エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 07月 05日 ( 8 )

今日のミャンマー=明日の東京?

小池百合子知事は、都民ファーストの会代表を辞任し、秘書の野田数さんにその座を返しました。

しかし、都民ファーストの実態が小池ファーストであることは間違いないでしょう。

代表ではないが、実質的に君臨する。どこかで聞いたことがあります。ミャンマーの事実上の最高指導者・アウンサンスーチーさんです。憲法上、肉親に外国人(英国人)がいるために大統領になれないので、男性の傀儡大統領(誰だっけ?て感じの人)を立て、自らが実質的には全権を握っています。




More
by hiroseto2004 | 2017-07-05 20:32 | 東京都政 | Trackback

【思想・哲学】90代の方に教わる「近代合理主義・立憲主義」のありがたみ

介護職員としての仕事柄、当然だが、90代の方と話すことが多い。
話し相手の世代別トップは90代だろう。
特に女性の方は
「今は、昔に比べるとええのう。昔は女が先に風呂に入ったら怒られとったがここはそうじゃないからね。」
「今は、昔に比べるとええのう。機械のおかげで洗濯も掃除も楽じゃのう。おむつも昔は洗っていたのが使い捨てに成ってええのう。」
とおっしゃる。
90代だと戦時中もよくごぞんじである。
上記のような、皆さんのお話をうかがうと、立憲主義に基づき、(例え他の先進国に比べて不十分とはいえども)女性の人権も確立したこと。近代合理主義に基づく科学の進歩により、女性の家事負担もそうはいっても軽減されたことが分かる。
わたしが思うには、近代合理主義が原発を生んだのも事実だし、近代合理主義のチャンピオン・アメリカが戦後もずっと空爆しまくりだったのも事実である。しかし、では、合理主義や立憲主義を含む「近代」を否定してしまったら日本に何が残るのか?

現代日本では「左」(反体制)の一部は反原発の勢い余って安倍昭恵さんのような近代合理主義を否定するような人間を祭り上げてしまった。

「右」(体制側)の一部もまた焼きが回って、昭恵さんの夫の晋三さんのような「立憲主義否定」に突き進んでしまった。

そういえば、戦時中、ちょうど75年前の日本は「近代の超克!」などと叫んでみたものの、自滅してしまった。歴史とは繰り返すものなのだろうかと思う。

正直、今の日本人に近代合理性・近代立憲主義を超えるものは生み出せそうもないと思う。「乗り越えた!」と思い込んでも、それは単なる崩壊か退行に過ぎないと思う。

まず日本の現状に於いては、時代状況に合わせた「近代合理主義」、あるいは、立憲主義に基づく方向性をきちんと打ち出していくしかないとおもう。
お年寄りのお話を伺ってそう思うのである。


by hiroseto2004 | 2017-07-05 20:10 | 思想・哲学 | Trackback
「総理が関与した証拠を残したので怪しからん。」
そういうことですね。

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関連する文書の取り扱いが不適切だったとして、松野博一文部科学相が文科省の戸谷一夫事務次官(60)、小松親次郎文科審議官(60)、常盤豊高等教育局長(58)の3人を口頭で厳重注意していたことが5日、分かった。

 
 国家戦略特区への獣医学部設置に関し、内閣府が文科省に「総理のご意向」と伝えたなどとする文書は、同省内の共有フォルダなどから見つかった。同省は多くの文書について、担当する高等教育局専門教育課の課長補佐が個人メモとして作成したと判断した。

 文科相は、個人メモは行政文書に該当せず、共有フォルダに保存すべきではないなどとして、4日に監督責任のある3人を注意したという。

by hiroseto2004 | 2017-07-05 19:20 | 安倍ジャパン | Trackback

備忘録 フィリピンのISの「脅威兼標的」となる「南西諸島の日本軍」

ISはフィリピンに拠点を移しつつあるという。

他方、日本は、対中国ということで、石垣島などに自衛隊を増強している。

また、安倍総理はすでに2015年1月、イスラエル国旗の前でISに宣戦を布告している。

石垣島からフィリピンのイスラム過激派の拠点のミンダナオ島まではわずか1700km。東京の1900kmよりも近い。

日本は、今まではISによる本土攻撃は免れてきた。わたしが推測するには以下の理由があるのではないか?

