エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:東京都政( 70 )

石原慎太郎さんは、本日の証人喚問で醜態をさらしました。

正直、石原慎太郎を現役の時にもっとチェックできていれば、ここまでひどいことにはならなかったのに、という思いはあります。

さて、公明党と都民ファースト(極右で有名な野田数代表)が都議選へ向けて連携しています。

冷静に考えると、公明党+大都市部の極右+一部リベラル(インテリ層)と言えば「新進党」です。

新進党は、農村部の自民党(農業、医師会など)や、旧日本社会党(自治労・日教組)へのアンチパシーを持つ人々を糾合したといえるでしょう。

もっと言ってしまうと、当時の自社さ政権=「田舎自民の古くささ」も嫌い、「自治労・日教組」も嫌い、という人が、「野合」したのが新進党である。

そして、経済政策では、自民党を右へ引っ張っていったといえるでしょう。
海外派兵という意味では、当時の自社さ政権を右へ引っ張っていった。
ただし、先の大戦への反省だけは、自民党よりは積極的であった。
すなわち、先の大戦を反省しつつ、国連の枠組みでガンガン自衛隊を出そう。これが新進党だった。
経済政策について言えば、自民党の企業主義の社会保障には反対であったが、その中身はサッチャー的な
小さな政府論と、一部リベラルの個人単位のセーフティネット論(江田五月さんあたりが主張)が「アンチ自民、アンチ自治労・日教組的」なところを落としどころにしていたといえます。
結果として、全体として自民党を右へ引っ張っていったのが1990年代の新進党の役目であったと総括できます。

それを20年後に復活させようとしているのが、小池百合子さんではないか?
細川護煕さん、ついで小沢一郎さんの腹心であった小池さんが安倍総理が揺らぎだした今、総理を虎視眈々と狙っているという所でしょう。

公明党+野田数的(大都会の)極右+大都市のグローバルインテリを基盤とする政党(勢力)。
新進党ともいえるし、2001年の小泉政権ともいえる。(その意味では小泉政権は「新進党政権」だった、という言い方も可能です)。




by hiroseto2004 | 2017-03-20 21:12 | 東京都政 | Trackback
小池知事の腹心で、「極右」で有名な野田数「都民ファーストの会」代表と、公明党都議団が政策合意で選挙協力です。
国政には影響はない、といっているが、それを100%真に受ける人はいないでしょう。

司馬昭の心は道行く人でも知っている。司馬昭之心、路人皆知。
小池百合子の心は道行く人でも知っている。小池百合子之心、路人皆知。

安倍総理の失速の可能性が出てきた今、小池百合子知事+公明党+民進党の個別議員を取り込み、「新・新進党」を結成。
公明党+極右+ネオリベラルと言えば、新進党そのものです。創価学会も居れば、西村真悟さんのような方もおられる。そして、当時はネオリベのチャンピオンだった小沢一郎さんがいる。それが新進党でした。

「反・田舎自民」ないし「反バンカラ(安倍)自民」ということで、公明党(本来は中道政党)と極右とネオリベ(クリントン的なグローバルインテリ)が野合する。
それが小池新党であり、「新・新進党」であるということでしょう。





