「ほっ」と。キャンペーン

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:安保法案( 134 )

■ ●2月19日(日)には「19の日」行動として、街頭宣伝を行
■ います。この日は日曜日のため午後2時から3時まで。
■ 広島市本通り電停、洋服の青山前。国会で問題となってい 
■ る「共謀罪」について弁護士の人たちと一緒に訴えます。
■      主催:ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会
by hiroseto2004 | 2017-02-19 10:52 | 安保法案 | Trackback
政府による派兵の理不尽さが自衛官サイドの暴走を後押しする

南スーダンで「戦闘」と書かれた日誌が発見されたのが、一ヶ月大臣への報告が遅れ、問題となっています。

さて、そもそも、なぜ、こういうことがおきるのか?

その一つは、「理不尽な海外派兵」そのものではないか?と思うのです。

だいたい、PKOは装備はせいぜいが、機関銃です。限られています。しかし、現地でドンパチやっている勢力は、戦車や機関砲まで持っています。

 こんな状況で、駆けつけ警護しろ、と言われても「死ね」と言っているようなモノですよ。相手が山賊ならともかく、戦車まで持っている本格的な軍隊なら、とてもではないが歯が立たない。

 ハッキリ言ってしまうと、こういう状況になったら、撤退一択でしょう。

 あとは、アメリカ軍かロシア軍が、国連のお墨付きを得て、最新鋭の航空戦力で空爆するくらいしか、「外部者が軍事的に介入」する方法はないでしょう。いずれにせよ、日本の自衛隊も参加する現在の「PKO」の枠組みで出来る話ではない。米露両国くらいしかその能力は無い。(それはもちろん、イラクやシリアの悲劇の繰り返しになってしまうので、反対ですが。)

ところが、事ここに至っても、安倍総理や稲田防衛大臣らが、屁理屈を繰り返すから、現場の方も「それじゃあ、俺たちも少々勝手なことをして何が悪い」という気分になり、統制が及ばなくなっていくのではないですか?

本当に、危ない状況に来ていると思いますよ。


by hiroseto2004 | 2017-02-15 14:51 | 安保法案 | Trackback
日本政府によると南スーダンでおきていることは「戦闘」ではなく「衝突」です。

自衛隊員万が一亡くなった場合(そういうことはおきてはいけないが)、「運悪く衝突に巻き込まれた」事故死という扱いにしかねないのではないか?

今の日本政府にかかれば、
「自衛隊員は副大統領派の戦車により、大統領派と誤認されて撃たれた」(←実際には、無茶苦茶敵扱いされていても)とか言いかねない。

さすがに、戦死者を自殺と誤魔化すのは難しいでしょうが、「誤認して撃たれた」ぐらいの誤魔化しかたは出来るのではないか?本当に危ない状況にあると思います。

by hiroseto2004 | 2017-02-13 18:42 | 安保法案 | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは、2017年2月12日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施。
e0094315_13532141.jpg



「トランプ大統領の別荘に歓迎されゴルフまで一緒にしたそうだが、浮かれている場合ではない。宿泊ゴルフ代は51兆円だ。それも総理のポケットマネーではなくみなさんで積み立てた年金からだ。」
「金を出してくれる人を歓迎しない人間などどこにもいない。それだけのことだ。」
と指摘。
その上で
「総理は、原発を買ってくれる外国に何兆円、何千億円とばらまいてきた。総理が親しい原発関連会社だけが儲かるような話だ。」
「本来であれば国民の生活不安を解消する方向に使うべきなのにあべこべだ。」
と批判。
原発輸出についても
「そもそも、アメリカの原発事業で東芝は7000億円、日立は700億円損している。しかも、国内の原発事故の収束の見込みは立たない。福島第一原発2号機では余りに高い線量でロボットも動かないそうだ。」
と紹介。総理のお金の使い方のあべこべさと、道理の無さを指摘しました。

