「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:未分類( 86 )

上野千鶴子東大名誉教授「日本人は多文化共生に耐えられないから移民を入れるのは無理。平等に貧しくなろう」が「炎上」


日本はブラック企業ばかりであり、その事が外国人にも広まりつつあり、日本は移民先としては魅力がないと思います。

フィリピンからの介護職員も、日本企業が使い捨てて訴えられています。
ですから日本の悪評はフィリピンでも次第に響き渡るでしょう。

また、先日放映されたNHKの深夜番組によりますと、岐阜では、繊維工場が、これまでは外国人研修生に頼ってきたが、それが難しくなったとのことです。これまで、低賃金で使い捨て射たのを、最低賃金を出しても集まらないそうです。さらに、研修生頼みでやってきたため、技能が伝承されないという問題も出てきた。
そうした中で、日本人正社員を軸にして、付加価値が高いものに特化した工場が成功例として出てきてはいる。
だが、それも、時間はかかる、という話でした。


先ずはブラック企業を徹底的に取り締まらないと、外国人労働者は多くは来ないでしょう。
来ても失望落胆して帰るだけ。下手したら「反日」になって帰っていくことにもなりかねないのです。

法令を遵守できない企業経営者は「レフェリーストップでTKO負け」とする。
もちろん、そういう経営者でも、一職人としてなら、一介護士としてなら優秀な場合もあるでしょう。
きちんとした経営が出来るところに工場なり介護施設は買収され、元経営者は、一職人なり一介護士として出直す。
あるいは、他の職種に移るのもよし。そのためにも、企業ではなく、個人に着目したセーフティネットが必要なのです。

ともかく、この段階で賛否云々の議論は全くの無駄です。
by hiroseto2004 | 2017-02-13 12:21 | Trackback(1)

トランプ大統領による7カ国(イラン、イラク、シリア、イエメン、スーダン、リビア、ソマリア)からの難民・移民入国禁止令。

そもそも、難民もテロも米英仏露など大国による空爆の結果ではないでしょうか?

それなのに難民を入国拒否というトランプ大統領の言い分は、やはりおかしいのです。

空爆はブッシュやクリントンがやったにしても、国としての責任は引き継ぐのが当然です。


第二次世界大戦は東條英機がやったことだから、俺関係ねえ、って戦後の日本の総理が言ってしらばっくれることはできませんよね?

それと同じですよ。


さらにいえば、そもそも、7カ国出身の人間がアメリカでテロを行ったことはありません。


911テロはサウジアラビア人を中心にUAE人、エジプト人、レバノン人が被疑者でした。

2013年4月のボストンマラソン爆破事件ではキルギスに縁がある人物。

2015年12月の銃乱射事件では米国人の夫とパキスタン出身の妻が被疑者でした。

一体何の基準で入国禁止対象の国を選んだのかも分かりません。

というか、アメリカ以外の国から見れば、一番テロをやっているのはアメリカだという見方も出来ます。
そうなると、アメリカ以外の国はアメリカ人を入国禁止にするのが一番と言うことになりかねません。
(それでも、軍事力に任せて侵入してくるのがアメリカですが)。

by hiroseto2004 | 2017-01-31 16:19 | Trackback

雨が上がるも西風強く

e0094315_10120132.jpg
昨日からの雨が上がりましたが広島では西風が強くなっております。
北日本方面の皆様はご注意下さい。
気温差も激しいので引き続き体調管理にご注意下さい。

by hiroseto2004 | 2017-01-30 16:05 | Trackback

岩手県沖でM5.1

昨日17時6分頃、岩手県沖の深さ30㎞でマグニチュード5.1の地震が発生、岩手県で最大震度3のほか、青森県や宮城県で震度1以上でした。
by hiroseto2004 | 2017-01-27 07:39 | Trackback

「これから戦争がやってくる」ではなく「とっくに戦争中」という認識ーーーダメージコントロールを考えるべき段階だ


申し訳ない。


左翼の人でも「このままでは戦争が始まる」という人がいるが俺は正直、イライラしてますよ。

そんな認識では甘いと。


ある意味小林よしのりさんの方が情勢認識は正しい。小林よしのりは二年前に「安倍晋三がイスラム国に宣戦布告した」とハッキリと言ってます。


南スーダンとて、たまたま自衛隊に犠牲者がいないだけで戦争状態には間違いない。

「戦争が始まる」という人にはいつも俺は「違う、もう戦争中ですよ」
と訂正してますけど、気を悪くしないで頂きたい。


くどいようだが、中国に帝国陸軍が地元から海外派兵しまくりながら、原爆ドームをライトアップしビアガーデンやってたんですよ。


そこでどんちゃん騒ぎをしていた人がまさか何年か後に自分たちが原爆で一家全滅なんて誰が想像したでしょうか?


