エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 09月 07日 ( 7 )

安倍総理が、トランプを忖度して日韓電話首脳会談。その後、また日米電話首脳会談。
そのこと自体が、おかしい。
そして、さらに、アメリカの大統領が第三国について語ったことを日本側が漏らしたことも不味いですね。
二重の意味で不味いことです。「トランプと親しい」ということをPRして、安倍総理を持ち上げたいばかりに、米韓関係/日韓関係をぎくしゃくさせるでしょう。ひいては、トランプはともかくとして、アメリカの比較的まともなエリートたちも日本を信用しなくなる。そういうことをも引き起こしています。


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領をめぐり、先日行われた日米電話首脳会談で、アメリカのトランプ大統領が厳しい言葉で不満をあらわにしている様子が、FNNの取材で明らかになった。
北朝鮮の中距離弾道ミサイルが日本の上空を通過した8月29日の日米電話会談で、トランプ大統領は、北朝鮮との対話にこだわる韓国について、「物乞いのようだ」と痛烈に批判した。
そのうえでトランプ大統領は、軍事的圧力の必要性について、「誰かが伝えなければならない」と語り、安倍首相は、いわば、その意を受けた形で日韓電話会談に臨み、その後に再び日米電話会談が行われている。
1日に2度と立て続けに行われた日米会談の裏に、軍事的圧力に及び腰の韓国と、それにいら立つアメリカの2国の間を、日本が取りもっていた内幕が垣間見える。
一方、9月3日、核実験のあとに行われた日米電話会談では、トランプ大統領が「自分は100%晋三とともにある」とした一方で、「もし、アメリカが攻撃されたら、日本は、われわれを助けなければいけない」と相互の同盟関係を求め、これに対し、安倍首相が「100%アメリカとともにある」と応じる一幕もあった。

by hiroseto2004 | 2017-09-07 22:55 | 安倍ジャパン | Trackback

山尾代議士よ、小池ファーストに行ったら笑いものだ


山尾代議士が民進党を離党するという。出処進退はご自分が決められることなので、とやかく言わない。


しかし、山尾代議士よ、悪いことは言わない。自棄にはならないで頂きたい。


自民党や維新ならまだしも、万が一にでも、小池ファーストにだけは行ってはいけない。


議員にリアルでもSNSでも発言をさせないという異常な政治集団だ。

自民、公明、共産、維新、自由、社民、こころ、その他の政党にみられない異常な特徴だ。


結局は小池百合子さんのご威光がなくてはどうにもならない人たちなのだ。

そんなところに山尾代議士が行ったら笑いものである。


不倫とかそういうことなら挽回はまだ効くが、「小池ファースト」は「黒歴史」になりますよ。



by hiroseto2004 | 2017-09-07 22:30 | 政治一般 | Trackback
日本の佐藤栄作(故人)を含め、ノーベル平和賞を剥奪すべきと言う議論は結構ありますね。
このアウンサウンスーチーさんも、その一人ですね。
そして、「権力は腐敗する。」
そんなことを嫌でも思い出さされます。
今の段階では「スーチーさん、そりゃあ、おかしいぜ」
という声を世界中の市民が上げていくことが大事ではないかと思います。



  • アウンサンスーチー外相
    アウンサンスーチー外相

イスラム教育科学文化機構が、ミャンマーのアウンサンスーチー外相のノーベル平和賞剥奪を求めました。

パキスタン・トゥデイによりますと、OICイスラム協力機構に属し、モロッコに本部を置くイスラム教育科学文化機関は、5日火曜、ノルウェーのノーベル委員会に対し、アウンサンスーチー外相のノーベル平和賞を直ちに剥奪するよう求めました。

イスラム教育科学文化機関は、声明を発表し、「アウンサンスーチー氏にノーベル平和賞の資格はない。なぜなら、彼女の指導のもとで、ミャンマーでのロヒンギャ族のイスラム教徒に対する攻撃や殺害が行われているからだ」としました。

また、「ミャンマーの嫌悪すべき行動は、ノーベル平和賞の本質に反している。国際社会は、ミャンマーの人権侵害を停止させるために、ただちに措置を講じるべきだ」とされています。

アウンサンスーチー国家顧問兼外相は、1991年にノーベル平和賞を受賞しました。

ミャンマーのイスラム教徒

ミャンマー政府は、およそ100万人のロヒンギャ族のイスラム教徒を不法移民と見なし、彼らに市民権を与えていません。

ミャンマーのイスラム教徒の殺害

先月25日以来、西部ラカイン州のイスラム教徒に対するミャンマー政府軍の新たな攻撃で、数百人が死亡しています。





More
by hiroseto2004 | 2017-09-07 22:09 | 国際情勢 | Trackback
  • ローハーニー大統領、日本自民党の高村正彦副総裁
    ローハーニー大統領、日本自民党の高村正彦副総裁

日本自民党の高村副総裁が、テヘランを訪問し、イランの政府高官と会談する中で、二国間関係や地域、世界の重要な問題について話し合いを行いました。

高村副総裁は、ローハーニー大統領との会談で、イランと日本のさらなる関係拡大を強調した安倍首相の書簡によるメッセージを手渡し、「イランは常に、地域の平和と安全に向けて建設的な役割を果たしてきた」と語りました。さらに、朝鮮半島の緊張の拡大に触れ、イランは世界の重要な国であり、この危機の解決に影響を及ぼすことができると述べました。

安倍首相のローハーニー大統領へのメッセージと、高村副総裁のテヘランでの会談で提起された事柄は、今回の会談が、核合意と地域の危機、双方の関係レベルに対する期待といった問題を中心に行われたことを示しています。日本は、核合意には直接、参加していませんが、政治、経済の重要な国として、核合意に関して明白な立場を取っています。高村副総裁はローハーニー大統領との会談で、「イランの核合意遵守に関して疑いは存在しない。日本政府は核合意の完全な実施を支持している」と語りました。

