エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 05月 30日 ( 7 )

さすがにドイツ。同じ旧敗戦国といえども、アメリカに言うべきことは言いますね。
サウジアラビアというテロ支援国家、そしてテロをイエメンに対して現に行っている国に12兆円の武器売却。
アメリカは狂っているとしか言い様がありません。
ドイツのガブリエル外務大臣が、アメリカとサウジアラビアの1100億ドルの武器売却に関する合意を批判しました。

トランプ大統領は最近、サウジアラビアを訪問した際、同国との間で3800億ドルの複数の協定を締結しました。

その中には、サウジアラビアに1100億ドルの武器を売却する合意も含まれています。

IRIB通信によりますと、ガブリエル外相は、ドイツ・ベルリンでの記者会見で、西アジアには十分な量の武器が存在するとし、「アメリカ大統領による初めてのサウジアラビア訪問で、大規模な武器の売却に関する合意が成立したことは、誤った道を歩もうとしていることを示している」と述べました。

さらに、「我々が強く必要としているのは、世界の武器の管理や廃絶に向けた行動のイニシアチブを継続することだ」としました。

ガブリエル外相は、アメリカ大統領の行動や立場は、EUの政策に完全に反するものだとしました。

ドイツのメルケル首相も、イタリアで開催されたG7先進7カ国首脳会合の後、「ヨーロッパはこれ以上アメリカを信頼できない」と強調しました。


by hiroseto2004 | 2017-05-30 20:27 | 国際情勢 | Trackback
参議院は日印原子力協定を承認しないで!(拡散希望・重複ご容赦)

<朝日新聞 5月29日 社説>
日印原発協定 やはり懸念がぬぐえぬ
「改めてこの協定に反対する」→ 一番下に掲載

■ 日印原子力協定は、野党議員たちが、多くの問題点を指摘、追及しましたが、
5月16日に衆議院本会議を通過し、本日より参議院での審議が始まりました

5月30日参議院外交防衛委員会・参考人審議(鈴木達治郎、川崎哲ほか)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
で、5月30日、会議名:外交防衛委員会を選べば録画が見れます

(これまでの衆議院での審議は、http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
で、5月10日、12日、外務委員会、16日、本会議などと選べば見れます)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
参議院外交防衛委員会の議員にFAXを
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

FAXは効果があります。
野党議員には「ぜひ日印原子力協定承認反対でがんばってください。みんなで
応援しています」のように、励ましの声を届けましょう。

宇都隆史 (自民)03-6551-0516
阿達雅志 (自民)03-6551-0309
堀井 巌 (自民)03-6551-0417
山田 宏 (自民)03-6551-1205
大野元裕 (民進)03-6551-0618
浜田昌良 (公明)03-6551-0316
佐藤 啓 (自民)03-6551-0708
佐藤正久 (自民)03-6551-0705
滝沢 求 (自民)03-6551-0522
武見敬三 (自民)03-6206-1502
中曽根弘文(自民)03-3592-2424
中西 哲 (自民)03-6551-0423
山本一太 (自民)03-3508-2281
小西洋之 (民進)03-6551-0915
福山哲郎 (民進)03-6551-0808
藤田幸久 (民進)03-6551-0914
山口那津男(公明)03-6551-0806
井上哲士 (共産)03-6551-0321
浅田 均 (維新)03-6551-0621
アントニオ猪木(無ク)03-6551-0314
伊波洋一 (沖縄)03-6551-0519

┏━━━━━━━━━━━━┓
参議院審議傍聴のご案内
┗━━━━━━━━━━━━┛

6月1日、6日、7日(予定)のうち、都合のつく日があれば、
日印協定の参議院審議の傍聴をしませんか

前日までに参議院に登録します。連絡なしでの参加はできません
前日昼までに下記に連絡してください

日印原子力協定国会承認反対キャンペーン事務局
nichiin_nonukes@yahoo.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
日印原子力協定を許さない市民集会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

日時:6月17日(土)14時~16時半(13時半開場)
場所:スペースたんぽぽ
東京都千代田区三崎町 2-6-2 ダイナミックビル4階
主催:日印原子力協定国会承認反対キャンペーン
内容(予定):
・キャンペーン活動の報告
・日印原子力協定の問題点とは
・原発輸出の推進にどう立ち向かうか議論
・団体・個人からのアピール など

