エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 11月 30日 ( 2 )

やはり最初からストーリーができていた、ということですね。



More
by hiroseto2004 | 2017-11-30 17:27 | 安倍ジャパン | Trackback
確かにアメリカのやってきた国内での人種差別はもちろん、ベトナム戦争や中東空爆しまくりなどは、大問題です。
しかし、だからといって、「アメリカが掲げてきた」人権とか民主主義を否定してしまうのはおかしいでしょう。
311以降、原発反対の勢い余って、近代合理主義的な思考すら否定してしまう向きもでています。
そうした中で、志位委員長のこのタイミングでのこの発言は支持できます。
朝鮮との衝突はむしろ安倍の方が煽っているくらいである。
ペリー元国務長官なり、ティラーソン現国務長官、あるいは、アメリカ軍の幹部(統合参謀本部)のほうが
安倍晋三よりも冷静である。
このことも強調しておきたいと思います。
最悪なのは、
右派は日本の遅れた部分を「日本の伝統」として正当化し
左派は反米の勢い余って、近代合理性を否定する
と言う形での「野合」が起きることです。これは、戦時中にも政界や哲学界で実際に起きたことです。

私は、米国の覇権主義の政策に反対しますが「反米主義者」では決してありません。人類で初めて民主共和国を創建し人権宣言を行った米国の偉大な民主主義の歴史と伝統には、強い尊敬を抱いています。ペリー氏の発言にも伝統の香りを感じました。私が求めているのは対等・平等・友好の日米関係なのです。


More
by hiroseto2004 | 2017-11-30 11:59 | 思想・哲学 | Trackback