エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:小説 日本を滅ぼした総理( 19 )

伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)、9月20日第5回審尋、いよいよクライマックスへ

http://saiban.hiroshima-net.org/pressrelease/021_20160917.html


2016年9月17日(広島):
 審尋が継続中の伊方原発3号機運転差止仮処分命令申立事件(広島)は、9月20日に広島地裁で第5回審尋が開催される予定でいよいよクライマックスを迎える。さる13日に開かれた第4回審尋では、裁判官に対する債務者(四国電力)側のプレゼンテーションが行われたが、第5回の審尋では今度は債権者(運転差止仮処分命令申立人)側のプレゼンテーションとなる。申立人側のプレゼンテーションは、司法判断、被害論、基準地震動、新規制基準の不当性などといったテーマとなる見通し。

 第4回審尋では、吉岡裁判長らが四国電力側にかなり突っ込んだ質問を繰り出しており、裁判官側が債権者・債務者側の訴状や答弁書、準備書面などをかなり詳細に読み込み精査した上で決定を出そうという姿勢がアリアリと見えた。第5回審尋では逆に債権者側が裁判官側の厳しい質問にさらされることが十分に予測される。決定の行方は予断を許さず注目される。

3月11日に提訴された伊方原発3号機運転差止仮処分は、4月28日の第1回審尋を皮切りに第5回目を迎えるが、今のところ第5回目が最後の審尋となる可能性が大きい。仮処分の審尋は一般の傍聴や報道陣の取材を許されていないが、伊方原発広島裁判原告団及び応援団、弁護団は審尋終了後直ちに広島弁護士会館で報告会・記者会見を開催して、審尋の様子を詳しく伝えることとしている。(添付資料チラシ「伊方原発 広島の危険」を参照のこと)

また審尋に先立ち、原告団・応援団は広島地裁へ乗り込み行進を行うことにしている。

 20日第5回審尋に向けて伊方原発広島裁判応援団は、18日広島市内の広島市まちづくり市民交流プラザで「仮処分勝って止めよう」学習会を開催し、伊方原発と広島の危険について公表されているデータをもとにした報告を中心に質疑討論することにしている。

 伊方原発3号機は、8月12日に再起動して原子力規制委員会の最終検査「起動後検査」に入り、22日には100%の定格熱出力に達し、9月7日には規制委規制基準適合性審査の最終段階「使用前検査」に合格、直ちに通常営業運転再開(再稼働)に入っている。

 一方で市民側は、3月11日に伊方原発広島裁判原告団が伊方原発運転差止提訴と原告団が選出した申立人が3号機の運転差止仮処分の同時提訴をしたあと、5月31日には松山の市民が松山地裁に3号機運転差止仮処分を申し立て、さらに6月29日には大分の市民が大分地裁に同仮処分を申し立てるなど、「伊方原発包囲網」を敷いている。四国電力が営業運転を再開したばかりの3号機の運転を継続するためにはこの3件の仮処分申立事件に連続して勝ち抜かねばならない。3号機の運転が継続できるかどうかは予断を許さない。
by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:29 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
http://saiban.hiroshima-net.org/pdf/20160913.pdf

勝てば伊方3号機即時停止です。

仮処分の第四回審尋が本日9月13日(火)、広島地裁で行われます。
記者会見も行われます。

by hiroseto2004 | 2016-09-13 12:46 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
安倍総理が、またもやバラマキです。

エジプトで博物館のために500億円を供与。

そしてラオスに飛んで、犯罪者殺戮で国際的な非難を浴びているフィリピンのドゥテルテ大統領に大型巡視船供与を約束。

中国の海洋進出に対抗するためという大義名分なのでしょうが、そもそも、ASEANと中国で交渉中の案件について、日本がどちらかに肩入れするのは如何な物か。

そして、ドゥテルテ大統領自身も、国連を脱退し、中国と別組織を立ち上げるなどとぶち上げたばかりの方です。ドゥテルテ大統領も無名から大統領にのし上がった男。日本と中国を天秤にかけ、まんまと金を巻き上げようとしたたかなのではないか?

