エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:ジェンダー・人権( 381 )

「拉致被害者」と「在朝被爆者」は日本独自に人道的に取り組むべきだろう


拉致問題と在朝被爆者(国交がないために救援の手が届いていない)は人道問題である。

核・ミサイル問題の背景は、アメリカと朝鮮の間に国交がなく、朝鮮戦争が終わっていないことによる問題である。


基本的には米朝の二国間の動きである核・ミサイル問題に振り回されることなく、拉致問題と在朝被爆者問題は、「日朝」で独自に交渉して解決すべきだろう。


国家間の問題のために、日本人拉致被害者であれ、在朝被爆者であれ、「個人の人権」をないがしろにして良いわけがない。


by hiroseto2004 | 2017-09-23 18:34 | ジェンダー・人権 | Trackback
  • OICイスラム協力機構の首脳会合
    OICイスラム協力機構の首脳会合

OICイスラム協力機構の首脳会合が、バングラデシュに避難しているミャンマーのイスラム教徒30万人を支援する国連の計画を歓迎しました。

2日間に渡るOIC首脳会合は、イスラム24カ国の首脳や高官が出席する中、10日日曜に開幕しました。

国連と一部の国際機関は、バングラデシュに避難しているロヒンギャ族のイスラム教徒に対し、食糧や飲料水、医薬品といった緊急支援物資を送付する計画を打ち出しています。

この点に関して、国連傘下の人道支援期間は、ロヒンギャ族のイスラム教徒が流入しているミャンマーとバングラデシュの国境地域に救援部隊を配備しました。

ロヒンギャ族

国連は、ミャンマーのイスラム教徒の支援に700万ドルを割り当てています。

国連難民高等弁務官事務所は、声明を発表し、この2週間でミャンマー西部ラカイン州に住むロヒンギャ族のイスラム教徒30万人が自宅を退去し、バングラデシュに避難したとしました。

ロヒンギャ族

現在、バングラデシュにはミャンマーから多数のイスラム教徒の難民が流入していることから、難民キャンプでは難民を収容できない状態にあり、難民の一部は路の脇にテントを張っています。

先月25日から現在まで、ラカイン州ではロヒンギャ族のイスラム教徒に対するミャンマー政府軍の攻撃により、6000人以上が死亡、8000人が負傷しています。


by hiroseto2004 | 2017-09-11 15:43 | ジェンダー・人権 | Trackback
ロヒンギャ族虐殺を続けているミャンマーの元民主化運動家・現独裁者のアウンサンスーチー被疑者。
ノーベル平和賞を取り消しましょう!








Take back Aung San Suu Kyi's Nobel Peace Prize

[versi Bahasa Indonesia]

In the past week, it has been reported that the military under Aung San Suu Kyi’s Government of Myanmar has been attacking the predominantly muslim Rohingyas in Rakhine, Myanmar. According to the reports, the Rohingyas — including women and children — have been killed and physically tortured. According to the European Rohingya Council (ERC), 3,000 Rohingyas have been killed within three days between 25 and 27 August, 2017. Their villages have been burned to the ground. The military claimed that this was an effort to eliminate terrorism.

Until this second, the de facto ruler of Myanmar Aung San Suu Kyi has done virtually nothing to stop this crime against humanity in her country. As a result, there are many of the Rohingyas fled their homes and are stranded in the Myanmar’s border with Bangladesh. The International Organization of Migration (IOM) reported that there are at least 18,445 Rohingya refugees currently fled the area (bbc.com).

But Suu Kyi as a Nobel Peace Prize laureate appears to be deaf and have done nothing to protect her citizens. Meanwhile, in 2013, Suu Kyi made a controversial statement that appeared to be anti-Islam.

“No one told me that I was to be interviewed by a muslim.”

This statement was made by Aung San Suu Kyi, after her interview by a BBC Today anchor, Mishal Husain, in 2013. Suu Kyi’s disappointment may be caused by the question asked by Husain on the hardships experienced by muslims in Myanmar. Suu Kyi was also asked to condemn the anti-muslims and those who acted violently against the muslims that led the Rohingyas to leave Myanmar (from Popham, Peter, Journalist for The Independent, The Lady and The Generals — Aung San Suu Kyi and Burma’s Struggle for Freedom, 2016).

Many people were caught by surprise that those words came from Suu Kyi, a democracy hero in Myanmar and a 2012 Nobel Peace Prize laureate. It might only be one racially-insensitive sentence, but that was one sentence too many, and the meaning is too much for those who love peace.

