも「爆弾が落ちてくる」ことばかりが戦争、という雰囲気が残り、「海外派兵で日本人が外国人を殺し、恨みを買う」という戦争についてはなかなか認識が深まらなかったのが現状です。
他方、歴代の自民党政権においては、日本がかつてやったことをまだきちんと総括できず、正当化するような人が要職を占めてきました。そして、現代アメリカによる戦争犯罪の指摘にも及び腰になる有様です。
戦争が始まったことを象徴する映像を流すなら、ヒトラーの映像や、重慶爆撃、真珠湾攻撃の映像もセットでなければ、認知バイアスは残るのではないでしょうか?

by hiroseto2004 | 2017-03-26 12:38 | 歴史 | Trackback
早期の衆院解散という可能性は大きくなってきました、

森友に続き、加計学園なども含め、疑惑がこれ以上出てくれば、政権は持たないでしょう。
その前に、衆議院を解散する。

そうすれば、状況としては2000年の衆院選に似たような状態には持ち込めるのではないか?

自民 233
公明 31
保守 7
民主 127
自由 22
共産 20
社民 19
無所属の会5
自由連合1
無所属15
こんな結果でした。

現在なら
自民=当時の自民+当時の保守党+保守系無所属で240~250程度
公明党で31議席程度。
日本維新の会が、自由党(当時は新自由主義色が濃く、支持基盤は東北以外は大阪維新に似ている)が20議席程度。
与党と準与党で290~300議席程度は確保できる。3分の2は行かないが、政権は4年間維持できる。
たとえ、2019年の参院選で惨敗しても、与党で過半数を割ることはないでしょう。
後は野となれ山となれ。2020年の五輪には晴れて安倍晋三は開会式に出席と。
それが現在の与党側シナリオではないか?

そもそも、いくら小選挙区制といえども、2005,2009,2012,2014の衆院選の結果はちょっと異常です。
2005年について言えば小泉劇場が自民にバブル議席をもたらした。
2009年について言えば積年の自民党政治の矛盾が民主党バブル。
そして2012年、2014年には「アンチ民主票」と「維新」が自民党を援護射撃しました。
しかし、安倍総理のあれだけの失態を見せつけられた今、「アンチ民主票」は減っているだろうし、
「維新」もかなり打撃を受けている。
それでも、与党が政権を維持するのは今しかない。
そういう判断を固めつつあるのではないか?

野党としては、安倍総理の暴走をつくってしまった構造そのものを問うべきではないかと思うのです。
1,小選挙区制度、大政党党首優位の現行制度の見直し~公認を外されると落選確実なので自民党議員も誰も総裁にご注進しなくなったことへの反省。
2,内閣人事局の廃止~総理を忖度する官僚ばかりになってしまった。
3,国家戦略特区制度の廃止~国会の決議もなく総理が議長で特区を指定するような仕組みが腐敗を招いた。
その上で思い切った欧州の標準左翼の「反緊縮・反格差」を打ち出すべきでしょう。


by hiroseto2004 | 2017-03-26 11:31 | 安倍ジャパン | Trackback
与党の説明によると日本の権力構造はこうだそうです。

 安倍昭恵さん付の「谷さえこ総理」が、財務官僚をあごで使い、予算措置まで検討させることが出来るそうです!
by hiroseto2004 | 2017-03-26 10:42 | 安倍ジャパン | Trackback

松井一郎・大阪府知事は、安倍政権からの「逃走」を開始しました。

籠池夫妻、安倍夫妻(自民党)、そして松井維新。三つどもえの内ゲバの様相を呈してきました。
籠池夫妻は「左翼」(野党陣営)に亡命。松井知事を「ハシゴを外した」と証言しました。

