エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 06月 24日 ( 9 )

e0094315_15354411.jpg



6月24日、広島市中区NHK広島前で、本社社主、さとうしゅういちは、昼休み中のNHK労働者の皆様に向けて街頭演説を行いました。

NHKの皆さんに対して、最近、
「ようやく、加計学園疑惑について、詳しく取り上げ始めたが、NHKさんだけではないが、マスコミ総体が総理を甘やかしすぎたのが総理の腐敗につながったのではないか?」
と最初に指摘。
その上で、
「総理は公務員獣医が不足しているといっておられるが、そもそも、獣医全体は不足していない。
公務員獣医が足りないのは、獣医が足りないのではなくお給料が足りないから。処遇を改善すれば良い。」
と指摘。
その上で、
「既成政党の政治家も公務員さえたたけば、大阪は良くなる、日本は良くなる、などという政治家が大量得票してきたことに
びびって公務員獣医の処遇改善に後ろ向きなのかもしれないが、そこはきちんと『不足している分野の公務員は処遇改善を』
と主張すべき。NHKさんも公務員獣医の処遇問題をきちんと報道して欲しい。」
と政治家とNHKに注文を付けました。
さらに
「総理は働き者だ。怠け者ではない。問題は方向性だ。公務員は全体の奉仕者。安倍さんはお友達の奉仕者だ。
そもそも、お友達のためにそんなに働きたいなら自由だが、そのときは、総理は、総理はもちろん、公務員も
お辞めになってからにして頂きたい。そういう基本的なことも報道して頂きたい。」
などと訴えました。


by hiroseto2004 | 2017-06-24 15:38 | 活動報告 | Trackback(1)
高齢者いきいき活動ポイント事業。
問題点も出ています。
活動に参加しても、把握が実際の現場では難しい。スタンプを押す役目の
(活動団体に登録している)町内会長さんなども負担に感じているそうです。

また、このポイント事業を引き替えに、今年度(秋)からパスピーへの補助を半分に減らしています。
ボランティア活動など出来ないお年寄りは困るのではないか?
海外のキリスト教国なら「若い人のために祈ってあげる」のも立派なボランティアになるが
日本はそうはいかないですしね。
この点はしっかり、移動の権利の保障という観点から改善していかなければなりません。




More
by hiroseto2004 | 2017-06-24 15:11 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
暗雲!総合事業!基準緩和型サービスをやる事業者が少ないのは当たり前だ

広島市では2017年度から始まった要支援者向けの「総合事業」。

その中で「基準緩和型」サービスをしたいと手を上げる事業者が少ないことが明らかになっています。

制度が始まる前のアンケートでは、訪問介護の72%、通所介護(デイ)の29%が基準緩和型をやる意向を示していました。しかし、いざ、スタートした4月1日時点では、訪問介護の29%、デイの11.1%しか手を上げていないそうです。

それはそうだ。基準緩和型サービスの報酬は通常の8割程度。今、ただでさえ、現場は人手不足です。ましてや報酬が低い基準緩和型サービスに回す余地などない。
施設でも、夜勤はなんとか正社員だが、日勤帯は不慣れな派遣社員を多数入れざるを得ない、などという事業者はいくらでもあります。ましてや、報酬が低い分野に回す人材なんていないでしょう。

手を上げた事業者も、いままで利用されていた要支援者が行き場がなくらないよう配慮して手を上げたというのが実情です。新たな受け入れのため、という事業者はない。

まして、今利用している事業者も、人手不足の中、手を上げないとなれば、要支援者は行き場を失います。「介護保険料は取られるがサービスなし」ということになってしまいます。

実情を分かっていないなら、大変な失策。分かっているなら、非情な切捨て策ですね。


by hiroseto2004 | 2017-06-24 15:04 | 役人からヘルパーへ | Trackback

「給料上げずに人作り利権。」安倍晋三。

なぜ、憲法は「特区」に住民投票や国会決議を要求しているか?


安倍晋三さんは、公務員獣医など人手不足の分野の給料を上げるという話ではなく、大学をつくって、「人作りだ」とPRし、お友達の私学経営者の利益を図っていくことを鮮明にしています。

ここへ来て、急に「教育無償化のための改憲」などとぶち上げたのも怪しいでしょう。

怪しげな大学でも無償で入れるようにすれば、お友達が儲かる。そういうことではないのか?

「生まれ育った家庭によって、教育機会が左右されることのないようにする」
という本来の教育無償化とは違うのではないか?