二番目に、稲田防衛大臣の南スーダンについて「法的には戦闘ではない」という発言について「言葉遊びをしている場合ではない。今の南スーダンは日本でたとえれば自衛隊が安倍総理派と麻生副総理派に分かれて内戦をしているような話だ。装備も戦車や機関砲など本格的だ。機関銃などがせいぜいのPKOの自衛隊など、駆けつけ警護云々(うんぬん)といっても、やられてしまう。撤退を。」
と迫りました。
さらに、日本の共謀罪導入の動きとアメリカの7カ国からの難民・移民の入国禁止の大統領令を批判。
「共謀罪は、『テロ予防のため』『一般人には及ばない』と政府はいうが、実際には戦時中の治安維持法のときも同じような説明を政府はした。実際に、戦時中でも、吉田茂さえもが逮捕されている。」
と紹介。
「そもそも、現代のテロは、共謀と言うよりは、追い詰められた個人が、ひとりでトラックで突っ込んだり自爆したりする例も多いので、共謀云々も関係ないだろう。」
と指摘。
トランプの大統領令についても
「911テロの被疑者の多くがサウジアラビア人のお金持ち家庭のいわゆるニートだったし、パリのテロはフランス人やベルギー人が被疑者だった。後藤健二さんを惨殺したのはイギリス人だったと言われている。」
と指摘。
「それなのに、イランやイラクやイエメンなどの人の入国を拒否するのはテロ防止という目的からしても疑問だ。」
と批判しました。
その上で、
「そもそも、トランプのような過激な男が大統領になったり、若者も年配者もテロに走るのは、生活不安、将来不安も大きい。生活不安・将来不安の解消こそ、戦争やテロを防ぐ。」
などと指摘しました。
そして、「余った官僚を天下りではなく介護や保育、ケースワーカーや労基署などへの再配置する」ことなど、介護や医療、教育の充実、労働環境の改善へ向けた本社の社論を訴えました。


by hiroseto2004 | 2017-02-12 13:57 | 安保法案 | Trackback
■小泉純一郎の「自衛隊がいる地域が非戦闘地域」もひどかった。

小泉純一郎総理(当時)が、2004年、イラク派兵の時「自衛隊が活動している地域が非戦闘地域」などと答弁しました。

唖然としたのを覚えています。

しかし、その小泉さんが翌2005年のいわゆる郵政選挙で擁立した稲田朋美さんが、さらに十数年後、防衛大臣となり、「師匠」を上回る詭辯を弄するようになりました。

南スーダンでおきたことは、「法的には戦闘ではない」。
だから、PKOの五原則には違反しないのだと。

あまりにも人を食った答弁である。師匠が師匠なら弟子も弟子ですね。

思えば、あのとき、きちんと、国民が小泉総理の首を取るべきだった。
それどころか、2005年の郵政選挙で小泉さんを圧勝させてしまった。
そんなことだから、「弟子」の稲田防衛相らが国民を舐めくさるのも当たり前かもしれませんね。


by hiroseto2004 | 2017-02-09 13:13 | 安保法案 | Trackback
総理、「辞任覚悟」ではなく撤退してください。
総理の派閥の先輩の福田赳夫元総理は「人の命は地球より重い」とおっしゃいましたね。
まして、内閣と比べものにはならないでしょう。
 安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている自衛隊に死傷者が出た場合、首相辞任の覚悟を持つ必要があるとの認識を示した。「辞任する覚悟はあるか」との質問に対し、「もとより(自衛隊の)最高指揮官の立場でそういう覚悟を持たなければいけない」と述べた。


by hiroseto2004 | 2017-02-02 11:51 | 安保法案 | Trackback

アベ政治を許さない

2月3日(金)

   12:30~13:00

   広島本通り電停前

スタンディング・アピール


by hiroseto2004 | 2017-01-31 17:27 | 安保法案 | Trackback
e0094315_19482747.jpg
1月19日、広島市中区の二か所で「ストップ戦争法!広島実行委員会」主催で安倍政権打倒・安保法廃止を求める「19の日」行動が行われました。

