エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 07月 28日 ( 9 )

これは全くその通りです!



フィリピンのドゥテルテ大統領が、米比戦争でアメリカ軍により戦利品として略奪された教会の鐘を返還するよう求めました。

アメリカ軍は1901年、フィリピン・サマール島東部バランギガにあるカトリック教会の3つの鐘を略奪しました。

これらの鐘は、多くの歴史家の間で、アメリカの新植民地主義的な暴力態勢の作戦とされています。

イルナー通信によりますと、ドゥテルテ大統領は、「アメリカは、バランギガ教会の鐘をフィリピンに返すべきである。なぜなら、それらはフィリピンのものであり、その我々の国家遺産の一部だからだ」と述べています。

また、「これらの鐘は、アメリカの植民地主義に抵抗し、そのために命を捧げた我々の先祖の自尊心や英雄としての証を示すものだ」としました。

ドゥテルテ大統領は、就任後何度もアメリカとの関係のあり方を批判し、先週金曜にもアメリカのトランプ大統領の招聘を無視した形で、決して訪米の意志がないことを表明しています。


by hiroseto2004 | 2017-07-28 19:16 | Trackback
イランがロケットの発射に成功しました。
別に、今回のことは、国際法(核合意や国連決議)に反するものでも全くありませんね。
トランプの言っていることは言いがかり以上のものではないですね。
アメリカはICBMをたくさんもっているわけで。
くどいようですが、イランは核兵器禁止条約賛成国です。




More
by hiroseto2004 | 2017-07-28 19:13 | 国際情勢 | Trackback

広島地裁では、原告敗訴。しかし、大阪地裁では極めてオーソドックスな判決が出ました。
拉致問題は拉致問題で外交で解決するべき話ですね。




More
by hiroseto2004 | 2017-07-28 18:45 | 教育 | Trackback
ムシャラフ元大統領の告白です。

やはり、核と人類は共存できない。

02年、両国関係緊張の事態受け 「報復を恐れ断念」

 インドとパキスタンが8月に分離独立70年を迎えるのを前に、パキスタンのムシャラフ元大統領(73)が毎日新聞のインタビューに応じた。ムシャラフ氏は大統領在任中の2002年、インド国会襲撃テロ事件後に両国関係が緊張した事態を受け、インドへの核兵器使用を検討したが、報復を恐れ断念したと明らかにした。核保有国のトップが核使用を検討した事実に言及するのは極めて異例。印パ対立が核戦争の引き金になりかねない状況を改めて浮き彫りにした。【ドバイ(アラブ首長国連邦)で金子淳】


 01年12月に発生したインド国会襲撃事件について、インドはパキスタン軍情報機関の支援を受けたイスラム過激派が実行したと非難。印パ双方は計約100万人の陸海空軍を国境付近に動員し、02年10月ごろまでにらみ合いが続いていた。

滞在先のドバイの自宅で今月21日に会見に応じたムシャラフ氏は「緊張が高まった02年に核使用の一線を越える可能性があった」と指摘。「核をどう使うのか。使えるのか。何日も眠れない夜が続いた」という。ムシャラフ氏は当時「核戦争も辞さない」と公言していたが、外交的ポーズではなく、現実的な選択肢として検討していたことを示す発言だ。

 ムシャラフ氏は「当時、印パ両国とも核弾頭はミサイルに搭載しておらず、発射までに1~2日かかる状態だった」と説明。核弾頭の装填(そうてん)の指示は「しなかった。インドもそこまでしなかったはずだ」と述べ、双方に核の報復を恐れる心理が働いていたことを示唆した。両軍はその後、全面衝突を回避し緊張は緩和に向かった。

 カシミール地方の領有権で対立するインドとパキスタンは1998年5月に相次いで核実験を実施。インドは99年に核の先制不使用を打ち出したが、パキスタンは先制使用もあり得るとの立場を崩していない。このため、インドは国会襲撃事件後、パキスタンの越境テロなどに対し、核を使う時間的猶予を与えずに即座に限定攻撃を加える軍事方針を採用したとされる。これに対し、パキスタンは戦術核の開発を進め対抗している。

 昨年11月にはインドのパリカル国防相(当時)が核先制不使用政策に「縛られない」と発言するなど、核の脅威は高まっている。ムシャラフ氏はこうした状況について「非常に危険だ。核を一つ使えば、(報復で)10個落とされる。最大限の破壊を招く」と警告した。

