エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:環境・街づくり( 158 )

e0094315_13171909.jpg
e0094315_13173738.jpg
e0094315_13180339.jpg
e0094315_13184350.jpg
e0094315_13191358.jpg
3月4日(土)に開業したあき亀山駅前。駅南側は梅が満開。
北側は新しい住宅が目立ちます。

by hiroseto2004 | 2017-03-16 13:16 | 環境・街づくり | Trackback
麻生グループの麻生鉱山が廃棄物処理法違反で業務停止処分です。


このことからも、今回の森友学園も重大な犯罪であることがわかります。

<麻生鉱山>廃棄物処理法違反で業務停止処分へ 北九州市

2017年3月10日 12時33分 (2017年3月10日 13時10分 更新)
 ◇福岡県警も廃棄物処理法違反容疑で捜査

 麻生グループの麻生鉱山(福岡県飯塚市)が医療系廃棄物を北九州市若松区の自社工場で処理せずに、排出元に無断で山口県の別の業者に処理を再委託していたことが10日、分かった。北九州市は廃棄物処理法違反(再委託など)に当たるとして、同社を月内にも業務停止処分にする方針を固めた。福岡県警も同法違反容疑で捜査している。

 市によると、同社は感染源となる恐れのある紙おむつなどの医療系廃棄物のリサイクル処理を九州北部の複数の医療機関から受託していた。滅菌処理などをしてセメント原料などにリサイクルする若松区の自社工場で処理していたが容量を超えたため、数年前から受託先の承認を得ずに山口県萩市の別の産廃処理業者に再委託していた。その際、受託先に提出する廃棄物の管理票(マニフェスト)を自社で処理したように偽装していたという。【比嘉洋平川昌範】


by hiroseto2004 | 2017-03-10 16:17 | 環境・街づくり | Trackback
e0094315_10545978.jpg
昨日開業した、あき亀山行きが登場した古市橋駅の時刻表です。

by hiroseto2004 | 2017-03-05 10:54 | 環境・街づくり | Trackback
JR可部線の可部ーあき亀山間が、2003年の廃止以来、13年3ヶ月ぶりに運転を再開しました。
小泉政権下の規制緩和を背景に、廃止されてしまった可部線の可部以北。
その一部を電化して復活した形です。

全国紙やビジネスオンラインなどでも大きく取り上げられています。


JR廃線、初の復活 広島・可部線で運行再開
2017/3/4 12:30
保存 印刷その他 広島県のJR可部線の可部―あき亀山(1.6キロメートル)が4日、営業運転を再開した。2003年12月、乗客減により可部―三段峡(46.2キロメートル)が廃止になったが、地元の要望に加え、周辺の人口も増えてきたためだ。廃線になったJR路線が復活するのは全国初。
JR可部線再開区間の新駅「あき亀山駅」で行われた出発式(4日午前、広島市安佐北区)=代表撮影
画像の拡大
JR可部線再開区間の新駅「あき亀山駅」で行われた出発式(4日午前、広島市安佐北区)=代表撮影
 4日午前5時すぎ、あき亀山駅を列車が出発。「一番列車」を一目見ようと、多くの住民が集まった。角村紀美枝さん(64)は娘と一緒に列車を見送り「朝早くはバスがなかった。便利になってうれしい」と顔をほころばせた。延伸区間では1日計99本が運行される。
 同駅で開かれた記念式典で、松井一実広島市長は「(再開に向けた)地域の皆様の尽力に敬意を表したい」とあいさつ。JR西日本の吉江則彦副社長は「地域の足として役立ち、まちづくりにつながることを期待する」と述べた。
 可部線はかつて、国の特別名勝の観光地「三段峡」まで運行していたが、乗客が年々減少。赤字に陥り、可部駅までを残し、廃線となった。13年に広島市とJR西が運転再開で合意。再開にかかる費用27億円は市と国が負担した。







More
by hiroseto2004 | 2017-03-04 13:57 | 環境・街づくり | Trackback

【廃タイヤの現地、見てきました】
 
1月28日・2月7日の中国新聞朝刊で報道された、恵下埋立地建設予定地の廃タイヤと燃え殻=ダイオキシン類発見のニュース。
 
その現場を、市議会議員さんらと視察してきました。
 
5600トンの燃え殻は…想像していたよりも広範囲にありました。
飛散防止のためブルーシートをかけられていますが、そのに下1~3メートルほどの厚みでタイヤの燃え殻が分布しています。
 
