エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 08月 27日 ( 6 )

建前は「家族の希望」といいながら、実際は強制に近い。「家族の希望」だから、全然、社会的な対応もされていないのですね。
「制度上も非公式だから、親の付き添いはシャドウワーク(不可欠でありながら報酬がない労働)になってしまっている。逆にシャドウワークだからこそ問題化されない。小児病棟における親の付き添い問題は『問題そのものが存在しない』のです。しかし、現実にはこどもの入院に長期間もしくは何度も付き添ったために職場を辞めなければならない母親は存在します。こどもの入院に付き添っても職場で不利益を被らないようにするための法整備と、一方で、入院が長期化した場合に家族を付き添いで縛ることのないような新たな小児看護体制の見直しと言う、病院と社会の両面からの制度の再構築が必要なのではないかと考えます」




More
by hiroseto2004 | 2017-08-27 21:58 | 介護・福祉・医療 | Trackback
くどいようですが、イランは核兵器禁止条約の賛成国です。
そのイランに、アメリカが、無理矢理因縁を付けようとしています。
だが、それは結果としてアメリカの孤立を招くのではないか?
というのが、アメリカ国内も含めた多くの識者の見立てです。




More
by hiroseto2004 | 2017-08-27 21:25 | 国際情勢 | Trackback

速報 茨城県知事選挙

茨城県知事選挙の速報です。
自民・公明が推薦する新人の大井川候補が、当選確実という結果になってしまいました。
茨城県知事選挙は、言ってみれば、7選をめざす現職に、自民党中央が刺客を送った形です。
保守分裂となった。そうした構図の中で、市民連合が推す鶴田まこみさんが立候補しました。
現職の橋本知事が突然、東海原発再稼働反対を打ち出しました。その結果はどうだったか?
そもそも、
橋本知事へは高齢多選批判という逆風。
大井川候補は自民党・安倍政権への逆風。
他方で、茨城県は伝統的に保守系がガチガチに強いということもある。特に自民党県議団は
長年にわたって県政を牛耳ってきた。しかし、橋本知事が2009年以降、これと距離を置いた、というのも
実情です。
無党派の中でも
自民党批判票(中央にも県議団にも批判的)は、橋本知事へ。
高齢多選批判票は、大井川候補へ。
このように流れたのではないか?
鶴田候補は、そういう意味では割を食った。
ただ、だからといって立候補に意味がなかったかと言えばそれは違う。
原発再稼働反対を急に言い出したからと言って、現職に市民連合まで相乗りした場合はどうなるか?
「そうはいっても、高齢多選、長期政権で評判が芳しくない人」
に相乗りした、として、無党派層からの評判が落ちる危険はある。
それこそ、大阪ダブル選挙や名古屋市長選挙の二の舞のような危険はあるでしょう。
橋本+鶴田で50%を超えているからと言って、一本化すれば勝てると言えばそれは違うと思います。
鶴田候補の「清新さ」を好む層の一部が、大井川候補に流れる危険があるからです。
  • 大井川 和彦

    おおいがわ かずひこ

    無 新 53歳

    推薦自民・公明

    元IT企業役員

    497,361

    得票率47.5%

  • 橋本 昌

    はしもと まさる

    無 現 71歳

    当選:6回

    元自治省消防庁消防課長

    427,743

    得票率40.8%

  • 鶴田 真子美

    つるた まこみ

    無 新 52歳

    推薦共産

    NPO法人理事長




茨城県知事選 大井川氏と橋本氏が競り合う

茨城県知事選挙は27日に投票が行われ、開票が始まっています。NHKが投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査によりますと、自民党と公明党が推薦する新人の大井川和彦氏と全国最多の7期目を目指す現職の橋本昌氏の2人が競り合っています。

今回の選挙は、橋本氏が現職としては全国最多の7期目を目指したほか、10月に衆議院の3つの補欠選挙を控える中、今月3日の内閣改造後、初めて行われた大型地方選挙としても結果が注目されています。

NHKは、投票日の27日、40の投票所で投票を済ませた有権者4292人を対象に出口調査を行い、このうち78.4%に当たる3363人から回答を得ました。一方、26日までに有権者のおよそ14%が期日前投票を済ませていて、これらの有権者は調査の対象になっていません。

それによりますと、大井川氏と橋本氏の2人が競り合っています。

調査対象となった人の支持政党を見ますと、自民党が43%、民進党が7%、公明党が3%、共産党が3%などとなっています。また、特に支持する政党がないいわゆる無党派層は39%でした。

