エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 04月 07日 ( 14 )

雨上がりです!

e0094315_16030437.jpg
昨日からの雨がようやく止みました。
e0094315_16040748.jpg
サクラは満開です!

by hiroseto2004 | 2017-04-07 16:02 | 歳時記 | Trackback
以下、秋葉忠利・前広島市長のブログより。

総理大臣と外務大臣では、内容が微妙に違いますので、以下、両方を掲げさせて頂きます。




More
by hiroseto2004 | 2017-04-07 15:14 | 反核・平和 | Trackback

完全に、安倍昭恵さんと籠池のおばはんは、朴槿恵被疑者と崔被疑者の関係ですね。
皮肉ですが、特定秘密保護法逮捕第一号は安倍昭恵さんですか?


その証言者は、大阪府に住む50代の男性。この男性は塚本幼稚園を見学し、籠池氏と会談。その会談時に昭恵夫人と籠池夫妻との深いつながりを感じさせる"ある出来事"があり、寄付を決めたと明かしたのだ。

 その"ある出来事"とはいったい何か。それは2015年6月のこと。男性が、園長室で籠池氏と話していたところ、話の最中に籠池夫人が園長室に飛び込んできて、こう話したのだという。

「昭恵さんから電話があって、賢島(伊勢志摩)でサミットをやることが決まった!」

 この話を聞いた男性は、「昭恵夫人と親交が深いんだな、信用できる」と思い、それが寄付の決め手になったと語ったのだった。

新証言! 昭恵夫人が籠池夫妻に機密漏洩か? 伊勢志摩サミット決定を公式発表前に連絡と寄付者が証言


by hiroseto2004 | 2017-04-07 13:32 | 安倍ジャパン | Trackback

「どこまでやるのか」。米国がシリアにミサイル攻撃を行った7日、日本国内のシリア関係者には驚きと困惑が広がった。シリア大使館(東京都港区)の男性は「情報が何も入っていない。コメントできない」と慌てた様子で話し、情報収集に追われた。

 シリア難民らの支援を行っているNPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(豊島区)事務局長の佐藤真紀さん(55)は「アメリカはどこまでやるのか。アサド政権崩壊までやるつもりなのか」と懸念を示した。

 佐藤さんによると、隣国のヨルダンなどでも、これ以上のシリア難民の受け入れは難しくなっているという。トランプ米大統領はアサド政権による化学兵器使用を攻撃理由に挙げたが、「政権側、反政府勢力側のどちらが化学兵器を使ったのか、はっきりしない。検証が必要だ」と指摘した。

 シリアからせっけんを輸入している販売会社「アレッポの石鹸(せっけん)」(東京都福生市)社長の太田昌興さん(47)は「びっくりした。現地とは今のところ連絡が付いていない」。約30人いる現地スタッフの安否に不安を募らせ、「混乱が続くと最悪だ。早く普通の状態になってほしい」と願った。

 国際協力機構(JICA)東京本部で中東地域を担当する柳竜也さん(43)は「ミサイル攻撃で一般人がますます混乱に巻き込まれるのは悲しい。難民が早く地元に帰れるよう解決してほしい」と話した。


by hiroseto2004 | 2017-04-07 13:26 | 国際情勢 | Trackback
県内で最も気候が冷涼な北部保健所管内でもようやく、警報継続基準値を下回りました。

広島県感染症発生動向調査による平成29年第13週(3月27日から4月2日)の定点医療機関からのインフルエンザ報告患者数が,県内のすべての保健所管内で,国立感染症研究所が示している警報継続基準値(定点当たり10)を下回りました。
県内のインフルエンザの流行は終息に向かっていると考えられるため,平成29年1月25日に発令した「インフルエンザ警報」を平成29年4月6日に解除しました。昨シーズンよりも,3週早い警報の解除となりました(昨シーズン:平成28年4月28日)。
なお,県内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると,今シーズンはAH3亜型の検出割合が最も多く,全国と同じ傾向を示しています

by hiroseto2004 | 2017-04-07 13:24 | 広島県政(広島県議会) | Trackback

筒井康隆という男を甘やかしてきた恥ずかしい日本


筒井康隆が、ここで、書くのも恥ずかしいような発言をした。


筒井と言えば日本の「逆張り系ポストモダン」のチャンピオンともいえる文学者であり、「文学部唯野教授」で一世を風靡し、「断筆宣言」では物議を醸した。


従来の常識を打破することを、格好いいとして持ち上げる気風が、いわゆるポストモダン時代にはたしかにあった。

筒井のような芸風を一言で表現すれば「露悪的な逆張り」である。


1990年代くらいは、それでも「それは洒落にならない」というのがコンセンサスとしてあった。

しかし、次第に、筒井のような人間が、段々思い上がって、まるで自分たちが主流であるかのように勘違いしてしまうことになっていった。

その結果が、これである。


筒井康隆を甘やかしてきたのがポストモダンの日本である。


誠に恥ずかしいことであり、ああいう発言を目にされた被害者の心中察するに余りあると言わざるを得ない。


by hiroseto2004 | 2017-04-07 12:59 | 思想・哲学 | Trackback
権力者には「李下に冠を正さず」、庶民には「推定無罪」が原則・・安倍ジャパンは正反対