Many people in many countries, including in Indonesia, respect and admire Suu Kyi. She is known as a figure of patience, of peace loving, who eventually took back the power in her country peacefully from the military dictatorship in Myanmar. Her statement made many more disappointed and angry. This opens up the prevailing question regarding Suu Kyi’s position on the muslim minority in Myanmar. There has been no official position from Suu Kyi with regards to the human right violations that have been rampant as experienced by the Rohingya minority.

Over the past three years more than 140,000 Rohingya muslims have been living in grave conditions in refugee camps in Myanmar and in many other countries, including Indonesia.

What is wrong with being a muslim, Suu Kyi? Doesn't democracy and human rights teach us to respect differences in beliefs and celebrate brotherhood and sisterhood? Whatever the religion, shouldn’t Suu Kyi and all of us respect each other and not discriminate against other human beings?

Coming from a democratic hero, one racist statement is one too many. It destroys the democratic values that respects differences in beliefs. As a laureate of Nobel Peace Prize, a racist statement renders the peaceful values to be artificial, giving rise to suspicions even conflicts.

The Nobel Prize is the highest prize only to be given to “people who have given their utmost to international brotherhood and sisterhood.” These peaceful values need to be nurtured by the laureates of the Nobel Peace Prize, including Suu Kyi, until their last days. When a laureate cannot maintain peace, then for the sake of peace itself the prize needs to be returned or confiscated by the Nobel Peace Prize Committee.

Therefore, we hereby demand the Chair of the Nobel Peace Prize Committee confiscate or take back the Nobel Peace Prize awarded to Aung San Suu Kyi. Only those who are serious in keeping the world peace may be awarded such a coveted Prize.

----

This petition is initiated and supported by Emerson Yuntho; Hamid Basyaib; Agus Sari; Nong Darol Mahmada; Ulin Yusron; Zainal Arifin Mochtar; Saidiman Ahmad; Ahmad Mukhlis Yusuf; Teguh Juwarno; Syamsul Munir; Naufal Firman Yursak; Kusfuardi; Ahmad Farhan; Andi Harianto Sinulingga; Andy Budiman; Goenawan Mohamad; Bonnie Triyana; Berly Martawardaya; Iwan Gunawan; Mirwan Bz Vauly; Effendi Ishak; Tatat Rahmita Utami; Fajar R. Zulkarnain; Ahmad Hadi Hardilani; Mahmudin Muslim; M. Ichsan Loulembah; Fajar Riza Ul Haq; Gustav Aulia; Sandy Andarusman; Suci Mayang Sari; Alpha Amirrachman; Raja Juli Antoni; Mohamad Guntur Romli; Wishnutama; Grace Natalie; Janoe Arijanto; Nita Triyana; Isyana Bagoes Oka; Ray Rangkuti; Ade Armando; Wella Sherlita;Pebriansyah Ariefana; Alif Imam Nurlambang; Ayu Purwaningsih; M.Taufik Budi Wijaya; Sri Kusmiati;Cisya Satwika; Heru Hendratmoko; Didik J. Rachbini; Tommy Soetomo; Erik Satrya Wardana; Geisz Chalifah; Suryani Sidik Motik; M. Sarmuji; Herry Gunawan; Fadhil Hassan; Ichsan Firdaus; Arif Satria; M. Sayid Iqbal; Dicky Padmadipura; Pangeran Ahmad Nurdin; Ifdhal Kasim; Fachry Ali; Umar Husin; Nova Rini; Tina Talisa; Siswanto Rusdi; Happy Bone Zulkarnain; Dian Islamiati; Medrial Alamsyah; Marbawi Katon; Yunarto Wijaya; Makroen Sanjaya; Danang Kemauan Jati; Heriyono; Syarif Fadilah; Heryus Saputro; Dhia Prekasha Yoedha; Sutami; Andrinof A Chaniago; Dita Soedarjo; Arif Zulkifli; Rachmad Bahari; Indah Nataprawira; Farhan Thalib; Hari Aprianto; Raguan Aljufri; Faozan Ammar, Fami Fachrudin; Amich Alhumami; Rosdiansyah; Ulil Abshar –Abdalla; Taibah Istiqamah; Dimas N. Hartono; Ahsanul Minan; Ucu Agustin; Dimas Fuady; Fadjroel Rachman; Irfan Gani; Prima Gandhi; Siswanto Rusdi; , Nawir Messi; Dede Nurdin Sadat; Ali Munhanif; Airlangga Pribadi Kusman; Lukman Hakiem; Zulkarnain Hamson; Hasanuddin; Laurel Heydir; Alex Junaidi, Muhamad Isnur; Irham Dilmy; Suharso Monoarfa; Erwin Moeslimin Singajuru; Neng Dara Affiah; Budhi Kurniawan; Tantowi Anwari; Halim Alamsyah and Tsamara Amany.

We invite everyone who love peace to support and strengthen this petition.


by hiroseto2004 | 2017-09-10 07:10 | ジェンダー・人権 | Trackback
  • サウジアラビアの犯罪行為
    サウジアラビアの犯罪行為

世界の62の人権団体による連合が国連に対し、独立調査委員会の結成により、イエメンでのサウジアラビアの人権侵害と戦争犯罪を調査するよう求めました。

フランスの新聞ル・モンドのインターネットサイトによりますと、この国際的な連合組織は、国連人権理事会のメンバー国とオブザーバー国に対する書簡において、イエメンに対するサウジアラビアの攻撃での民間人の殺害、またイエメン攻撃による飢饉とコレラの蔓延についても警告しています。

この連合には、アムネスティ・インターナショナルとヒューマンライツ・ウォッチが含まれています。

この国際的な連合はまた、特にイエメン北西部をはじめとする、戦争の被害を受けた地域への人道支援物資の移送が制限されていることに懸念を示しました。

さらに、イエメンの首都サヌアの学校や病院、市場、住宅に対する攻撃を、サウジアラビアの戦争犯罪だとして非難しています。

2015年3月にサウジアラビアのイエメン攻撃が始まって以来、これまでに女性や子供をはじめとする、少なくとも1万人のイエメンの民間人が死亡しています。


by hiroseto2004 | 2017-09-03 03:30 | ジェンダー・人権 | Trackback

戸塚ヨットスクール事件をふと、思い出してしまいました。

真相の究明をお願いしたい。


同一船で自殺・未遂相次ぐ=第三者委が背景調査―海技教育機構

8/30(水) 20:22配信

時事通信

 船員の養成学校を運営する独立行政法人「海技教育機構」(横浜市)は30日、東京・霞が関で記者会見し、練習船「青雲丸」の実習生3人が7月に自殺、同未遂、失踪したと発表した。

 いじめやパワハラは確認されていないが、機構は同じ船で相次いだことを重くみて、第三者委員会を設けて背景を調査。国土交通省も対策本部を設置した。

 機構によると、3人はいずれも海技大学校2年の男性。7月から青雲丸に乗り、約3カ月間の訓練中だった。このうち19歳の学生は7月13日、沖で停泊中の青雲丸から海に飛び込んだ。陸にたどり着いて無事だったが、大学の教員に自殺を図ったと明かし、「船に乗るのが嫌になった。船員の仕事が不安になった」と話した。

 同21日には20歳の学生が実習継続の悩みを教官に打ち明け、下船して帰省。24日に保護者と本人から戻る旨の連絡があったが、28日に名古屋市内で自殺したことが判明した。30日には、自由時間に上陸していた21歳の学生が「船の道に進みたくない。失踪する」と保護者らにメールし、今も行方不明となっている。 


by hiroseto2004 | 2017-08-30 23:11 | ジェンダー・人権 | Trackback

日本政府が日米地位協定を変えられない本音は「変えたくない」ではないのか?

後で引用する秋葉忠利さんのブログはそう指摘します。

日米地位協定を変えるとなると、日本はアメリカ市民であるアメリカ軍人のために、

刑事訴訟法を被疑者の人権をより重視したものに変えないといけない。

それは、日本政府はしたくない。

だから、地位協定は変えない。

その結果として、日本人の米軍犯罪・事故被害者は「受忍論」(戦争だけでなく原発事故でも政府の態度の根底にある)で泣き寝入り、

他方、日本人被疑者の人権状況も改善しない。

そういうことになっているわけです。


日米地位協定を変えられないのは
?