公明と都民ファーストの会が政策合意 選挙協力へ
ことし7月の東京都議会議員選挙に向け、公明党と小池知事が率いる都民ファーストの会が政策合意を結び、相互に推薦するなど選挙協力を行うことを発表しました。
ことし7月の都議会議員選挙をめぐっては、公明党が23人を公認して全員の当選を目指し、小池知事が率いる都民ファーストの会はこれまでに15人を公認し、今後も積極的に擁立を進め、都議会第1党を目指すことにしています。
こうした中、都議会公明党の中嶋義雄議員団長と、小池知事の特別秘書で都民ファーストの会の野田数代表が13日に記者会見し、情報公開の徹底などの都政改革や東京オリンピック・パラリンピックの成功、それに少子化対策など10項目の政策合意を結び、相互に推薦するなど選挙協力を行うことを発表しました。
具体的な選挙協力としては、公明党が一部を除く定員が1人と2人の選挙区で都民ファーストの会の候補を推薦し、都民ファーストの会が公明党の公認候補23人全員を推薦することにしています。
都議会公明党の中嶋議員団長は「今回の選挙協力はあくまで都議会レベルであり国政とは次元を異にしている。自民・公明の連立政権には影響はない」と述べました。
また、都民ファーストの会の野田代表は「長年の実績や経験がある公明党の力を借りながら都政を前に進めていきたい。選挙後の議会運営も含めて力を頂きたい」と述べました。
小池知事と会談
都民ファーストの会との政策合意と選挙協力を発表した都議会公明党の幹部らは記者会見のあと、都庁近くのホテルで小池知事と会談しました。
この中で都議会公明党の中嶋義雄議員団長が「力を合わせて都議選でいい結果を出せるように頑張りたいのでよろしくお願いします」と述べ、小池知事は「都民ファーストの都政を確実に前に進めるためにも、都議会が新しく、グレードアップすることは重要なことだ。今回の政策合意については心強く思っている」と応じました。
そして、双方が握手をして写真撮影に応じました。
自民 下村氏「厳しい」
自民党東京都連会長を務める下村博文幹事長代行は、党本部で記者団に対し、「公明党からは、私には高木陽介東京都本部代表から、二階幹事長には井上幹事長から話があった。自民党と公明党は連立を組んでいる国政の態勢での流れがあるので、都民ファーストのほうに行ってしまうのは厳しいことだ。都議会議員選挙の定員が1人の選挙区は厳しい。公明党に対しては、自主投票になるよう最大限働きかけていきたい」と述べました。
また、下村氏は国政での公明党との関係に与える影響について、「分からない。これからの流れ次第だ」と述べました。
公明 斎藤氏「国政に影響ない」
公明党の斉藤選挙対策委員長は国会内で記者団に対し、「公明党が都議会改革などを積極的に提案してきたことに対して、小池知事から真摯(しんし)な対応があり、1つ1つの政策実現の中で信頼関係が醸成されてきたと説明を受けている。あくまで都議会という東京都限定の局地的なものであり、国政における自民・公明両党の信頼関係に影響があるものでは全くなく、関係は揺るぎない」と述べました。
民進 野田氏「特にコメントない」
民進党の野田幹事長は記者会見で、「他党の動きに特にコメントはない。われわれとしては公認候補を立てているので、全員が当選ラインに届くように、党としてできることを一生懸命やる」と述べました。
共産 小池氏「大変な矛盾だ」
共産党の小池書記局長は記者会見で、「豊洲移転を推進し、都政の闇を作ってきたのは自民党と公明党だ。『都政大改革をやろう』と言っている都民ファーストの会が、なぜ都政の闇を作ってきた公明党と、選挙協力ができるのか。大変な矛盾だ。都議会議員選挙は、利権と私物化の都政を作ってきた、自民党・公明党対共産党の戦いで、その訴えを強めていかなければならない」と述べました。
維新 馬場氏「公約を愚直に訴える」
日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、「選挙を一緒に戦うということは、政策が一致するかどうかがいちばん大事だ。どこがどういうふうに一致しているのかはよくわからないが、いろいろ話し合った結果なのだろう。われわれも『都民ファースト』という考え方は同じだし、『東京大改革』には全面的に賛同するが、都民のために何をするのかがいちばん大事なので、わが党の公約を打ち出し、愚直に訴え、堂々と戦っていく」と述べました。

by hiroseto2004 | 2017-03-14 15:27 | 東京都政 | Trackback

都議選の“小池新党”公認候補にドーカツ疑惑が浮上している。渦中の人物は豊島区の本橋弘隆区議(55)。小池都知事が圧勝した都知事選で、所属する自民党東京都連の方針に逆らって小池支援に回った「七人の侍」のひとりだ。スッタモンダで自民党から除名され、地域政党「都民ファーストの会」入り。小池側近でもある。
 豊島区議会関係者がこう言う。
「騒動が起きたのは、今年の第1回定例会初日(2月17日)です。本橋区議ら5人が自民党から離れ、新会派『都民ファーストの会豊島区議団』を立ち上げたことに伴って、本会議で議席変更があった。本橋区議はその段取りや議席順が気に食わなかったのか、本会議後に議会事務局長を会派控室に呼びつけて叱責。事務局長に同行した職員がその迫力に驚いて失神してしまい、救急車を呼んで病院へ運ばれたというんです。この職員は持病があったようなのですが、どれだけ罵声を浴びせたのかと騒ぎになっています」

