エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 06月 12日 ( 3 )

中々雨は降らない梅雨

e0094315_16131571.jpg
昨日は小雨もあった広島市ですが本日は晴れ間が多いです。
それにしても、くどいようだが、総理の政治私物化。
一番の日本を覆う暗雲です。
暗雲を共謀罪で固定化しようというのだろうがそうはさせてはいけん。
そんな一週間ですね。東区から安佐南区方向を太田川越しにのぞむ。

by hiroseto2004 | 2017-06-12 16:12 | 歳時記 | Trackback
【国家戦略特区】封建政治安倍は支持できないが、ポストモダンな新自由主義者小池もごめんこうむる


国家戦略特区は、そもそもは、グローバル大手企業や外国人のお金持ちに都合がいい仕組みを作るというポストモダンな新自由主義の文脈であった。

ところが、加計学園にみられるように、日本の現自民党(安倍)はあまりにも前近代的(プレモダン)すぎて、総理ら一部の人間のお友達に便宜を図るツールとなってしまった。

しかし、小池百合子は違う。小池百合子こそは、真正のポストモダンな新自由主義者である。フランスでいえばマクロンの新自由主義と、マリーヌ・ルペンのタカ派(ただし、一定の社会政策にも理解)をハイブリッドしたような政治家である。実際、小池の支持基盤は、東京のグローバルインテリ+公明党+社会政策に期待する生活者ネットなど一部リベラル+極右(野田数)という感じである。

(あえて、戦前日本でいえば、立憲民政党の永井柳太郎が近い。私物化で自爆しつつある安倍晋三は立憲政友会の田中義一に近いともいえる。)

小池の国家戦略特区はまさに、大雑把に言えば、グローバル大手企業と大金持ちの外国人は都心に呼び込む。
一方で、日本人であろうが、在日外国人であろうが庶民は追い出す。これがデフォルメすれば小池の目指す方向である。

田舎臭い+前近代の江戸っ子臭い自民党が安倍晋三や下村博文や自民党東京の都議連中。
ポストモダンなハイカラなグローバリスト。それが小池百合子である。

そんな人間に秋波を送ってきた民進党。相手にされず、一方的に議員を引き抜かれたのは情けない。

口を酸っぱくして言う。国家戦略特区は、憲法95条違反である。自治体への特別立法は住民投票を経て国会で決まらなといけない。総理と首長の談合で決めるべき話ではない。

1949年の広島平和記念都市建設法を思い出そう。住民投票で約9割の支持を得た。焼け野原の復興を緊急課題とした広島市民と、よしわかった、広島を平和都市として復興しよう、という国民(の代理人たる国会)の意思が合わさって制定された。

野党共闘は立憲主義が最大の綱領である。

安倍は憲法を破って、お友達のために。
小池は憲法を破って、グローバル企業と外国人のお金持ちのために。
どちらもとも違う、立憲主義に基づいた政治を野党共闘は打ち出さないといけない。
たとえ、都議選で多少議席を減らしても、そのほうが後につながる。
今のままでは都議選議席も結局も危ないだろう。特に民進党は政策論争ですでに小池に事実上不戦敗だから。



by hiroseto2004 | 2017-06-12 11:49 | 安倍ジャパン | Trackback
問題の本質は「官僚主導かvs政治主導か」ではない

官邸や文科省から独立した第三者の調査委員会が必須

昔(2009民主党による政権交代前)は、自民党政治に対する批判としては、「官僚主導でけしからん」という批判が多かった。あるいは、官僚にぶら下がっている既得権者を温存している、という批判が多かった。
さらに、民主党政権時代には、官僚が明らかに民主党の足を引っ張った例はある。民主党が官僚に負けてしまったのも事実ではある。
他方、安倍政権以降、今は、「総理(政治)主導で行政がゆがめられている」という批判が多い。
これらの批判は決して誤りではない。
しかし、すっかり、忘れられていることがあるのではないか?
日本国憲法第15条である。
第十五条
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
議員でも行政官僚でも警察官でも、「全体の奉仕者」として仕事をしてもらわないといけない。
安倍政治で「行政がゆがめられている」という批判は当たってはいるが、ぬるい。
自民党政治が以前から、「全体の奉仕者」ではなく、「一部の奉仕者」であったことそのものについて問わなければならない。
また、公務員が全体の奉仕者として仕事をするよう、市民が監視をし、また、監視をするような仕組みをつくるべきである。
警察などは、警官という官僚自身が暴走してもダメだし、戦前みたいに時々の政治権力に左右されてもダメだ。教育についてもそういう性格が強い。だから、公安委員会や教育委員会を公選制にし、実質化しろ、と口を酸っぱくして私は申し上げるのである。
by hiroseto2004 | 2017-06-12 11:30 | 新しい政治をめざして | Trackback