エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

カテゴリ:広島市政(広島市議会)( 325 )

8月6日(日)登校今年は中止、という残念なニュースです。

法改正で、教員の人事が広島県から広島市に移管されました。その結果として教員も広島市職員同様に8月6日が休日になってしまったわけです。そして、8月6日登校が不可能になったという話です。

文部科学省も、教員だけを例外にする条例を作れば、8月6日を登校日とすることは可能だと言う見解です。
「法改正により」などと言って逃げるのではなく、真剣に考えて頂きたいですね。


広島市立小中学校の多くで平和学習が行われてきた広島原爆の日(8月6日)の登校日が、今年は取りやめとなる。
糸山隆・市教育長が27日の市議会で明らかにした。今年度から教員に関する権限が広島県から市に移り、8月6日を休日とする市条例を教員に適用するのが理由。保護者らから「子供に被爆体験を伝える特別な日」として再考を求める声が出ている。

 広島市では、多くの学校が8月6日を登校日としている。昨年は土曜日だったが市立小141校のうち82校(58%)、市立中64校のうち32校(50%)が実施し、平日の年は8〜9割が実施するという。各校は当日、平和記念式典の様子をテレビで見て黙とうする▽被爆者から体験を聞く▽集会で平和への思いを発表する−−などの平和学習に取り組んできた。

 一方、市は8月6日を「祈りの機会」として条例で職員は休日とし、市役所も閉庁する。法改正による権限移譲で今年4月から市立校教員にも条例が適用されることになった。

 市教委は「教員は法令で休日は原則勤務できない」と説明。出勤が可能か検討したが今年に入り、困難との結論に至って各校や保護者に周知したという。27日の市議会で糸山教育長は「既に各校は8月6日以外を登校日とする形で今年度の行事計画を定めている」とし、実施は困難とした。

 例年8月6日を登校日としてきた市立幟町小の島本靖校長は「やむを得ない。当日は各家庭で平和への誓いを新たにするよう指導したい」と話す。

一方、2人の子供が市立小に通う女性(44)は「被爆者が高齢化し、家庭では歴史を伝えることが難しい。登校日にすることで特別な日であることを子供に伝え、心に残すことができる」と復活を望む。

 長崎では県内全ての小中学校や高校で8月9日を登校日にしており、村上登司文・京都教育大教授(平和教育学)は「広島、長崎での登校日は被爆体験の継承という重要な意味がある。存続させる方向で柔軟に検討すべきだ」と訴える。

 文部科学省初等中等教育企画課は「教員への適用を除外する新条例を作れば登校日にすることは可能」と指摘。27日の市議会でも存続を求める意見があり、糸山教育長は来年度以降について「実施の余地を探るべく国などと協議したい」と述べた。【竹下理子

by hiroseto2004 | 2017-06-28 22:12 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
by hiroseto2004 | 2017-06-26 08:34 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
高齢者いきいき活動ポイント事業。
問題点も出ています。
活動に参加しても、把握が実際の現場では難しい。スタンプを押す役目の
(活動団体に登録している)町内会長さんなども負担に感じているそうです。

また、このポイント事業を引き替えに、今年度(秋)からパスピーへの補助を半分に減らしています。
ボランティア活動など出来ないお年寄りは困るのではないか?
海外のキリスト教国なら「若い人のために祈ってあげる」のも立派なボランティアになるが
日本はそうはいかないですしね。
この点はしっかり、移動の権利の保障という観点から改善していかなければなりません。




More
by hiroseto2004 | 2017-06-24 15:11 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
憲法に則り住民投票を通じてできた特区制度・・広島平和記念都市建設法

広島市は、ある意味「最古の特区」です。
それは、きちんと、憲法95条に則り、住民投票を経て1949年8月6日、制定されました。
「広島平和記念都市建設法」です。
以下の広島市のホームページをご覧頂きたい。

この法律は、総理ら一部のエライ人で独裁的に決めるようないまの国家戦略特区のような代物ではありません。

住民が住民の真剣なニーズに基づき、国に柔軟な対応をさせるために制度を作らせる。住民(地方自治)と国会(国全体)両方できちんと合意を取る。そうでなければ、成功もしないでしょう。そのことを強調したい。






「■法の制定までの経緯

被爆後、廃墟と化した広島市の復興は、人口の急減や建物の崩壊などにともなう税収の激減により、遅々として進みませんでした。このため、国に対し、国有地の無償譲渡などを要望しましたが、多くの戦災都市の中で広島市だけに特別な財政的援助を与える余地は国にはありませんでした。

そこで、考え出されたのが、憲法第95条による特別法(=特定の地方公共団体のみに適用される法律)の制定であり、市、市議会、地元選出国会議員など多くの人の尽力により、特別法である「広島平和記念都市建設法」は1949(昭和24)年5月に衆参両院満場一致で可決されました。