これまでISが本拠としてきた中東では、アメリカに原爆を落とされた日本への同情・共感も強かった。アメリカに従属していることに失望もあったが、それでも「日本人は本当は友人だ」という見方も根強い。そのこともあり、日本本土へのテロは、欧米でのテロよりは後回しにされてきたのではないか?

しかし、フィリピン人がISに参加した場合はどうだろうか?フィリピンの場合、中国や韓国ほどではないが、それでも反日感情もあることはある。マニラの戦いで相当の民間犠牲者も出している。また、日本企業のブラック化がこれまで以上に進む中で、日本に出稼ぎに行って、あまりの待遇の悪さに呆れて日本へのあこがれの反動として反日化していく労働者もいるのではないか?そして、日本が、対テロ戦争と称して、空爆などに参加した場合、ISとして日本本土、特に石垣島の自衛隊は、「脅威」に映るだろう。

IS側は、
「よし、一発やってやろう」と言うことになりかねない。
一つは、首都東京で開催される五輪への報復テロ。
もう一つは、南西諸島へのテロ攻撃だろう。
イラク人やシリア人と違ってフィリピン人のISメンバーなら日本人と見分けなど付かない。易々と実行できるだろう。
日本はフィリピンから最も近い帝国主義国であり、格好の標的になる。

このままでは、南西諸島~フィリピンに於いて日本は泥沼の対IS戦争に突入する危険がある。

自衛隊がムスリムの一般市民を例え巻き添えでも殺してしまった時点で、ISは対日全面戦争の大義名分を得る。
このことをきちんと肝に銘じておかないといけない。


by hiroseto2004 | 2017-07-05 19:05 | 安保法案 | Trackback
左翼は自民・金子代議士をこれ以上深追いするより子どもの福祉充実に集中すべき

総務政務官で自民党所属の金子恵美代議士(同姓同名の民進参院議員が居られる)が公用車で保育所によってから出勤しているとして週刊誌に攻撃された。

しかし、総務省のルールからは逸脱していないことが後に分かった。

金子代議士本人も今後は自粛するという。そうした中で、これを左翼まで週刊誌と一緒になって叩くのは、如何な物か。

それよりも、左翼がやるべきことは、その子どものお母さんが代議士であろうが中小企業の労働者であろうが、子どもの福祉(ここで言う福祉とは幸せの法律用語と解釈して頂いてかまわない)が十分に保障される日本を打ち立てることではないのか?

敢えていえば、金子代議士批判なんぞ、「既得権益者に天誅!」の大阪維新か、「議員特権廃止!」の減税日本(あんまり最近元気はないけど)あたりにでも任せておけば良いんじゃないの。

「我々」(左翼、野党支持者)がネットでも街頭でもガンガン主張すべきことは「子どもの福祉充実」だ。

by hiroseto2004 | 2017-07-05 17:40 | 教育 | Trackback
第二次世界大戦でアメリカがやったことがきちんと裁かれていない。
そのことが、結局、アメリカが民間人を殺戮しまくるということにつながっているとも
思います。

アメリカの平和と繁栄のためのロン・ポール研究所が、「アメリカの空爆による民間人の殺害は目新しいことではなく、アメリカの過去の戦争において古い歴史を有している」としました。

ロンポール研究所のインターネットサイトは、アメリカのマティス国防長官は、ISISとの戦争に触れると共に、このような状況の中で、民間人の犠牲は人生の現実のひとつだと語ったとしました。

また、「アメリカはなぜ、良心の呵責にさいなまれずに中東全土で民間人の殺害を続けられるのか?その答えは簡単である。これらのアメリカの兵士の祖父の世代も、第二次世界大戦で多数の民間人を殺害し、しかも当時、彼らは民間人の殺害が戦争による副次的な被害であると見せようとはせず、むしろ都市や民間人を攻撃することは、アメリカの政策の一部だった」としました。

