エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:暮らしに憲法を生かす政権交代( 87 )

22日(月)に通常国会が召集されます。

「ストップ戦争法」あらため「ヒロシマ総がかり行動」はこの日夕(22日17:3
0から約1時間)、本通り電停で「安倍9条改憲NO!3000万署名」の街頭宣伝を
します。

時間のある方、ぜひご参加ください。



◆安倍首相は年頭から、9条改憲の野望をむき出しにしています。

4日の年頭の記者会見では、「憲法のあるべき姿を国民に提示する」と発言しまし
た。憲法に縛られる立場の首相が「憲法のあるべき姿を示す」とはもってのほかで
す。

◆自民党の二階俊博幹事長は12日夜、TV番組の中で「今までで(議論が)相当のと
ころまできている。1年もあればいいんじゃないか」と述べ、年内の改憲発議を明言
しました。一方、改憲を国民が否決した場合には「政権にとって大変なダメージにな
る」と危機感をあらわにしました。

二階氏は「年内とは、発議のことを言っているのか」と問われると、「そうだ」と明
言。「こんな大問題を3年先でいいと言っていたらいつまでたっても実現できない。
一定の努力は腹をくくってやるべきだ」と述べました。

◆大軍拡加速へ、安倍政権の異常な前のめりがあらわになっています。長距離巡航ミ
サイル、戦闘機搭載空母、電子戦機…。北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の海洋進出
などを口実に、他国を攻撃できる最新兵器を導入する動きが強まっています。この前
のめりぶりはあまりにも異常です。地域の軍事緊張をいっそう激化させる危険な道で
す。

◆沖縄では、名護市長選が28日に告示されます。辺野古新基地建設の是非が最大の
争点です。



●22日(月)午後5時30分(17:30)、本通り電停・青山前にお集まりくだ
さい。



難波健治(090-4650-1208)



by hiroseto2004 | 2018-01-20 18:19 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_15272035.jpg



e0094315_15274345.jpg



本社社主・さとうしゅういちは、1月15日も広島市安佐南区内各地で街頭演説を行いました。
安倍総理がエストニアを訪問し、朝鮮のミサイルの脅威を強調したことについて、
「総理は外国で相手の興味のないことを騒ぐより、朝鮮を訪問し拉致問題の解決をはかったほうが
いいのではないか」
と強調。
「憲法を変えて武器をたくさん買っても、武力衝突がひとたび起きれば
日本人ひとりひとりの命を守ることにはならない。冷静に考えるべきだ。」
などと訴えかけました。
さらに、総理が来日中のICANのフィン事務局長に会おうとしないことについて
「耳にいたいことを言われるのが嫌なのだろうが、たとえば、日米安保を結んだままでもとりあえず核兵器禁止条約に加入するにはどうすれば良いか、など知恵を借りれば良かったのではないか?」
などと苦言を呈しました。

関連記事

フィン事務局長「条約に署名したからといって、同盟国との関係が崩れることはない」 総理に核禁条約署名促す






by hiroseto2004 | 2018-01-19 15:37 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
希望の党と民進党の合流騒ぎ。
結局は、小選挙区制の下、政策やこれまでの公約なんぞどうでも良いから、数さえ集めれば勝てる、
という幻想がまだ議員の間に根強いと言うことです。
だから、議員たち、特に民進党・旧民主党系には右顧左眄する人が多い。
他方で、自民党議員は、安倍総理に文句を言えば、公認をもらえず、当選できない。
だから、総理の暴走を放置してきたのです。
日本の政治を「ここまで」ダメにしたのは間違いなく小選挙区制である。

立憲民主党や日本共産党は、スタンスとしては、政策や理念に共感する人を集めていくという方向でしょう。
それでいいと思う。そうでないと結局信用されない。世論調査で立憲が野党第一党、共産が第二党の支持を
得ていることでもう、結果は出ていると思います。

ただ、そうならば、そういう政党のあり方にふさわしい選挙制度にしないといけない。
現行の小選挙区制度を軸とした制度を廃止し、選挙制度を改善していく。
このことが求められるでしょう。


by hiroseto2004 | 2018-01-17 06:05 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_18035866.png