もちろん、戦後の日本が、いわば「会社主義」でした。
大ざっぱにまとめると
「お父さんが、それなりの会社の正社員なら子どもも安心して大学へも行けたがそこから外れると悲惨」
「大手企業さえ優遇すれば、自治体も地域経済も安泰。」
という状況だったのも事実です。
そして、学費の高騰と高度成長・バブルの終焉を経て、奨学金地獄の問題が深刻化しているのはもはや、周知の事実にはなっています。

それはそうなのだが、安倍晋三政権のように、「人手が不足している分野の給料を上げるより、お友達の大学新設」という税金の使い方も間違っていますね。

それはそれで、新たな「人作り利権」の「会社主義」なのです。
by hiroseto2004 | 2017-06-24 14:52 | 教育 | Trackback
NHKもようやく、最近では政権に批判的な、報道もし出しました。
安倍政権の「売り」であった「アベノミクス」にも疑問を呈する報道です。
かつてのような「会社によるセーフティネット」(国→大手企業→労働者・中小企業)
という構図も崩れています。
そうした中で、国の財政出動も庶民の生活不安(ニーズ)に応える形になっていないということは
大きいでしょう。




by hiroseto2004 | 2017-06-24 14:30 | 安倍ジャパン | Trackback
なぜ、日本国憲法は「特区」に住民投票や国会決議を要求しているか?
日本国憲法は、「国家戦略特区」のようなことをやるときは、住民投票と国会決議、双方が必要だ、としています。

第九十五条
一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

憲法は良く出来ていると思います。今の加計学園問題のようなことを防ぐために、この条文があるのです。

総理擁護派(=加計学園獣医学部賛成派)は、「公務員獣医が不足しているから獣医学部は新設が必要だ。」とし、反対派を「獣医師会の既得権益を守っている」などと批判しています。だから「岩盤規制に穴を開けるため、総理が主導しないといけない」というわけです。

しかし、冷静に考えれば、公務員獣医不足は、くどいようですが、獣医学部新設ではなく、公務員獣医給料アップで解決する問題です。獣医学部をつくっても、卒業生が、ペットショップなどに就職したら問題は解決しないのですから。

それなのに、「総理のお友達による獣医学部新設」という税金の無駄遣いに行ってしまったわけです。

国会と(今治市民の)住民投票というダブルチェックがかかっていれば、こんなことにはならなかった。

そもそも、総理擁護派(=加計学園獣医学部賛成派)だって既得権益はあるのではないですか?
「公務員叩きで票を集める」
「『人作り』という名の利権の汁を吸う」
という既得権ですよ。

若い候補者が公務員さえ威勢良くぶったたけば、特に大阪周辺では自治体によっては楽勝な議員選挙っていくらでもあります。
「公務員叩き利権」とでも言うべきものは確かにある。
そして、「人作りが大事」といって、補助金を取る。
これも、一種の既得権ですよ。

加計学園、獣医師会、両方に既得権はあるけれど、だからこそ、国民のために一番いい解決策はなにか?
これを住民投票と国会のダブルチェックで出せばいいわけです。
それをさせないから、今回のようなことが起きたわけです。
改めて「憲法は良く出来ている」と実感しましたよ。




by hiroseto2004 | 2017-06-24 14:26 | 憲法 | Trackback(1)
e0094315_13165417.jpg
本日24日の広島市は今にも降ってきそうな曇り空です。
広島駅ではマツダスタジアムのカープvsタイガースを観に行く人々でごった返しています。
リーグ再開後初の土日です。
e0094315_16233380.jpg
追記 15時頃から降り始めました。東区から安佐南区方向を望むと煙っています。

by hiroseto2004 | 2017-06-24 13:16 | 歳時記 | Trackback
昨日の前川喜平さんの記者会見です。
内閣府、官邸は真相解明に不誠実。まったくそのとおりです。
「第三者性の高い検証が必要」
まったくそのとおりです。
日本の総理大臣の権限の強さにも関わらず、アメリカの特別捜査官とか、韓国の憲法裁判所みたいな感じの仕組みは日本にはありません。
あとは、総理への権限集中を弱める(内閣人事局廃止、小選挙区制廃止)や、国家戦略特区も、国会決議や住民投票を経る(現行は憲法95条違反)仕組みに改めることが大事でしょう。

前川喜平・前文科事務次官が「内閣府、官邸は、真相解明に不誠実」と批判! 「第三者性の高い検証が必要」と訴え



More
by hiroseto2004 | 2017-06-24 08:30 | 安倍ジャパン | Trackback
あの、批判がなかったら、それこそ、独裁国家じゃないですか?
それにしても、あの総裁にして、この議員あり、というのが今の自民党ですね。
批判されても「印象操作」だと誤魔化す総裁が居ると、こんな議員が出てくるわけです。



今日から都議会議員選挙が始まります!「批判なき選挙、批判なき政治」を目指して、子どもたちに堂々と胸を張って見せられるような選挙応援をします^^

by hiroseto2004 | 2017-06-24 08:20 | 安倍ジャパン | Trackback