=================================================

<朝日新聞 5月29日 社説>
「日印原発協定 やはり懸念がぬぐえぬ」

 核廃絶へ国際社会の先頭に立つ。その使命を負う唯一の戦争被爆国が
取るべき行動なのか。

 インドへの原発技術供与に道を開く日印原子力協定の承認案が、与党
の賛成で衆院を通過した。審議の場は参院に移るが、内容は疑問が尽き
ない。改めてこの協定に反対する。

 インドは核不拡散条約(NPT)に加わらないまま、核兵器を持つ国
である。NPT体制では、未加盟国に対し原子力の平和利用で協力しな
いのが原則だ。米仏などは成長市場への思惑もあって、インドを例外扱
いとする原子力協定を締結済みだが、日本はなし崩しに追随すべきでは
ない。

 国際的な核不拡散体制をさらに空洞化させる懸念が強い。北朝鮮の核
開発阻止が喫緊の課題になっているのに、すでに核を持つインドに寛容
な姿勢を見せては、国際社会に「核武装はやったもの勝ち」という発想
も広げかねない。被爆国の非核外交への信頼は傷つくだろう。

 衆院の審議で大きな論点になったのは、日本が原発協力と引き換えに、
インドの核実験の歯止め役になれるかどうかだ。

 政府は「どんな理由であれ、インドが核実験をしたら協力を停止する。
その場合、インドは日本の最先端の原子力技術を失うことになる」とい
う。「NPTに入らないインドを核不拡散体制に実質的に参加させるこ
とにつながる」とも強調した。

 だが、野党議員や参考人の専門家からは異論が相次いだ。「核実験した
ら協力停止」はインド側の意向で協定本文に明記されず、関連文書にそ
の趣旨が記されるのにとどまったからだ。インドが核実験した場合でも
他国への対抗措置かどうかについて日本が考慮を払う、と読める条項も
協定にあり、毅然(きぜん)と対応できるのか、不安が残る。

 協力停止に踏み切った場合、日本が提供した機器などを稼働中の原発
から実際に撤去できるのか、核爆発を伴わない未臨界核実験にどう対応
するのかなども、あいまいなままだ。

 政権内には、協定をてこに日本の原子力産業を支援しようという思惑
があるが、皮肉なことに民間の機運は急速にしぼみつつある。東芝傘下
でインドで原発建設を計画してきた米ウェスチングハウスが最近、経営
破綻(はたん)し、東芝も海外の原発事業から手を引こうとしているか
らだ。

 これまでの論議で、数多くの疑問や懸念が払拭(ふっしょく)された
とは到底言えない。参院の審議では野党だけでなく与党も政府を問いた
だし、「再考の府」として責任を果たさなければならない。

**************************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://www.nonukesasiaforum.org/japan/
https://www.facebook.com/nnafjapan


by hiroseto2004 | 2017-05-30 20:01 | エネルギー政策 | Trackback

謀略込めて~読売G民軍球団歌(随時更新(^_^))

一番
謀略込めて 安倍擁護
デマは飛ぶ飛ぶ 疑惑をそらし
ああ ジャイアンツ その名を担いで国会を
汚すプレイのあさましさ 
ジャイアンツ ジャイアンツ 
ゆけゆけそれゆけ G民軍~


二番
安倍のピンチをつんざいて 寿司は呼ぶ呼ぶ
議席の星を
おおジャイアンツ その名とともに独裁へ
のめるチームのいやらしさ
ジャイアンツ ジャイアンツ ゆけゆけそれゆけ G民軍~

※三番は随時募集中です(^_^)


G民軍をジャイアンツのカープ三連戦とおなじく、国政選挙三連敗させよう!

by hiroseto2004 | 2017-05-30 19:31 | 安倍ジャパン | Trackback

自民党所属のまま完全無所属を詐称し当選=千葉県知事・森田健作被疑者

 2009年3月執行の千葉県知事選挙で、元衆院議員の森田健作被疑者は自民党所属のまま「完全無所属」を詐称。無党派層にもバカ受けし当選。本社社主も参加し、森田被疑者を告発も千葉地検は不起訴処分を決定。検察審査会に異議申し立てをするも不起訴相当と決定。


自民党所属のまま都民ファースト代表しバカ受け狙う=小池百合子東京都知事

 東京都知事の小池百合子さんは、自民党を離党しないまま、「都民ファースト」代表に就任の予定。目下、都民ファーストは、世論調査では予想よりは伸び悩んでいるとも言うが?