松井知事は「安倍総理が火に油を注いでいる」と批判。

安倍総理は「ゼロ回答だった」とか「職員がやったこと」だとか、言って逃げ出す。

安倍総理と昭恵皇后は自分の理想の国造り=自分たちに従順な国民と自分たちがやりたい放題出来る国=に邁進。
松井知事は、「自治労・日教組打倒!」という「ふわっとした民意」に代わる「票田」作りのために私学を利用。
籠池のおっさんとおばはんも、児童虐待や偽の契約書の提出については罪は重い。
児童虐待については、籠池のおっさんとおばはんの責任を。ただし、監督責任で松井知事の責任を。
そして、小学校認可については松井知事。国有地値引きについては昭恵皇后と財務官僚の責任を重点的に追及すべきでしょう。
e0094315_10302508.jpg


維新・松井一郎代表「安倍首相は『忖度』認めるべき」 籠池泰典氏には「会ったこともない人にここまで恨まれ…政治家冥利に尽きる」

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は25日、東京都内で開いた党大会でのあいさつで、学校法人「森友学園」の国有地取得問題について「油を注いでいるのは皮肉にも安倍晋三首相だ。『忖度(そんたく)はない』と強弁し続けるから、そうなる。忖度はあったと認め、『いい忖度とやってはいけない忖度がある』とはっきり言うべきだ」と語った。

 松井氏は「政治家は有権者の意思を『忖度』して仕事をしている。ただし、一部の人たちだけがお金をもらったり、いい思いをしたりする『忖度』をやってはいけない」とも主張した。

 森友学園の籠池泰典氏が小学校設置認可が出なかった責任を松井氏に向けていることに関しては、「国会での『政治ショー』に参加させていただけない松井が、『世の中で一番悪い』というような形で(籠池氏に批判されている)。会ったこともない人にここまで恨まれるのは、ある意味、政治家冥利に尽きる」と皮肉り、会場内の笑いを誘った。


by hiroseto2004 | 2017-03-26 10:30 | 安倍ジャパン | Trackback

安倍昭恵さんは「良い人」だが、法治国家から逸脱するならアウトです。

安倍昭恵さんにせよ、夫の晋三さんにせよ、「お友達」や「ご夫妻に恩恵を受けた人々」にとっては「良い人」なんです。


だからこそ、特に昭恵さんには、一部リベラル系の政治活動家やその支持者も含めてフラフラッとひかれてしまうのでしょう。それは分からなくもない。


昭恵さんの場合は、スピリチュアリティーなところがある。

それが、片方で「教育勅語暗唱」「安倍総理頑張れ」小学校に入れ込んだり、大麻に入れ込んだり、脱原発に理解を示したりと、表面的には、一貫性がない行動をとる所以です。ふわっと、直感的に「古いものを取り戻す」感性でしょう。確かに、戦前は教育勅語はあったけど、原発はなかったし、大麻は普通に栽培されていた。そういう日本を取り戻したいという感覚なのでしょう。日本人の多くに潜在意識にそういう感覚は残っているのではないか、とも筆者は思うのです。


ただし、行政機構を動かすときはそれではいけないのです。
総理大臣でさえもしてはいけないことを、昭恵さんがもちろん、してはいけないのです。


日本が民主主義国家、法治主義国家である以上、そこのところはしっかりと押さえて頂かないといけないのです。


むろん、今の行政への不満は皆さんお持ちでしょう。しかし、それは、それで、きちんと民主的な手続きを踏んで改善すれば良いのです。選挙だけではなく、直接陳情もありです。ただし、そのときは、きちんと行政側も記録に残す。これは当たり前です。

既存のエリートとかそういうものへの反感の勢い余って、昭恵さん的なものにすがってはいけないのです。

以下の朝日新聞の記事は「もっと早く書いてほしかった」という思いはありますが、今の「昭恵皇后」陛下の異常さをしめしています。
しかし、このような「昭恵皇后陛下」を生んでしまった日本の有り様をもう一度総括しなければならない。
そう思う次第です。




by hiroseto2004 | 2017-03-26 10:13 | 安倍ジャパン | Trackback