エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 07月 23日 ( 11 )

仙台市長選挙は元衆院議員で民進、社民、共産などが支援する郡和子さんが、当選確実。
奥山現市長は、そもそもはリベラル寄りでしたが、共産党とは対立関係にありました。
そうした中で、野党共闘の枠で郡さんが立候補したため、共産党に反発した奥山現市長が、自公が支援する
菅原候補支持に回るというアクシデントが発生しています。
しかし、そうしたアクシデントもはね除け、野党共闘側が、勝利しました。

ちなみに、宮城県や仙台市が共同でセクハラな観光動画をつくるという事件も起きた直後です。
宮城県主導で、奥山現市長は苦言を呈したそうですが責任は免れないですね。

敢えて「自民党機関紙」の産経新聞から引用します。
産経も、安倍総理を見捨てた感のあるような見出しですね。
しかし、くどいようですが、国民生活に加え、官僚の暴発の危険すらもたらしかねない
安倍政府には一刻も早くご退場頂かないと。





More
by hiroseto2004 | 2017-07-23 22:28 | 選挙 | Trackback(1)
内閣支持率はついに26%まで下落しました。
安倍政権が長続きすることによる庶民生活への悪影響に加え、これ以上は、官僚や場合によっては自衛官の
不満が現状以上にたまって暴発する危険も出てくることもあり得ます。
考えると、やはり、野党は最後まで
総理の首を取ることに手を抜いてはいけない。
総理の首を取るのは最低限の仕事です。それで支持率が上がるとか言うことは関係ない。
それが野党の仕事なのだから。

毎日新聞は22、23両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は6月の前回調査から10ポイント減の26%、不支持率は同12ポイント増の56%。支持率が2割台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後初めてで、安倍晋三首相は当面、厳しい政権運営を迫られそうだ。

by hiroseto2004 | 2017-07-23 22:18 | 安倍ジャパン | Trackback
介護や保育労働者には女性が多いのに、女性議員率が低いから日本がおかしくなった

本社社主の同僚も含めて、介護・保育労働者には女性が多いが、女性議員比率は低い。しかも、その女性議員、特に与党議員には、稲田朋美とか豊田真由子みたいな人間でないとなりにくいという仕組みもあり、絶望的な状況に拍車を掛けている。

「女性活躍」などと言うが、女性は既に活躍しているのに、女性議員率が低いために女性がやっている仕事の評価が低いように「物差し」がゆがんでいるのが大問題なのである。

以上、簡単!

by hiroseto2004 | 2017-07-23 17:44 | 役人からヘルパーへ | Trackback




  • サウジアラビアの戦闘機

サウジアラビアの戦闘機が、イエメンのフダイダ州の港を爆撃し、これにより漁業関係者ら少なくとも8名が死亡しました。

イルナー通信によりますと、このサウジアラビアの攻撃で、漁業関係者1名を含む数名のイエメン人が行方不明になりました。

サウジアラビア政府はアメリカの支持を受けて、2015年3月からイエメンのハーディ元大統領の政権復帰を理由に、イエメンを侵略し、陸、海、空から封鎖しています。

この軍事侵攻により、イエメン人1万2千人が死亡、数万人が負傷し、また数百万人が難民化しており、インフラが破壊されています。

サウジアラビア軍の侵攻により、イエメンは極端な食糧不足や医薬品不足に陥っており、またこの国では多くの感染症が蔓延しています。


by hiroseto2004 | 2017-07-23 16:33 | 国際情勢 | Trackback

秋葉忠利さんによる「核兵器禁止条約に至る道」です。







by hiroseto2004 | 2017-07-23 16:27 | 反核・平和 | Trackback
「こんなアホな政治家に死地に送られるなんてアホらしい。」
「こんなアホな政治家にでかい態度を取られるなんてアホらしい。」
そういう自衛官や官僚たちの不満は明らかに高まりつつある。

そして、安倍政権が長続きすればするほど、その不満は高まる。

活断層に例えると、地震が起きない時間が長ければ長いほど、地震が起きたときのマグニチュードが大きいのに似ている。

現時点では、世論の稲田批判の尻馬に乗って、日報隠蔽の「稲田(実際は総理の「ご意向」)関与」をリークする程度である。
これは、地震に例えればM6程度。決して小さい規模ではない。菅野完さんらが、「稲田防衛大臣を守れ」という論拠はそこにあると思う。
自衛官がこれ以上、勝手なことをするのを防ぐ、と言う意味合いだ。
しかし、これまで安倍政権を4回も国政選挙で圧勝させたことのつけ、と考えれば、そう大きくもないという考え方も出来る。