そもそも、日本国内でこれまで「財源がない」と教育や社会保障予算をけちってきたことと、整合性がとれません。

財源がないというのは嘘ですよね?総理!



by hiroseto2004 | 2016-09-07 06:38 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback

■愛媛県ではデモは歩道を歩かされる

昔、伊方原発反対闘争で松山に行き、デモに参加しました。そこではデモ隊は、歩道を歩かされました。
全国でも異常です。


愛媛県は、昔から文科省出身のゴリゴリの右翼でいらっしゃる加戸守行知事(当時)を自民党はともかく社民党も含めて推薦したり、今では高校生の政治活動を届けさせたりと、政治風土が異常な県だとは思ってました。

白石知事(当時、故人)が新聞を出入り禁止とか、おかしいことだらけの愛媛県政の歴史です。

今の中村知事も変です。
伊方原発について、
「福島のようになることはない」
と断言しておられるけど大丈夫ですかね?

しかし、冷静に考えると、今日の愛媛県は明日の日本全体かもしれない。

「安倍総理の政治が続いたら、北朝鮮のようになる」と言うのはいくらなんでも大袈裟でしょう。ですが、今の愛媛県みたいな感じになるような可能性は高いですね。


by hiroseto2004 | 2016-09-01 15:06 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
日ロ首脳会談が12月に山口で開催されることが発表されました。

故郷の山口にロシアの大統領を連れて行く。

安倍総理が世界で一番好きな人物は(深層心理で)プーチンであることが明らかになりました。

オバマでもなければ、欧州の誰かでもない。プーチンこそが安倍総理が一番好きな人なのです。

曲がりなりにも一党独裁を一度は打破した国・ロシア。
日本もまた、自民党「独裁」を2009年に打破しました(細川政権もありましたが、自民党が衆院で第一党を陥落したのは2009年が初めて)。
しかし、その後、ロシアではKGB出身で旧体制を象徴するような男・プーチン大統領が長期政権を築いています。

そういう意味で「自民独裁」を復活し、さらに強化しようとしている総理にとってはプーチンという男は、モデルであり、世界で最も尊敬する男ではないでしょうか?
故郷に錦ならぬ「プーチン」を飾る。そのことが、安倍総理にとって、人生最高の幸せではないかと思うのです。

しかし、世界に対しては、「安倍が一番好きなのはアメリカでも中国でもない、ロシアだ」ということを宣言することになります。

別に、ロシアと関係を改善するなというつもりはありません。相互依存が強まっている現代世界で、関係の円滑化はどの国とも必要になってくる。

しかし、それはそうとしても、「プーチン大統領を手放しで持ち上げるかのような」雰囲気になるのはまずい、と思うのです。

安倍総理だけでなく、反安倍、反基地、反原発を主張する人たちの中でも、反米の勢い余ってプーチン大統領や、やはり同様に最近反米色を強め、ロシアに「降伏」したトルコのエルドアン大統領を持ち上げたり擁護したりする向きがちらほらある。

アメリカのやってきたことは、矛盾がありまくりなのは事実です。ですが、勢い余って、メディアを抑圧したり、原発を推進しまくるプーチン、エルドアン的な指導者を右は安倍総理から左は反安倍・反原発・反基地派まで含めて持ち上げたり擁護したりする風潮には違和感があります。

ただし、小泉政権時代あたりと比べると、積極財政で、田舎にもばらまいてくれるかのごとき幻想を抱かせつつ、外交面でも小泉さんのようなアメリカ一辺倒ではなく、ロシアなどとバランス良く外交を展開しているように「見える」安倍総理は「微妙に得点を稼いでいる」感はあります。

かつての自民党、すなわちアメリカ一辺倒の小泉さんあたりが登場する前で、それなりにバラマキをやっていた時代の自民党への回帰を期待する有権者も一定程度いる。
そのことには、注意を払わなければならない。

やはり、きちんと、内政面では、総理の「財政出動の中身」を問うていき、対案=個人の尊厳を守る予算組み替え=を提案していくこと。
外交面ではトルコへの原発輸出などについて、きめ細かな検証と批判をしていくことが必要ではないでしょうか?








by hiroseto2004 | 2016-08-31 23:28 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback

伊方原発で早速の事故

伊方原発で早速の事故発生です!何もないで水が漏れる原発設備。

地震があったらどうなるか?

震度7どころか震度6弱~5強程度の(実は伊予灘や豊予海峡を震源とする震度6弱程度の地震は歴史上は割合頻繁に発生している)程度の地震でも危ないのではないでしょうか?