俺はびっくりしました。建物をライトアップしビアガーデンって現代と一緒じゃんと。


戦争中であることなんぞ無自覚だっただけですよ。


身内が戦死でもしてなければ、日本人は戦争を意識しちゃいなかった。昭和19年にサイパン陥落でやっと尻に火がついたのですよ。それま

ではのほほんとしていた。


今だって「これから戦争がやってくる」という左翼の人も含めて、気がついちゃいない。


もちろん、その点で認識が違うからといって左派候補を選挙で応援しないなんて、けつのあなが狭い男では俺はないです。


戦争を拡大する安倍総理を止めるしかないんだから。



by hiroseto2004 | 2017-01-08 08:57 | Trackback

高層マンション訴訟敗訴で国立市が事業者に損害賠償を支払いました。
そして、国立市が、当時市長だった上原公子さんを提訴するという構図になりました。

住民運動が萎縮しかねない、あるいは、行政が、環境や町並みを守るために政策を打っていくことを
萎縮させかねない、そういった効果が今回の判決および、(法人としての)国立市がマンション業者
に2008年に敗訴が確定した裁判にはあるのではないでしょうか?

ちなみに、マンション事業者の明和地所は、市から受け取った損害賠償と同額を市に寄付しています。
金が目的ではなく、「業務活動の正当性」を訴えるための裁判ではあったのです。


 東京都国立市が、マンション建設をめぐり不動産会社に支払った賠償金について上原公子元市長に賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は13日付の決定で元市長側の上告を退けた。請求通り約3100万円の支払いを命じた二審判決が確定した。

 不動産会社は2001年、住民から建設反対の運動が起こされていた高層マンションをめぐり、当時市長の上原氏が高さ規制の条例を制定するなど妨害をしたとして市を提訴。敗訴が確定した市は08年に約3100万円を支払い、その後上原氏を提訴した。

 一審東京地裁は請求を棄却。しかし、二審東京高裁は、市の内部情報を提供して住民運動を起こさせたり、マンションが建築基準法に違反するかのような発言をしたりした点は違法と指摘し、市の請求を認めた。 



by hiroseto2004 | 2016-12-15 14:38 | Trackback
昨夜から兵庫県南東部やトカラ列島、熊本県の大震災被災地の地震相次ぐ。
また、インドネシアでは、マグニチュード6.5の地震。心配です。

by hiroseto2004 | 2016-12-07 18:58 | Trackback

市議会12月定例会開会

広島市議会12月議会(第五回定例会)日程

広島市議会の第五回定例会(12月議会)が開会します。
by hiroseto2004 | 2016-12-05 09:30 | Trackback
先月のアメリカ大統領選挙。
結局は、クリントンの自滅でした。その結果、トランプという極端な差別者が当選した。
クリントンを押し上げた中核は「成功したマイノリティ」「年配の大都市インテリ」。
サンダース支持者は、女性も含む若者で階級格差是正重視。
サンダース支持者は、クリントンを積極的には押し上げなかった。
クリントンが、若者も含む女性でも勝ちきれなかった所以です。
たしかに、クリントン支持者の年配女性やインテリが築いた男女平等は尊い。トランプに破壊させては行けなかった。
しかし、ジェンダー不平等より前に階級格差に苦しむ若い女性や、男性アフリカ系労働者には響かなかった。
若い女性のリベラルにもまさかトランプが勝つはずがないという油断はあったかもしれない。やはり、若者のリベラルの皆さんにも、年配者が勝ち取った人権について敬意は払うことはお願いしたい。
他方、年配リベラルの皆さんも階級格差拡大という状況に即応していただきたい。
それが、年配リベラルが重視する民主主義や多様性も、若者リベラルが重視する生存権も守る道です。

by hiroseto2004 | 2016-12-01 06:00 | Trackback

ISISはアメリカとサウジが出現させた。

「いまさら」ですが、ウィキリークスの創設者もそう述べました。

とにかく、アメリカは濡れ衣でイラクをぶん殴ったことについて謝罪を。

サウジは911テロ遺族に補償を。

日本は反省を。


機密情報公開サイト・ウィキリークスの創設者が、アメリカとサウジアラビアが、テロ組織ISISを出現させた、としました。

プレスTVによりますと、ウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジ氏は、「アメリカのCIAとサウジアラビアがISISの形成の下地を整えた」と述べました。

アサンジ氏は、「2001年のアメリカの同時多発テロ後、アメリカは10年以上にわたる戦争に突入し、この戦争はISISの地理的な拠点や資金源の枠組みを形成した」と語りました。

さらに、「地域におけるテロリストへのサウジアラビアの支援もまた、ISISの形成のもう一つの理由だ」としました。

アサンジ氏は、「サウジアラビアは明らかに西側諸国の支援を受け、シリアのアサド政権と戦っているテロリストを資金面で支援している」と語りました。

アメリカの外交文書の公開から6年目にあたり、アサンジ氏は新たな文書を発表し、「CIAがISISを創設した」としました。

この文書は、ウィキリークスが50万件の外交文書をサイトに公開した後に発表されました。


by hiroseto2004 | 2016-11-30 21:29 | Trackback