特別法の制定のためには住民投票で過半数の同意が必要であるため、同年7月7日に住民投票が行われ、圧倒的多数の賛成を得て、8月6日に公布・施行されました。

この法律により、広島市を世界平和のシンボルとして建設することが国家的事業として位置づけられました。」

by hiroseto2004 | 2017-05-29 10:53 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

広島市議会第一回定例会


広島市議会第一回定例会は3月22日(水)、2017年度予算案などを可決し、閉幕しました。
by hiroseto2004 | 2017-03-24 10:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
【処理費莫大の規模、どうして今更発見? 竹から謎の吹き出しも。 大丈夫じゃないでしょ!!より精密な調査が必要です!
 
e0094315_22091099.jpg

私たちは源流を汚染したくない一心で活動してきました。
、、、が、大量のダイオキシン類が発見されました。とても残念です。
地元の方も予想だにしない実態に大変ショックを受けておられます。
ちゃんと調査、完全撤去、作業の監視が必要と考えます!
 
——
  
竹から吹き出す青黒い泡状のもの。1本2本ではありません。
この画像は昨年夏、現地視察をしに入った地元の方が
こんなの見たことないと不思議に思い、
とっさに携帯電話で撮影したものです。
1月末の報道でダイオキシン類の存在を知り、撮影者は驚いたそうです。
「まさにあの竹の生えていた斜面の、ふもとがダイオキシン発見現場じゃないか!!」と。
 
今、この竹が生えていた斜面はありません。
既に撤去され、工事用の仮道路がつくられています。
竹を撤去する際、このように地上数十センチで切れば
竹は根から吸い上げていた水分を、切り口から放出し、枯れるのだそうです。
原因はダイオキシンではなさそうですが(銅の可能性)、
何かしら土壌に汚染があった証拠と専門家は指摘。
原因は特定されていません。
 
この写真がたまたま撮影されていなければ明かされなかった実態。
はたして、この部分の土壌はきちんと検査されたのでしょうか。
 
——
 
恵下埋立地建設予定地で
高濃度ダイオキシン類を含むタイヤの燃え殻5600トンが発見され、
今現在、報道や市議会で物議を醸しているこの問題。

広島市からは
「タイヤの燃え殻が埋まっている区域は特定できたから
 他の場所は調査しない」
「発見されたダイオキシン類は全て撤去するから大丈夫」
とだけの説明しかありません。
 
●なぜ今になって発見されたのか?
 処理に6億円も要するほどに、これだけ大量の燃え殻。
環境影響評価の調査でなぜ見つけられなかったのか?
環境影響評価の調査そのものが疑問です。
 
●調査依頼がでていたのに今まで放置はどうして?
 タイヤの野積みのこと、大火事があったことは地元では周知の事実だったそうで、調査依頼は出ていたそうです。
過去に医療器具の不法投棄の発見報告もあったそうですが、こちらも調査してもらえていないそうです。
市は「そのときわからなかったから」一点張りです。
大火事があったことに留意すればできることがあったはず
地域の方が消防団員として多数参加していたので、場所の特定も容易だったはずです。
 
●他の場所はどうして大丈夫だ、と言い切れるのか?
 今回発見されたダイオキシン類が発見されたのは
予定地のほんの一部分においてのことです。
しかし、今回撤去する場所以外についてはこれ以上調査はしないそうです。
そもそも環境影響評価でも見つけられなかった有害物質。
土壌検査は土壌しか検査しないそうで、埋まっているものについてはわからない環境影響評価って、どういうことでしょうか。
 
画像の不気味な竹の吹き出しも解明されずに撤去されてしまいました。
他にも見つかっていないだけで埋まっている可能性はなきにしもあらず、
わかっていないことはまだまだあります。
どうして問題ないと言い切れるのでしょうか!?
 
 
私たちは市に対して、
(1)そもそもの消極的な調査姿勢
 →この度のダイオキシン発見にいたったのは、工事業者が土中の燃え殻に違和感を感じて報告したことが始まり
 
(2)発見されても消極的な情報提供の姿勢
 →町内会代表だけに説明。新聞報道の先行。報道前日にはじめて市議会へ報告。説明会は開いていない など
 
(3)まだある不安に対して調査をしようとしない姿勢
 →予算委員会で複数指摘。しかし調査するとは返答せず
 
に強い不安を抱いています。
まだまだ、きちんとした調査が必要です。
今だからこそ、必要です。
豊洲市場のように、あとから調べても仕方がないのです!
説明と詳細調査、監視機関の設立について
要望を引き続き行っていきます!
3月17日(金)には、市長あて要望書を提出しに行きます。
 
——
  
【最近の出来事を併せて報告します】
2017年
1月28日 中国新聞でのダイオキシン類5600トン発見の報道
2月7日 中国新聞で処理費に6億円要することの報道
2月22日 当団体、ほか6団体より市議会へ請願提出・委員会での主旨説明。それぞれ調査、監視機関の設立など安全徹底を訴える