――本音は「変えたくない」でしょう――

昨日に続いて、「嘘」と言えば、昨年12月の「タウンNEWS 広島平和大通り」の記事を再度お読み頂きたいのですが、そのテーマはTPPでした。また、それを受けて「『1984年』を読もう」では、日米地位協定についての嘘を取り上げました。

最近では、オスプレイの度重なる事故やジュゴン訴訟等のニュースでも関心がさらに高まっている沖縄の基地ですが、江崎鉄磨・沖縄北方相が「地位協定は見直さないと」と発言し、その後うやむやになりました。これは嘘と言うよりは無知ゆえに起きた混乱だったのかもしれません。

沖縄の歴史や現状そしてあまり理解されていない法的な枠組みを知るには、前泊博盛著の『日米地位協定入門』がお勧めです。

20170822_21_58_29

もし、安倍政権が、あるいは日本政府が沖縄の人々の気持ちを汲んで、本気で地位協定を改定したいと考えているのなら、この発言を奇貨として世論にアピールし政治的環境を整えることは可能だったのですから、ここにも安倍政権の本音が垣間見えます。

真実は皆さんも御存じの通り、正反対です。日本政府、特に安倍政権は、「何が何でも地位協定は変えない」にしがみ付いているのです。

そう思える究極的な根拠は、被爆者援護法を求める運動に対して基本懇と呼ばれる諮問委員会が1980年に出した意見の中にある「受忍論」です。つまり、戦争の際の犠牲は国民が甘んじて「受忍」せよ、という方針です。本当のところ、これが国としての戦争と国民との間の関係を明確に述べている言葉です。

それ以上に恐ろしいのは、これが戦争ではなくても、国民に被害が生じる場合の政府の態度だと考えると、いろいろな絵解きができることです。例えば福島原発の事故についての政府対応です。

地位協定を結ぶに至った日本政府はこの考え方に基づいて態度を決めているとしか考えられません。いや1960年に発効した地位協定が先で、基本懇はその考え方を踏襲したに過ぎないと理解した方が正確だと思われます。この点を浮き彫りにするため、仮に、地位協定を改定したいと日本政府が提案したとして、日米間でどのようなやり取りになるのかを想定してみました。

()  日米地位協定を改定したい。特に日本側に裁判権を譲って欲しい。つまり、米兵が、基地の外で犯罪を犯した場合、日本の警察が逮捕し、日本の刑事手続きに従って捜査、起訴、裁判をすることを認めて欲しい。犯罪によって被害を受けた日本人の人権を守るためだ。

()  人権を守ることは最重要事項だ、しかし、裁判権を譲渡することはできない。それは、米国政府が、世界のどこであっても米国人の人権を守る義務を課されているからだ。米兵が、日本国内で犯罪を犯したとしても、彼/彼女の米国人としての人権は守らなくてはならない。しかし、被疑者を日本側に引き渡して、日本の制度による捜査や裁判を受けさせると、米本土で保障されている被疑者の権利が侵害される。例えば、米国では弁護人が同席しない場所で警察や検察から尋問されることはない。その権利は保障されているからだ。しかし、日本の警察では弁護人抜きでの尋問が普通で、そのことだけから考えても、米国人の人権は侵害されてしまっている。

[陰の声]  もし日本政府が日本人の人権を本気で守る気があるのなら、この時点で、「日本の法律や制度を変えて、アメリカ以上に被疑者の人権が守られる制度にするので、その暁には地位協定を改定して欲しい」といった発言をするはずです。

()  ――――――(声なし)

[陰の声]  黙って、地位協定をそのままにすることで、日本政府は沖縄の人々の人権を侵害するだけでなく、被疑者の人権を保障する制度への改変にも頬かむりをすることになります。でも、基本懇の「受忍論」を大前提にすると、このどちらも政府としては「当然」の対応だということになります。

問題が大きくなり過ぎた感があるかもしれません。でも、ジュゴン保護の立場からの訴訟がアメリカの裁判所で真剣に取り上げられ、基地問題が脚光を浴びるようになるなど、一つずつ、大切な行動を積み重ねることでより大きな波が生れます。


by hiroseto2004 | 2017-08-23 10:20 | ジェンダー・人権 | Trackback
「ピーター・ノーマン」のことをみなさん、ご存じでしたか?
わたしも、これを読むまでは存じませんでした。
こういう歴史があったんですね!


by hiroseto2004 | 2017-08-21 06:34 | ジェンダー・人権 | Trackback

林文子が、アベ・スガのような暑苦しい(?)男性なら山尾も応援には行かなかったとは思う

横浜市長選だが、林文子が、アベやスガのような暑苦しい(?)男性なら、山尾も応援には行かなかったのではないか?暑苦しい自公推薦のおっさんよりは若き男性元市議・伊藤候補を応援に入りやすかったと思う。

候補者が菅とか安倍みたいな暑苦しい男性なら、自分のイメージが傷つくことを考えて自公側の応援には、行かないのではないか?