メンバーは「南スーダンの状況は、PKOの五原則に抵触する状況だ。昨年7月には、国連職員やNGOメンバーが殺害・強姦される事件があったがその時には政府軍が戦車や重機関銃で攻めてきた。たとえ、駆け付け警護に行ったとしても自衛隊の軽機関銃では対抗できない。多くの死者が自衛隊に出るだろう。」と指摘し、自衛隊の南スーダンからの撤退を求めました。
また、男子高校生も参加し、「昨年の参院選は投票率が低かった。若い人が自分たちの未来に関心を持ち投票に行かないといけない。」と力を込めておられました。
本社社主のさとうしゅういちも
「安倍総理は先日もフィリピンへ行って1兆円の援助を約束した。だが、ドゥテルテ大統領に『ミサイルはいらない』『第三次世界大戦は見たくない』『外国軍人のいない国にしたい』とたしなめられた。」
と紹介。
「『ミサイルを売る』とまでは安倍さんも言ってないかもしれないが、軍事援助を背景にフィリピンをけしかけようとした可能性は極めて高いだろう」
「安倍総理は、フィリピン以外にもお金を外国にばらまき、お仲間の企業に武器を売らせて儲けさせるとともに中国包囲網に参加させようとしているが、迷惑がられているのではないか?中国が南シナ海でやっていることは問題だがだからと言って、日本が東南アジアの国々をけしかけて中国と仲たがいさせようとするのはおかしいし、そんな手にのる国はないだろう。ドゥテルテさんも、貧困や犯罪をなくし国民の生活を向上させることで手いっぱいで、安倍総理の戦略に乗っている暇はないだろう。」
と指摘。
さらに
「総理の外交で、武器輸出企業は儲かるかもしれないが、それでフィリピンでも日本でも一般庶民が潤うことはない。そもそも大手企業がもうかれば一般庶民も潤うというトリクルダウンは、提唱者の竹中平蔵センセイ自身が否定しているではないか。」
と訴えました。
そのうえで、
「ドゥテルテ大統領は確かに、犯罪者を裁判なしでぶっ殺すなどやりすぎの面はあるが、日本とも中国ともロシアとも仲良くしようとするなどバランスを取っている。」
「フィリピンと日本、どちらが、平和憲法を持つ国かこれではわからない。恥ずかしいではないか?ドゥテルテ大統領にわざわざ『ミサイルはいらない』などと言わせない日本にしよう。」
と呼びかけました。


by hiroseto2004 | 2017-01-19 20:03 | 安保法案 | Trackback

1月19日(木)

本日は「19日の日」行動があります。

■ 午後5時30分~6時30分 

■ 「戦争させない1000人委員会」は八丁堀福屋前、

■ 広島県9条ネットは本通り電停「洋服の青山」前

■ 主催は、ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会


by hiroseto2004 | 2017-01-19 07:28 | 安保法案 | Trackback

南スーダンに関して言えば、アメリカ従属云々というのはあてはまりません。

正直に申し上げて、安倍政権が歴代自民党政権や民主党の特に野田政権と比べて取り立てて「対米従属度」が高いとは思えません。

安保法も、左派・リベラル派の懸念は「アメリカに従属して海外派兵」でした。

しかし、ここにきて、アメリカのいうことさえ無視して、南スーダンへの武器禁輸に対して棄権するなどしています。

米国連大使南スーダンの任務「PKO任務の中で最悪」

米国のパワー国連大使は13日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)部隊が現地政府に移動を制限され、許可を得なければ市民保護もできない状況になっていると明らかにし「実際に見たPKO任務の中で最悪の状況だ」と述べた。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170114/k00/00e/030/147000c#csidxf2dd75b89d261e0ab6813db6b403a98
Copyright 毎日新聞




by hiroseto2004 | 2017-01-15 19:22 | 安保法案 | Trackback