エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:思想・哲学( 144 )

嗚呼、「不寛容社会ニッポン」・・・二人の「ハシモト」と「昼メシも食えない」消防団員

https://togetter.com/li/1104574

不寛容社会もここまで来ると、本当に、業務にも支障が出てきますね!

消防団員・消防署員も(警官も)ロボットじゃあるめえにメシくらい食うだろうが!

最近では運転士が水分を取れないで倒れるという事件もあったそうで。運転士も水分くらい取ろうが!

一々ご説明しなければならないのだから。大変ですね。

こうやって、お互い首を絞め合っているんですよ。

まるで、戦時中の日本のようではありませんか?

共謀罪で密告社会になるというけど、既に日本は密告社会で、しかも濡れ衣の密告で、謝罪しなければいけないというトンデモねえ社会になっていますね。

こういう風潮の元で、
「無駄に見えるものは全て排除せよ」
という話になり、しまいに
「植松聖」
みたいに
「障がい者は無駄だ!」と勝手に判断し、虐殺をやらかす輩も一定割合で出てくるわけですわ。

振り返ると、昔のニッポン(ポストモダニズムが入ってくる前)もムラ社会で個人が尊重されていたとは言いがたいでしょう。しかし、他方で、「なあなあの部分」があってそれで救われている部分もあったのです。

もちろん、それは腐っていると言うことで、ポストモダニズムにより、1990年代以降、糾弾されました。

そのポストモダニズムを代表する政治家が橋本龍太郎(はしもと・りゅうたろう、故人、運輸大臣→総理)です。橋本は国労をやり玉に挙げる世論をバックに国鉄を解体しました。

もちろん、1990年代の「橋本行革」を通じて、裁量行政とか口利きで結果が左右されるとかそういう腐った面が是正された面もあったのは事実だと思います。2000年代前半を席捲した小泉純一郎さんも、基本的には橋本の新自由主義行革路線を継承した形です。

しかし、2000年代半ばくらいだろうか、新自由主義の影響が徐々に効いてきてで人々に余裕がなくなってくるにつて、他者の「動物としての生存や安全な業務遂行に最低限必要なこと」まで非難するような流れが出てきました。

そんな流れに乗っかったのがもうひとりのハシモト、橋下徹(はしもと・とおる)さんです。公務員に対して厳しい風潮を橋下さんがつくったことは、彼の支持者も彼の反対者も、誰も否定は出来ないでしょう。

もちろん、格差を放置してきた既存労組、ことに連合もひどかったのは否定できません。
あのころ、保守系だけでなく、革新系でさえも、年配者の中に「今頃の若いヤツは自己責任だ。」という風潮があったのも記憶しています。
だからこそ、あのころ(2000年代末~2012年頃)、橋下さんを支持した特に若手の非正規労働者たち、彼らを代弁していた団塊ジュニア世代の活動家たちの気持ちはよく分かります。

わたし自身も「既得権益を打倒すべきだ」「既成政党に天誅を加えるべきだ」という趣旨の彼らの主張を「了」としたことは事実です。

結局の所、既存労組や既成政党に「天誅」を加えただけでは生産的ではなく、とんでもない腐敗政治家・安倍晋三さんを蘇らせる結果となったことは痛恨であり、反省しなければならない。

他方で、人々に余裕がないために、ますます、身近な他者への不寛容は増すばかりでした。

ただ、身近な運転士や消防士や警官には不寛容なのに、あるいは、保育園をつくることにさえ不寛容なのに、なぜか、安倍晋三夫妻の国家私物化には寛容という倒錯した状況が生まれているのが現状ではないでしょうか?


by hiroseto2004 | 2017-04-30 21:45 | 思想・哲学 | Trackback
関連記事
もうすぐメーデー!「個人の尊厳」を守る運動を!
【備忘録】2.26事件の青年将校(皇道派)と我々団塊ジュニア世代の一部反体制陣営人士の誤り・・正義感の勢い余って「既成政党・既得権益打倒至上主義」に走り、「東條」と「安倍」をアシスト