一部の人々は、トランプ政権時代、衝突に関する規定がゆるくなったため、今年の3月だけで、アメリカが主導する有志連合軍のイラクとシリアへの空爆で、民間人1484人が犠牲になったとしています。

あるNGOは、「アメリカがISISに対する有志連合の戦争を初めて以来、これまでに彼らの空爆で、3100人の民間人が死亡した」としました。ISISとの戦争とは関係のない世界の他の地域におけるアメリカの無人機による攻撃でも、これまでに3674人の民間人が死亡しました。2015年、アメリカは、アフガニスタンの病院を、医療関係者や患者と共に壊滅させました。

この情報筋は、「アメリカは、戦車を破壊するために設計されたミサイルを、民間人の殺害に使用している。アメリカは、サッカー競技場の広さの土地を壊滅する威力を持つ爆弾を、人口密度の高い住宅地で使用している。アメリカは、木槌でハエを殺す政策を用いながら、民間人の殺害は偶然のものだったと主張している」としました。

こうした中、アメリカは、第二次世界大戦中、敵国の民間人を最大限に殺害する空爆を計画していました。例えば、通常、レンガや石でできていたヨーロッパの都市の住宅に対し、アメリカとその同盟国は、これらの住宅を破壊するため通常爆弾を使用しましたが、多くの家が木でできていた日本では、通常の爆弾では思うような効果が現れなかったため、アメリカは焼夷弾を使用していました。

アメリカ空軍は、日本の都市や農村を焼き尽くすことができるように爆弾を設計するため、ユタ州に日本の村と同じものを作りました。この実験で、アメリカ空軍は、日本の家の屋根に傾斜があり、軽量の焼夷弾の多くが屋根から下に落ちていくこと、日本の家の屋根を壊し、家の中に落ちて内側から火事を起こすためには、さらに重量の焼夷弾が必要であることを悟りました。歴史的な資料は、アメリカが、日本の木造の都市に大きな火災を引き起こす計画を、日本の真珠湾攻撃のずっと前から立てていたことを示しています。1945年3月10日、アメリカのB29戦闘機300機が、同時に東京の空を焼き尽くしました。この爆撃で、数十万人の日本人が死亡し、100万人以上が住む家を失いました。そしてアメリカは後に、これ以上に恐ろしい原爆を広島と長崎に投下しました。

朝鮮戦争でも、アメリカは、次々に爆弾を投下し、北朝鮮の人口のおよそ20%を殺害しました。ベトナム戦争でも、アメリカは、この国の多数の人々を空爆によって殺害しました。現在、アメリカ国防長官は次のように語っています。

「民間人の犠牲は人生の現実で、避けることができない」

このことから、専門家は、アメリカとその連合軍による空爆で、中東の民間人が死亡していることが偶然だとする主張を疑いの目で見つめているのです。


by hiroseto2004 | 2017-07-05 16:26 | 国際情勢 | Trackback

台風一過と思いきや大雨

e0094315_14343285.jpg
昨日は台風一過と思いきや、島根県から大雨に変わり、本日は広島県でも大雨となりました。
e0094315_14350168.jpg
午後に入り雨は上がりましたが依然、油断大敵ですね!




by hiroseto2004 | 2017-07-05 14:33 | 事故・災害・事件 | Trackback

逮捕されるときは、マスコミが放列。

しかし、無罪になっても誰も殆ど報道しない。

名誉は回復されない。これが、日本という国です。

よーくわかりますね!


https://twitter.com/6d745/status/882000333815394304

(´-`).。oO(共謀罪採決で、ある日突然、無実の罪で逮捕されても困らないよう、留置所や取調べについて学びながらたのしく遊べる「ろくでなし子の留置所かるた」考えました。一枚づつ不定期更新予定(全50枚)。全部たまったら印刷して遊んでネ! 「た」


by hiroseto2004 | 2017-07-05 12:10 | 司法 | Trackback