本社関連記事


伊方原発3号機で排水漏れ 四国電「環境への影響なし」

四国電力は26日、伊方原発3号機(愛媛)で装置を洗浄した排水(推定約1・3立方メートル)が漏れたと発表した。配管のつなぎ目にすき間が生じたという。3号機は12日に再稼働し、9月7日から営業運転を始める予定だが、日程や環境への影響はないとしている。

2016年8月26日21時12分http://www.asahi.com/articles/ASJ8V62RSJ8VPLXB00K.html









by hiroseto2004 | 2016-08-27 22:13 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
e0094315_13164233.jpg
伊方原発が8月12日、運転を再開してしまいました。
そうした中で伊方原発運転差し止め広島裁判の第二回口頭弁論が広島地裁で行われます。
本日は被告四国電力がどう弁解するか注目です!

by hiroseto2004 | 2016-08-22 13:16 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback

2016年8月15日、伊予灘でM4.3地震の際の伊方原発情報



http://www.pref.ehime.jp/h99901/kouhyou/kouhyou280815.html

[異常の内容]
8月15 日(月曜日)13 時56 分、四国電力(株)から、伊方発電所の異常に係る通報連絡がありました。その概要は、次のとおりです。
1 8月15 日(月曜日)13 時36 分頃、伊方発電所において、5ガル(1号機)、5ガル(2号機)および4ガル(3号機)の地震を感知した。
2 伊方発電所1、2、3号機に異常はない。(中央制御室でプラントパラメータを確認)
3 地震による環境への放射能の影響はない。
県としては、職員が伊方発電所に立ち入り、現場の状況を確認しております。
また、環境放射線テレメータ装置により、周辺環境放射線等に異常のないことを確認しました。
(参考)
周辺の県設置震度計計測値(水平方向最大加速度)
・伊方町湊浦 18.5ガル(震度2)
・伊方町三机 21.5ガル(震度2)




More
by hiroseto2004 | 2016-08-17 22:28 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
関連記事

15日14時頃、伊方原発が発送電を再開しました。
その直前の13時36分、原発すぐそばの伊予灘を震央にしたマグニチュード4.3の地震が発生しました!

周防大島で震度3。震度2を広島県広島市安芸区、府中町、東広島市(西条)、呉市倉橋町、呉市音戸町や安芸高田市向原町、山口県岩国市、上関町、宇部市、下松市、愛媛県今治市や伊方町、八幡浜市、松山市の一部、高知県宿毛市、福岡県行橋市、熊本県高森町、大分県豊後高田市、国東市、姫島村などで観測。山口、広島、島根、岡山、愛媛、高知、香川、徳島、福岡、大分、熊本、宮崎各県の広い範囲で震度1を観測しました。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-15 20:17 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback
「中央構造線」地震活発化の中、伊方原発再稼働を強行・・・広島から最も近い原発

【伊方原発の再稼働をやめろ!】

8月12日9時頃、広島にもっとも近い原発・伊方原発3号機の再稼働を四国電力が強行しました。

今、熊本大震災など活動が活発化している「中央構造線断層帯」の真上にあるのが伊方原発です。

もし、大地震が発生すれば、瀬戸内海も汚染され、広島も大きな被害を受けるでしょう。

その原発再稼働に抗議する座り込みが正午過ぎ、原爆慰霊碑前で行われ、本社社主も参加しました。

e0094315_14261372.jpg


座り込みの途中で年配の観光客男性がお茶を差し入れてくださいました。ありがとうございました!
e0094315_14264021.jpg


e0094315_1427172.jpg
(取材を受けている金子哲夫・県原水禁代表(元衆院議員))


同じころ、中区本通の電停近くでも「さよなら原発ヒロシマの会」が中心となって抗議の街頭宣伝を実施しました。
e0094315_14402611.jpg
(写真、つくだ守生さん)。


伊方原発は佐田の佐田岬半島の付け根にあり、原発震災になった場合、原発の前を通って避難しなければいけない人が多数おられます。
船で大分県へ避難しろといっても、震災であれば大津波が海岸に押し寄せる可能性が高いので難しい。
さらに、原発には裏山が迫っており、事故の際、福島と違い、汚染水をためておく場所はありません。
さらに裏山そのものが熊本大震災の阿蘇山のように崩れる危険があります。
多くの危険性を抱えたまま、無理矢理今日、再稼働されます。
広島でも同原発の運転差し止めを求める裁判が提起されています。
http://saiban.hiroshima-net.org/

仮処分の申請も申し立てられています。裁判所におかれては早めの判断をお願いします。


More
by hiroseto2004 | 2016-08-12 14:27 | 小説 日本を滅ぼした総理 | Trackback