【備忘録】「個人の尊重」求め「既成政党に天誅!」だった団塊ジュニア以下の橋下支持者
年配の左翼の中でよく「橋下を支持する人なんて分からない」という人がおられる。
橋下徹についてはわたしも支持はしない。しかし、特に団塊ジュニア世代以下で支持する人の気持ちは「わかる」。
橋下さんとか(もう消滅しましたが、みんなの党)を支持していたような人、あるいは、その活動家、地方議員などでも、籠池のおっさんの周辺のような、利権目当ての人もいるが、一方で「純粋な気持ち」で支持した人も多くいることは
事実です。
その純粋な気持ちとは、ざっと要約すると
「個人を尊重しない既存の組織」に対して「失望」し、「既成政党に天誅」を加えることで、「個人が尊重される日本、大阪」をつくろうとしたということです。
大手企業や、正規公務員、大手企業正社員以外に目を向けられない組織の限界は確かにあったと思う。
特に団塊ジュニア世代は、就職氷河期にぶち当たり、「大手企業正社員や正規公務員になれないと悲惨」という日本の社会保障などのあり方の問題点をまざまざと感じたのである。
組織ではなく個人を尊重する日本。
民主党は「国民の生活が第一」を旗印に、そうした声をくみ上げた面はあったが、ほどなくぐだぐだになってしまった。
そこで、橋下さんらに期待する流れになった面は大いにある。
戦前で言えば、青年将校の流れである。天皇を担ぐ形式を取ったリベラル社民主義者が、「既成政党」「腐敗分子」に「天誅!」を加えたのが2.26事件である。
2010年代の今は「天誅!」の対象になったのは民主党をはじめとする既成野党であり、連合・自治労/日教組をはじめとする既存労組である。担がれた橋下徹さんや河村たかしさんらはさしづめ、「真崎甚三郎大将」であろう。
しかし、戦前の青年将校も、2010年代の団塊ジュニア活動家も勝者にはならず、戦前は東條英機ら「統制派」、2010年代は安倍晋三ら(バブル世代のエライ人中心の)自民党をアシストするだけになったのは痛恨の極みである。
1941年の日本は対英米戦争を開始し、2014年の日本は対IS戦争に参加することになってしまった。
年配左翼の綱領は平和主義。行動様式はガチガチの組織。
団塊ジュニア世代以下のの活動家の綱領は「個人の尊厳を守る」
である。
本当は両者の良い面がハイブリッドされるような大衆運動が出来れば、橋下徹もあそこまでウケることはなかったと思う。
だが、残念ながら、「我々」団塊ジュニア世代以下は、「平和でなければ個人の尊厳は守れない」ことを見落としがちだったし、年配左翼は、「正しいことを言えば、下の者はついてくる」と勘違いしていたと思う。
わたくし自身は、もちろん「団塊ジュニア世代活動家」であり、既成政党、既成労組には「個人の尊厳を守る」観点から批判的なスタンスであった。しかし、既存物への「天誅!」を是認したと受け取られても仕方のない言動はあったし、「天誅!」の結果、反自民票が割れて、自民党・安倍晋三をアシストしたことは誤りであって率直に反省しなければならない。
他方で、年配左翼の皆さんも、頭から「橋下支持者拒絶」ではなく、上記のように「個人尊重」を求めて純粋な気持ちで橋下さんを支持した人も特に団塊ジュニア世代以下には多かったことを前提として、個人を尊重するような運動のあり方を追求して頂きたい。いままでのような「ガチガチに組織化」するやり方は時代になじまないことは確かなのだから。

by hiroseto2004 | 2017-04-29 22:25 | 思想・哲学 | Trackback

ルペン・トランプには批判的だが田舎を馬鹿にする首都圏の某知識人よ! あなたもルペンと一緒だ!

ルペンやトランプを批判しつつ、田舎を馬鹿にしている首都圏の若手知識人がおられる。
この某知識人は、安倍晋三さんを批判する一方で、西洋的な者を持ち上げまくる傾向がある。自民党は嫌いだが小泉純一郎さんを持ち上げておられた。ということは、小池百合子さんとも親和的な可能性が高い。
その某知識人はかつてはブログをやっておられたが、数年前、突然閉鎖され、現在はブログ以外のネット媒体で活動しておられるようである。名指しは避けておくが、そのブログの末期には、随分ひどいことを書いておられたものだ。
要約すると、
「田舎から首都圏に人が入ってくるから首都圏の洗練された文化も田舎のファーストフード的な文化に侵略されていく」
という趣旨の放言をされていた。
わたしはびっくりした。え、この人いわゆるネトウヨなのか?
でも、安保法には反対していたし、シールズも持ち上げていたのに・・。わたしは一瞬混乱した。
しかし、以下のような認識に至って、すとんと落ちた。
某知識人の考え方って、ルペンそのもの、ということで説明つくやんけ。
ルペンの場合は旧植民地(主にアフリカ)や他のEU諸国(サルコジ前大統領はハンガリー移民)からの移民、某知識人の場合は、日本の地方から東京への「移民」(転入者)を馬鹿にすると言うより、恐怖の対象にしているという感じがする。
「田舎者は江戸の文化を壊すから江戸から出ていけ!」
というわけですか?
この某知識人は安倍自民党には批判的で、シールズを持ち上げる一方、小池知事にはおそらく親和的と見られる。
しかし、内実はルペンそのものである。
もちろん、フランスに移民や難民を送り出している国は問題ありまくりだし、日本の田舎の自治体だって問題ありまくりですよ。
それこそ、籠池のおっさんみたいのが議員として大手を振っている田舎の自治体なんていくらでもある。
だけど、それを、フランスのファシスト・ルペンや、首都圏の某知識人にあれこれ言われる筋合いの問題ではない。
難民は、もとをたどれば、フランス帝国主義の侵略戦争によって生じたのではないかね?
そして、田舎のファーストフード化だって、首都圏の大手企業が経済的に侵略するために、大店法を撤廃したことも背景にあるわけですよね?田舎の腐った政治風土に便乗して原発を押しつけてきたのも都会人ではないのか?
あなたの安倍晋三批判そのものは表象においてのみ、同意するが、その文脈は、ルペンの移民批判とうり二つなのである。
西洋的なものばかり持ち上げ、田舎を馬鹿にするというのでは、あなたもルペンと一緒である。


by hiroseto2004 | 2017-04-27 14:32 | 思想・哲学 | Trackback

【備忘録】旧・新自由主義「農民や医者や中小企業や地域ボスの既得権益打倒!」と新・新自由主義「自治労・日教組打倒!」

旧来自民党=大雑把に言って田舎や下町のオヤジ(既得権益者)主導

旧・新自由主義・・「農民や医者や中小企業や地域ボスの既得権益打倒!」が主な方向性

新・新自由主義・・「自治労・日教組打倒!」が主な方向性

■旧・新自由主義・・小池百合子ら

自民党的な「農民や医者や中小企業や地域ボスの既得権益」に対する大都会のインテリの反感。1980年代以降は、主に、情報公開や環境などの面では一定の成果を上げた面もある。

経済面では新自由主義的。
腐敗除去、情報公開や環境の面では一定の成果。
新自由主義的新党=大都市のインテリ(大手企業正社員)が支持基盤。小池百合子、前原誠司(社民主義転向前)ら。
公明党も「田舎の既得権益に打撃を加えることで大都市居住者が多い学科員の利益」を図るため、新自由主義を支持。
都会の一部極右は、自社さ政権に日本社会党と連携する旧来自民に反抗する意味で新進党や民主党に参加。
新進党=大都市インテリ+大都市低所得者(学会員)+極右というサンドイッチ構造。
タカ派と個人尊重の社会政策を組み合わせた立憲民政党的立ち位置。

ネットワーク運動系=大都市のインテリ男性の妻が中心。
正規公務員(自治労、日教組の構成員)も、国労弾圧には冷淡で、農民や中小企業などの既得権益がつぶれて物価が安くなれば良い、くらいの感覚あり。
1990年代後半には、共産、新社会以外は橋本自民党の構造改革翼賛に。
2001年以降は、小泉純一郎が完全に新自由主義の旗を簒奪。
小池百合子らも合流。

■新・新自由主義・・橋下徹ら

2000年代に入り格差が拡大。
民主党(小沢入党後)が社民主義的路線に転換。
他方で、格差拡大を背景に、今度はフリーターや没落自営業者が新自由主義へ流れる傾向
橋下徹、渡辺よしみら。

小池百合子都知事=旧・新自由主義の色彩強く。連合や生活者ネットなども取り込む。

橋下徹=新・新自由主義のチャンピオン。


安倍晋三=田舎や下町のオヤジの代表。どちらかといえば、橋下と小池なら橋下にシンパシーか?


by hiroseto2004 | 2017-04-25 21:27 | 思想・哲学 | Trackback

筒井康隆にどうせならしてほしかった発言

「みてみろ!いま、俺が「無人警察」で訴えたかったような監視社会になりつつあるじゃないか?」
筒井康隆にどうせ放言するならいまして欲しかった発言だった。

「噂の真相」や「文学部唯野教授」でバブル期に一世を風靡した作家で俳優の筒井康隆。

彼の「少女像」を巡る恥ずかしい発言。だいぶ時間が経った。




More
by hiroseto2004 | 2017-04-21 12:40 | 思想・哲学 | Trackback
「忖度」(そんたく)と言う言葉が流行語になりかねない昨今の日本。

やはり、根本的な問題は、「マスコミを先頭に、政治家も、人々も、「偏っている」との批判を恐れ、「公正中立」を装うとしている」ことがあるのではないでしょうか?

そうではなく、自分の立場をハッキリさせて、忌憚なくモノを言った方が潔いし、生産的ではないでしょうか?
お互いに「ああ、こういう考えでモノを言っているのだな」ということで「同意」はせずとも「理解」は進むのではないでしょうか?

そのことを強く感じる次第です。

日本では、古来からのムラ社会に加え、冷戦崩壊以降、ポストモダニズムが導入され、「マスコミを先頭に、政治家も、人々も、「偏っている」との批判を恐れ、「公正中立」を装うとしている」傾向が強まったのではないかと思います。

広島瀬戸内新聞は、今後とも、創刊以来「打倒GIANTS・脱GENPATSU(原発)社会・脱G(自)民党政治・CARP応援・C(市)民政治推進」を社是をハッキリさせた上で、忌憚なく情報を受発信して参る所存です。

e0094315_14284196.png

by hiroseto2004 | 2017-04-20 14:28 | 思想・哲学 | Trackback
人口減が大変だと言いつつ、AIで雇用が失われる、などと騒ぐのは止めて欲しいと思います。

人口減少による労働力減少効果と、AIによる必要労働力低下効果が上手く相殺されれば良いじゃん。
そう単純に思いますがいかがでしょうか?

たとえば、介護で言えば、デイサービスの送迎車の運転を介護士がしている実情があります。しかし、加重負担になり
事故の元になっていますし、そこまでの過重労働を嫌がって辞める介護士も多い。
しかし、自動運転が可能になれば、介護士は、乗降介助に特化すればいいのです。

さらに、世界的に高齢社会になっていくのですから、たとえば、要介護状態が重い人でも、気楽に日本に観光に来て頂くとかそういう方向へ向かえば良いと思うのです。運転士の役をしていた人が、介助役に回れるようにすれば良いのです。

もちろん、人口減少で足りなくなる労働と、AIで減少する必要労働力にミスマッチが生じることはあり得ます。
ですから、人々が転職しやすい環境を整備すれば良いのです。

具体的に言えば、セーフティネットは、特定の会社に所属することではなく、個人単位で保証されるようにすればいいのです。企業主義から個人主義への転換です。

繰り返します。マスコミや政府は、人口減少が大変だと言いつつ、AIで雇用が失われる、などと騒ぐのは止めて欲しいのです。

by hiroseto2004 | 2017-04-17 14:31 | 思想・哲学 | Trackback
「橋下的な雰囲気を恐れて組合旗をたたんだ」のなら、反省しないといけない

本社社主(元連合・自治労広島県職員連合労働組合支部執行委員/労働組合・生存のためのメーデー広島実行委員会執行委員長/自治労連広島介護福祉労組組合員)
さとうしゅういち

2011年から2013年頃、とみに、デモなどにおいて「組合旗厳禁」ということが一世を風靡したことがありました。本社(広島瀬戸内新聞)もそういった流れを「是」とした時期があったのは間違いありません。

もちろん、戦国時代のように、「**組合」「**団体」という旗差しものがやたら林立するデモに、一般人がなかなか参加をためらうのも分からないではありません。

また、「団体名」ばかりがめだって、そのデモの趣旨、たとえば「**法改悪反対」「シリア攻撃反対」とか「イラク攻撃反対」「共謀罪反対」などの政策スローガンが埋もれて何のデモをしているのか傍から見てわかりにくい、という笑えない実態もあるのも確かです。

しかし、そういうことを是正するなら良いですが、そうではない文脈で「組合旗(団体旗)」を厳禁していたのではないか?そうだとすると反省しなければならないのではないか?

2011年~2012年当時の時代状況を考えると、橋下徹さんがバカ受けしていた時代でした。

とにかく、「既成政党・既成組織に天誅!」「維新!」という雰囲気が充満していました。

そういうことに影響されて、組合旗をたたんだとしたなら、それは問題ではないか?そのように思うのです。

「俺は違う」と反論されるかもしれませんが、やはり潜在意識のどこかに「橋下徹がバカ受けする時代の雰囲気」にびびってはいなかったか?

本来、「掲げるスローガン」について、幅広い人々に賛同して頂くのが、目的とするならば、そういう工夫をすれば良いだけのことです。組合や団体の旗は「押さえ気味」にして、「当該デモのテーマ」を伝える表現を豊かにすればいいのではないか?

「既成政党・組織に天誅!」という雰囲気に流されて、市民の支持を得ようとしてもそれは一過性のものです。

そして、「天誅」を加えたところで、本当に高笑いしたのは、間隙を突いて2012年衆院選挙で復活した自民党・安倍総理でした。

その「天誅!」という雰囲気そのものも、「生存権を守る」ことに資するものではなく、その後、「生きることさえ既得権益呼ばわりして打倒しかねない」ことにつながりました。
「生きることさえ既得権益呼ばわりして打倒しかねない」というのは、長谷川豊さんや、相模原大虐殺の植松聖被疑者が良い例でしょう。植松被疑者などは、まさに「生きるという既得権益を打倒」してしまったのです。

そういう流れに実は、本紙も含むリベラル派が2011年から2013年前半頃の段階で迎合していたのではないか?そのように思うのです。

迎合した結果、「橋下徹」を調子に乗らせ、「森友問題」を引き起こし、2016年には「長谷川豊」や「植松聖」を発生させた原因の一部はわたしたちにあるのではないか?

いまこそ、そのことへの反省をしなければならないのではないか?

by hiroseto2004 | 2017-04-16 20:51 | 思想・哲学 | Trackback

崩壊の時代=お互いの悪いところをハイブリッドする時代
(敬称略)

【大日本帝国】
戦前
立憲政友会(田中義一)=内政保守、外交ハト派
立憲民政党(永井柳太郎)=内政リベラル、外交タカ派

戦中には両者がハイブリッドされ、「内政権威主義、外交もタカ派」で破滅へ。

【現代アメリカ】
クリントンらエスタブリシュメント(ネオコン)=多様性尊重、空爆しまくり
トランプ=人種差別しまくり、海外派兵は慎重
バノン失脚の結果・・・
人種差別しまくり+空爆しまくりの最悪のハイブリッドへ?

【現代日本】
戦後日本=一定の民主主義+一定の法の支配+対米従属
安倍晋三=国家主義+夫婦独裁+自主外交(対ロシアなど)

安倍晋三がいざ政権につくと・・。

国家主義+夫婦独裁+プーチンの靴もトランプの靴も舐め、ドゥテルテには手玉に取られる「献国」※

※「献国」=まだ領土を売って金をもらうとか、糸を売って縄を買う(佐藤A作)なら「売国」だが、領土も失い、金も失うから「献国」と定義した。

【シリア】
アサド=独裁+治安良好
反政府勢力=民主主義の志+統治能力なし

革命失敗、英仏介入失敗、ロシア介入の結果・・

独裁の恐怖にも治安の悪化にもおびえるシリア国民

アサド=独裁強化
反政府勢力=単なる盗賊状態

【世界共通】
ポストモダニズム崩壊の結果、人権や民主主義まで失われる状況

ポストモダニスト(クリントン、ブッシュ、シュレーダー、メルケル、ブレア、小泉(父)、小沢(民主党入党による社民主義転向※前)前原(社民主義転向前)、小池)=多様性尊重、民主主義を押しつけるため、空爆しまくりまたはそれを後方支援するために自衛隊派兵に積極的。経済政策は新自由主義。

2016年=ポストモダニズム崩壊。
トランプバカ受け。メイ、ドイツのための選択肢、オランダ自由党などの躍進。安倍晋三の安定政権。

その結果として、人権・民主主義が失われる危険。

※小沢一郎は、長年、ポストモダニズムのチャンピオンだったが、2003年の民主党入党時に横路Gに頭を下げ、社民主義寄り・護憲寄りに政策を転向させた。

「崩壊の時代」の特徴
 ・既存のものに不満でぶっ壊してみるが、次に登場したものが前より悪いという最悪な状況。
 ・既存のものの「悪」を正すのはよいが、既存のものの「良い面」(これまで積み上げてきたもの)まで吹っ飛ばしてしまう状況。


by hiroseto2004 | 2017-04-12 13:37 | 思想・哲学 | Trackback

筒井康隆という男を甘やかしてきた恥ずかしい日本


筒井康隆が、ここで、書くのも恥ずかしいような発言をした。


筒井と言えば日本の「逆張り系ポストモダン」のチャンピオンともいえる文学者であり、「文学部唯野教授」で一世を風靡し、「断筆宣言」では物議を醸した。


従来の常識を打破することを、格好いいとして持ち上げる気風が、いわゆるポストモダン時代にはたしかにあった。

筒井のような芸風を一言で表現すれば「露悪的な逆張り」である。


1990年代くらいは、それでも「それは洒落にならない」というのがコンセンサスとしてあった。

しかし、次第に、筒井のような人間が、段々思い上がって、まるで自分たちが主流であるかのように勘違いしてしまうことになっていった。

その結果が、これである。


筒井康隆を甘やかしてきたのがポストモダンの日本である。


誠に恥ずかしいことであり、ああいう発言を目にされた被害者の心中察するに余りあると言わざるを得ない。


by hiroseto2004 | 2017-04-07 12:59 | 思想・哲学 | Trackback