2018年1月9日(火)、広島瀬戸内新聞社主のさとうしゅういちは、広島市安佐南区内各地(古市橋駅前、緑井天満屋前、セルフ稲田前)で街頭演説。
アメリカ軍の相次ぐ沖縄での不時着を受け、
「沖縄本島は広島市と廿日市市を合わせたより面積は小さい。そこでたった2日の間に二度も不時着とは、沖縄の人たちもたまらないと思う。心中察するに余りある」
とした上で
「広島も岩国基地増強で他人事ではない。それこそ、朝鮮のミサイルより米軍機飛行時にJアラートを鳴らした方が国民保護にもまだ有効では?」
と提案。
その上で、
河野外務大臣が「日本外交は危機にある」と発言したことを受け
「この5年間、総理だったのは誰だ?他ならぬ安倍晋三さんだ。その責任は重い。
憲法を変えるより、まず外交の立て直しこそ(日本国民ひとりひとりの安全を守る上で)必要だ。」
と力を込めました。
緑井の街頭演説では、そのまま、3区市民連合の「安倍改憲NO」の街頭宣伝に参加しました。
e0094315_18100030.jpg
e0094315_18101393.jpg
最後に、「安部選手は頑張れ!安倍総理はやめろ!」とアピールしました。



by hiroseto2004 | 2018-01-09 18:11 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは、2018年1月6日、広島市安佐南区古市橋駅前や祇園出張所前で街頭演説。
「カープの安部選手は頑張れ!安倍総理は退場!暴走はもう勘弁!」でしばらくは行かざるを得ない、と宣言しました。
e0094315_19540036.jpg
e0094315_19270520.jpg




この日は、主に三点について訴え。
第一に、朝鮮半島情勢を中心に安倍外交は「ハシゴを外されたのではないか?」と指摘。
アメリカのトランプ、そして韓国の文在寅・朝鮮の金正恩が五輪を機会に対話で
動き出しているニュースを受け、
「こうしたことを契機に、今年は、ぜひ、朝鮮戦争を正式に終わらせると共に、
北東アジアに非核地帯をつくる方向へ関係各国は努力を」
と提案しました。
そして
「トランプたちがノーベル平和賞でも、武力衝突よりは良いのではないか?」
などと訴えかけました。
安倍総理に対しては
「憲法を変えていくら武器を買っても、武力衝突になった場合、原発へのテロなどは
防げるのか?韓国の原発がやられただけでも、甚大な被害を受ける。武力衝突だけは避ける、
というのが安倍総理のすべきことではなかったのか」
と疑問を呈しました。
第二に、エネルギー政策について言及。トランプがパリ協定を離脱し、日本も石炭火力の輸出などで
国際社会から疑問を呈されていることを振り返りました。さらに、日本政府が日立の原発輸出のために
1.5兆円も債務保証していることにも言及。
他方で、中国など他のアジア諸国が再生可能エネルギー、省エネルギー分野で急激に
取り組みを教戒していることにも触れ、「日本が環境に優しいエネルギー、省エネルギーを進めていく世界の流れに取り残され行く」
ことへの危機感をもたなければならないと力を込めました。
さらに、福島の避難者が国がつくった原発で生活を壊されて福島に帰れないのに山形の雇用促進住宅から追い出される訴訟を起こされている
状況は「あべこべ政治」だ、と強く非難しました。
第三に、お金の集め方、そして使い方を改めなければならない、と強調しました。
総理のお友達の学校法人や原発企業、武器企業のために税金を使うより、教育、子育て、社会保障にきちんとお金を配分することが必要であり、
総理の全世代型社会保障とやらも、たとえば、大学無償化は非課税世帯限定、幼児教育無償化も認可外保育園は対象外で、そもそも待機児童も多くいるなど
増税に見合わない上に、分断を却って広げかねないと指摘しました。
そして、政府の税制改正も、
「消費税という庶民に重い増税、そしてサラリーマン中間層クラスからの増税であり、取りやすい個人から取り、
他方で金融取引で儲けている大金持ちや、兆単位で利益を上げながら殆ど税金を納めていない企業は放置している。
消費税も、福祉が充実している北欧並みに税収に占める割合は高い。
公正な負担を大金持ちや大手企業からいただかないといけない。」
と強調。
そして、平和憲法を活かした外交、脱核・脱炭素のエネルギー政策の転換、庶民の暮らしに手厚い経済政策の実現へ向け、
広島3区市民連合を初め、市民と野党の協力に力を入れる、と改めて宣言しました。

年配の買い物客の方が立ち止まり頷き、最後まで聞いてくださりました。「反発しあっていても仕方がない。安倍さんが行って(拉致も)解決すればいいのに。わたしならそうする」とおっしゃいました。

by hiroseto2004 | 2018-01-07 19:54 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
衆院選2017では小選挙区では結構な票を共産党候補が取っていますし、上尾市の市議補選ではトップ当選。
共産党へのアレルギー自体は一時期に比べてもなくなってきている証拠でしょう。
他方で、地方選挙で安倍批判を前面に出しすぎるのはどうか?
やはり、共産党がせっかく取り組んできた国保問題、介護問題、労働問題などでの実績を正面に押し出した
方が良いと思います。