視察に行った皆が一番疑問に思ったのが、なぜこれを発見した当時にすぐに地元に連絡しなかったのか、ということ。
(発見は昨年8月。9月には最終処分場に入れられる判定基準以上のダイオキシン類を含むことが判明していましたが、地元に伝えられたのは1月28日の新聞報道前後でした)
 
視察に立ち会った市職員は、「高濃度ダイオキシン類があったと伝えただけでは不安や混乱を招くので、全貌と対処を明確にしてから発表することにした。そのために時間を要した」と説明。
 
…市民や地元住民の不安や混乱を招かないように、と考えた市自身が、これを発見して不安になり混乱したのかもしれません。
優先する順番を間違えています。
 
 
廃タイヤは、埋立地建設予定地のその他のエリアにも散在、山積み。
工事で掘られ露出した土の中にもタイヤが見えており、かなり広範囲に大量の廃タイヤがあったことが明白です。
 
燃え殻は、ブルーシートがかけられているところだけなのか、疑問です。

by hiroseto2004 | 2017-02-24 20:43 | 環境・街づくり | Trackback
くどいようですが、国鉄の分割民営化が根本的に誤りでした。

そのことの総括なしに、廃止とは残念です。

DMVもコストパフォーマンスは悪いのではないか?

もういちど、国は交通政策を考え直すべきです。
復旧を断念した区間は並行する道路を走行

 【浦河】高波被害で2015年1月から不通が続くJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内の7町長は18日、被害が大きかった一部区間の復旧を断念した上で、鉄路と道路を走れるデュアル・モード・ビークル(DMV)の導入によって、残る区間を存続させることを視野に検討を始めることで合意した。

【動画】JR北海道がDMVの実用化断念 事故続発で安全対策を優先 資金投入は難しいと判断

 JR北海道の西野史尚副社長が18日、日高管内浦河町で開かれた日高線沿線自治体協議会の会合で、鵡川―様似間を廃止しバスに転換する方針を伝達。これを受け、7町長が開いた会議で、同管内新ひだか町の酒井芳秀町長がDMV導入構想を提案した。7町はDMVなど代替交通機関のあり方を調査、研究する新しい組織を近く設置する。

 町長の中には「昨夏の台風で波にさらわれた鉄橋を直すのは難しい」などの意見があり、全面復旧は難しいとの結論に至った。一方、DMVを導入した場合、複数箇所で線路下の土砂が流出した豊郷(同管内日高町)―大狩部(おおかりべ)(同管内新冠町)間を含む一部区間以外は存続させる方針で一致した。DMV構想では、復旧を断念した区間は並行する国道などを走ることになる。

【用語説明】デュアル・モード・ビークル(DMV)

 マイクロバスを基に開発された鉄路と道路の双方を走行できる車両。車輪とタイヤを装備しており、必要に応じて切り替えて走行する。定員は30人前後。鉄道車両より運行費や保守管理費などを低く抑えられる点が特長。JR北海道がローカル線の活性化を狙い、2000年に研究を開始。試験車両を開発し、試験走行を重ねていた。

 だが、石勝線の特急脱線炎上事故などを受けて安全対策を優先することになり、開発に必要な資金の確保が難しくなったことなどから、15年に実用化を断念。JR北海道のDMVで運行試験を行った徳島県では、阿佐海岸鉄道への20年までの導入に向け、県が新年度にも車両製作に着手する。



by hiroseto2004 | 2017-02-22 00:33 | 環境・街づくり | Trackback

外環道掘削工事強行

19日の日曜日、世田谷区で外環道掘削の工事が強行されました。
さとうしゅういちも小学生時代、遊んだ場所の真下で行われる工事です。
大深度ですが、地下水への影響を含め、何がおきるか分かりません。
もちろん、東京23区西部は南北の交通が弱いというのは確かです。
だが、それならもっと議論を深める必要があると思います。
LRTや路線バスの充実などです。



東京外郭環状道路(練馬―世田谷区間約16キロ)のトンネル掘削工事が19日、世田谷区の東名高速道路ジャンクション(JCT)予定地で強行されました。

 建設に反対する周辺住民らは掘削工事の「発進式」の会場前で、工事を強行した国と都、高速道路会社に抗議の声を上げました。

 練馬区で、祖父の代から建設現場近くに住む男性(68)は「事業者は世界初の事業と胸を張るが、地下水や土地の変化は分からない。住宅地の真下を掘って、もし被害が出たらどう責任をとるのか」と憤ります。

