エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 07月 26日 ( 6 )

蒸し暑い曇り空

e0094315_16240387.jpg
広島市もここ数日は蒸し暑い曇り空で時おり大雨です。
大雨が続いている地方のみなさん、ご注意ください!

by hiroseto2004 | 2017-07-26 16:23 | 歳時記 | Trackback
安倍凋落を「シルバー民主主義」と結びつける周回遅れの人たち

山本一郎さんら、「安倍信者」の団塊ジュニアくらいの知識人たちが、安倍凋落を「テレビに洗脳された高齢者のせいだ」と煽っています。シルバー民主主義のせいだ、というわけですね。

しかし、周回遅れも良いところですね。

そもそも、高齢者=金持ちというイメージも古い。たぶん、10年前~15年前くらいのイメージです。

当時若者だった我々「団塊ジュニア」世代は確かに就職氷河期でひどかったことや、年配左翼にも権威主義的な傾向があったので、年配左翼への不満が非常に高かったのは事実です。

 金持ち年配者中心の既成政党に「天誅」を加えれば、日本は良くなる。そんな青年将校的な考えが流行した時代もあった。それを、実は、新自由主義者が悪用したわけですが。

ですが、これからの高齢者はとくに貧困が以前よりも深刻になります。これからは「世代格差」よりも「階級格差」の時代です。

なお、20代の安倍支持率が高いのは、就職率が高いことと関係していますが、これとて、変な話ですが、今までの自民党政治のつけとして、少子化が進み、人手不足が一挙に顕在化したためです。安倍総理の功績とは言いがたい。

また、カイシャに左右されるような教育・福祉のあり方は改めないと、若い人もカイシャがブラックでもしがみつかざるを得なくなる。

カイシャに左右されない教育・福祉のセーフティネットを構築することが大事である。

実を言うと、山本一郎さんら団塊ジュニアでもお金持ちになった人たちにとっては「階級格差」が問題だ、ということになると、不都合なのはわかりますよ。公正に税金を他の先進国並みに納めろ、と言われたら困るに決まっている。

だったら「シルバー民主主義は怪しからん」などとご託を並べずに、「ブルジョワ階級の利益を損なう民進・共産連合は怪しからん、階級闘争だ!」と宣言した方が潔いと思いますけどね。

そもそも、今まで、テレビは、安倍総理の「寿司友」が幹部に居るおかげで安倍総理持ち上げまくりだったわけですし。
テレビだって、世の中の流れを読んでやっているわけですから、そういう逆風の流れをつくった安倍総理の身から出たさびではないですかね?




by hiroseto2004 | 2017-07-26 11:57 | 安倍ジャパン | Trackback
「安倍ジャパン」という言い方が気に入りました。ちなみに広島瀬戸内新聞ではかなり前から使っていた言い方です。「サウジアラビア=サウド家のアラビア」からヒントを得た言い方で、現在の日本は「安倍の日本」であり、安倍の私物化している状態という意味で使ってきました。





More
by hiroseto2004 | 2017-07-26 11:41 | 安倍ジャパン | Trackback

とても暑い日が続いています。暑い中、妊婦さん、つわりの人だけでなく、高齢の方、部活で運動をする学生さん等、熱中症で来られる事が多くなりました。そんな時には、涼しい部屋で急ぎ点滴をします。皆様もしっかり水分を取って、できるだけ涼しく過ごせるようにしましょう。

暑い熱いヒロシマ。8月6日が近付いて参りました。「8.6ヒロシマ平和の夕べ」も、着々と準備ができました。第10回目となる今年の会、いろいろと大変でしたが、でも、多くの皆さまに応援して頂いて、ほぼ例年と変わらない会を開けそうです。皆様、ありがとうございます。

準備を進めながら、10年前からの事を、つらつらと思い返しています。ずいぶん多くの方が来て、話して下さいました。そして、全国から来られた方々も熱心にお話しを聞いて下さいました。被爆直後から命がけで運動を続けて来られた被爆者の方々の足元にも及びませんが、でも、10年続けることで、それなりに地に着いた活動になったことと自負しています。