ムシャラフ元大統領の発言ポイント

▽2002年に核使用の一線を越える可能性があった。しかし、核弾頭の装填の指示はしなかった。

▽インドの前国防相が核先制不使用を見直す発言をした。非常に危険。核を使うと言っているに等しい。

▽(パキスタンの「核開発の父」と呼ばれる)カーン博士から核開発関連装置がイラン、北朝鮮に流れた。それ以外は知らない。

ペルベズ・ムシャラフ氏

 インド・デリー生まれ。1998年、軍トップの陸軍参謀長に就任。99年10月に軍事クーデターを起こしてシャリフ首相を追放し、政権を掌握。2001~08年に大統領を務めた。07年の非常事態宣言を巡り14年3月、国家反逆罪で起訴され、現在も係争中。16年から病気療養のためドバイに滞在している。

印パ両国を巡る主な動き

1947年 インドとパキスタンが分離独立。第1次印パ戦争

  65年 第2次印パ戦争

  71年 第3次印パ戦争。東パキスタンがバングラデシュとして独立

  74年 インドが初の核実験

  98年 インドが2回目の核実験。パキスタンが初の核実験

  99年 印パが領有権で対立するカシミール地方のカルギルで両軍が衝突▽パキスタンのムシャラフ陸軍参謀長が軍事クーデターで政権掌握▽インドが核先制不使用を含む核ドクトリン草案を発表

2001年 インド国会襲撃テロ。02年まで両軍が対峙(たいじ)し、ムシャラフ大統領が核使用を検討

  08年 ムシャラフ大統領辞任。ムンバイ同時テロで160人以上死亡


by hiroseto2004 | 2017-07-28 15:28 | 反核・平和 | Trackback
少し、古いニュースですが、洒落になっていないニュースです。
やはり、これだから核兵器は廃絶しないといけない。
核兵器禁止条約を発効させ、国際規範としていかないといけない。
そう思いますよ。

【ニューデリー金子淳】パキスタンのアシフ国防相がインターネット上に掲載された虚偽のニュースに反応し、自身のツイッターでイスラエルへの核攻撃を示唆するツイートを投稿した。ツイッター上ではアシフ氏に対し「責任ある立場にいる最も無責任な人物」「国防相らしく振る舞って」などと批判が相次いでいる。

     ニュースサイトには、イスラエルの国防相が「パキスタンがシリアに派兵したら核攻撃で壊滅させる」と発言した、とする虚偽情報が掲載されている。アシフ氏はこれを信じたとみられ、23日に自身のツイッターで「イスラエルの国防相は、パキスタンがシリアで過激派組織『イスラム国』(IS)対策に参加するなら核で攻撃すると脅している。イスラエルはパキスタンも核保有国であることを忘れている」と投稿した。



    by hiroseto2004 | 2017-07-28 15:25 | 反核・平和 | Trackback
    南スーダン某重大事件の要点は、安倍晋三総理が(違憲の)安保法の「駆けつけ警護」の実績をつくりたいがために、「現地で戦闘」という情報を隠したのではないか?と言うことである。
    言い換えれば、「文民統制」どころか「文民暴走」になっているということだ。

    「戦闘」があったことになれば、いわゆるPKOの五原則に抵触するので自衛隊は撤退しないといけなくなる。

    2017年1月18日の時点で安倍総理は、黒江次官=今日、事実上更迭=と会っている。
    総理が大臣を飛ばして次官と会うというのは、相当ヤバイ話である。
    ヤバイ話の中身は、日報隠しであろう。
    あとの争点は、
    安倍が
    「了承した」だけなのか、それとも
    「積極的に指示した」
    のか?
    それだけである。
    稲田大臣はもちろん、黒江前次官、岡部幕僚長を含む関係者を喚問し、総理出席で集中審議すべきである。

    必死で総理が隠そうとすればするほど、自衛官サイドの不満は募り、情報がリークされていく。

    しまいには「こんなアホのために何で俺たちが死地へ」
    という疑問や不満が募っていく。

    それこそ、本当のクーデターにつながりかねない。


    by hiroseto2004 | 2017-07-28 15:11 | 安倍ジャパン | Trackback
    e0094315_13441076.jpg
    久しぶりのスッキリした青空です。


    by hiroseto2004 | 2017-07-28 13:43 | 歳時記 | Trackback

    非核・平和行進が広島入り。秋葉忠利さんのブログより。


     昨日(27日)正午前、被爆72周年原水禁世界大会が主催する「非核・平和行進」東コース(太平洋コース)が、広島県入りをしました。

     午前10時に笠岡市を出発した岡山県行進団約80名は、元気にシュプレヒコールを繰り返しながら、県境を越え、予定通り正午少し前に、待ち受ける広島県行進団の拍手に迎えられ、引き継ぎ場所である福山市大門町野々浜バス停に到着しました。