 地権者らでつくる野川べりの会の発起人でもある飯岡静子さん(74)は「地権者の家屋調査をしているが、被害が出る可能性があるということ。にもかかわらず危険性の説明は不十分で不安だけが増している」と指摘しました。

 抗議行動には、日本共産党の宮本徹衆院議員(東京比例・東京20区重複予定候補)、里吉ゆみ都議、江口じゅん子世田谷区議、山田耕平、金子けんたろう両杉並区議、いび匡利都議予定候補(北多摩3区)、阿部真衆院東京22区予定候補が参加しました。

 宮本氏らは集まった住民らとともに、プラカードや横断幕を掲げ、工事の中止をアピールしました。


by hiroseto2004 | 2017-02-20 20:41 | 環境・街づくり | Trackback

以下、もとむら伸子衆院議員の質問です。

国鉄分割民営化から30年。当時の自民党は「民営分割 ご期待ください」「ローカル線もなくなりません」

と豪語。

しかし、現実には、ローカル線は切り捨てまくり。債務は国民に押しつけ。そして、大もうけのJR東海にさらに支援。

分割民営化の失敗は明らかになりました。その総括をいまこそ、徹底的にして頂きたいですね。


【大儲けのJR東海には数々の優遇】
①30年前の国鉄分割民営化で24兆円の国鉄債務は国民・住民の皆さんに押し付けられ、「ドル箱」の東海道幹線のいいとこどりで大儲け(国鉄分割民営化当時の想定されていた適正利益1%だったのに2016年3月期の売上高経常利益率36%)

②リニアへの3兆円の財政投融資、5000億円の利息負担の軽減(財投の利息を0.6%で計算)

③安倍首相自らがアメリカへリニア売り込み、アメリカのリニアのために調査費として日本の国民・住民の皆さんの税金投入

【深刻な地方路線】
①2000年度以降、全国39路線、771.1キロが廃線(JR以外も含む)

②JR北海道は昨年11月18日、10路線13区間(1237・2キロメートル)を自社単独で維持できないと発表。
 
 廃線になってしまうと病院に行くことが困難になってしまう、などの声を紹介。日高町長も「日高線は歴史がある。簡単に昔の方々が守ってきたものを私の代でなくしたくない。国の力をぜひともかりなければ」と被災した鉄路の復旧、一刻も早く動かしてほしいと語ってられました。

③30年前、自民党は全国各紙に「民営分割 ご期待ください」「ローカル線もなくなりません」と掲載。約束守れ!!!

 安倍首相は「JR北海道、四国、貨物等々に対する支援はしっかりと行っていかなければならない」と答えました。


by hiroseto2004 | 2017-02-18 11:31 | 環境・街づくり | Trackback
e0094315_12074836.jpg

e0094315_12082768.jpg
全国的にも珍しい廃止路線の復活となった可部線。
いよいよ3月のダイヤ改定で営業開始します。


by hiroseto2004 | 2017-02-04 12:07 | 環境・街づくり | Trackback
今年は、高齢者による自動車事故が大きなニュースとして報道されました。
また、バスやトラックの過労運転による事故も引き続き深刻な社会問題となっています。

事故で亡くなられた方、ご遺族には心からお悔やみ申し上げます。

それとともに、しかし、マスコミや政治には、高齢者の運転を糾弾するよりも、
きちんと移動手段を確保するという視点が重要です。

高齢者が出かけるのを止めると、認知症がとたんに進行します。
やはり、刺激はあった方が良いのです。

地方では自家用車に依存しないと、移動が難しい現状もある。
鉄道もどんどん廃止され、バスも不便という状況もある。

そうした中で、人権の観点からもう一度、交通政策を見直すべきでしょう。

規制緩和の名の下に、交通の公共性を後退させていったことも問われます。
また、交通に従事する労働者の人手不足も問題です。
しかし、これももとをたどれば、行き過ぎた規制緩和が背景にある。

そして、社会全体として交通労働者を買いたたきすぎたことがあります。
そうこうするうちに、今度は、中国人観光客などの増加で、バス運転手の需要が増えたが
いったん減った供給はすぐには増えません。

法令を遵守できない事業者は、ボクシングで言えば「レフェリーストップ」にする。
そして、法令遵守の事業者だけが残るようにする。

そうしないと、果てしないダンピング競争になります。

利用客、そして交通労働者双方の人権の視点から交通政策を見直すべき時です。





by hiroseto2004 | 2016-12-21 22:56 | 環境・街づくり | Trackback