志位氏は、昨年10月の総選挙で共闘破壊の逆流が起きたときに共産党が断固として共闘を貫いたことへの評価が、広範な知識人、文化人、市民運動に携わる人々から寄せられていると報告。この間の参院選と総選挙を通じて、「市民と野党の共闘が政治を動かす力として確かな市民権を獲得するとともに、日本共産党がこの事業の推進力だという認識が、広範な民主的市民勢力の間に定着したことは、本当に大きな意義がある」と力説し、ここに確信をもって今年のたたかいにのぞもうと呼びかけました。


More
by hiroseto2004 | 2018-01-05 20:12 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
山尾志桜里議員、そして、蓮舫元民進代表が立憲民主党に入党届けという。
統一会派を組んでいた山尾議員の入党は「流れ」としてはまだ理解できる。
それでも、現時点で入党を認めることが、立憲民主党にとってプラスなのか、大いに疑問である。
これで、同党の支持率が下がり、安倍総理らが勢いづくのが一番怖い。
まだ、民進党で自治労組織内の江崎孝さんらの入党の方が、すんなり理解できる。
政策という意味では、自治労や日教組の本来の政策は、立憲民主に近いからだ。
自治労や日教組の議員が、大手企業の企業内労組の影響が強い旧民主党内で、のびのび活動できなかったことは
残念だったと思う。
さらに疑問なのは蓮舫元代表の立憲民主党入党である。
正直、小池ファーストへのすりよりの急先鋒だったのが蓮舫元代表。
彼女の小池すりよりが、民進党への求心力を余計に低めた。
前原前代表の罪も重いが、蓮舫元代表の罪はさらに重い、とさえ言える。
蓮舫元代表を一言で表現する言葉といえば、「軽い」に尽きるだろう。
「どの面下げて」とも言いたくなるが、それは堪えておこう。
ただ、蓮舫入党を安易に認めるようだと「票を減らすぞ」とは枝野幸男に警告しておく。




by hiroseto2004 | 2017-12-26 23:07 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

e0094315_21532484.jpg
e0094315_21531393.jpg

e0094315_21535157.jpg






本社社主・さとうしゅういちは、12月22日から23日にかけ、広島市安佐南区内各地で街頭演説を実施しました。
拉致問題についての21日の衆参両院の特別委員会での
「トップ同士で言葉を交わすのが一番解決に近い。そういう日が来ればありがたい」と、日朝首脳会談の実現による早期解決を求めたことに触れ「総理は、世界中を飛び回って何兆円もお金をばらまいてきている。拉致問題解決のためにそうしたエネルギーの一部を
注ぎ込んで朝鮮を訪問しても、罰は当たらないだろう」と指摘しました。
さらに核問題についても「そもそも、トランプ大統領からたくさん武器を買ったからといって、日本の安全が守れるのか?
原発が日本海沿いにこれだけあるのに、いざ戦争になったら守り切れるのか?」
「Jアラートといっても、結局ミサイルが通過してから騒いでいるだけだった。これなら、むしろ、米軍機がこれから飛行します、と言うときに
Jアラートを鳴らしてくれた方が、落下物への備えも出来て、国民の安全にも実用的ではないのか?
広島も岩国の米軍機増強で飛行回数が増えており、他人事ではない。」
などと提起しました。
そして、朝鮮戦争の法的な終結と北東アジア非核地帯条約を再び訴えました。
さらに、23日の演説では、イスラエルの首都をエルサレムと認定したトランプ大統領の決定を撤回するよう求める安保理決議、さらには同趣旨の国連総会決議
に日本が賛成したことに触れ、
「日本も、やれば出来るじゃないか、アメリカに忖度しない外交。」
と指摘。
「カープの新井選手がタイガースとの試合で金本監督がアニキだからといって、手を抜いたら、ファンは怒るだろう。
それと一緒で、いくらアメリカが日本のアニキのような大事な国でも言うべきことは言わないといけない。
願わくば、核兵器禁止条約でも唯一の戦争被爆国として言うべきことは言って欲しい。」
と、広島市長も参加したICANのノーベル平和賞授賞式にも触れながら注文を付けました。
内政面については主に「税制改正大綱」に言及し「結局はサラリーマンという取りやすい個人からは取るが、株の配当や売買で儲けている大金持ちや(租税優遇措置を受けている)大手企業への課税の甘さはそのままだ。」
と指摘。
さらに「総理のお友達の原発企業のためにはお金を使うが、被災者の避難先の住宅からの追い出しは平気でする。そもそも、国が原発を進めて
福島での暮らしを壊したのにも関わらずだ。」
「リニアにも3兆円低利融資をしている。総理お友達企業の(大林組など)による談合が明らかになった。」
「子育て支援策についても、認可外保育園は対象外、大学無償化も住民税非課税世帯のみでは
中途半端で消費税増税に見合うとは言えないのでは?」
「介護職の待遇改善は期待していた。しかし蓋を開けてみると10年以上勤続の介護福祉士が対象という。そんな人は
殆どいないだろう。それだけの経験がある人はたいていケアマネになっているから、効果はないだろう」
などと指摘しました。
そして生活保護の基準引き下げについて「そもそも、本当にアベノミクスが成功しているなら、低所得者の収入が減るはずがない。
低所得者の底上げが大事だ。そのためにも、生活保護切り下げはますます、状況を悪化させるだけだ。」などと指摘し、
生活保護切り下げではなく庶民の暮らしを楽にする政治を、と訴えました。