腐敗分子に逆らっているからと言って、その人が立派とは限りません。

むしろ、恫喝とかすぐするから、自民党の中でさえ、浮いてしまったとか、
そういう可能性だってあるのです。

わたしが存じている例では、公務員労組の批判をしている人が、実は上司に暴力を振るって首になった逆恨みで、そうしているだけ、ということがありました。

また、今話題の森友学園疑惑では、2016年の福山市長選挙でオール与党候補に対抗して立候補し善戦した元大阪市議が、市議時代に森友学園(塚本幼稚園)のために役所に恫喝に行った、という事件もあります。

森友学園(アッキード)事件・大阪維新ルート 当時大阪市議の2016福山市長選候補が塚本幼稚園のために役所に怒鳴り込み


自民党などの既成政党なり、労働貴族化した労働組合なりが問題ありまくりというのは事実です。

東京における既成政党、とくに自民党の腐敗なり、福山市における前市長・労働組合・議会多数派の癒着なりはひどかったのは事実です。

しかし、市民も政治家も、気をつけないと、恫喝などをするような人間を持ち上げて、あとでひどい目にあうことになりかねないのです。


最近、とみに、既存組織の限界が叫ばれたなかで、既存物に逆らうだけで持ち上げられるような風潮もありました。


しかし、ここら辺でじっくり、個々人の政策や人柄について、精査が必要ではないかと思います。


by hiroseto2004 | 2017-03-01 13:56 | 東京都政 | Trackback
これが実現すれば、町田市など、神奈川県との県境付近の人には朗報ですね!

東京都シルバーパス条例改正案について

2017年2月21日
日本共産党東京都議会議員団

1、現在のシルバーパス制度の概要

  • 70歳以上の方は、シルバーパスを提示することで乗車ごとの料金を払うことなく都営交通(都バス、都営地下鉄、都電、日暮里・舎人ライナー)および都内の民営バスを利用することができます。
  • シルバーパスの発行に必要な費用負担額は、住民税非課税または所得125万円以下の方は1千円、それ以外の方は2万510円となっています。
  • 都営交通では全路線でシルバーパスを利用できますが、民営バスに乗る場合は乗車、降車の両方が都内の停留所である必要があります。

2、条例改正案の内容

  • シルバーパスの発行を受ける際の費用負担を「所得に応じた」額とすることとします。この改正によって所得段階別の費用負担額を設定し、負担を軽減します。
  • 新たに多摩モノレール、ゆりかもめでも利用できるようにします。
  • 民営バスについて、乗車、降車の一方が都内の停留所であれば利用できるようにします。

3、提案理由

  • 現在、住民税課税者で所得が125万円を超える方の費用負担額を一律に2万510円としていることについては、高すぎるとの批判、中間段階の料金設定を求める要望が利用者から寄せられています。対象である70歳以上人口に占めるシルバーパス利用者の比率は低下し、かつての7割台から5割を切る事態となっています(別紙1参照)。高齢者の社会参加の促進のためにも負担を軽減し利用の拡大をはかることが求められています。
  • 多摩モノレールなどへの適用拡大は沿線住民などの強い要望となっています。横浜市、名古屋市、神戸市、広島市の高齢者への交通助成制度では第三セクターの交通機関も対象になっており、利用促進のために多摩モノレールなどへの拡大が必要です。
  • 現在は都県境の近くに住んでいる都民が隣県にある最寄りの鉄道駅に行く際にシルバーパスが利用できないなど、不便な状況が生じています。町田市議会からは意見書が2回にわたり提出されるなど、都県境のバス路線で利用できるようにすることは住民の強い要望となっています。高齢者への交通助成制度を実施している政令指定都市のうち、民間交通機関(第三セクターを除く)を対象にしているのは12市ですが、そのうち8市では利用を乗車と降車の両方が市内の場合に限っていません(別紙2参照)。東京都でも少なくとも乗車又は降車の一方が都内である場合は対象にするべきです。

4、必要経費

  • 必要経費は年間約52億円と見込んでいます。

5、実施時期

  • 施行日は2017年10月1日です。

以上

<資料>

シルバーパスの利用率
政令指定都市における民間交通機関の市境の路線扱い



by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:04 | 東京都政 | Trackback

外環道は小池知事になってから強行されましたよね?

外環道は、小池知事になって、なんと日曜日(2月18日)にいきなり強行着工ですよね?

