エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 05月 24日 ( 6 )

アメリカよ。そんなところで何をしている?

イエメン中部で、アメリカ軍兵士数十名が、イエメンの各部族との衝突により死亡しました。

プレスTVによりますと、23日火曜未明、アメリカ軍兵士30名とサウジアラビアの勢力数名がイエメン中部マーリブ州のある村を襲撃する中で、部族の勢力との衝突により死亡しました。

この侵略行為により、さらにアメリカ軍兵士少なくとも7名が負傷しました。

サウジアラビアは、アメリカの支援を得て、また国連の沈黙の中、イエメンの元ハーディ大統領の政権復帰のため、2015年3月からイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃により、イエメン人1万2000人以上が死亡、数万人が負傷したほか、多数の人々が難民となり、イエメンのインフラ設備も破壊されています。

この攻撃を受け、イエメンは医薬品や食糧の深刻な不足に直面し、様々な病気も蔓延しています。


by hiroseto2004 | 2017-05-24 21:37 | 国際情勢 | Trackback
公務員があくまで「個人」として風俗を利用している話と、公務員やそのお友達が
国家を私物化している話では、重みは全然違いますよね。
しかし、相打ちにしてうやむやにしようというのが総理の戦略です。


by hiroseto2004 | 2017-05-24 20:49 | 安倍ジャパン | Trackback
「『批判者』を『テロ呼ばわり』する総理、共謀罪の目的を自ら暴露」

総理にテロ呼ばわりされ、弾圧されるか?総理を加計疑獄で退陣させるか?の勝負である。
もはや、構図はあまりにも簡単である。

総理は加計疑獄を追及するヤツはテロリストだという見解である。
テロ等準備罪はそのために用意していることは、小学生でも分かる構図になった。
そうであるならば、マスコミも野党もやるべきことはひとつ。
疑獄を徹底追及し、総理の首を取ることである。
さもなくば、総理による「白色テロ」の嵐が吹き荒れかねない。
誰でも彼でも、総理の悪口を言うヤツはテロだと決めつけ、逮捕まで行かずとも
社会的に抹殺するというのはあり得る。
首を取るというと仰々しいかもしれないが、総理の首も取らない野党はネズミを捕らない猫と一緒であるし、疑惑を追及しない新聞も同様である。
by hiroseto2004 | 2017-05-24 20:35 | 安倍ジャパン | Trackback

バーレーンで白色テロ

こういうのを、「白色テロ」(権力によるテロ)といいます。
日本でも、共謀罪が導入されれば、今日のバーレーンは明日の安倍ジャパンの姿になりかねません。
ある種、バーレーンは島国で、所得水準も日本に似ているので、参考になると思います。

バーレーンで、治安部隊が反体制派の聖職者であるガーシム師の自宅を襲撃し、これにより、同師の支持者5名が死亡、少なくとも100名が負傷しました。

イルナー通信によりますと、バーレーンの治安部隊が23日火曜、同国の首都マナーマ近郊にある反体制派の聖職者ガーシム師の自宅を、複数の方向から襲撃しました。

バーレーン内務省は、声明の中で、この襲撃によりバーレーン人5名が死亡した事実を認め、この攻撃でさらに286名が逮捕されたことを明らかにしています。

複数の報告によりますと、バーレーン軍はガーシム師の自宅を包囲していたということです。

バーレーンの治安部隊が、ガーシム師の支持者を襲撃したことは、アムネスティインターナショナルを初めとする複数の国際人権団体の非難を浴びています。

イランのザリーフ外務大臣は、23日火曜、ツイッター上で、「サウジアラビア・リヤドでのアメリカのトランプ大統領と独裁者の話し合いの最初の結果は、バーレーン市民の平和的なデモに対する残忍な攻撃だった」と語りました。

バーレーンのハリーファ政権は今月21日、ガーシム師に対し資産の没収と執行猶予1年禁固刑を言い渡しました。

この判決は、バーレーン市民の抗議を引き起こしています。

バーレーンでは、2011年2月14日からハリーファ政権に対する国民の民主革命が発生しています。

バーレーン市民は、自由や正義の確立、差別の撤廃、民主政権の発足を要求しています。

一方、ハリーファ政権はこうした市民の抗議を弾圧し、反対派の指導者らを拘束し、彼らを長期間にわたり刑務所に収監しています。


by hiroseto2004 | 2017-05-24 20:33 | 国際情勢 | Trackback
共謀罪でもシリア空爆でも防げない「無所属IS追加公認型」テロ
イギリスのテロの犠牲者のみなさまに心から哀悼の意を表します。
今回のテロは、イギリス人の若者が、イギリス人の若者を狙って起こした恐らく事実上の単独行動だったでしょう。
ISはそれを「追加公認」しただけです。
ISの組織的なものではないから共謀罪もシリアやイラクやリビアへの空爆も意味がない。むしろ空爆は、暴発したい若者に大義名分を与えるだけです。
安倍ジャパンが進んでいるのはそういう意味ではテロを誘発する方向です。
すなわち、戦争参加でISにテロの大義名分を与える。
一方で、庶民の暮らしを苦しめることで、暴発するような人間を増やす。
日本でも、単独犯でのテロ、たとえば2016年の植松被疑者の相模原大虐殺や元自衛官・栗原敏勝被疑者による自爆テロ、2015年の年配男性による新幹線自爆テロ、そしてさかのぼってマツダ工場内や秋葉原のテロは、全て暮らしに行き詰まった人間による暴発という性格が強いのです。
戦争をしないこと。
若者もお年寄りも希望を持てる社会。
それがテロの確率を下げる一番の道だと思います。

by hiroseto2004 | 2017-05-24 20:01 | 事故・災害・事件 | Trackback
広島瀬戸内新聞社主・さとうしゅういちは、5月24日、雨の中、広島市安佐南区内各地で共謀罪法案衆院強行通過に抗議する街頭演説を実施しました。
e0094315_14074098.jpg



「総理は、国連特別報告者が共謀罪法案がプライバシーを侵害するのではないかと懸念している書簡に対し、具体的な反論もしないで、『抗議』し、法案を衆院で強行した。」
と批判。
その上で
「総理は、加計学園疑惑で窮地に追い込まれかねない状況にある。そうした中で、加計学園疑惑を報道するマスコミを『言論テロ』呼ばわりする文化人のFB投稿にいいねをしたという。」
「総理は、マスコミが社会の木鐸として当然すべき、権力腐敗を追及することを(事実上)テロ呼ばわりした。」
「そして今回の『テロ等準備罪』である。今回の法案は『わかりにくい』、と言う声が大きかったが、今回総理は『自分への批判者を押さえ込むため』という目的を自ら暴露したのではないか?」
と指摘しました。






More
by hiroseto2004 | 2017-05-24 14:16 | 安倍ジャパン | Trackback(1)