権力者は「李下に冠を正さず」の原則が適用されるべきである。
これは、古来から変らない。桃畑で、冠を正せば、桃泥棒と間違えられても仕方がない。だから、権力者は、疑われるようなことは慎むべきなのである。

民主主義国家においてもそれは同様で、法令と文書に乗っ取り、説明責任を果たせる形で公権力を行使するのは当たり前である。

他方、一般庶民が犯罪の嫌疑を掛けられ逮捕された場合には、「推定無罪」の原則が適用されるべきである。取り調べる側の検察・警察が圧倒的に強い立場にあるのだから。
権力は抑制的であるべきという原則が貫かれている。

ところが、安倍政権や安倍支持者は、安倍昭恵さんに対して「推定無罪」の原則を適用するという誤ったことをしている。昭恵さんは「私人」と閣議決定しているが、だがお付きの官僚が5人もいる「権力者」には間違いない。彼女に適用されるべきは「李下に冠を正さず」である。まして関与がほぼ確実になっている状況でも逃げるとは⁉

他方で、一般庶民に対しては、テロ準備罪という名目で、疑わしきもしょっぴいて(あるいはGPSでも取り付けて)調べるという話になりかねない。これが現状である。

全くのアベコベ政治である。




by hiroseto2004 | 2017-04-07 12:45 | 安倍ジャパン | Trackback

アメリカは、事実関係も十分確認せず、シリアを攻撃しました。実際、ヌスラ戦線もISも化学兵器は保有していることが化学兵器禁止機関により、確認されています(黒幕はサウジアラビアか)

今回の攻撃は、あのイラク戦争と同様、国連決議もなく、完全な国際法違反です。

アメリカに何の法的正当性があるのですか?

日本では、「空爆しまくり」クリントンへの警戒感から、一部左翼も含め、当初はトランプを持ち上げる向きもありました。しかし、トランプも支持率低下の中で、花火を打ち上げたということなのか、それとも、軍産複合体(エスタブリシュメント)がトランプを取り込んだと言うことでもあるのでしょう。

東アジアでは経済的な悪影響も大きいので、拳を下ろすことは実際にはやりにくいが、中東ではやれる。こういう判断もあったのでしょう。




by hiroseto2004 | 2017-04-07 12:26 | 国際情勢 | Trackback

韓国も弾道ミサイル実験

韓国も(金氏)朝鮮とほぼ同時に弾道ミサイル実験です。
そのことは、日本のマスコミも公平に報道すべきではないでしょうか?
そうでないと事態の全体像がわからなくなります。

韓国が射程800キロの新型のミサイルの実験を行いました。

韓国・ヨンハプ通信によりますと、韓国が発射したこの弾道ミサイルは、北朝鮮全土を標的にすることができます。

韓国国防省は、「このミサイル実験は核・ミサイルの計画を許可なく拡大している北朝鮮への警告だ」としました。

北朝鮮は5日水曜、弾道ミサイル一発を東部の海岸から日本海に向けて発射しました。

北朝鮮は常に、アメリカとその同盟国が北朝鮮への脅迫を続ける限り、先制攻撃の能力や軍事力の強化を継続すると強調しています。


by hiroseto2004 | 2017-04-07 11:59 | 国際情勢 | Trackback
事実を精査せずに、化学兵器をアサド政権が使ったと決めつけたアメリカ。
(実際、化学兵器禁止機関もヌスラ戦線とISも化学兵器を保持していることを確認しています。)
これまでは「アサド打倒を目指さない」方針に転換していたのが、「アサド打倒」に再転換でしょうか?
しかし、これは、全面戦争の恐れも出てきました。
そして、そこで漁夫の利を得るのはIS。間違いありません。
なお、トランプが結局は軍産複合体に取り込まれた、との見方も出来ます。

【北米総局】米CNNテレビは7日、米軍がシリア向けに複数の巡航ミサイルを発射したと伝えた。

 米CNNによると、米軍が6日夜(日本時間7日午前)発射したと報じられた巡航ミサイルの標的は、シリア西部の空軍基地だった。AFP通信は、発射されたのは「70発の精密誘導ミサイル」だったと伝えた。

by hiroseto2004 | 2017-04-07 11:56 | 国際情勢 | Trackback