この問題は、日本共産党は衆院議員も都議も区議もそうがかりで抗議行動に参加されましたことに敬意を表します。
それとともに、都議選では十分争点にすべきでしょう。

東京23区の人口密度なら、クルマなんて乗らなくても暮らせるんだから。

世田谷区西部と杉並区西部の新玉川線沿線~小田急線沿線~京王線沿線~井の頭線沿線~中央線沿線~西武新宿線沿線くらいの間を埋める南北方向の公共交通を充実すれば良いんですよ。既存の路線バスでもよいし、LRTでも良い。

そういう方向で、しっかり訴えを。

お願いしますよ、FBFの日本共産党東京都議会議員の皆様!

元杉並区民、元世田谷区民より。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 22:01 | 東京都政 | Trackback
今の日本政界は
1,安倍自民党=労働貴族(化学総連、本音では連合の企業労組総体)+田舎お金持ち=トランプ的
2,小池知事=都会のグローバル・インテリ=ヒラリー・クリントン的
が人気を二分しているように思えます。

しかし、圧倒的多数のグローバルインテリでもない、労働貴族でもない、田舎のお金持ちでもない
フツーの労働者・市民の利益を代表する勢力が弱い。
企業主義・家族主義のセーフティネットを改め、個人主義のセーフティネットにする。
それが、緊急の課題でした。産業構造の変化が激しくなり、非正規も増え、終身雇用も
非現実化する中で、ここが本来、もっと可及的速やかに取り組まれるべき課題です。
本来、小沢一郎~鳩山代表の時代の民主党が、そうした傾向の政策を掲げていました。

しかし、政権に就いた後、官僚に敗北し、ぐだぐだになってしまったのです。

いま、もういちど、圧倒的多数の労働者・市民のための政治勢力を再興することが必要です。
アメリカで言えばサンダース、欧州で言えばスペインのポデモスやイギリスのコービンです。

野党共闘は頼りない。しかし、それでも、そういう方向での法案を共同で提案するなど、一定の頑張りが見られるし、市民も野党共闘のそういう部分を応援していかなければならないと思います。

ところが、今の民進党、特に東京の民進党は、小池さん=都会のグローバルインテリ党=日本版ヒラリー・クリントンに完全に抱きついてしまいました。

by hiroseto2004 | 2017-02-16 07:56 | 東京都政 | Trackback
小池知事の応援を受け、千代田区長選挙で圧勝し、再選された石川区長。
その石川区長が都職員時代、すなわち、港湾局長だった時代に、築地市場の豊洲移転を主導した疑惑が
浮上しました。
というか、なぜ、このネタが区長選挙の前に出なかったのでしょうか?

結局、自分たちで豊洲移転を主導して置いて、その豊洲移転問題などで、自民党都連をぶっ叩いてバカ受けしていた、とすれば、石川区長は「マッチポンプ」のそしりは免れないのではないでしょうか?

また、こんな区長の当選を喜んでいた、小池知事はもちろん、「自民党が負けた」と喜んでいた民進党や共産党なども大恥をかかされたのではないでしょうか?





More
by hiroseto2004 | 2017-02-08 10:45 | 東京都政 | Trackback
「トランプ」に大学無償化・ 原発廃炉で対抗する「アメリカリベラル」と「クリントン小池」にすり寄る「日本リベラル」

日本人はアメリカ政治がトランプvsクリントンで不毛だと批判する。

しかし、東京都に限っては、トランプ石原から猪瀬、舛添を挟んでクリントン小池に変わっただけですね。
トランプ石原氏が、どちらかといえば、東京の自民党でも「田舎的」な部分、すなわち、下町の中小企業オーナー(公明党とも重なるが)や多摩地区の地主などに支持が厚い反面、クリントン小池氏が、どちらかといえば、グローバルインテリ部分、すなわち六本木ヒルズのお金持ちとか、経団連本流を支持基盤としたのではないか?クリントン小池氏はもともとは自民党よりも、経済的には新自由主義の新進党ご出身です。
トランプ石原氏の新銀行東京は中小企業の人気取りでした。

トランプ石原的なものは東京では飽きられたからクリントン小池が受けた面はある。但し、本物のクリントン同様、小池知事も新自由主義者というのが本質であることは間違いない。
東京では財政が豊かなので、保育士給与アップなど、左派にも一定配慮するのでしょう。そうやって野党を切り崩す。
しかし、小池知事に首相を任せた場合、小池首相が地方や弱者に対しては、むしろ安倍自民党以上に牙をむく可能性があると思います。自民党を新自由主義寄りにする効果があると思います。(クリントン同様、強者の女性には優しいでしょう。だが、そうでない女性には男性政治家以上に自己責任論で来るのでは?)
by hiroseto2004 | 2017-02-08 09:12 | 東京都政 | Trackback
日本維新の会は都議選において「東京都解体」を公約とせよ

日本維新の会は、結局は、大阪を東京と張り合う街に復活させたいのですよね?