柳の下にドジョウは二匹居るのか?


by hiroseto2004 | 2017-05-30 18:28 | 東京都政 | Trackback

前川喜平さんを巡って

前川喜平さんが個人の資格で反貧困系のボランティアを三つもされていることは、純粋に喜んではいます。そういうことをする人が日本に少なすぎるから一人でも増えるなら、どなたでも歓迎したい。

特に前川さんは高校・大学とも先輩ですので、そういう意味でもわたしは心強い。

正直、「元官僚だから」とかで運動・活動から排除している余裕は、今の日本にあるのでしょうか?

とてもではないが、ありません。

さらにいえば、「反原発・反基地」などよりも、「反貧困」に対してまだまだ社会的な視線は冷たい面があるとわたしは、正直、感じています。

「既得権者でない純粋な市民だけが正しい」的な一部市民派の風潮はいま思い返してもバカバカしいし、そういう風潮が(既得権打倒イメージの)橋下徹さん、さらには野党票の分断を通じて安倍晋三さんらをはびこらせたのも間違いないでしょう。

しかし、他方で、前川さんのいまやられているボランティア活動への評価と文部科学省のやってきたこと(広島県においては、教育の植民地化など弊害が大きかった)への評価は分けて考えるべきでしょう。当然、文科省の行政への批判が緩むことがあってはならないのも事実です。

そうはいってもいつかはくるであろう安倍政権終了後に、気をつけるべきことは以下でしょう。

「いままで安倍晋三というアホな世襲政治家が私物化をしてきた」ことへの反動の勢い余って「官僚や一流大学教授などフツーのエリートによる支配」を過剰に持ち上げる傾向の復活でしょう。

あるいは、まかり間違って、一部の自衛官あたりが「俺らの方が安倍のようなアホな政治家よりマシだ」などと勘違いして、増長する危険も今後なきにしもあらずです。その兆候は稲田防衛大臣を「頼りない」などと募集ビラに書いてしまった自衛官がいることにも見られます。

そのどちらの場合にせよ「民主主義なんて安倍みたいなアホな政治家を生むだけだからだめ」みたいな理屈で正当化されるでしょう。

安倍支持層はそもそも「民主主義なんてくそ食らえ」という人が多いでしょうが、反安倍層にも「民主主義なんて安倍みたいなアホな政治家を生むだけだからだめ」みたいな雰囲気から一部エリートなり、反主流派自衛官(戦前の青年将校的なもの)を持ち上げてしまう気風が広がり、民主主義とか立憲主義が連鎖的にないがしろになっていくという危険もあるでしょう。

前川さんのことに戻ると、前川さんは証人喚問に応じるとおっしゃっています。
前川さんの望み通り国会で話して頂いた上で、ご本人がしたいような活動を暖かく見守っていく。それ以上でもそれ以下でもないと思います。




by hiroseto2004 | 2017-05-30 16:13 | 安倍ジャパン | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは、5月30日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を行いました。
e0094315_13534758.jpg


