エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 11月 22日 ( 6 )

会計検査院「値引きの根拠確認できず」 どうされますか?安倍総理ご夫妻!!

会計検査院は、森友学園への国有地売却の8億円の値引きの根拠を確認できなかった、とする報告を国会に対して行いました。

なぜ、根拠のない値引きが行われたのでしょうかね?
安倍総理。そして、昭恵さん。

「わたしも妻も関与していたら、総理はもちろん、議員も辞める」
とおっしゃったことは忘れませんよ。

まさか
「俺は衆院を解散して一度自分自身も議員を辞め、特別国会召集時に一度内閣も総辞職しているからOK」
なんてことは言い出さないでくださいよ。

※ハッキリ言ってしまうと会計検査院も「大甘」だと思いますけどね。文書が破棄されているから調査できない、と言ってしまっては、職務放棄ですよ。それでもその「大甘」の検査院ですら、「根拠を確認できない」と言ったことは重大です。




More
by hiroseto2004 | 2017-11-22 20:21 | 安倍ジャパン | Trackback
万引きバスケ選手の父親批判のトランプ・・イラク人質事件の時の小泉を後追い

中国で万引きをして逮捕された3人のバスケ選手の解放をトランプ大統領が習近平主席に要請。習近平がそれに応える形でバスケ選手を解放させた。

これについては、「内政干渉」ではないかとも思われ、如何なものか、とも思う。ただ、自国民の安全を守るのは国の行政のトップとしての責務だと言うことで、トランプはそれを果たした、と解釈しても良いと思う。バスケ選手三人は、感謝の意を示したという。

ただ、そのうちの一人の父親が「誰だ? トランプ氏は何のために中国にいたのか。誰もが自分が助けたようにしたいものだ」と言ったのにトランプが反応し、「3選手が中国を離れ、何年もの投獄から救われたのに、父親は私が息子にしたことを認めようとしない。学生を監獄に入れておくべきだった」「万引きは中国では大問題で、5~10年は投獄されるだろう。次の中国訪問のときに彼の息子を解放するべきだった。恩知らずだ!」とツイートしたとか。
あることがフラッシュバックしてきた。

イラク人質事件のとき、小泉純一郎総理(当時)が、「自己責任」という言葉をなげつけ、それを契機に人質へのバッシングが酷くなったことである。

国の行政のトップとしては、自国民の保護は「やって当たり前」である。そのために、国民から税金で給料をもらい、強大な権限を与えられているのである。一々、当事者の家族が何かを言ったからと言って、かみついてどうするのか?
あのときは、アメリカの高官のほうが、自己責任論(日本で叫ばれた)を否定していた。

トランプのせいで、改めてイラク人質事件の時の小泉さんの心ない発言を思い出すと共に、「アメリカは日本の後追いをしているなあ。先進国もぐだぐだになってくると、政治家も幼稚になり、人権面で日本の後を追うのか」と思ってしまった。

by hiroseto2004 | 2017-11-22 20:12 | 思想・哲学 | Trackback
対応待ったなしですね。
くどいようですが、日本もこれまでミャンマー政府を一貫して支援してきた責任は重いです!



More
by hiroseto2004 | 2017-11-22 14:38 | 国際情勢 | Trackback
なぜ、反安倍派は「子どもの貧困」解決の御旗を奪われたのか?

安倍晋三総理が衆院選で、広島県の現知事知事選挙で「子どもの貧困」問題を取り上げた。

もちろん、彼らに具体策があるわけでもないし、彼らや彼らを推薦してきた自民党政治こそが貧困の元凶であるのは間違いない。

しかし、「我々」は「錦の御旗」を安倍晋三や広島県の現知事に奪われたのも事実である。

その要因は何か?反省しないといけない。

一つは、左派でも年配者の中には「俺が子どもの頃も貧しかった」という意識からの無理解があると思う。なかには、子どもの貧困なんぞ取り上げるのはとんでもない、という意見すらあったのも事実だ。

だが、戦後しばらくくらいは、みんなが経済的に貧しかった分、気持ち的には楽(というと変かもしれないが)な面もあったのではないか?

また、「昔大変だったからこそ、今の若い者に苦労させてはいかん」という考えにならないのであれば、それは「左翼」などでは決してなく「新自由主義」である。

年配者の皆様も、生まれた時代や周りに恵まれていたことは否めないわけである。

高度成長~バブルという特殊な時代だったのだ。自分たちの恵まれている部分を意識できずに若者を叩くならそれはやはり、「ムラ社会」の弊害から免れていないと言うことでもある。同じようにムラ社会の理屈に囚われているとなると、総理に対抗できない。

by hiroseto2004 | 2017-11-22 13:57 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback

冷たい雨の小雪

e0094315_11223023.jpg
本日11月22日は小雪(しょうせつ)です。
冷たい雨です。この時期は一雨毎に寒くなるのが特徴です。


by hiroseto2004 | 2017-11-22 11:21 | 歳時記 | Trackback
全くの正論です。
多くの難民を受け入れている点も頭は下がります。

by hiroseto2004 | 2017-11-22 11:00 | 国際情勢 | Trackback