むしろ、安倍政権をこれ以上存続させれば、今度は
「官僚や自衛官が勝手なことをし出す」
段階に来るであろう。これは、鳩山政権を揺るがした外務省が前例としてある。地震の規模に例えればM7クラス。
実際に、民主党=民進党は、これが遠因となって、いま、消滅の危機にある。
民主主義にかなりのダメージを与えかねない。

そして、さらに安倍政権を存続させれば、今度は
「官僚や自衛官が、本格的に政権を左右する」
段階、民主主義の滅亡段階に来る。地震の規模に例えればM8クラス。

それでも、安倍政権を存続させれば日本自体が消滅する。地震の規模に例えればM9クラスだろう。

やはり、安倍政権をこれ以上存続させてはいけない。もちろん、上司の関与もあったとは言え情報隠蔽を行った自衛官(官僚)の
処分は必要だが、すくなくとも関与した大臣とセットで処分されなければ、さらに不満がたまることになりかねない。






by hiroseto2004 | 2017-07-23 15:31 | 安倍ジャパン | Trackback
「革新」知事のお膝元を狙い撃ち?新潟市と沖縄県の国家戦略特区指定解除浮上

新潟と沖縄に共通する点がある。それは、県知事が野党共闘(しかも民進党(特に右派)抜き)で当選した人という点である。
自民党にとって都合が悪い知事ということだ。昔で言う「革新自治体」を狙い撃ちにした措置とみられても仕方がない。

もし、この推論が当たっているとすれば、法の下の平等に反するのではないか?となると、こういうものからは距離を置いた方が、
地方自治体も政府の顔色をうかがわずに、むしろのびのびと出来ると思う。そもそも、国家戦略特区的なものは憲法第95条にも規定はある。住民投票と国会決議を経るべき、としている。1949年制定の広島平和記念都市建設法はこれに基づいた一種の「特区」である。
一部のエラい人の恣意を排除するためには、憲法の規定は正しいと思う。

それにしても、「こんな安倍政権は早く打倒しないと、ろくなことにならない」ということだけは明らかである。

第九十五条
一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。


 学校法人・加計(かけ)学園の獣医学部新設問題で注目を集める「国家戦略特区」を巡り、新たな議論が沸き上がっている。事業への取り組みが「不十分」な特区の指定取り消しを検討するという。対象は、新潟市と沖縄県。だが、なぜ、この二つの自治体が名指しされたのか。内閣府の説明を聞いても、どうにも納得がいかない。 (木村留美)

by hiroseto2004 | 2017-07-23 15:08 | 安倍ジャパン | Trackback
  • アラーグチー次官

イランと6カ国による核合意合同委員会が、「イランは取り決めを忠実に実施し、アメリカは取り決めを履行していない」としました。

第8回核合意合同委員会は21日金曜、オーストリア・ウィーンで実施されました。

イラン外務省・核合意実施追及本部のアラーグチー次官は、この会合の終了に際して、記者団に対し、「核合意のすべての関係国は、イランがこの合意を忠実に守り、IAEA国際原子力機関と協力していることを認め、これを評価した」とし、「核合意合同委員会のメンバーは、イランが忠実に核合意を実施し、この合意の成功を妨害するような一切の行動を慎んでいることを強調した」と語っています。

イランと6カ国による核合意は、昨年1月から実施されていますが、アメリカは6カ国側の一員でありながら、常にこの合意に違反しています。

アラーグチー次官はまた、「核合意のすべての関係国は、この合意が守られ、建設的な雰囲気の中で、しかもこの合意に明記されているような善意をもって実施されることを強調した」と述べました。

核合意合同委員会は3ヶ月に1回の割合で、ウィーンにおいて会合を開き、この合意の実施状況や、関係国からの異議申し立てなどについて検討しています。

アメリカのトランプ大統領は常に、この合意のそのほかの関係国とは逆に、この合意を史上最悪の合意だとしています。


by hiroseto2004 | 2017-07-23 11:05 | 国際情勢 | Trackback
秋田大水害で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます

秋田県の大水害で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
今回被害が大きかった由利本荘市、大仙市などは秋田3区を構成しており、わたしにとっても浅からぬ思い出がある地です。
2009年の衆院選の際、友人の民主党候補の応援に入った場所でした。ポスターの張り替えなど、一軒一軒回らせて頂いたこと、昨日のことのように思い出されます。
農村地帯が広がるこの地域でわたしが出会ったみなさんは、大変親切な方ばかりだったと感じています。
それだけに、大変、心配しております。心からご無事をお祈り申し上げます。

by hiroseto2004 | 2017-07-23 10:57 | 事故・災害・事件 | Trackback
スーチー政権の変質は残念ですが、権力は腐敗すると言うことでしょう。
民主化闘争でヒーローになったスーチーさんだが、権力者となった後の彼女は醜い。



by hiroseto2004 | 2017-07-23 10:37 | 国際情勢 | Trackback