良い方法があります。

都議選において、「東京都解体構想」(東京市復活構想)を公約として、大量に候補者を擁立するのです。

ハッキリ申し上げます。

1943年に東京市と東京府が合併し「東京都」ができてから、大阪の凋落が始まったのです。
1923年に関東大震災が起きた後、東京市の人口は振るわず、大阪市に一時抜かれたことさえありました。そうした中で、時の政府が、東京を意図的に大きくする政策をとったのです。たとえば東京市を1932年に15区から35区(今の23区の区域マイナス千歳村・砧村)に拡大する等です。
その延長線上に東京都が出来たのです。
逆に言えば、東京都を解体し、東京市と東京府に戻してしまう。あるいは、多摩地区は神奈川県に戻しても良いでしょう。伊豆諸島は静岡県=伊豆の国に戻せば良い。

そうすれば、東京への一極集中は緩和されるのではないか?

そのことは、大阪の地位の相対的な上昇にもつながるのではないか?

このように思うのです。

そもそも、東京都自体が、憲法違反の状態ではないかと思われます。なぜなら、基礎的自治体(地方公共団体)を23区民は奪われた状態だからです。

その点はしっかりと訴えれば、日本維新の会は、東京都議選でも大勝するかもしれませんよ?
え?そんなことはするつもりはない?
では、ただの安倍総理の補完政党ですね。

by hiroseto2004 | 2017-02-06 10:57 | 東京都政 | Trackback
正面突破でボロボロ橋下、融通無碍でまんまと総理へ?小池

これは、広島在住者にとって、大阪の方が東京より身近に感じるということもあるのです。
ただ、以下のことは言える。
橋下徹さんはやりたいことが伝わってきた。
だが、小池百合子さんは「都民ファースト」の看板以外、今ひとつ、伝わってこないのです。完全に、マスコミが持ち上げられた部分が大きいのではないか、と思うのです。

一つには、橋下さんは(是非は別として)「自治労・日教組」、そして「既成政党」をぶっ叩いたので、その辺は非常にわかりやすかったのです。

小池さんは、自民党都議団は敵に回すが、労働組合ないし都職員(管理職も含む)を敵に回して何かやらかすということは、寡聞にして存じません。小池さんは政党に対しても、「丸ごと連携」は拒否しつつも、個々の議員レベルでは、柔軟に対応している。「既成政党否定」ではない。何より本人自身がまだ自民党員(のはずです)。

正面突破で、無茶苦茶やってバカ受けしたのが橋下さんなら、用意周到、柔軟、融通無碍(ゆうづうむげ)で味方を増やしたのが小池さんというところでしょうか。

ただ、東京と大阪を比べた場合、東京は圧倒的に財政が豊かです。従って、保育士待遇改善などの左派受けする政策と、大型ハコモノなど大手企業受けする政策を両方打てる。保革双方を切り崩せるという有利な立ち位置に小池さんはある。ハッキリ言ってしまおう。今の日本で、都知事ほどいま人気取りが出来るポストはない。

橋下さんは、財政が厳しい大阪で、「自治労・日教組打倒!」を叫んで現状批判票を集めるしか、支持率を上げる方法を思いつかなかったのだと思います。それは副作用をもたらします。自治労・日教組(および、それに代表される旧来の公務員制度)に変わる仕組みとして橋下さんの「公募」による区長や校長の登用を図ったが不祥事が続いた。やはり、行政自体が上手く立ちゆかなくなってしまうのです。

ただ、どちらにしても、本質的には新自由主義者である。しかし、小池百合子の方が橋下徹よりもはるかに上手(うわて)である。

この人に都知事という財政が豊かな自治体のトップのポストを渡した時点で、露骨に言ってしまえば次期総理へ向けた地盤固めをさせてしまったということになるでしょう。

とはいえ、財政が豊かな中でも、「都民の生活」と「大手企業」のどちらへ「軸足」を置くか。そのことを、都議会各会派は問われます。

by hiroseto2004 | 2017-02-06 10:38 | 東京都政 | Trackback