小出裕章さん、高史明(コサミョン)さん、中沢啓治さん、落合恵子さん、・・・。被爆者の方々も毎回来てお話し下さいました。池田精子さん、米澤鐵志さん、近藤紘子さん、朴南洙さん、松本正さん・・・。

 一緒にこの会を作ってきた大切な仲間も次々と亡くしました。原伸幸さん、中村周六さん。

でも、私たちはぶれません。今年も残った仲間たち、新たに加わった人たちと共に、実行委員会を重ねてきました。そして、充実した会を用意しました。どうぞ、皆様、暑いヒロシマにいらっして下さい。このような社会、政治情勢であるからこそ、今一度平和の意味を考えたいと思います。

今日からしばらく2017年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のご案内をしますね。

008620171


008620172

by hiroseto2004 | 2017-07-26 10:44 | 反核・平和 | Trackback
南スーダン派遣の自衛隊の日報隠し問題。
その主犯は、安倍総理その人であった可能性が高くなりました。
24日の笠井亮議員の質問では1月18日(水)に総理が防衛次官と会っていたことが明らかになっています。
総理は、報告は受けていない、とシラを切っていますが、なぜ、「次官」が直接総理に会ったのか?
よほど、大事なことではなかったのか?
日報があれば、撤退を余儀なくされ、総理が固執している南スーダンでの安保法発動(正確には発動されてはいたが、実行されることはなかった)が潰えてしまうからではないのか?

「文民統制」どころか「文民暴走」である。それに対して、武官・文官問わず、幹部自衛隊員たちも「これはひどい」
と今になって情報をリークしていると言うことではないのか?
「こんな奴らに死地に送り込まれてはたまらない」
という武官たちの憤りも感じられます。

もちろん、上司の指示ないし了承で日報を隠した幹部自衛官もきちんと懲戒処分を受けるべきだ。
だが、総理と防衛大臣が「おとがめなし」では余計に自衛官の不満はたまるでしょう。




More
by hiroseto2004 | 2017-07-26 10:36 | 安倍ジャパン | Trackback

相模原大虐殺1周年

相模原大虐殺1周年

相模原大虐殺から1周年。
犠牲になられた皆様に心からお悔やみ申し上げますとともに、負傷された皆様に心からお見舞い申し上げます。

植松聖被告人の凶行は、ロシアのプーチン大統領ら世界の首脳も驚かせたテロでした。

植松被告人は、国家に褒められようとしてこの事件を起こした。

植松被告人の思想は「カイシャ(国)に役立たない奴は死ね」という思想であり、まさに石原慎太郎さん、麻生太郎さん、片山さつきさんら大量得票している政治家や、曽野綾子さん、長谷川豊さんら、論壇やTVでウケている文化人と寸分違わない思想であり、現代日本の主流の思想であると断言できます。

そうした「体制側」に立って、弱者に襲いかかったのです。
体制側によるテロを「白色テロ」といいますが、植松は「白色テロ」を自ら買って出たのです。

繰り返す現代日本の国歌は、
「役立たず、ぶっ殺せ、植松はエライ人、そんなの常識、たったたらりら」
であると断言できる。

その現代日本の主流の思想を変えないかぎり、植松はまた出てくるであろう。

※政府は相模原大虐殺を理由に、精神保健福祉法改悪案を提出しています。
しかし、検察が植松を「責任能力あり」と判断し、起訴している以上、法改悪の根拠はなくなっています。
このため、政府も強行できず、継続審議となっています。
植松を生んだ現代日本の主流の思想から目をさらさせる狙いではないでしょうか?
また、法改悪が成立してしまえば、たとえば政府に批判的な者を、自民党員・公明党員の医師が
「統合失調症」などと勝手に診断し「措置入院」させて抹殺するという危険も出てくるでしょう。
断固として精神保健福祉法改悪は廃案にすべきです。

by hiroseto2004 | 2017-07-26 10:22 | 相模原大虐殺 | Trackback