エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:感染症復活しまくり問題( 4 )

非正規社員は健保にはなかなか入れない。そして、健診も受けられない。
そんな状況で、指摘されるのは「健康格差」です。
だが、健康状態を悪化させるうちに病気になり、回りにうつしてしまうこともあり得ます。
格差の放置は公衆衛生も悪化させます。


by hiroseto2004 | 2016-10-10 16:31 | 感染症復活しまくり問題 | Trackback
またまた結核です!20代の若者の結核です!
結核、はしか、梅毒など。
何でこんなに滅んだはずの感染症が続発しているのか?
きちんと背景まで含めて国は検証を!

<日赤和歌山>結核発症の女性看護師、入院病棟で勤務
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160920/Mainichi_20160921k0000m040053000c.html
◇医療センター 7月にせきの症状訴えてから9月上旬まで

 日本赤十字社和歌山医療センター(和歌山市)などは20日、同センターの20代の女性看護師が結核を発症したと発表した。7月2日以降にせきなどの症状を訴えたが結核とわからず、今月3日まで入院病棟で勤務していた。同センターは「肺のレントゲン写真などに影が写っておらず、結核を疑っていなかった」と釈明した。現時点で、患者らへの感染は確認されていない。

 同センターによると、看護師は7月と8月に受診し、それぞれ肺炎とぜんそくと診断された。抗生剤治療などで回復したが、8月末に再び症状が出た。今月5日に受診した際、レントゲン写真に影が見られ、たんの検査を実施。7日に気管支と肺の結核と判明した。現在は専門病院に入院し、投薬治療で快方に向かっている。

 記者会見した同センターの吉田晃・ICTリーダー兼小児科部長は「本人は症状が出始めてから常に医療用マスクをしており、院内で集団感染が広がる可能性は少ないと考えている」と述べた。

 看護師は昨年5月に結核患者と業務で接触したが、その後2度の検査で感染は確認されなかったという。

 同センターと県内外の保健所は今後、看護師と8時間以上接触した可能性のある和歌山と大阪、京都、三重、徳島の計5府県の入院患者や職員ら計234人に検診を実施する。問い合わせは和歌山市保健所保健対策課(073・488・5118)。

by hiroseto2004 | 2016-09-21 06:35 | 感染症復活しまくり問題 | Trackback
結核ー古くて新しい病気 大塚製薬
http://www.otsuka.co.jp/health_illness/kekkaku/
結核について 結核予防会


またまた今度は愛媛県の病院で集団結核が発生しました。


結核は先進国のモダン初期から前期に貧困を背景に広がりました。イギリスで言えば産業革命期にあたります。

日本で言えば明治時代から昭和前期(20年代くらいまで)に広がったのです。


しかし、公衆衛生と貧困の解消の双方の努力の積み重ねで淘汰され過去の病気と思われていた結核。


ところが、その結核が、油断しまくっているポストモダンの日本人を襲っています。



More
by hiroseto2004 | 2016-09-15 19:55 | 感染症復活しまくり問題 | Trackback

「はしか」に「結核」。

最近、「昔の病気」が復活しまくっています。

その背景は何か?
きちんと検証が必要でしょう。結核についていえば、「若いときに感染していた高齢者が今になって体力が落ちて発症しているから」という説明が主流となっています。しかし、本当にそうでしょうか?むしろ、現役世代で結核が発症し、職場で集団感染、なんて事例が目立ちますが、どう説明するのでしょうか?はしかの場合なら、高齢者よりも現役の若い労働者や学生が罹患者に多いのです。

くどいようですが、わたしの仮説は、賃金を含む労働条件の悪化による労働者の健康悪化が背景ではないかということです。



More
by hiroseto2004 | 2016-08-31 21:09 | 感染症復活しまくり問題 | Trackback