大井川氏は、自民党の支持層の50%台半ば、無党派層の30%台後半から支持を得ています。
これに対し、橋本氏は、自民党の支持層の40%台後半、無党派層の40%台後半から支持を得ています。




by hiroseto2004 | 2017-08-27 21:06 | 選挙 | Trackback
今日夕方は安佐南区緑井で「3区市民連合」の街宣

今日8月27日(日)、17時から安佐南区緑井の天満屋前で「3区市民連合」の街宣を行いました。

9月2日(土)14時から、佐東公民館に於いて、庶民の味方の弁護士・山田延廣弁護士を記念講演にお呼びして、設立総会を行います。

組織や政党の垣根を越えて多くの方が集まり、街頭で訴えました。

わたくしも、
「お友達の学校や企業のためにばかりカネをばらまく腐敗した安倍政治でもなく、『教員や公務員を叩きさえすれば大阪や日本が良くなる』などと叫ぶ過激な政治でもない。憲法に基づいた当たり前の政治を政権交代で実現したい。世界最初の戦争被爆国として核兵器廃絶の先頭に立ち、介護や医療、教育、そして被災者支援など、庶民の暮らしの安心のためにお金を使う政治をつくっていきたい。当日参加が難しくても、ネットで「市民連合」を検索していただき、関心を持っていただきたい。」
などと訴えました。
e0094315_12134742.jpg

by hiroseto2004 | 2017-08-27 20:58 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

バブル時代って、確かにフツーのサラリーマンの給料(30代半ば)※は今の二倍くらいあった。

だけど、首都圏では土地の値段はべらぼうに高く、フツーのサラリーマンは東京近郊では住む場所に困っていたからなあ。それを忘れてはいけません。

リゾート法とやらで、乱開発が進み、環境破壊と自治体の負債だけが残った。

「イッキのみ。」

「過労死。」

今よりひどかった。

日本人観光客はハワイや東南アジアで大暴れ。ひんしゅく買いまくっていました。

竹下蔵相~総理が消費税減税に先行して金持ち減税を進め、今の貧困の背景につながっています。

きちんとあの頃に企業福祉から個人向けの社会福祉に重点を切り替えれば今起きているような問題も少なかったでしょう。

大学の授業料は安かったが、学生運動はバブル期には衰亡しており、学費値上げへの抑止力がなくなっていました。それは、現在の若者の奨学金地獄につながっています。


国鉄分割民営化も、現在の高齢化時代の交通確保の上でも禍根を残しました。


今起きている問題の背景を作ったバブル時代って罪は重い。


但し、その後の1990年代の橋本龍太郎(自社さ政権)や、2000年代の小泉純一郎さんなど、経済的新自由主義を取りつつ、文化的にはリベラルな面を持つ人たちの政治が、人々を疲弊させきってしまった。


民主党政権が期待を集めたものの、失望された。

そして、2010年代後半の今、人々が30年前のバブルが懐かしくなって、「日本を取り戻す」安倍とか、カジノ・万博バブル狙いの松井一郎が一定の支持を受ける、ということになった。

だけど、

「バブルって本当に良かったのか?」

冷静に総括すべきでしょう。

その上で、今後、日本がどう進むべきか?

それを考えるべきです。


(※バブル最盛期からかなり過ぎた1997年の男性平均30代後半=589万円弱。2010年代=平均400万円台だが、ばらつきを考慮すると300万円台でもマシな方で、一部上場でも300万円切る企業もある。非正規雇用も増えていることも考慮すると、バブル最盛期から半減というのは大げさではないと思う。)


by hiroseto2004 | 2017-08-27 19:58 | 歴史 | Trackback

24日~本日の地震

24日から27日の地震です。
平成29年08月27日11時55分27日11時52分頃茨城県北部M3.4震度2
平成29年08月27日11時29分27日11時26分頃茨城県北部M4.6震度3
平成29年08月27日10時32分27日10時28分頃和歌山県北部M2.0震度1
平成29年08月26日19時11分26日19時07分頃和歌山県北部M2.0震度1
平成29年08月26日17時40分26日17時37分頃和歌山県北部M2.8震度3
平成29年08月26日15時53分26日15時50分頃宮城県沖M3.7震度1
平成29年08月26日06時38分26日06時35分頃宮城県南部M3.6震度1
平成29年08月26日04時23分26日04時20分頃福島県浜通りM4.7震度3
平成29年08月25日17時31分25日17時28分頃宮城県沖M3.6震度1
平成29年08月25日15時46分25日15時43分頃熊本県熊本地方M2.6震度2
平成29年08月25日15時30分25日15時27分頃茨城県北部M3.3震度1
平成29年08月25日12時08分25日12時05分頃愛知県東部M3.0震度2
平成29年08月25日05時32分25日05時28分頃長野県北部M0.9震度1
平成29年08月25日05時29分25日05時26分頃長野県北部M1.5震度1
平成29年08月25日03時00分25日02時58分頃八丈島近海M3.3震度1
平成29年08月25日02時40分25日02時35分頃秋田県内陸南部M1.9震度1
平成29年08月25日02時22分25日02時19分頃福島県沖M4.2震度2
平成29年08月25日01時31分25日01時28分頃茨城県沖M3.7震度2
平成29年08月24日14時43分24日14時40分頃茨城県北部M2.6震度1
平成29年08月24日14時39分24日14時34分頃鹿児島湾M4.5震度4
平成29年08月24日06時03分24日06時00分頃宮城県北部M3.0震度1

by hiroseto2004 | 2017-08-27 10:41 | 事故・災害・事件 | Trackback