この発言は、日本政府が、核合意の遵守と地域の安定や安全の維持の重要性を、よく理解していることを示しています。このような立場の表明は、重要な国際問題に対する日本政府の見解を示すものです。しかし、情勢変化に対する各国の役割の重要性が感じられるのは、国際的な緊張への懸念が高まったときです。現在、日本は、イランを、地域情勢に影響力のある国として見ています。

雑誌・中東ジャーナルは、最近、イランの外交政策についての報告の中で、イランのザリーフ外相が少し前にフォーリンアフェアーズという外交専門誌で発表した記事に触れました。ザリーフ外相はこの記事の中で、国際分野における多国間の協力を強調し、問題の解決に向けて軍事力を行使することは不適切だとしています。このような見解は現在、国際分野での危機の解決に向けた戦略的な選択肢として受け入れられています。イランの外交における、この論理的なアプローチは、日本をはじめとする世界の多くの国とのイランの関係のあり方において、重要な要素として注目されています。これにより、高村副総裁は、国際分野におけるイラン政府の立場を支持し、「日本にとって、このような立場は重要だ」と語りました。

高村副総裁のテヘラン訪問と、安倍首相のローハーニー大統領に宛てたメッセージは、情勢変化への共通の理解や相互の期待に基づいた両国の関係の、新たな幕開けになるのでしょうか。


by hiroseto2004 | 2017-09-07 21:58 | 国際情勢 | Trackback
平成29年09月07日15時46分 7日15時42分頃岩手県沿岸北部M3.8震度2
平成29年09月07日10時49分 7日10時46分頃熊本県熊本地方M2.4震度1
平成29年09月07日10時44分 7日10時39分頃浦河沖M4.0震度2
平成29年09月07日05時44分 7日05時41分頃鹿児島湾M2.0震度1
平成29年09月07日00時51分 7日00時48分頃静岡県中部M2.9震度1
平成29年09月06日20時43分 6日20時38分頃茨城県北部M3.7震度2
平成29年09月06日12時50分 6日12時47分頃西表島付近M3.4震度1
平成29年09月06日04時28分 6日04時25分頃西表島付近M3.1震度1
平成29年09月06日04時14分 6日04時11分頃西表島付近M3.8震度1
平成29年09月06日02時03分 6日01時58分頃釧路地方中南部M2.1震度1
平成29年09月05日18時54分 5日18時51分頃沖縄本島近海M3.7震度2
平成29年09月05日16時00分 5日15時56分頃沖縄本島近海M4.0震度2
平成29年09月05日09時42分 5日09時39分頃千葉県北西部M3.0震度1
平成29年09月05日09時30分 5日09時26分頃茨城県北部M3.7震度2
平成29年09月05日00時53分 5日00時48分頃鹿児島湾M2.4震度1
平成29年09月05日00時52分 5日00時48分頃熊本県天草・芦北地方M2.6震度1
平成29年09月04日07時41分 4日07時38分頃静岡県中部M3.5震度1

by hiroseto2004 | 2017-09-07 15:54 | 事故・災害・事件 | Trackback
アメリカの「人徳」の低さを浮き彫りにした(金氏)朝鮮

アメリカ主導で(金氏)朝鮮を制裁、制裁と言っても、難しいのではないか?

ちょっと思いついただけでも、ロシアやイランはアメリカに制裁を受けている。特にイランは核兵器禁止条約賛成国だが、アメリカはしつこく、ストーカーのようにイランに因縁を付けようとしている。イランはもちろん挑発に乗らないで核合意を厳守しているが。

昨日、そうした中で、自民党の高村副総裁がイランを訪問して、朝鮮への圧力で協力を要請した。アメリカは、イランに何かお願いできる状況ではない、ということである。

アメリカもアメリカだ。普段の行いが悪いから、いざというとき、すんなりアメリカに賛同してくれる国が少なくなってしまう。

三国志のゲームでは国ごとに「人徳」という概念があり、人徳が低いと外交活動の成功率が下がる。今の世界に当てはめると、アメリカの「人徳」が低いため、なかなか狙いが上手くいかないと言うことだろう。

いまや、世界には200カ国以上の国や地域があり、それぞれの思惑で動いている。アメリカの経済的な重みもずいぶん下がった。

アメリカも、ソ連崩壊後、「一人勝ちだ!」と勘違いしてしまった感はあると思う。そして、ますます傲慢になっていったと思う。そのツケを今払わされていると思う。

正直、イランのサリーフ外相やドイツのメルケル首相の言うとおり、最終的には外交でしか問題は解決しないと思うし、そのイニシアティブを取れるのはアメリカではないと思う。
スイスが仲裁に名乗りを上げていると言うが、この際、EU(ドイツ)でも良いと思う。

繰り返す。アメリカの「人徳」は下がりすぎて、そこを朝鮮の金正恩に完全に見透かされている。
もちろん、最終的には、朝鮮戦争を法的に終わらせなければならない。そして、北東アジアに非核地帯をつくるのが当面の目標である。
ただ、当面、イニシアティブは、欧州か、中東か、中南米か、距離が遠いところの国が取るのが適当ではないかと思う。




More
by hiroseto2004 | 2017-09-07 11:11 | 国際情勢 | Trackback

本日は大雨です!

e0094315_09584735.jpg
本日は白露。未明から広島は大雨です!ご注意ください!

by hiroseto2004 | 2017-09-07 09:58 | 事故・災害・事件 | Trackback