by hiroseto2004 | 2017-12-23 22:15 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
e0094315_16282482.jpg
3日イオンモール祇園前
e0094315_16292760.jpg
4日朝 古市橋駅前



本社社主・さとうしゅういちは12月3日から4日にかけて広島市安佐南区各地で街頭演説。
「カープの安部選手は頑張れ!安倍総理は退場。」と訴えました。
安倍総理の「三つの暴走」を批判。
一つ目は「総理のお友達ばかりを優遇する私物化」であり、森友学園問題、加計学園問題に限らず、お友達優遇がひどい、と指摘。
たとえば、総理のお友達の原発企業による輸出を事故対応も含めて政府が全面的にバックアップする一方で、国内の原発事故で非難を余儀なくされている人を避難先の住宅から追い出し、路頭に迷わせるようなアベコベ政治を行っている、と語気を強めました。
二つ目は、選挙が終わったとたんに政府が介護や医療などの負担増を打ち出すと共に、公約だったはずの教育・子育て支援は
羊頭狗肉な内容でお茶を濁そうとしていると指摘。
三つ目は憲法問題で
「総理は、米露英仏のような大国と同じように戦争というリングに乱入したくてたまらないのだ。
そのために自衛隊をわざわざ憲法に書き込もうとしている。」
「しかし、アフガンのカルザイ前大統領も『米軍のせいで死者は増えている』と発言している。」
と紹介。
「アメリカ軍などがテロ対策と称して世界中で行っている戦争は現地の人には大迷惑だ。
そんなことに日本の自衛隊を参加させようとしている。
また、朝鮮問題では、アメリカの軍部ですら戦争になったら大変なことになる、と言っているのに、
安倍総理は突出して対話を否定し、戦争を煽っている。」
「そもそも拉致問題があるのだ。核問題は朝鮮戦争の終結と非核地帯をめざして粘り強く対話を進めつつ、拉致の解決を急ぐべきだ。拉致は一刻の猶予も許されない。」
「総理の政策を『現実的』と持ち上げる識者もいるが、そんな政策は日本が欧米のようにイスラムの人たちから恨みを買い、現地の人にも迷惑がられるだけ。現実的などではなく単なる総理の野望だ!」
などと力を込めました。


by hiroseto2004 | 2017-12-04 17:00 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
枝野幸男がかつて出していた憲法改正私案を正式に撤回した。
これでいい。
安倍政権が勝手に憲法を解釈し、安保法までつくってしまった状況では、撤回は妥当である。
「安倍政権のもとでの改憲はNO」
で良いのだ。
もうひとつ、枝野は本日、籠池のおっさんを留置し続けていることについて疑問を呈した。

枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

 (森友学園前理事長の)籠池泰典さんは、どう考えても逃亡の恐れはないし、事実関係(の解明を)、報道機関や会計検査院もやっているので証拠隠滅の恐れもない。したがって保釈しなければおかしい。保釈相当という意見を出していない検察の責任問題ですよ。出てきたらベラベラしゃべるからですよ。権力分立原則から、司法のことをどこまで言っていいか微妙ですが、行政府を忖度(そんたく)しているのかと疑われるような司法でいいのかという、そういう問題になってますよ。(BS朝日の番組収録で)


まったくそのとおりである。証拠隠滅と言うより、「真実拡散」のおそれがあるから、交流しているとしか思えない。


by hiroseto2004 | 2017-12-03 23:48 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback