エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 06月 26日 ( 5 )

e0094315_16121866.jpg
本日26日の広島市は曇りから時々小雨に変わりつつあります。

e0094315_16123136.jpg
さて、安倍晋三総裁の「責任を果たす」というポスターの惨状。
広島市東区=広島一区=(自民党支部長=岸田外相)です。
ポスターの前に花が咲いています。


by hiroseto2004 | 2017-06-26 16:11 | 安倍ジャパン | Trackback
朝日新聞の都議選候補アンケートによると都民ファーストの候補の大半が「安倍政権の政権運営を評価するか?」を無回答だった。
政権運営は国政のこととはいえ、国政は都政と関連する。
やはり、国政が都民のためになっているか、評価できることは都議の大事な資質だ。
都民ファーストの大半の議員の無回答は「問題外」だ。
小池知事も安倍自民党と組んで総理狙いという意図があるからそうやって候補を統制するのだろう。知事も知事だが候補も候補。

個別政策の賛否は別としてやはり、小池ファーストの都議候補は支持できない。



by hiroseto2004 | 2017-06-26 12:56 | 東京都政 | Trackback
by hiroseto2004 | 2017-06-26 08:34 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
木曽地方を襲った昨日のM5.6の地震の被害状況が明らかになりました。

25日朝、長野県南部で起きた最大震度5強の地震で、女性2人がけがをしたほか、住宅24棟に被害が出ました。
 木曽地方では、午後に入っても余震とみられる地震が相次ぎました。25日午前7時2分ごろに起きた長野県南部を震源とする地震。木曽町と王滝村で震度5強、岐阜県や石川県でも震度4を観測しました。

 「下から突き上げる、ドーンとした音とともに横に波打って怖かったです」(住民)
 「本当にぐらぐらという感じで。ベッドに寝てたので、飛び起きるくらいの揺れでした、横揺れで」(住民)

 この地震で、木曽町の60歳の女性と王滝村の83歳の女性が軽いけがをしました。

 大きくガラスが割れた自動車販売店では従業員が片づけに追われました。
 「寝てたんですけど、起きたら結構揺れたので、タンスを押さえて収まった」(従業員)

 また、王滝村の神社で灯ろうが倒れ、駐車場におよそ30メートルの亀裂が入りました。
 「お風呂にも亀裂が」(住民)

 県によりますと、少なくとも24棟の住宅で瓦が壊れたり、窓ガラスが割れたりするなどの被害が出ています。

 「どうしよう、今夜。車の中で寝るかな。さっきみたい(地震が)が来たら怖いよね」(住民)

 観光施設も被害を受け、木曽町のレストランで天井が剥がれガラスが割れたほか、王滝村の施設では7月6日まで休館することを決めました。

 「ドカーンと来て下から突き上げる感じでした」(「御岳ゴルフ&リゾートホテル」三浦博治支配人)

 木曽地方では33年前の1984年に長野県西部地震があり、14人が死亡、15人が行方不明となっていますが、気象庁は現時点では直接のつながりはないと見ています。地元では余震も続いていることから、公民館には5人が自主避難するなど警戒が続いています。(25日17:34)

More
by hiroseto2004 | 2017-06-26 08:24 | 事故・災害・事件 | Trackback


俺が小学校時代(1980年代)の年配者というか、たとえば学校の先生で一番年を取った60歳手前くらいの人って、戦争の悲惨さもよく知っている。戦後の民主化もよく知っている。

ところが、今の年配者(定年延長により65歳くらい)の人って、戦争をご存じないんですよね。それどころか、戦後の民主化もご存じない。日本が完全に貧しかった時代もご存じない。

良く歴史を勉強した若者と、年配者を比べたら、良く歴史を勉強している若者の方が、まだ話が通じるんですよ。

これは、いわゆる左翼・リベラル内部でも大差はない。




More
by hiroseto2004 | 2017-06-26 08:13 | 歴史 | Trackback