第一に、安倍総理の腹心の元TBS大物記者・山口敬之被疑者に暴行被害に遭った詩織さんが記者会見したことに言及。被害者が訴え出ることは異例のことであり、そういう中で、山口被疑者が逮捕状を握りつぶされ(検察も不起訴にした)のは異常であり、総理の側近だからお目こぼしがあったとすれば大問題だ指摘。
さらに共謀罪の問題と絡め
「総理は捜査当局が濫用することはないとおっしゃるが、総理の側近だからといって無罪放免にするような当局が信用できるのか?こんな状態のままでは共謀罪の議論そのものにならない。」
と断じました。
第二に、テロ対策として共謀罪が本当に有効かどうかロシアを見れば疑問であると、指摘。
「ロシアはプーチン大統領が批判デモ主催者を逮捕するなど強権的だが、そうまでしてもテロは防げていない」
「英米仏やロシアでテロが起きているのはこれらキリスト教国がイスラム教徒の地を空爆しまくり、罪のないイスラム教徒を殺していることが背景ではないのか?」
「日本も、憲法9条を変えて自衛隊を明記すれば大手を振って自衛隊が中東に行き、イスラム教徒を殺しかねない。そうすればテロの確率が上がる。」
などと指摘。戦争こそが新たなテロを産む、と強調しました。
第三に、加計学園問題に関連して、総理が圧力がなかったなどと答弁したことを批判。そして前川前次官に対して「現役の時に言うべきだった」などという菅官房長官に対しては
「内閣人事局で総理に官僚人事を集約した今、総理に逆らえるわけがないではないか?」と指摘。
その上で、
そもそも、国家戦略特区そのものが、憲法第95条※に違反する。特定の自治体にのみ適用される法律は、国会決議の他に住民投票が必要だ。
1949年に制定された我らが広島市の広島平和記念都市建設法http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1391050531094/index.html は、いわば日本最古の「特区」だが、住民投票で投票者の約9割の賛成を得た上で国会が制定した。原爆の惨禍から立ち上がるためには、様々な国の規制が障害となっていたので、それを取り除いて欲しいという熱烈な住民の要望と、よしわかった、広島の平和都市としての復興を国の事業としてやろうという国民(の代表たる国会)の意思が合わさってはじめてできた。その結果として今の広島がある。総理が事実上独裁的に決められてしまう今の特区制度そのものが違憲。
と断じました。
その上で、
「加計学園の場合は、そもそも、獣医学部を創設する必要があったのかという疑問がある。鳥インフルなどに対応する公務員獣医は不足していると言うが、ペット病院などに獣医が流れている背景には公務員獣医の待遇が低すぎることがある。」
「まずは、公務員獣医の待遇改善で対応すれば良いことを、わざわざ、特区までつくって獣医学部を創設し、なおかつ、総理のお友達を優遇した、というのは総理の誤りである。」
「『公務員さえ叩けば大阪は良くなる、日本は良くなる』などと言う政治家が大量得票したのに怖じ気づいて公務員獣医の待遇改善を言えないとすれば、それも本末転倒だ。たとえ票が減る懸念があっても、より合理的な政策を、国民に訴えるのが政治家というものだろう。それからも逃げて、お友達優遇を(総理は)した。」
などと批判しました。
その上で、野党にも、安倍昭恵さんや前川前事務次官の証人喚問に応じて総理らによる行政私物化の真相を究明する姿勢が与党にない限り、「行政に新たな権力を与える」共謀罪の審議にも応じるべきではないだろう、と発破を掛けました。

演説を途中からずっと年配の男性が聴いてくださっていました。
男性は
「あなたのおっしゃるとおりだ。安倍総理はおかしい。自民党議員も何の文句も言わないのはおかしい。もっと市民が声を上げないといけない。」などと声を掛けてくださいました。

by hiroseto2004 | 2017-05-30 13:58 | 安倍ジャパン | Trackback
不可解な「山口敬之容疑者」の逮捕状握りつぶし。
被害者の心中察して余りあります。

ところで、総理は、いわゆる共謀罪に関して「捜査当局による濫用の恐れはない」
などとおっしゃています。

しかし、総理のお友達なら逮捕状を握りつぶす警察幹部、そして不起訴にする検察。

こんな「捜査当局」をあなたは信用できますか?共謀罪を議論するにしても、こういう状況をなんとかしてから
でないと怖いでしょう。


テレビに多数出演する著名ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。詩織さんは弁護士を伴い、東京・霞が関の司法クラブで記者会見した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

性的暴行は「誰にでも起こり得る」 米大学生が警鐘鳴らす写真シリーズ

配布された資料などによると、詩織さんは2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった山口氏に就職相談をしたところ、食事に誘われた。そして4月3日午後8時ごろ、都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったが、そこで食事をしているところで記憶を失った。そして、痛みで目覚めた際、レイプされていることに気付いたという。

時折涙ぐみながら、詩織さんは語った。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

詩織さんは酒に強く、酔って前後不覚になったことはなかったという。詩織さんはすぐに病院に行き、さらには4月9日に警視庁原宿署に相談した。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。

詩織さんは、家族の意向で名字は伏せたものの「匿名の被害者女性と報じられたくなかった」として、顔と名前を公開して記者会見に臨んだ。

テレビなどで活躍するベテラン・ジャーナリスト

山口氏は元TBS記者で、長く政界を取材しており、2016年5月のTBS退社後はフリージャーナリストとして多数のテレビ番組に出演している。安倍首相との距離も近いとされ、2016年6月に出版した著書「総理」(幻冬舎)では、次のように記している。

「安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。時には政策を議論し、時には政局を語り合い、時には山に登ったりゴルフに興じたりした」

山口氏は、週刊新潮でこの件が報じられたことを受けて、自身のフェイスブックで5月10日次のように反論している。

「私は法に触れる事は一切していない。当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている。この過程において、私は逮捕も起訴もされていない」

一方、詩織さんの代理人弁護士は「これは起訴されるべき事案だと確信している」と述べた。


by hiroseto2004 | 2017-05-30 13:23 | 安倍ジャパン | Trackback