    早速、福山地区労清水副議長の司会で、引継ぎ式が行われました。

    Photo

                      あいさつする岡山県平和センター梶原議長

    最初に岡山県行進団を代表して岡山県平和センター梶原議長が、「非核兵器条約に反対する安倍政権を厳しく問わなければなりません。この非核・平和行進を通じて、市民の皆さんに強くそのことを訴えてきました。広島の皆さん、その思いをつないでください。」とあいさつ。続いて、広島県側を代表して広島県実行委員会金子代表委員が「核兵器禁止条約の採択は、『核兵器の非人道性』を強く訴えてきた被爆者やその声を一緒に広げてきた私たちの運動の成果です。岡山県行進団、そしてこの行進を引き継いできた全国の仲間の思いをしっかり受け止め、平和公園慰霊碑前までの行進を続けます。そしてその成果を8月4日から始まる被爆72周年原水爆禁止世界大会成功の大きな力とします。」と決意を述べました。

    Photo_2

    その後、岡山県代表団から「核も戦争いらない平和な21世紀を 子どもたちに核のない未来を 非核・平和行進」と大きく書かれた行進用横断幕が広島県側に、手渡され、午後0時20分に広島県行進団(福山地区労の仲間約150名)が、今日の目的地である福山市役所をめざし元気にスタートしました。しかし、出発時には、やや風が吹いてはいたものの気温は32度近くに達しており、歩き始めるとすぐに首筋に汗が滴る厳しい環境でした。行進団には、多くの若い人たちの姿があったことを特に強調しておきたいと思います。

    この東部コースは、福山市、尾道市、三原市、竹原市、東広島市、呉市、坂町、海田町、府中町などを経由しながら広島市に入り、8月3日の午後3時ごろ、他の2コース(西部コース、北部コース)とともに平和公園慰霊碑前に到着する予定です。

    西部コース(日本海コース)は、8月1日午前10時に大竹市栄橋で山口県から引き継ぎ大竹市、廿日市市を経由し、広島市に入ります。北部コースは県内独自コースとして今月30日に庄原市を出発し、三次市、安芸高田市を経由して広島市に入ります。

    4月11日に青森市で開催された「反核燃の日集会」からスタートした「非核・平和行進」が広島県入りをすると、いよいよ原水禁世界大会が近づいたことを実感します。

    厳しい暑さが続く中、元気にそして安全に行進が続くことを願っています。


    by hiroseto2004 | 2017-07-28 08:34 | 反核・平和 | Trackback
    与野党相乗りは「政界では常識」であるのも事実です。
    また、国と地方は別、というのもある。地方は友人関係、というのもある。
    俺も、実を言えば、だいぶ前の話だが、市町村議レベルなら、市民運動で友人の自民党員の候補の応援に入ったことがないわけではない。
    しかし、「今、このタイミング」で「大々的に」「山尾さんが前面に出る」ことは、「民進党ダメだ」
    という世論を起こしてしまう、と言うことをなぜ分からない。そこは政治センスですよ。

    なお、山尾さんは、横浜市長選挙で女性現職を女性同士で応援したいと言う気持ちもあるのかもしれない。

    お二人とも男女共同参画関係のイベントで会う機会も多く仲間意識もあるのではないか?

    なお、党派を超えて女性政治家が応援し合うのは珍しいことではありません。
    まだまだ、男性社会の政治を変えるには「そういう面」も必要だとわたしは認めています。各党に女性議員が一定比率以上いた方が良いと思う。

    特に、大規模自治体の女性首長は確かに貴重ですよ。

    だけど、中身(政策)が問われるべきは、稲田防衛大臣で明らかでしょう。

    選挙では、市民、国民のために、心を鬼にする対応も時に必要。

    個人的な激励の電話なりメールにとどめて演説に行かない、とかそういう逃げ方もあったと思います。今回はタイミングは悪かった。

    新潟県知事選挙のように、「党幹部は最初は黙っておく」(終盤、勝ち馬に乗って米山さんの応援に)という手もあるわけです。

    もちろん、民進でも地元の江田憲司さんらは「カジノより給食」の若き元市議・伊東大貴さんを市民や共産党と一緒に支援しています。

    繰り返します。横浜市長選 民進山尾さん、「このタイミングで大々的に自民系・林候補応援」は不味いっしょ。



    by hiroseto2004 | 2017-07-28 08:28 | 選挙 | Trackback