2月24日 現地視察された様子がテレビ放映(テレビ新広島・NHK)、翌日中国新聞で報道
3月7・8日 広島市議会・予算特別委員会においてこの件が複数市議より指摘。それぞれ調査、監視機関の設立など求めるが、改善の返答なし
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/gikai/contents/1387532028654/index.html

3月8日 広島県議会・予算特別委員会において出島処分場が有効活用されていないことが追及される。年間5億円の赤字。
https://www.youtube.com/watch?v=QiCm1LbB74o&feature=youtu.be

3月11日 中国新聞で出島処分場が有効活用されていない現状について報道

by hiroseto2004 | 2017-03-15 22:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
現在、いわゆる3月議会が開催されています。
2017年度の広島市のお金の使い方が議論されます。
注目しましょう!


by hiroseto2004 | 2017-03-13 22:15 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島市の地震防災マップです。
お住まいの小学校区ごとに、分析されています。
ご活用ください。


by hiroseto2004 | 2017-03-12 20:58 | 広島市政(広島市議会) | Trackback


ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ
2017 第5回シンポジウム

テーマ:  「託されたもの--大地と人と。」

201735() 13:30 ~~ 16:30

合人社ウェンディひと・まちプラザ

北棟6Fマルチメディアスタジオ

入場料  前売り券は500円。当日券は600円です。

主催 福島と広島をつなぐ、もみのきの会

沢山の皆さんの御参加をお待ち致しております。


5回ワンコインシンポジウム

――ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ2017――  

来週の日曜日、35日の午後1時半から、福島と広島をつなぐ、もみのきの会」主催の第5回シンポジウムが開かれます。テーマは「託されたもの――大地と人と。」です。袋町にあるひと・まちプラザの6階、マルチメディアスタジオでのシンポジウムのメイン・スピーカーは、ふくしまの樽川和也さんです。

20170225_19_58_22_2

樽川さんの略歴は、1975年、専業農家の8代目として福島県須賀川市に生まれる。青森の大学で機械工学を学び、いわき市で会社勤めを経験。10年前から実家に戻り、父とともに農業に従事。原発事故後も放射能汚染と闘いながら、先祖から受け継いだ4haの農地を守って米を作り、胡瓜やブロッコリーなどの野菜作りに勤しむ。「生業を返せ、地域を返せ! J福島原発訴訟に原告として参加している。

樽川さんのメッセージは次の通りです。

わたしたちは、農の民です。

土を耕し、土からの恵みを受け、

土とともに生きてきました。

その土が理不尽にも汚された今、

わたくしたちは、どのように

生きていけばよいのでしょうか。

答えはありません。

ない答えを探すため、

わたしたちは、きょうも

土を耕し、土とともに

生きています。

ない答えを探すために、ひろしまからは、詩人でオピニオン・リーダーとして力強い活動を続けているアーサー・ビナードさんそして私が参加します。

福島と広島をつなぐ、もみの木の会のホームページも御覧下さい。


by hiroseto2004 | 2017-02-26 22:20 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
広島市議会では、広島市役所の長時間労働の実態が次々と明らかになっています。
若手女性職員の過労自殺を契機に、ようやく、議員の多くも腰を上げました。

なんと、1715時間残業の職員もおられます。
これなら、残業代を考えたら、もう一人雇った方が明らかに、コストがかからないのではないですかね?


 広島市議会では16日に続き長時間労働をめぐる質疑応答がありました。

 残業の実態がさらに明らかになっています。


 広島市によりますと2015年度に月の残業時間が100時間を超える職員、または、3ヶ月の残業時間が80時間を超える市の職員は386人でした。

 386人のうち新入職員が15人いました。

 これは市役所の産業医に面談指導を受けた職員の勤務状況について広島市が答弁したものです。

 さらに年間1000時間を超えて時間外労働していた職員が41人いたことが判明。

 最長時間は1715時間で平和行政を担当する部署の職員でした。

 おととし10月広島市では20代の女性職員が月100時間前後の残業が10か月続いたあとに自殺しています。

以下は中原洋美市議のツイッターで。
1ケ月100時間を超える残業を7ケ月も連続で続けていた広島市の新入職員が自殺した問題で、日本共産党広島市議団として人事委員会に「過労死を出さないための申し入れ」を行った。労働基準法が適用外の公務職場にも職員の命と健康が守れる残業時間の上限を定めるルールが必要だと人事院会事務局長。



広島市の2月議会で質問した10人の議員中、7人が広島市の長時間残業の問題を取り上げた。日本共産党市議団の質問で、異常な働き方が明らかになった。年間1000時間以上働いているのは41人、1ケ月80時間・100時間を超えるのは386人、最高残業時間は1715時間。ブラック自治体だ。


by hiroseto2004 | 2017-02-21 11:55 | 広島市政(広島市議会) | Trackback