過去のしがらみはあるにせよ、女性同士と言うことで、判断が甘くなったのは事実じゃないかと思う。圧倒的男性社会の中で、「マイノリティーの団結」精神が発揮されるのはやむを得ないし、それを男性側が一概に否定するのもどうかと思う。

「そうはいっても、女性の首長は大事だから」ということで、いろいろな林の問題点や、「このタイミング」で応援することの問題点は相殺できるというのは、あったと思う。

しかし、「カジノ」だけでなく、林文子は「つくる会」教科書の導入など、問題も多い。

やはり、もし「女性の首長が大事だから」が「葛藤した上での林応援」の決め手だったとすれば、しかし、それは「一部女性議員の間でしか通用しない」理屈だとも思う。結果として山尾議員は自分の評判を下げてしまった。

女性議員、女性首長比率はまだまだ低いから上げていくべきだと思うが、稲田朋美前防衛大臣、今井絵理子参院議員ら、「アホな女性政治家」も増えているのも事実。
先日、刑事ドラマで悪徳女性代議士が出てくる番組があった。時代も変わったものだと思った。
当たり前だが、男性、女性問わず、きちんと政策本位で判断することが求められると思う。山緒議員も含めてその辺は冷静に総括していただきたいと思う。


by hiroseto2004 | 2017-07-29 09:14 | ジェンダー・人権 | Trackback
「野党第一党党首だから」などといって、蓮舫代表に戸籍公開を迫った今井雅人さんら、民進党議員たちにも申し上げたい。

あなた方は一体何のために何をしていたのか?

そして、間違いなく、民進党は、これで、野党第一党(議会第二党)でなくなりますよ、と。

あ、もう都議会では第五党か・・。で、都民ファーストにあなた方は移るということですね?

なにしろ、民主党が危なくなったら大阪維新、橋下が住民投票で負けたら大阪維新に後足で砂を掛け、民進党へ復帰、の今井雅人議員みたいな人もおられますからね。

どうしようもないね。あなた方は!

関連記事
18時NHK、蓮舫記者会見完全無視、19時でようやく取り上げ

by hiroseto2004 | 2017-07-19 09:53 | ジェンダー・人権 | Trackback

18時NHK、蓮舫記者会見ガン無視

蓮舫記者会見を18時NHKは放送せず。

民進党なんて誰も注目していないよ、ということなのでしょうか。

それとも、いまやNHK主流をしめる右派も蓮舫の「国籍」問題など関心はほとんどないということでしょう。そもそも、台湾は国家として日本は認めていないのだから、国籍問題など法的には存在していないのです。さらに、自民党の二階幹事長すら「問題ない」としているのだから、国家権力直結のNHKが放送しないのもわかります。

騒いでいるのは民進党内部のアンチ蓮舫議員と、自民党の小野田紀美議員とその支持者くらいではないのか?

民進党内のアンチ蓮舫議員は、これを口実に都民ファーストにでも移籍したい。それだけのことではないのか?


国民向けに放送しても関心は得られない。だから、中継もしないし、放送もしない。そういう判断をNHKもしたのでしょう。


それにしても、会見の内容自体は「リンチ」以外の何者でもありません。

森友問題でも有名な菅野完さんのコメントより。
「蓮舫の記者会見をみとるが、これは極めて狭義の意味での「リンチ」ではないか。涙がとまらない」

追記 蓮舫記者会見19時のニュースでようやく取り上げ

蓮舫記者会見、NHKは19時でようやく取り上げていますね。

しかし、大雨はともかく、他のいろいろなニュースの後の方での小さな扱いです。

正直、野党第一党と言っても、直近の大型選挙では、得票率も議席も都ファ、自民、公明、共産に続く第五党であり、得票率で言えば共産党の約半分。

今となっては、民進党員の方には申し訳ないが、蓮舫よりも、それこそ、小池百合子や小池晃にこういう話が持ち上がった時の方が注目度は高いと思いますよ。




More
by hiroseto2004 | 2017-07-18 18:26 | ジェンダー・人権 | Trackback(1)