エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2017年 12月 14日 ( 10 )

イエメンの警察署をサウジアラビア王室空軍(国王・サルマン被疑者、皇太子ムハンマド被疑者)が攻撃。
多数の死傷者が出ました。
サウジアラビアはイエメン空爆を止めろ!
イエメンの子どもに食料・薬を届けるのを邪魔するな!




More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 23:14 | 国際情勢 | Trackback
パリ協定からも離脱。そして核合意からも離脱?
アメリカの内向き化が止まらないですね。
内向きの大きな背景としては、アメリカの力の低下の反面、シェールガス革命で石油を中東に依存しなくても済むという二つの要素が
大きいのですが、しかし、だからといって、アメリカも世界の中の身勝手な行動をとっていいわけではないでしょう。とはいえ、ティラーソン国務長官や多くの米国民も離脱には慎重姿勢ですので、こうしたアメリカ内部のフェイルセーフ機能に期待したいです。




More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 23:11 | 国際情勢 | Trackback
何ということだ。亡くなられた議員のご冥福をお祈り申し上げます。
それとともに、やはり、疑惑についてきちんと説明していただきたかった。
真相を闇に葬らないでいただきたかった。
残念です。




More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 23:07 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback

裁判官を「老害」「若年寄」ばかりにしないことも大事だ

伊方原発の運転差し止めを仮処分を下した野々上友之裁判官は定年間際でした。お疲れさまでした。

行政・立法に忖度せずに良心に従って判断されたことに敬意を表します。

それととともに感じたことは、国民が裁判官を以下のような人たちにしてしまわないことです。

年を取っているがゆえに、権威に疑いを抱かず頭が固くなっている「老害」。
若いのに、今後の自分の出世を考えて、権威におもねってしまう「若年寄」。

裁判官が良心に従った判断を出したら、国民もエールを送りましょう。他方で、だめな裁判官は、最高裁の場合なら「国民審査」で躊躇なく×をつけて打倒しましょう。


by hiroseto2004 | 2017-12-14 20:09 | 司法 | Trackback
そもそも、2015年の介護報酬引き下げが大失敗でした。
介護事業者の倒産も相次ぎました。
2017年度から臨時で報酬を1.14%引き上げましたが、そもそも、引き下げたことが失敗だったのです。

政府・与党は、来年度の介護報酬改定の引き上げ幅について0・5%台前半で調整に入った。プラス改定は6年ぶり。安倍政権が掲げる「介護離職ゼロ」達成を目指し、慢性的な人手不足となっている介護人材を確保する狙いがある。

 介護報酬介護保険サービスの公定価格で、3年に1度見直される。引き上げると事業者の収入が増え、介護職員の待遇改善につながる可能性がある。一方、税金や利用者の自己負担、40歳以上が支払う保険料の国民負担も増すことになる。0・5%の引き上げだと、国費は約135億円増える。

 前回2015年度は2・27%引き下げ、16年度の介護事業者の利益率は3・3%と、14年3月より4・5ポイント下がった。職員確保のため、賃金に回す資金を多くしたことも経営を圧迫した。政府は今年4月、介護職員の賃金を平均月1万円ほど上げるため介護報酬を臨時で1・14%引き上げた。それでも全産業平均よりまだ約10万円低い。(引用終わり)


これは、「「地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟」会長」としての麻生さんに頑張ってほしいところです。
なお、報道では、介護報酬は、わずかなアップにはなりそうですが、そもそもが、2015年度の改定で大幅に下がって介護事業者の倒産を招いています。



More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 16:43 | 介護・福祉・医療 | Trackback
観測気球的な部分は多分にあるとおもいます。
とはいえ、以下のことは言える。
ティラーソンという「バカ殿」トランプを押さえる「忠臣」(真の意味での)がいるアメリカ政府。
これに対して「バカ殿」安倍晋三に「忖度」する「お友達」しかいない日本政府。
この差は明らかですね。




More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 16:21 | 国際情勢 | Trackback
重慶大爆撃訴訟 高裁も不当判決

大日本帝国が中国の重慶に対して行った重慶大爆撃の被災者が日本政府を相手取って謝罪と損害賠償を求めた裁判の控訴審は本日判決。
残念ながら原告の控訴を棄却しました。
対中戦争についていえば、蒋介石(国民党)も周恩来(共産党)も、政府としては「勘弁」してくれたのは事実です。
本気で払っていれば天文学的な数字になる、というのが日本側の試算でもありました。
また、中国人が多くの同胞を殺されながらも日本が中国に置き去りにした見ず知らずの幼子を育ててくれたわけです。
判決は判決としても、過去の指導者から一般国民に至るまで、寛大に接してくれたことに対して、日本人はあまりにも甘えすぎたのではないか?それ(蒋介石や周恩来が勘弁してくれたこと)を当然だと思ってしまったのではないか?
その結果として戦時中にやらかしたことについて忘れてしまっているのではないか?
そして、その戦時中の反省も十分にないままに、憲法9条を変えて、「列強」と肩を並べて戦争する国にしようとしているのではないか?
行政府や立法府においては判決にとらわれることなく、(判決も、謝罪や補償を「禁じている」わけではない。)「被害者個人」への対応を早急にとるべきでしょう。

by hiroseto2004 | 2017-12-14 16:13 | 歴史 | Trackback
12月15日(金)NHKラジオ第1.FMで朝の4時台に、ラジオ深夜便「人権インタビュー」の番組で片目失明者友の会について、久山公明代表へのインタビューが放送されます。
是非お聞き下さい。

by hiroseto2004 | 2017-12-14 15:59 | 片目失明者友の会 | Trackback

アラバマ上院補選、共和党敗北 ーー男尊女卑の保守層でも少女わいせつはノーか
共和党候補の少女(当時)わいせつ疑惑でアラバマという劣化ウランより硬い保守地盤で共和党が敗北しました。

大統領選挙ではいつも共和党が勝つのはもちろん、上院選挙でも1992年以来一度も民主党は勝っていませんし、1992年当選の民主党議員も任期途中で共和党に鞍替えするほど「保守的」な土地柄です。

男尊女卑の気風が強い保守層でも少女わいせつはダメ、ということでしょう。

アメリカの田舎の保守層には、それこそ、日本より男尊女卑が残っています。

キリスト教原理主義が根強いですから。(日本人のイメージするアメリカは東部やカリフォルニア当たりの民主党支持層)
それでも少女わいせつは「保守」的な価値観からも相容れないのでしょう。


そもそも、この共和党候補は、トランプの元側近で失脚したバノンが擁立し、主流派を破りました。

言ってみれば「トランプよりもトランプ」な候補です。

トランプも調子に乗りすぎた。共和党候補に入れあげ過ぎたからヤバイですね。


by hiroseto2004 | 2017-12-14 15:55 | 国際情勢 | Trackback
国連事務総長、「サウジに発射されたミサイルは、イラン製ではない」ということ。
今頃、小型の弾道ミサイルの技術は広汎に拡散していますからね。サウジアラビアはなんでもかんでもイランのせいにしたいでしょうが。
今回、日本が他山の石とすべきはイエメンのような小国でもサウジにミサイルを打てるということです。
ましてや朝鮮においておや。武力衝突は避けなければならない。このことを確認したいです。



More
by hiroseto2004 | 2017-12-14 10:26 | 国際情勢 | Trackback(1)